IUCN世界自然保護会議、マルセイユで開催 マクロン大統領が感動的なスピーチ

国際自然保護連合(IUCN)の世界自然保護会議が9月3日から11日まで、フランス南部のマルセイユ市で開催された。この会議がフランスで開催されるのは初めて。

この会議は生物多様性のための最も大規模な国際イベントの一つだ。4年に1度開催され、政治、研究、市民団体、主要な国際機関、企業、市民など、各方面の自然保護専門家が一堂に会する。

この会議では主要7課題をめぐるグローバルな取り組みが示された。

景観
淡水
海洋
気候変動
権利とガバナンス
知識、イノベーション、テクノロジー
経済・金融システム

会議に先立つ9月2日にマクロン大統領による感動的な演説が行われたので、全文を紹介する。翻訳は及川健二が行った。田中康夫・元長野県知事の勘性・智性・温性が通じているという指摘が多々あったことを付記しておく。

マクロン大統領の歴史的演説

市長、あなたのスピーチ、あなたの野心、あなたの言葉に感謝します。
皆さん、大臣の皆さん。
地域の舎人さん
レディース&ジェントルマン 国会議員の皆さん。
県議会議長、エクス・マルセイユ都議会議長、ご列席の皆様、そして彼らに言及するにあたり、地域評議会議長にも思いを馳せています。
皆さん、そのような立場で
親愛なる友人たちへ

昨日から私は、バサンからラ・ティモーンまで、港から学校まで、皆さんの中にいて、エネルギー、時には怒り、野心、やりたいこと、前に進みたいことを感じながら、この素晴らしい街、マルセイユを旅しています。市長は私たちに、その歴史、少なくともその一部を思い出させてくれました。私たちを匿ってくれる場所、そしてフォカイアの首都、この南の首都の古代の起源についての瞬間でした。

多くの人に「なぜ今なの?第一に、遅すぎるということはないからです。2つ目は、他の若者と同様に、コヴィッドが多くのプロジェクトを中止し、野心を鈍らせた1年半の埋め合わせをしなければならないからです。したがって、今日の緊急課題は、これまで進めてきた多くのことをスピードアップすることです。しかし、私に言わせれば、時事問題や通常のビジネスのようなペースで進めることもありました。この時期の弱さや、野心が芽生えたときのリズムや強さを考え直す必要性は、誰もが経験していることだと思います。

そして、なぜマルセイユなのか?つまり、あなたは答えを持っていて、それは正当なものですが、もしかしたら市長は少し偏っているのではないでしょうか?しかし、私が話している場所から、私はこの国の他のすべての都市に答えなければなりません。なぜ彼がそこに行くのか、どうやらこれだけの約束をしてこれだけのことをするのか、という選民思想が聞こえてきます。マルセイユはフランスで2番目に大きい都市で、パリの2.5倍の大きさがあるので、答えの一部を提供しました。ロンドンの2倍の広さを持つ大都市です。これらは、前例のない物理的な現実です。マルセイユは、まさに移民のパリンプセストであり、このことが意味するすべての困難を伴うフランスを歓迎する世界都市である。それは、人々をその中心に迎え入れた都市であり、よく「ネイバーフッド」と呼ばれるものは、郊外やすべてがうまくいっている中心部から遠く離れた場所にあるのではなく、都市の中心部にあるものであり、したがって、事実上、これらの課題の地理的な分裂に浸透しているのです。また、地中海の中心に位置し、気候的、地政学的、移民的な課題のすべての合流点にあるという立地条件から、機会だけでなく課題も増大している都市でもあります。他の多くの大都市よりも貧しく、この貧困は常に同じ場所に集中しています。そして、これらの場所は閉鎖的になり、住民は軟禁されるようになりました。このような状況の中、この街はエネルギーに満ち溢れ、学術的、文化的、経済的にも優れており、ここには多くの人々が集まり、ある意味ではこれらの困難や亀裂から解放されることになるでしょう。また、その歴史ゆえに、長い間、地中海に背を向けてきた都市でもあります。それは、地中海が危険なものではなく、支配の源であったからです。そして、それは撤回された。そして、政治的なバランスが違っていたため、周辺の都市に背を向け、撤退しなければなりませんでした。そのため、多中心的なメトロポリスで四方八方が分断されています。

