歴史を変えたミッテランの最後の欧州議会演説「ナショナリズム、それが戦争だ」

1995年1月17日(火)、フランソワ・ミッテランフランス大統領は、ストラスブール会議場でフランスの欧州連合(EU)議長国としての目標を発表し、欧州議会に別れを告げました。彼はヨーロッパの人々に、ヨーロッパ建設の道を踏み外さず、マーストリヒト条約で交わした約束を果たすよう呼びかけ、特に1997年にも可能だと考えている単一通貨の出現に関しては、そのように考えていました。また、歴史的に見ても、ナショナリズムの解毒剤になるという、共同体構築のメリットを強調した。”ナショナリズムは戦争だ “と。1月18日(水)、ルクセンブルクのジャック・サンター氏が議長を務める新欧州連合(EU)委員会に対する欧州議会のインヴェストルメントは、当然の結果と思われた。

1月1日から6ヶ月間、フランスがドイツから欧州連合(EU)の輪番制議長国を引き継いでいます。フランソワ・ミッテランは、明らかに疲れていたにもかかわらず、国会議員に説明することを誰にも任せなかった。1月17日(火)にストラスブールで行われた講演では、大統領選挙のキャンペーンで、欧州問題に関するフランスのコミットメントが問題にならないように保証したいという印象を受けました。RPRの現会長であるアラン・ジュペ外務大臣はこれを否定しなかった。彼は、フランスの政策の主要部分について会議室で順に発言し、国家元首が定めた指針から決して距離を置くことはなかった。また、欧州担当大臣代理のアラン・ラマッソーレ氏も同様である。ヨーロッパの下院議員であり大統領候補でもあるジャン=マリー・ルペンとフィリップ・ド・ヴィリエだけが、この機会を利用して自分たちの違いを見せつけ、他国の下院議員を証人にして、共和国の反国家的な流れを数えるだけで済んだ。

1997年に単一通貨を導入

フランソワ・ミッテランの演説が終わると、国民戦線の議員を除いて、議員たちは立ったまま長い間、拍手をしていました。フランス大統領は最後に、欧州議会議員に対して、戦後のヨーロッパを築いた人々の遺産を受け継ぎ、憎しみを葬り去り、和解に向けて努力するよう呼びかけました。「私の世代はその過程を終えようとしています。これはその世代の最後の公的活動であり、私にとっても最後の活動の一つです。だからこそ、メッセージを伝えることが重要だ」とミッテラン氏は語った。”偏見 “を克服しなければならない。私が皆さんにお願いしていることは、ほとんど不可能なことです。なぜなら、私たちは自分たちの歴史を克服しなければならないからです」「しかし、もし私たちがそれを克服しなければ、皆さん、一つのルールが課せられることを知っておかなければなりません。戦争は過去だけではなく、私たちの未来にもなりうるものです。今や、私たちの平和、安全、そして未来を守るのは、私たち、つまり皆さんなのです。」と演説した。

翻訳は及川健二

ナショナリズムこそが戦争だ

– レディース&ジェントルマン
– ご存知の通り、フランスは今年1月1日からEU議長国を務めています。そのため、私は再び皆さんの前に立ち、フランス大統領府が設定したプログラムを説明したいと思いました。私は、あなた方、つまり国民の代表に対する義務だと思いました。結局のところ、フランスが重視しているヨーロッパの建設、つまりこれまで以上に統合されたヨーロッパの建設と、この偉大な事業における欧州議会の卓越した地位の両方を強調するには、これが最善の方法ではなかったのでしょうか。これは、よく議論されるテーマです。私は、欧州の構造を強化するためには、議会の能力と権利を高める必要があるというシンプルな考えを持っています。ヨーロッパが増えれば増えるほど、このヨーロッパはより民主的でなければならず、より議会的でなければなりません。だからこそ、私たちはこれに取り組みましょう。
– これは単に慣習に従うということではなく、まず、この数年間の行動が非常に決定的であったジャック・ドロールと前委員会に敬意を表したいと思います。私は、ジャック・サンター(私はあなたの議論には介入しませんが、それは彼をよく知っていて、彼を評価しているからです)がこの道を歩み続けることができると確信しています。
– また、私たちに先立って行われたドイツの議長国の活動にも敬意を表したいと思います。
– 最後に、皆さんと私たちの間に新しく加わった3つの加盟国を温かく歓迎したいと思います。彼らによって、EUはより強く、より代表的なものとなり、その結果、EUが体現している偉大な歴史的プロジェクトという点で、さらに正当なものとなっていると感じられます。それは、経済的にも商業的にも強力で、通貨面でも統一され、国際舞台で活躍し、独自の防衛力を持ち、文化的にも豊かで多様性に富んだヨーロッパです。このヨーロッパは、自分に自信を持てば持つほど、他の人々に気を配るようになるだろう。
