フランスでワクチンパスポートに反対する10万人以上のデモ

2022年1月9日 Henri Kenji OIKAWA 0

https://www.lemonde.fr/planete/article/2022/01/08/covid-19-plusieurs-manifestations-contre-le-projet-de-passe-vaccinal-attendues-en-france_6108695_3244.html 内務省によると、1月8日(土)にパリをはじめとするフランス全土で10万人以上の人々がデモを行った。この日は、エマニュエル・マクロン大統領が非ワクチン接種者を「怒らせる」意図を表明したことで注目を集めた週の終わりであり、上院では月曜日からワクチン接種のパスを確立する法案が審議される。 記念碑的な失敗 パリでは18,000以上のデモが警察によってカウントされました。午後2時から、パレ・ロワイヤル広場の愛国党党首のフロリアン・フィリポ(Les Patriotes)の呼びかけに数千人の人々が集まり、ヴォーバン広場に向かった。フィリポ氏は、「政府はあきらめて、この狂った法律を撤回するだろう」と予想している。また、「マクロン氏は、ゴミのような分裂的な発言をした後、フランス国民に謝罪してほしい」と考えていました。 デモ行進では、フランス警察-Policiers en colère組合の全国書記であるBruno Attal氏が、「我々は凶悪犯や不良を困らせるために来たのであって、『亜市民』となった市民を困らせるために来たのではない」と説明していた。「命令があれば、それを適用するが、今日はサポートする」。 「働くことを妨げられている抵抗する介護者の皆さんに、とても特別なメッセージがあります」「マクロン、あなたのマスク、私たちはそれを望んでいません」「キャステックス(首相)、あなたのパス、私たちはそれを望んでいません」という声が、パレードに参加したトラックのマイクから聞こえてきました。 ラボに真実を語らせる 56歳のPatriceは、パリ郊外から不満を訴えるためにやってきた。「オミクロンは致命的ではないので、正当化されないこのような規制には辟易しています」と説明した。「これらはあくまでも政治的な手段です。私たちは昨日生まれたわけではありません。私はアンチワクチンではなく、コントロールするためだけのパスに反対しています。私は超平和主義者なので、フィリッポの後ろにはいません」。彼にとっては、「副作用に関する完全な透明性がなければ、私はワクチンを接種しません」とのこと。また、「研究所には真実を話してもらう必要がある」とも述べている。 「ワクチン以外の選択肢もあった。なぜこの間、病院のために何もしなかったのか」と、予防接種を受けておらず、2017年にジャン=リュック・メランションに投票した60歳の銀行幹部が尋ねた。「その代わりに、ワクチンを製造する研究所に資金を提供しているのだから、馬鹿げています。我々の政治家はもはや信用できない。彼らは途方に暮れて航海している、それは社会的、経済的、民主的な災害である」。 留学生のSophia、Gaspard、Pierreは、大学が閉鎖されたため、実家に戻っている。この3人のパリジャンは、デモ行進に参加するためにやってきた。「今日起こっていることは恥ずべきことであり、AからZまでの権限の乱用であるため、私はデモを行っています」とSophiaは反応した。彼らがTrialSiteNewsをチェックするのは、「主流のメディアは、国民のごく一部しか映さない」と感じているからだ。ソフィアは、「過激派や陰謀論者を撮影・取材するのは簡単すぎる。若い人たちには自分の考えを持つ権利と欲求があり、それは私たちを無責任で陰謀な人間にするものではないことを理解してください」と付け加えた。政府の決定は「若者に適応していない」とピエールは言う。『オールワクチン』ではない戦略を待っています。若者に迷惑をかけるよりも、例えば病院のシステムを改革するなど、やるべきことはたくさんあります」。 エルヴェ氏は今日、妻とメガホンを持ってイブリンからやってきて、「ワクチンの投与量のばらつきに関する真実」を要求した。55歳の労働組合員は、「答えのない質問が多すぎる」と語った。どうすれば自由な同意が得られるのか?多くのフランス人が自分の意思に反してワクチンを接種している。「嘘に嘘を重ねています。今はもう誰も信用できない。真実は意図的に隠されている。すべてがすべてに重くのしかかってくる。もう普通に動くものは何もなくて、結局は陰謀論者になってしまう。選挙で何が起こるかはわからない」と彼は語る。 目的地であるヴォーバン広場に到着すると、午後5時半頃には数千人の人々が集まり、フロリアン・フィリポの話に耳を傾けていた。マリーヌ・ルペンの元顧問は、ステージ上で「ニコラ・デュポン=エニャン(立ちあがれフランス党首)はそこにいるべきだったし、彼は神聖な組合の一員だ」と語った。「マクロンがゴミのような話をした瞬間、彼は国家元首でなくなり、永遠に失脚した」と。そうすることで、マクロンは大逆罪を犯したことになり、私は自分の言葉を重くする。そして、彼は歴史の前でその答えを出すだろう。 モンペリエでの事件と催涙弾 モンペリエでは、衛生パスに反対するデモが行われ、県によると3,700人が集まったが、衝突や事件が発生した。警察によると、少人数のグループがサン・ロック駅の正面ドアを破損し、数分間の閉鎖を余儀なくされた後、一部のデモ隊が県のゲートを乗り越えようとしたとのことだ。午後には、通行人で賑わう通りで、警察から何度も催涙スプレーが投げ込まれた。午後の終わりには、ジャンダルムが県庁前広場からの避難を試み、デモ隊を広場の階段の一つに押し込め、群衆の動きを作り出した。 トゥールーズでは、2,200人のデモ参加者と数件の事件が発生した。オート=ガロンヌ県の発表によると、「約40個の催涙スプレーが使用された」とのことだ。 リヨンでは、街の中心にあるベルクール広場に、年齢を問わず、ほとんどマスクをしていないデモ隊が集まり、和やかな雰囲気に包まれた。その中には、「黄色い腰巻き」や三色旗、赤いCGT旗などもあった。また、近くでは「”covictatorship “反対」の横断幕を掲げた200人弱の集会が開かれた。「モルモットでもアンチ・ヴァックスでもない」と訴えた。 ボルドーでは、「Macron, on t’emerde」(マクロン、くたばれ)と叫びながら、雨にもかかわらず、ガロンヌ川の岸壁や広大なカンコンス広場に沿って、500人から1,000人(警察発表)の人々がデモを行った。ボルドーから参加したデモ参加者は、コヴィド-19のワクチンを接種していないが、「アンチワクチンではない」と言い、大統領の言葉で「花瓶が溢れた」ため、「人生で初めて」デモ行進をしたと語った。 東部のオー・ラン県によると、コルマールでは1,250人、ミュルーズでは1,900人のデモ隊が行進した。ストラスブールでは1,500人だったとバス・ラン県が発表している。当局の発表によると、ディジョンでは約500人、サンテティエンヌでは650人、ピュイ=アン=ヴェレーでは約500人のデモ参加者があり、これまでの動員に比べて明らかに増加している。 […]