私は、国家の義務はマルセイユの人々に寄り添うことだと考えています。なぜなら、他の都市と同じような都市になると決めることは、このような困難の中で生き続け、苦しみ、自分自身のためにも、領土全体のためにも、国全体のためにも成功しないという行動をとることになるからです。私が深く信じているこの地中海で、果たすべき役割を果たすことができないのは事実です。今のマルセイユを成功させるためには、手を差し伸べることが第一ではなく、そこにある何かのきっかけを作ることが大切だと思います。それは国全体にとっても良いことです。

だからこそ、私は野心と謙虚さを持って皆さんの前に現れたのです。多くの野心がありますが、それに加えて、多くの発表の後に来ていることを自覚しているので、多くの謙虚さもあります。昨日はまず、国会議員や選挙で選ばれた人たちと交流する機会がありましたが、そのときに率直に言われたことがあります。ここではよく、首相や大統領から何十億もの話を聞いてきたが、こんなことはなかった。いずれにしても、状況は変わっていません。それで、「チェキもプランも書かない方がいい」と確信しました。そして、パリから提案されたプランは、どのようなものになるのでしょうか。しかし、私たちは、失敗したことから学んで、この挑戦をまとめて成功させなければなりません。失敗したのは、困難が集中していることを過小評価していたことです。つまり、貧困や排除、同胞や我が国の国土や領土に流入してくる人々に重くのしかかる困難の両方です。そうすると、対応は必然的に複数になります。一日にして成らず、隠されたレシピも魔法の公式もありません。第二に、このような状況に加えて、他の問題が発生しています。昨日見たように、都市や生活に寄生し、多くの地区の生活を混乱させる薬物などです。また、これまでは部門を過小評価していたと思われるからです。そして、多くの友情と、あなたと一緒に成功したいという思いを込めて言います。しかし、基本的には、国が組織的に数十億円を用意することができます。市民の行動がいつもバラバラで、地元の争いが進展を妨げていたら、この10億円は現場に届かない。でも、それは先に言った人のせいではありません。組織化して実行できない集団行動のせいだ。計り知れないエネルギー、フランスでは前例のない若々しさ、そして都市やメトロポリスの一般的な関心事を定義することの難しさなど、すべてが同時に存在しているという事実に私は驚かされました。これは、マルセイユでの問題です。そして、それを解決できるのは国ではありません。しかし、国は助けたり、貢献したり、きっかけを作ったり、条件を整えたりすることはできます。私が皆さんに提案するのは、野心といくつかの要件です。

ですから、ご理解いただいているように、私は約束をしに来たのではありません。私が来たのは、約束をするため、そしてそれを求めるためです。なぜなら、私の時間的な秩序の中には、もはや奇跡を起こす人はいないからです-すみません、モンシニョール-物事は今、別々になっています。しかし、この友愛の結果として、野心と要求の両方があります。なぜなら、要求のない友愛は、価値のない友愛だからです。このような状況の中で、私が皆さんに提案したいのは、緊急性に対応すると同時に、さらに先を見通すことです。

適応していく、修正していく、というだけでは、都市や運命、マルセイユ気質のようなものを映し出すことはできません。大きな夢を持つことです。だからこそ、切迫したニーズに一緒に応えようとし、発明し、夢を描き、このマルセイユを素晴らしいものにしようとし、それを一緒にやっていきたいと思います。

ということで、まずはエマージェンシーです。私は何も発明していません。2日間、選良、協会、経済界、昨日のお母さんたち、そして家族の皆さんの話を聞きました。緊急事態とは、安全保障であり、社会保障であり、健康保障である。