なぜなら、昨日のドイツ、明日のスペインなど、我々の事業の成功に可能な限り貢献することを使命とする会長職の継続を示すものに過ぎないからです。しかし、最終的には私がこれらの優先事項を指定します。フランス特有のものがあるかもしれません。これを評価するのはあなた次第です。
– 我々の優先課題は、成長を促進し、雇用を発展させること、欧州の文化的アイデンティティをその多様性の中で確認すること、対外的にも国内的にも欧州人の安全を確保すること、そして1996年の政府間会議に向けた準備を可能な限り良い条件で開始することです。
– これらの優先事項は、当組合が今後数年間に直面しなければならない2つの課題を念頭に置いて定義されています。
– 第一の課題は、私たちの議会と国民が厳粛に批准した欧州連合条約を実施することです。私としては、この歴史的な大事件にフランス人自身が参加するようにしました。私たちが獲得した手段の重要性を過小評価してはいけません。たとえ、その多くの側面や、やや複雑でやや管理的、やや技術主義的な言葉が使われていることを批判してもです。このような長大で複雑なテキストを、多様な参加者と変化する言語でまとめることは、文学的な傑作を作るための最良の方法ではありませんが、最終的には研究する価値のある条約です。それが存在し、採用され、適用されることが重要です。変えてはいけないとは言いませんが、まずは適用してほしいと思います。さらに、それを購読しています。それは、単一通貨の導入であったり、共通外交政策の実施であったり、独立した防衛力の段階的な構築であったりしますが、それらは同盟国との約束から切り離されたものではありません。私たちが築いてきたヨーロッパには好みがあり、それが人の自由な移動であれ、ヨーロッパの市民権の確認であれ、その好みに忠実であり続けるつもりです。
第2の課題は、将来のEU拡大に備えることです。この2つの要求には論理的なつながりがあります。ヨーロッパが内部で自己主張をすればするほど、ヨーロッパの他の民主主義国にもその力が及ぶことになります。しかし、この2つの目的は互いに矛盾してはならない。拡大は必要ですが、既存の連合を強化しなければならないので、そこが難しいところです。拡大しても、すでにあるものを弱めてはいけない。そして、存在するものが、民主的なヨーロッパの限界まで連合を拡大することを妨げてはならない。これは難しい問題です。しかし、慎重にお願いします。この問題は、おそらく今後数年間で解決しなければならない最も難しい問題です。
第一の活動分野は、経済と雇用です。私たちの国は今、歴史上未曾有の経済危機を経験しました。もし欧州共同体が存在していなかったら、この現象の強度ははるかに大きく、社会の内部結合への影響はより深刻なものになっていただろうと確信しています。それは、「一人一人が自分のために」という冒険的な政策や孤立主義から私たちを救ってくれました。皆さん、もし私たちがお互いに頼ることができずにこの危機を乗り越えなければならなかったとしたら、どうなっていたでしょうか。
– 自主的な取り組みにより、活動の回復と雇用の改善を支援することを目的としています。協調して行動することで、最も効果的になります。フランスの議長国は、成長と雇用に関する白書の結論に照らして、エッセンで我々が一丸となってコミットしたこの一貫性を確実に推進します。
しかし、このように政策を調整するだけでなく、長期的には、欧州の新たな、強力な、健全な、そして私が望むところの持続可能な経済成長のための基盤を築かなければなりません。それは、3つの大きな資産をいかに使いこなすかということに尽きると思います。
– その1つ目の資産は何ですか?それは、私たちの市場の大きさです。私たちはこれまで、この広大な地域を分断していた行政や税関、規制の壁を取り除くことに成功してきました。これはSingle Actによって達成されました。人、物、アイデアの自由な流れを妨げている物理的な障壁を含め、些細なことではありますが、その他の障害を排除または軽減する必要があります。例えば、Trans-European Networksプログラムは、この膨大な事業を目的としています。北から南へ、東から西へ、ヨーロッパの人々は、鉄道、道路、航空などの近代的で速く安全な手段で結ばれるべきです。地域にエネルギーを流し、最先端の技術やインフラを使って情報を交換しましょう。皆さん、なんという進歩でしょう。そして、コミュニケーション手段を国境で細分化するのではなく、それを成功させることができれば、どんなに強く、誇らしいことでしょう。
私の考えでは、経済通貨同盟は単一市場を補完する自然で不可欠なものであり、それがなければ単一市場は無秩序の重荷となり、最も不正な競争の場となってしまうでしょう。