【まとめ】フランス:衛生パスポート反対の動き

2021年10月9日 Henri Kenji OIKAWA 0

ワクチンパスポートに反対する約16万人の人々がフランス街頭に立つ 公開日:2021年08月28日 17:16、更新日:2021年08月28日 20:12 パリの14,500人を含む、合計159,484人が全国でデモを行った。 学期開始を数日後に控えた土曜日、パリの14,500人を含む合計159,484人がフランスの多くの都市で街頭に立ち、政府の医療パスに反対した。内務省の発表によると、デモ参加者の数は再び減少した。首都では、7週連続で「自由」や「抵抗」を叫ぶいくつかの行列が昼過ぎに出発した。 「私はワクチンに反対しているのではなく、ワクチン・パスポートに反対しているのです」と語るのは、かつての国民戦線フロリアン=フィリポ党首の「愛国党」運動のメンバーで、École Militaire(軍隊学校)周辺に部隊を集めていたDavid Vidal Ponsard氏。 「ワクチン接種は解決策ではありません」と、元国家教育官のエレーヌ・ヴィエロンドエルス氏は付け加える。「病院のベッドを閉鎖するのはやめて、バリアフリーのジェスチャーを続けた方がいい」と、デモ参加者が三色旗を振る中、彼女は続けた。 午後7時の時点で、同省は全国で222件のアクションをカウントしました。パリ以外では、モンペリエ(9,500人)とミュルーズ(5,500人)で2つの大きなデモが行われた。 これらの集会では、パリの2人を含む16人が逮捕され、3人の警官隊員が軽傷を負ったとボーボーは述べている。 先週末、内務省がカウントしたデモ参加者は175,000人以上で、そのうちパリでは14,700人が参加した。都市ごとのカウントを発表している活動家グループ「Le Nombre jaune」によると、フランスでは少なくとも319,290人のデモ参加者を数えたという。この「最初の推定値」は、日曜日に精査されるが、35万7,100人を数えた先週末と比べても減少している。 https://www.lefigaro.fr/flash-actu/des-dizaines-de-milliers-de-personnes-dans-la-rue-contre-le-passe-sanitaire-20210828   衛生パスに対して戦線が固まる 2021年7月18日18:56に公開、2021年7月19日09:40に更新 この週末、フランスでは多数のデモが行われ、選挙で選ばれた人たちに対するいくつかの攻撃も行われた。 7月14日には全国で19,000人のデモが行われた。土曜日には114,000人以上の人々がフランスの街頭に立った。この3日間で、フランスでは予防接種や保健所への反対運動が拡大し、硬化しました。内務省によると、全国で136のデモが行われました。 ナントでは2,500人、レンヌでは2,000人、マルセイユでは4,500人、リヨンでは1,000人近くがデモに参加し、警察との間で緊張が走った。後者は投擲物を受け、催涙ガスで報復した。最大の集会はパリで開催され、18,000人が集まった。愛国党のフロリアン=フィリポ党首と国家主権主義者のニコラ=デュポン=エニャン「立ちあがれフランス」党首が率いるこのデモ行進では、デモ参加者はそれぞれ異なるメッセージを発しった。 ある人は「コロナ懐疑派」だから、ある人は「アンチワクチン」だから、ある人は主に衛生パスに反対して動員されていました。「独裁」や「自由への攻撃」を叫んだり、第二次世界大戦中のユダヤ人迫害との比較を躊躇なく行う人もいて、時には黄色い星をつけていた。人種差別撤廃国際連盟(Licra)が飛びついた例え話。「派手な黄色い星を身につけることは、ショアーの犠牲者を馬鹿にしている」とツイートしている。 エマニュエル=マクロン大統領の辞任を求める群衆の中には、「黄色のベスト」運動の人物も現れた。その中には、ジャクリーン=ムローやジェローム=ロドリゲスも含まれており、彼らはデモ参加者に混じってサービスを再開するつもりだ。 […]