安全保障上の緊急事態については、これまで何度も話し合ってきました。新しいことではないので、話しすぎとも言われていますが、それが習慣になってはいけません。これは確かに、特に近隣地域の状況であり、人身売買との戦いでもあります。正直なところ、ここ数年、非行件数は減少しています。地域県知事や委任県知事、さらには県知事の権限下にあるすべての治安部隊の動員に敬意を表したいと思いますが、数字は良く、改善されています。しかし、麻薬取引に大きく関連した暴力的な犯罪が増えています。これを前にして、致命傷はない。過去4年間、国は反ドラッグ事務所の設立、警察官の強化、CRSの2つの会社の設立などの手段を講じてきましたが、その結果、密売人の検挙数は過去1年間で60%増加し、薬物使用の手続きは7倍になりました。もちろん、私たちは物事を前進させており、これからもそうしていくつもりなので、気がかりではあります。このような組織化されたネットワークに直面し、生活を困難にするだけでなく、罪のない人々を若くして殺すことも躊躇せず、脅迫し、ゆすり取るような密売人に直面すると、もはやすべてが十分ではありません。だからこそ、人身売買に対する嫌がらせの政策を、ここで、可能な限り現場で、海外のネットワークの責任者に至るまで行わなければならないのです。2021年にはすでに100人の警察官が着任し、2022年には200人の警察官が着任する予定です。これは、地域のニーズに対応するためであり、また、そうしないとすぐに密売人に乗っ取られてしまうような地域を叩き続ける必要があるためです。3月以降、CRSの2つの会社が追加されましたが、これは、最も問題の多い地域の最も敏感な軸上で安定した、継続的な警察の存在を可能にするものです。なぜなら、「平和に暮らす」ことは権利であり、最も困難な地域に住む家族、女性、男性の権利でもあるからです。そして、この作業を最後まで続けていきます。私が内務大臣の提案で市長に、北部地区のビデオ監視カメラの資金調達を提案したのもそのためです。市内には非常によく機能するネットワークがあり、その有用性を発揮しているが、その地図はある意味、交通地図のマイナス部分である。昨日はそれを見事に証明してくれましたね。そのため、カメラは販売店や貢献してくれる人にしっかりと認識されています。だからこそ、最も必要としている地域、最も貧しい地域にこのカメラを配備しない理由はないのです。ですから、今回のアクションに加えて、ファイバーと500台のカメラを必要とする地域に配備するための資金を提供します。

しかし、このようなことは、警察の嫌がらせと同時に、司法によるフォローアップがあってこそ意味がある。そしてここで、すべての判事に感謝したいと思います。最近到着した11人の判事に加えて、ネットワークの責任者を逮捕し、その罪をフランスで裁くために必要なすべての技術的手段を備えた司法警察の3つの新しい捜査グループが確認されています。また、法務大臣から要請された検査の後、追加のリソースが確認されます。なぜならば、警察にリソースを投入しても、司法制度に同じようなリソースを投入しなければ意味がなく、同じペース、同じ要件、同じ効率で進行できるからです。人身売買に対抗すると同時に、住民に安心感を与え、犯罪者を思いとどまらせるために、あらゆる場所で警察の存在を確保したいと思います。そして何よりも、この活動をヨーロッパや国際的なレベルでも実行し、ネットワークの責任者を追跡していきたいと考えています。また、今後数週間のうちに、欧州のパートナーと協力して、米国内で増加しているこれらのネットワークを解体するための取り組みを行います。

国も、警察の装備を整えるために資源を投入することで、その役割を果たします。2022年夏からマルセイユ警察官にデジタル捜査手段、新型車両、222台の車とバイクを装備するための800万ユーロ以上の予算。

また、1億5,000万ユーロをかけてこの地に新しい警察本部を建設し、13区と14区の警察署をそれぞれのニーズに合わせた方針で統合し、850万ユーロの資金を確保することで、部隊の責務に見合った労働環境と生活環境を確保しています。

ご理解いただいているように、安全保障上の緊急事態に直面して、私たちは投資を行い、現在行われている良い仕事を継続することを決定しました。私は、すべての警備隊員と執行官に敬意を表したいと思います。そして、私たちの仲間はこの要求を持ち、私たちに求めています。

私たちが取り組んでいる2つ目の緊急事態は、社会的なものです。そしてそれは、ある意味では安全保障上の緊急事態に関連しています。治安は常に、若者や悲惨さを利用し、犯罪性を発展させようとする人々の温床となるような、落ち着いた困難の症状である。都内の一部地域では、貧困率が40%、50%と記録的な水準に達しています。このような経済的貧困に加えて、利用可能な援助へのアクセスの欠如、不健康な住宅、劣化した公共スペース、公共交通機関からの距離、公共サービスの欠如などがあります。昨日、Samia GHALI氏と話したように、私たちはグローバルなアプローチをとらなければなりません。明らかにセキュリティはともかく、すべての抑圧はそれでは意味がありません。すべての省庁、すべての地方自治体、教育や教育と並行してスポーツ、文化、住宅などで彼らを支援するために不可欠な役割を果たす家族と一緒にいる協会を動員すること。そして、リンクビルダーの数を増やしていくことでしか実現できません。現在、マルセイユ市だけで1,700万ユーロを含む2,000万ユーロが都市政策部門に投資されており、集会場の建設、文化・スポーツ施設の改修、そしてこれらの連帯の織り手を募集しています。ここ数ヶ月で60人の教育者が採用されましたが、さらに30時間、30人の調停者が手を貸しに来てくれることを願っています。