– 少なくともここ数週間で経験した、そして今日経験している金融面での緊張感は、単一通貨に向けてできるだけ早く動く必要性を示しています。今も議論されていて、納得していない人がいることも知っています。いずれにしても、私は個人的な信念をお伝えしているのであって、それは多くのフランス人リーダーと同じだと思います。それが、欧州を経済大国にする唯一の方法であり、各国経済の持続的な成長を確保するための最良の方法です。
– したがって、自分たちが設定したスケジュールを尊重し、1997年までに単一通貨を実現することが不可欠です(他の人たちは違うことを言うと思いますが、私は自分とフランスの考えを述べるためにここにいます)。当然のことながら、1997年から1999年の間に時間を設けているので、プライベートな会話では「次の世紀の初めまで待ってはどうか」と言われます。当然、簡単そうな解決策に頼りたくなりますが、それでは問題が複雑になってしまいます。フランス大統領府は、1997年の期限に向けて最大限の努力をします。このことを念頭に置いて、我々は経済政策を調整するためのあらゆる手続きを最大限に活用し、今から来年にかけてさらに強化していきます。この理念の宣言が行動に移されることを期待しています。私たちの外交はこれに積極的に取り組んでいます。
– また、ECUの導入に伴う問題も解決しなければなりません。これは絶対に必要なことであり、そうでなければ何も語れません。
– 最後に、欧州中央銀行のあるべき姿を予見している欧州通貨研究所が、その役割を十分に果たしてくれることを期待しています。
– 私たちの願いは、当然のことながら、この同じ目的に賛同したすべての国が、可能であれば、定められた期間内に通貨統合の第3段階に踏み出すことができるようにすることです。
– もちろん、まだ単一通貨に参加できないと判断した国にも、その扉は開かれています。彼らの苦労はよくわかります。私たちも同じ質問をしたことがあります。フランスにとって簡単なことだとは思わないでください。条件は厳しい。問題は政治的意志の問題です。まだ一緒にいない人たちも、私たち自身が途中で挫折しなければ、きっと参加してくれると思います。
最後に、3つ目の財産は、技術力の高さです。研究者の頭脳からは数え切れないほどの発明が生まれています。この資本は、私たちが大陸の規模に合わせて適切に利用する方法を知っていれば、実を結ぶのを待っているだけです。これ以上は申し上げませんが、19世紀半ば以降、ヨーロッパにおいて、あるいはヨーロッパが成し遂げた一連の技術的・科学的な成功は、もちろん他国での一般的な進歩に貢献した人々を除いても、際立ったものであることは間違いありません。皆さんがこの問題にどれだけ関心を持っているかは知っています。あなたにとって「研究開発枠組プログラム」がいかに重要であるかを知っていますが、その通りです。ですから、すべての政府にこのことを納得してもらわなければなりません。そして、欧州委員会と連携しながら、フランスの議長国がこのプログラムを確実に実施し、市場のニーズとリンクさせることをお約束します。
– これらの大まかな目標に加えて、我々は他の課題をおろそかにしないように注意します。すなわち、域内市場の進展、共通政策の実施、環境(特に温室効果ガスの増加に対する闘いを考えています)や消費者保護の分野でのコミットメントの遂行です。例を挙げればきりがありません。
– また、具体的に提案すべきテーマとして、公共サービスや公益事業があると考えています。このようなサービスが、例えば欧州憲章のような形で共通のルールに基づいて構築されれば、我々が設定した目標に有益な貢献をすることができるでしょう。
強い経済・通貨の欧州は、欧州人の幸福の条件です。しかし、このことをあなたの前で主張する必要があるでしょうか?それは、私のプレゼンテーションの論理性に配慮してのことです。
– ヨーロッパの人々の代表として選ばれた皆さんは、このヨーロッパの建設は、市民自身の真の支援があって初めて可能になることを知っています。
– マーストリヒト条約の批准の際に、国民の合意を得るのに苦労したのは、サプライズ効果によるものでした。旅行をしたり、外国との交流があるような情報通の人たちや、読書や情報収集、勉強をする一般の人たちの中には、ヨーロッパを支持する人もいました。これに頼りすぎていたのかもしれません。人々は深層心理では賛成していても、それを実現するために必要な条件を知らず、それが制約になっているように見えていたのかもしれません。
– 欧州社会基金、欧州社会地域、社会憲章、欧州連合条約(Treaty on European Union)に付属する社会政策に関する協定、欧州の選好に社会的基準を盛り込むことなどは、すべて進歩的なことですが、マーストリヒトでは、さらに踏み込んで社会憲章全体を条約に盛り込みたかったという事実は隠しません。
– 勘違いしてはいけない。市場は単なる手段であり、強者の法に支配されることがあまりにも多いメカニズムです。民主的な正統性に頼ることができる人々によって必要な対抗策が提供されなければ、不公正、排除、依存を生み出す可能性のあるメカニズムです。
市場と並んで、連帯、協力、結束、相互扶助、一般的な利益……つまり公共サービスに基づいた経済的・社会的活動の余地があります。しかし、今日、社会的なヨーロッパの輪郭をたどってみると、そこにはコンテンツがない。ヨーロッパにソーシャルコンテンツを提供することは、エキサイティングで魅力的な仕事だと思いませんか?これがこれからの数ヶ月、数年の仕事ではないでしょうか。その時、私は外から社会の進歩を見守っていますが、ヨーロッパの代表者たちが自然な分裂や多様な意見を超えて集まってくるのを見るたびに、私は喜びを感じます。
– しかし、今日ではそれは少し難しい。そして、社会的パートナーと協力して、トレーニング、教育、労働組織、排除との戦いの分野でイニシアティブを取っていきたいと思います。社会的パートナーがヨーロッパの建設にふさわしい場所を見つけなければ、実際には何もできません。
– この精神に基づき、フランス議長国は、加盟国や労働組合、専門職団体と協議しながら、社会対話の更新を目的とした会議を準備しています。マーストリヒト条約に付属する社会政策に関する協定では、社会的パートナーの対話が欧州の協定につながることが規定されていた。私は、双方が新しい社会法を予見するようなヨーロッパの社会契約の交渉を検討する時期に来ていると思います。
– ドロール大統領と欧州委員会が社会的・専門的組織と協力して行っている活動は、この点で非常に有益である。そして、最初の交渉テーマの一つは、生涯学習の組織化に関する白書(これはすでによく知られている文書です)の提案を検討することです。
また、貿易の社会的側面を強調し、一部の社会では労働者の、ほとんどすべての社会では女性の、子どもの、社会的・職業的組織の、そして囚人の基本的権利の尊重の上に、国際的な経済関係を構築する必要性を想起していただきたいと思います。私たちは、ヨーロッパ内で、そしてクリントン大統領のおかげでアメリカとの間で、この道を進んできました。私の願いは、すべてのヨーロッパ諸国が、特に国際労働機関や新しい世界貿易機関において、既存のテキストや特にあなた方が採択した報告書からインスピレーションを得て、一つの声で話すことができるようになることです。これは、作業や考察の基礎となるものです。発明する必要はありません、できているのです。あなたはこの仕事をしました。今、前に進もう! いずれにしても、フランスはこのような内容の覚書を提案するでしょう。
– 最後に、連合の機能についての検討には、社会的な世界が貢献することが不可欠だと思います。そこで私は、欧州の社会勢力の代表者と何度か話をした後、独立した社会勢力の小グループに、この欧州を前進させるための手段に関する報告書を作成する任務を与えることを提案することを考えています。この報告書は、現行の条約を実施するために、あなた方自身、理事会、委員会が作成したもの、あるいは今後作成するものを補完し、追加するものです。そして、1996年の政府間会議が開かれる際に、交渉担当者が自由に使えるように、連合の望ましい発展についての社会的プレーヤーの意見や提案がいかに重要であるかを理解している。
– 欧州はやはり、市民の支持を得て迎えなければならない。大きなオープンスペースは、不安感を与えます。そして、他者への拒絶、外国人への拒絶、ヨーロッパのアゴラフォビアのようなものが、私たちの仲間に定着しないように注意しなければなりません。存在します。そうならないためにも、欧州連合条約の規定を最大限に生かそう。そして、私たちが気づかなければならないのは、これはまだ事実ではないということです。取り扱われる問題の微妙な性質や、欧州での活動が国内での活動に劣らず効果的であることを保証するために取られるべき予防措置について、私は知らないわけではありません。個人の自由と法の保護ルールを守るための配慮が、ヨーロッパの創造のブレーキになってはならない。
国民は、たとえ恐怖や不信感を抱くことがあっても、これらすべての分野で私たちに多くのことを期待しています。だからこそ、私たちは、フランス共和国の首相やフランスの担当大臣とともに、私たちの議長国がいくつかの重要な問題を進展させることを保証しなければならないのです。私がまず考えているのは、フランスも議論に参加していたので主張はしませんが、ユーロポールを設立する条約のことです。早く結論を出して、予定していた組織を立ち上げなければならない。