また、リカバリープランで行ったように、地域で家族を助けるための重要な仕事をしている団体と協力して投資を続けていきます。昨日は、ある意味ですべての公共政策の最初のリレーであるバッセンの素晴らしい協会でそれを見ました。また、規格外の住宅に対する取り組みも強化しなければなりません。ここにいる誰もが、2018年11月5日にRue d’Aubagneで建物が倒壊して8人のマルセイユ人が命を落とした痛ましい記憶を覚えています。その際、私は、全会一致の「二度とない」という言葉を行動に移すべきだと強調し、リハビリテーションの目的についても合意しました。ここでもまた、国は本来ならば独自の政策をとるところを、今後15年間で1万戸の住宅を再建するという目的を引き受けて、その責任を果たしたのである。ANAHは即座に支援を行い、クレジットを3倍に増やしました。2019年7月、地方公共団体の会社が誕生しました。昨日は、選挙で選ばれた人たちが動員され、モチベーションを高めているのを見て嬉しくなりました。そして、もう一度改善する必要がありますが、昨日、私は市と都の協力関係についての確信とコミットメントを得ました。特に、2022年まで予定されていた1回だけの判決による不服申し立ての簡素化については、当初予定されていた期日には実際にはプロジェクトが存在しないために不服申し立てができず、ある意味では死文化となってしまう遅延を考慮して、この期日を延長し、すべての遅延を圧縮し続けることをここで述べたいと思います。ベル・ド・マイ、ノアイユ、オッシュ、ヴェルサイユ、そして街の中心部の再整備をすぐに始めなければなりませんが、すべての関係者の動員に期待しています。ゼネラル・マネージャーを任命し、物事が構築されました。
y !

そして、3つ目の緊急事態は「健康」です。コヴィッドの試練は、研究者、医療関係者、消防士、ボランティア、消防団、協会など、有能な男女の連鎖にマルセイユがどれだけ頼れるかを示した。皆さんは手ごたえのある役割を果たしてくれました。大統領、提督、医療界全体でのこのような動員に感謝します。そして、私はちょうどTimoneで私たちのケアラーの隣に選出された代表者と一緒にいました。しかし、私たちは常に耳を傾けなければなりません。当時の私は、マルセイユで発明されたものもあったので、配慮しながら耳を傾けていました。テストは、マルセイユの他の場所よりも強く始まったことを忘れてはならない。廃水は、他の地域よりも早く始められた興味深い活動です。とはいえ、無意味なことをさせてしまったために、ワクチンの接種数も減ってしまいました。私は知っている人、つまり科学者や医師を信頼しています。そして、どこの国でもそうですが、ここでも科学者や医師は、このウイルスに直面したら、ワクチンを接種した方が良いと言っています。だからこそ、私たちは動員を続けます。しかし、私たちはこの時、マルセイユの医療システムの弱点を目の当たりにしました。NGOや協会の努力にもかかわらず、北部地区では他の地区よりもウイルスの進行が早いとしたら。今日、同じ地域で予防接種率が低いとしたら、それは地域の医療ネットワークが不足しているからです。そして、このことも考えなければなりません。だから、何もしていないという問題ではない。何もしていません。ヘルスセンターがあり、ヘルスセンターが存在していて、幸いなことに しかし、新しい医師や医療従事者がこれらの地区に投資するためには、現在、規模の変更が不可欠です。

APHMは明らかに、トレーニング、意識向上、ヘルスケア提供の組織化をサポートする重要な役割を担っています。先ほどティモーネでも申し上げましたが、国はこの素晴らしい機関を支援する用意があります。その一方で、総投資額の半分に当たる1億6900万ユーロが、ティモーネや北病院の修復、SAMUの新校舎の建設に充てられています。これは、私がここで敬意を表している地方自治体の努力と同等のものであり、あなたの街、メトロポリス、州、地域の特徴でもあり、前進し続けるという考えを私たちに強めてくれるものです。
また、母子センターのためにさらに5,000万ユーロを動員し、女性センターの設立を支援することで、より一層の努力をすることを決めました。先ほどお会いした各プロジェクトの担当者には、この約束を守るために、作業のスケジュールを早急に発表し、それを守っていただきたいと思います。もっと広く言えば、すべての政治家や医療関係者、地方自治体やリベラルな専門家が、マルセイユやマルセイユ全域の健康のためにARSの庇護のもとに動員されなければなりません。病院のための努力に加えて、適切な政策、設置のための援助、そしてあなたのそばにいる大臣が今後数ヶ月の間に展開するメカニズムを用いて、医師や介護者を市内の、現在不足している地域に移転させることを継続しなければなりません。慢性疾患や死亡率の高い地域をこれ以上放置するわけにはいきません。フランス第2の都市では、その真ん中に医療用の砂漠があります。

私が強調したかったのはこの3つの緊急事態です。ご覧のように、国が大規模な投資を行い、地域の関係者と一緒に想定していますが、私たちは迅速に陣地を確保し、時には失地を回復したり、ここ数ヶ月や数年で行われたことを強化したりしなければなりません。しかし、マルセイユの課題に対応するには、緊急性だけでは不十分です。2030年のマルセイユを構築するためには、先を見越して、ある意味、以前から夢を持って呼びかけていた若者たちのために、今、それを行う必要があります。あなたが言っていた夢の学校の話は、何も架空のものではありませんでした。何もない。それは、あなたが権利を持つ学校であり、マルセイユやフランスであなたが権利を持つ未来でもあるのです。ですから、私が今日ここで皆さんに提案したいのは、ある種の意志に基づいた野心ではなく、ここにいる全世代を対象とした野心であり、どこから来ようとも、どこに住んでいようとも、名字や名前が何であろうとも、国の制約が何であろうとも、同じチャンスを得ることができるようにすることです。

この若者のための野望は、何よりもまず、教育のための戦いです。あなたも話していましたが、私たちもここ数日で話しましたが、学校に戻ってきました。教育を怠れば、子供たちが人生で成功する可能性はありません。No chance! これは、国立教育・青少年・スポーツ大臣が私と一緒に率いている戦いであり、この式の中に、私たちが率いている戦いの本質がすでにあるのです。学校だけではありません。私たちがリードしなければならない戦いは、学校とその傍らにあるすべてのものです。文化、スポーツ、学校の時間外の生活、私がこのように言うのは、間違いなく、最も地味な地区、最も困難な地区、特にマルセイユの有名な北部地区での学校への挑戦が、さらに困難なものになっているからです。それは、単に学校を改装するかどうかという問題ではなく、困難な家庭に生まれ、困難な地区に住み、兄弟や従兄弟が時には決算整理で殺され、子供を育てるシングルマザーがいる場合、人生は午前9時から午後5時まで、週5日だけではないという事実です。もっと複雑なんです。つまり、教育と文化のための戦いを両立させることです。私たちは芸術文化教育を継続し、強化してきました。学校内や学校外でのスポーツのためにも、学校と私たちが「課外活動」と呼ぶものとのつながりを大切にしています。私たちが主導しなければならない、不可欠な戦いです。また、学校と、時には医療・社会セクター、時には保健のアクターとのつながりを大切にしています。

私は、ここに一緒にいるマルセルを見て、最も困難なこれらの地域を含めて、児童精神医学は私たちがリードしなければならない不可欠な戦いであることを知りました。この教育上の戦いで成功するための答えは、基本的には、私が毎回皆さんに提案したい野心の精神である、より多くのことを行い、革新し、マルセイユを実験室にすることです。そして、要求事項、つまり、各人が自分の役割を果たす信頼の契約を持ってそれを行うことです。それは、マルセイユには、学習が不可能なほど荒廃していると思われる学校が174校もあることを認めることです。共和国の中で、学校の建物にこれほど困難が集中している地域は他にありません。これは国の権限ではないので、ここは公平にしたいと思います。前例を作るつもりはありません。さもなければ、フランスのすべての市長が私に同じことを言うでしょう。私たちと一緒にいるANRUの会長は、素晴らしい町の市長でありながら大きな困難を経験している英雄であり、クリシー=スー=ボワであるが、彼もまた非常に困難であることを知っており、私にそうではないと言い、私の学校を建設してくれた。そして、理解してほしいのは、私はとても率直だということです。ある意味、コミュニティがうまくいかないときに国が代替するのであれば、下手にやっている人にとってはボーナスになる。長く失敗しないと助けてもらえない。うまくいかなかったことを修正しなければならないということはありますが、同時に、最初に犠牲になるのは子どもたちですから、時間を無駄にさせる権利はありません。私がマルセイユを放置すれば、単純な話、子供たちは適切なペースで改修されない学校で暮らすことになります。なぜならば、市長が正直に私に話してくれたからですし、この問題は、正直に言えば、建物の問題だからです。