– それがエッセンで決めたことです。常識的な理由で決定をいつまでも遅らせることはできませんが、特に安全保障の分野では、共に前進すべきという一般的なルールを覆すことになりかねません。
– 庇護権と移民に関しては、まだ一緒にやらなければならないことがたくさんあります。規制を調和させる必要があります。特に考えているのは、亡命申請に責任のある国を決定するためのダブリン条約の発効と、国民がビザの対象となる国の共通リストを定めた規則の採択です。私は長い間、公務に携わってきましたので、この議論の難しさを知らず、また、多くの国の好みを覆すためには、非常に多くの市民感覚と欧州の強い信念が必要であることを知っています。でも、本当にお願いですから、リーダーにこのことを理解してもらってください。市民がヨーロッパで安全だと感じ、ヨーロッパに感謝していれば、ヨーロッパは市民のヨーロッパになるでしょう。
– 司法協力や、麻薬密輸、国際テロ、組織犯罪に対する協調行動についても同様です。これらの災いの一つに単独で対処し、解決することができる国があるだろうか?誰がその力を持つのか?最後になりましたが、移民・統合政策の分野で各国の経験を比較・検討し、人種差別や外国人恐怖症との戦いを継続・完遂することはメリットしかありません。
このヨーロッパは、経済的なバランスシートや貨物トン数以上に具現化される必要があります。大げさに言うと、魂が必要だと言えるでしょうか。それは、その文化、考え方、脳の構造、私たちが相続人である何世紀もの文明の成果を表現しているのです。それらは豊かで多様性に富み、私たちの不変の才能の表現であり、私たちは全世界と共有することができます(過去のように)が、それを押し付けようとすることはありません(それは過去からの変化です)。
– 1年前のGATT交渉では、「文化的例外」の原則が優先されました。それは、心の作品は他のものと同様に商品ではないという考えであり、私たちの国の文化的アイデンティティと各国民が独自の文化を発展させる権利が危機に瀕しているという信念であり、多元主義を守る意志であり、各国がその表現手段、すなわち自分自身を自分自身に提示する手段を他に放棄しない自由であった。それ以来、ほとんど進展はありませんでしたが、欧州建設の文化的側面を本来の位置に置くことが必要になってきています。私も断固として賛成している一人です。
– 私はフランスを代表していますが、フランスはこの点で自国を取り巻く脅威を認識しており、また、言語間の対立をよく理解しています。しかし、私が考えているのは、フランスのような地理的次元を持たない言語を持つ、他の同様に立派な国のことです。ゲール語、フラマン語、オランダ語の魂はどうなるのか?数が少ないからといって、小さい人や弱い人を孤立させるようなことはしたくありません。現実には、イタリア、ドイツ、フランスも脅かされている。今日、これらの課題に直面する立場にあるのは、英語、アメリカ、スペインの文化だけです。私はこれらの国がどんなに好きでも、彼らの言葉ではなく、自分の言葉で話したいのです
まず、オーディオビジュアルの分野について考えてみましょう。私たちは、意識、想像力、知識がますますイメージによって形成されていること、そしてヨーロッパのイメージなしにはヨーロッパは存在しないことをよく理解しています。映画の100周年を迎えるにあたり、今世紀で最も人気のある芸術形式が、各国でこれほどまでに脅かされたことはありません。実際、これらの国のいくつかでは、すでに消滅しているので、もはや脅かす必要はないのです。共同体の援助は、衰退に歯止めをかけることができず、真の欧州オーディオビジュアル地域の創設をもたらすこともできず、また、この分野における各国の企業に国際的な次元を与えることもできなかった。ユニオン内で制作された作品の魅力と流通性を高めることが急務となっています。保護措置を求めているわけではありませんし、他国の文化の多大でしばしば顕著な貢献を否定したいわけでもありませんが、欧州の一般市民は自国のクリエイターの作品を見る権利を持っています。他所で行われた恣意的な決定や、市場の盲目的な論理によって、この権利を奪うことはできない。- 誰かを不愉快にさせたくない!」と思っています。この目標を達成するためには、新たな技術的・経済的背景から必然的に発生する野心的な改革が必要です。努力の分散に終止符を打ちましょう。援助は分配を中心としたいくつかの優先事項に集中し、リソースの性質と量をタスクの規模に合わせて調整しましょう。MEDIAプログラムに割り当てられた2億ECUは、コミュニティの1日分の支出に過ぎないことを知っているだろうか。
– フランスの議長国は、この野望の一部を達成しようとするでしょうが、6ヶ月とは何でしょうか?私たちは、各大統領に与えられた任務の期間について考えるべきですが、私は自分自身の延長を求めてはいませんのでご安心ください。フランスの議長国は、視聴覚放送の法的枠組みの見直しを支援し、新技術の開発とその文化・教育への応用を促進します。プログラム産業への支援システムを徹底的に再構築することに努めます。1989年の「国境なきテレビ」指令、1993年のGATT決議で達成したことを後戻りさせるわけにはいきません。
– ある種のリベラリズムの名のもとに、すべてを放棄し、放送枠を捨て、MEDIAを何も変えず、つまり成り行きに任せるべきだという意見があちこちで聞かれるようになりました。これはフランスの意見ではありません。
しかし、文化のヨーロッパを構築するためのフィールドは、映像だけではありません。ヨーロッパの人々にもっと知られるべきだし、あえて言えば、もっと愛されるべきだ。この点では、先ほどの話の一部に同意します。ヨーロッパ人はヨーロッパを愛しているのでしょう。なぜ彼らは祖国を愛するのか?なぜなら、それは彼らの家であり、彼らの地平線であり、彼らの風景であり、彼らの友人であり、彼らのアイデンティティだからです。もし、ヨーロッパにこれらの要素が欠けていたら、ヨーロッパは存在しません。しかし、大胆に、そして時には慎重に前進する方法を知っていれば、手の届くところにあると感じています。繰り返しになりますが、文化のヨーロッパを構築するためのフィールドは、当然ながら映像だけではありません。そのためには、共通の記憶を持つ場所や物を再発見する必要があります。このようなヨーロッパの記憶の場所を発展させる広大なプロジェクトが設計され、実行されることを願っています。
– ヨーロッパにも教えてあげましょう。子供たちにも教えてあげましょう。学校は、彼らが市民になるための準備をし、大陸の歴史、地理、文化の教育を発展させましょう。強調したいのは、学校や大学のツイニング、生徒や学生の交換です。多言語化にこだわろう。そのために、フランスは「2つの外国語の学習に関する政府間条約」の草案を提示する。同じように、作品の翻訳にも力を入れていきましょう。私の同胞であるフランス人は、自分たちの偉大な作家が中・東欧諸国でほとんど翻訳されていないことに不満を持っていましたが、実際には彼らの作品を翻訳していないのは私たちフランス人であり、私たち自身に責任がある悪に不満を持っているのだということにいつも気がついていました。
– なぜなら、文化のヨーロッパはヨーロッパ全体であり、連合のヨーロッパと東欧の区別が意味をなさない領域があるとすれば、それはこの領域だからです。そこで、私は皆さんに2つの提案をしたいと思います。1つ目は地味だが具体的で、すぐに適用できるもの。文学賞、翻訳賞、青少年オーケストラ、欧州文化首都など、「15人のヨーロッパ」を象徴するヨーロッパのイベントを、すべてのヨーロッパ諸国に拡大していきましょう。
– 2つ目は、より野心的なものです。連合は、東側の隣国が半世紀にわたって生きてきた孤立の影響を修復するために、特に文化の分野で大きなイニシアチブを取るべきだと私は考えています。財団や欧州の文化機関は、多額の資金を投じて、これらの国の遺産の保護、図書館や博物館の改修、オーディオビジュアルの制作・配給能力の再構築、創作活動や舞台芸術の発展のための独自の協力プログラムを構想することができます。彼らはクリエイターに恵まれています。彼らの手にかかると楽器が壊れてしまいますが、それは彼らのせいではなく、単にこれらのことに興味のない、より強力な人々に支配されたためです。彼らをいつまでも助けられるかどうかは、私たち次第です。そうすれば、彼らを信じて、彼らは自分自身でとてもよく成長するだろうし、私たちは彼らにレッスンを与えることはないが、彼らを保持しなければならない。このようにして、ヨーロッパの建設は、各国の文化的アイデンティティを消し去るのではなく、肯定しようとするものであることを示していきます。
皆さん、文化のヨーロッパとは、ナショナリズムのヨーロッパに対する国家のヨーロッパです。
– 欧州連合条約では、共通の外交・安全保障政策を定めています。これは偉大な野心であり、ある人にとっては達成不可能と思われる目標であり、いずれにしても非常に長い時間がかかり、忍耐強い努力を必要とするものですが、結局のところ、商品、サービス、資本のための偉大な市場を実現するのに、私たちは一世代を要しました。何世紀にもわたって行われてきた軍事的な戦い、外交的・文化的な影響、両国民の間の敵意や時には憎しみによって形成されてきた政治的な利害を調和させることは、これほど容易ではないかもしれません。しかし、それはやらなければならないことです。世紀を越えて一歩前進することを決めたのか、決めていないのか。実際、ボスニアでの和解プロジェクトや安定化協定の立ち上げなど、控えめに言ってもいくつかの共同行動がすでに定義されています。これは最初の結果です。それは、今後も役に立つ試みです。また、フランス大統領は、チェチェン危機に対処するOSCEの努力をEUが適切に支援するよう、努力を惜しまなかった。これは非常に難しいテーマで、領土、主権国家に関するものであり、しかも非常に深刻な人間的、民族的問題を抱えています。OSCEは、できるだけ効果的に介入することを目的としていますが、私たちの外交は、この方向に向かって一歩も譲らず進んでいると言わざるを得ません。
– 安定化協定については、フランス議長国は、3月20日と21日にパリで開催される閉会式の会議で、参加者間で特に活発な協議が行われた1年間の成果を記録できることを期待している。このような安定性への配慮は、EUがその国際的環境を構成する国々との間で締結してきた協力、パートナーシップ、アソシエーション協定の非常に密なネットワークにも反映されています。
特に、チュニジア、モロッコ、イスラエルとの間で交渉中の連合協定について考えています。私が特に考えているのは、チュニジア、モロッコ、イスラエルと交渉中の連合協定、トルコとの関税同盟協定、将来の加盟を視野に入れたマルタとキプロスとの話し合いの継続、エジプトとヨルダンと締結予定の協定、そして、設立が非常に困難であり、スペインの議長国として開催されることを期待している大規模な欧州地中海会議の準備です。ACP諸国のための第8次欧州開発基金の交渉は、フランスが議長国として締結することを決定している。エッセンでは、中・東欧の国々に対する戦略が定められた。また、中東和平プロセスへの支援も継続しなければなりません。このように、私たちを分断してきた歴史にもかかわらず、共通の言葉を使い、共通の解決策を用意することができる問題がたくさんあります。私は中東のことを考えています。この地域の国々がコンピュータ技術の教育・訓練の分野で直面している困難に対処するために、EUは政界、学界、財界のリーダーや企業の代表者と協議しながら、必要なイニシアティブをとってほしいと思います。
– 世界貿易機関(WTO)についても触れないわけにはいきません。これは、特に航空、鉄鋼、サービスの各分野で進められる交渉において、欧州の利益を守るための枠組みとなります。
そのため、EUは世界の外交舞台で活躍しています。今の課題は、真の意味での共通外交政策の基礎を築くことです。困難を隠しているわけではありませんが、乗り越えなければなりません。その必要性は十分に認識しています。アルジェリア、ボスニア、コーカサスなど、私たちの周りで勃発しているドラマチックで殺人的な危機を見て、今日の午後に私がしているように、次は何だ!と自分に言い聞かせることができます。ヨーロッパの歴史、身近な環境の歴史を思い出してみませんか?そして、私たちを待ち受けている継続は、私たちの分析と情報を共有し、予測を比較し、目的と行動様式を定義することを必要とします。要するに、私はフランスの議長国だけでなく、これからの数ヶ月では達成できないプログラムであるため、歴代の議長国が、我々が加入した義務を尊重することに特に注意を払ってくれることを望んでいます。
– 共通の分析を行うこと、WEUの役割、特にその運用能力を強化すること、欧州軍団やその他の多国籍欧州軍の活動範囲を拡大すること、真の近代的軍需産業の構築を早急に奨励すること、この分野で計画されている機関を設立すること、衛星観測の分野での協力を推進すること、これらはフランスがパートナーに参加を呼びかけている課題です。中立性を維持することにこだわってきた国々を怒らせることになるかもしれません。それぞれの主権的な権利を侵害するつもりはありませんが、私たちの共通の課題は非常に刺激的であり、一方の進歩は他方の進歩でもあるということを理解していただきたいと思います。今日ではややばらばらになっているこれらの努力が、ヨーロッパ共通の防衛の中で秩序立てて行われる日が来るでしょう。その必要性は、同盟関係の忠誠心をもってすれば、誰の目にも明らかです。
最後に、制度について一言申し上げます。私たちは議長国として、欧州連合条約の実施に関する理事会の報告書を作成する責任があります。その後、来年6月から加盟国の代表者が集まり、1996年の政府間会議に向けて準備を進めます。このような重要な会議を先取りするつもりはありませんが、私はもうこの会議に直接関わることはありませんので、2つのシンプルな考えをお伝えしたいと思います。欧州連合条約の可能性は大きい。そのバランスは合理的です。私は確かに、構造を発展させ、将来の拡大を可能にするために運営を改善し、その意思決定プロセスの民主的正当性を継続的に強化するために完成させたかった。私は、民主主義を前進させるために、ヨーロッパを前進させようと主張しています。これは、「民主主義がなければヨーロッパはない」という言葉と同じくらい強い格言です。 これは必要不可欠なことであり、私は皆さんがこの点について非常に警戒していることを知っています。というのも、私は皆さんの議論を注意深く見ているので、皆さんの大多数が取っている立場を無視することはできないからです。やはり、民主主義には国会が必要です。それが完全であればあるほど、国会の権利も完全でなければなりません。国会は、常に利便性を選択する幹部の瞬間的な好みや考えに応じて、確保された領域に閉じ込めることはできない。利便性については、破壊的に見えるかもしれませんが、私の考えを表現していない文章にまとめることができます。「議会のない民主主義は、どんなに快適でしょうか?さらに言えば、選挙がなければいい。しかし、すべてのことにもかかわらず、まだ湿っている批准書のシールをすぐに改革するのは賢明ではありません。制度上の主要なバランスを維持しなければなりません。自分たちがやるのだから、よく考えてから行動しなさい!」と言われました。ヨーロッパは一歩一歩築いてきたものだから、歩幅を広げることはできても、自分の性質に合わないペースでは無理だ。
– 第2のポイントは、将来の交渉者が、焦りや疲れから、EUの結束力や規律を弱めるような条件で拡大を許すようなことがあれば、それは間違いであると私は考えています。私は、民主的なヨーロッパ全体への拡大には全面的に賛成ですが、内部から破壊されてもはや存在しないものに最後の加盟国が加わることは望んでいません。賭け以上のものを成功させること、この歴史的な挑戦を成功させること、それはあなたに属する巨大な政治的野望なのです。さて、その実力を発揮するのは、あなた次第です。ヨーロッパの政府にも同じことを言います。
大統領閣下、ご列席の皆様、我々の共通の試みである、これまで以上に団結し、市民に近い欧州の構築を成功させるために、フランス大統領府が貴機関と全面的に協力するという決意を、改めて皆様にお伝えする必要があるでしょうか。
– あなたの成功を心から祈っています。私の話を辛抱強く聞いてくださった皆様に感謝しつつ、最後に個人的な言葉を述べさせていただきます。
たまたま、人生のハザマで、私は第一次世界大戦中に生まれ、第二次世界大戦に参加したことになる。そのため、私の子供時代は、家族が皆で死者を悼み、前日の敵を恨み、時には憎むような、引き裂かれたような雰囲気の中で過ごしました。従来の敵!?しかし、皆さん、私たちは世紀から世紀へと変わってきているのです 伝統は常に変化するものです。私はすでに、フランスがヨーロッパのすべての国と戦ったことをお伝えしましたが、デンマークは例外でした。しかし、私の世代はコースを終えようとしており、これはその最後の行動であり、これは私の最後の公的行動の一つです。だからこそ、絶対に譲れないのだ。あなた方の多くは、父から学び、国の傷を経験し、悲しみ、別れの痛み、死の存在を知っていますが、それは単にヨーロッパの人々の間に敵意があったからです。憎しみではなく、1944年から1945年にかけて、血まみれになり、個人的な生活の中でしばしば引き裂かれながらも、和解と平和に基づいた明るい未来を想像する大胆さを持っていた人たちに、私たちは和解のチャンスを伝えなければなりません。これは、私たちが行ったことです。
– 自分の信念は、たまたま手に入れたものではありません。私が捕虜になったドイツの収容所でも、多くの国のように占領された国でも、私はそれを手に入れることはできませんでした。しかし、私が覚えているのは、人情と博愛の美徳が実践されていた家庭でも、ドイツ人のことを話すときは、すべて反感を持って話していたということです。
– それを実感したのは、脱獄時に囚われの身となった時でした。ドイツ人と出会い、バーデン・ヴュルテンベルク州の刑務所にしばらく住んでいましたが、そこで話したドイツ人は、私たちがドイツを好きになるよりも、フランスを好きになったことに気づきました。私がこのように言うのは、決して国粋主義的な国ではない私の国を非難したいのではなく、誰もが自分のいる場所から世界を見ており、この視点は一般的に歪んでいるということを明確にしたいのです。偏見を克服しなければなりません。
– 私が皆さんにお願いしていることは、ほとんど不可能なことです。なぜなら、私たちは歴史を克服しなければならないからです。しかし、もし私たちが歴史を克服しないのであれば、1つのルールが優勢になることを認識しなければなりません。皆さん、ナショナリズムは戦争なのです。紳士淑女の皆さんは、今、私たちの平和、安全、そしてその未来の守護者なのです。

YouTube Preview Image

Be the first to comment

Leave a Reply