市の投資能力が足りないのはもちろんですが、市の職員に問題があったり、先ほどの学校のようにストライキが多すぎたりと、機能面でも問題があります。私たちは他の多くの人たちを担当しています。なぜなら、学校には何パーセントもの人たちがいないからです。率直に言って申し訳ありません。私はあなたと一緒に非常に野心的であるように、投資と同時に、市長、私はあなたが改革することを期待しています、あなたがそうしたいと思っていることを知っていると言っています。また、フォローアップの際にもこの要件を設けています。なぜなら、ちょっとした取り決めや弱点によって前に進めなくなったメカニズムを構築したために、もはや資金調達ができなくなったシステムの代わりになることはないからです。

しかし、フランス第2の都市がこの状況に耐えられないのは、率直に言って事実です。そして、それはお金の問題ではなく、勇気の問題なのです。そのために、私たちはあなたのそばにいることになります。まず、今朝見たように、約15校の学校の改修を皆さんの側から始めます。国立都市再生機構(ANRU)が実施した事業に加えて、復興計画と例外的な割り当てにより、約15校の資金調達が可能になりました。しかし、今朝見たように、私たちが訪問した学校は、国の資金の90%を使って改装されるので、すでに始まっているのです。そして、これは前例のないことであり、その背景にはANRUの動員があります。

私たちはさらに前進しなければなりませんが、あなたはこれらの困難をテーブルの上に置いています。あとは、すべてを整えるだけです。新たな都市再生事業が行われることで、資金調達が可能になります。技術的な話になってしまうので割愛しますが、DSILの配分から資金を調達して、上乗せすることができます。そして、少しずつ追加していくことになります。それで、何度も話し合ったのですが、市長が社長を務めるアドホックな会社を作ることになりました。これは国の監督の下で行われますが、マルセイユではこれらの方式を知っています。そして、年内には設定したいと思っています。その目的は、市が最も老朽化していると認めた学校の再生と再建です。同じようにではなく、スポーツや芸術活動、教育の革新に適応したモジュール式の施設を提案するようにしています。そこで、この会社を作り、国が責任者、市長が社長、そして資金調達をすることになりました。なぜなら、74校の中には、ANRUプログラムの枠組みの中で、すでに資金調達が決定している学校もあるからです。そのため、この会社には多額の資金が提供されることになります。今後数週間で、組織と割り当ての両方を最終的に決定したいと思います。しかし、私ははっきりと言いますが、緊急性があれば介入します。私たちは、補助金や返済可能な前金で介入し、適切なメカニズムを見つけるでしょう。府知事と学長には、市長と協力して、この会社とその資金調達、そして我々がそこに何を投入するかを最終的に決定してもらいたいと思います。私が言いたいのは、今朝見たような革新的なプロジェクトを実行する必要があるということです。

しかし、それだけではなく、建物の先にあるものもおろそかにしてはいけません。まず、学校周辺の安全性。ですから、私が提案しているカメラプランでは、学校を優先してそこにもカメラを配備したいと考えています。学校に出入りするときに怖い」という保護者や先生の声をあまりにも多く聞いてきました。だからこそ、より良いセキュリティを一括して確保する必要があるのです。それから、機能面ですが、先ほど困難な点をかなり率直に述べました。

そして、その必要性を実行するために、学校の時間を少しずつ変えていくことです。だからこそ、ここでイノベーションを起こすことができるようにしたい。私たちの学校は、今の私たちが夢見ているような学校ですか?私たちの学校は驚くべきものです。私たちがこの危機の中で戦ったオープンスクールは、フランスの誇りです。共和国の学校は、多くの皆さんが今の地位を得ることができたきっかけとなっています。この4年間、私たちは基本的な知識を取り戻し、1年生と2年生の数を2倍にし、幼稚園の大規模なクラスを作り、宿題をするなどの努力をしてきました。

しかし、これでいいのでしょうか?私はそうは思いません。さらに上を目指していかなければなりません。また、最も厳しい状況にある地域では、何ができるでしょうか?実際には、より多くの手段を与えると同時に、より多くの自由を与える。もう少し監督することが許される学校長がいなければなりません。これらのスクールディレクターは、ティーチングチームを選ぶことができなければなりません。私は多くの人に向けて大きな言葉を発している、それは自覚している。しかし、私が言っているのは、親御さんが「こういうところでは、先生が来なくなった」などと言うからです。困難な地域で長時間働くことに疲れた人たちがいるから、そうなるのです。そして、教師が困難な地域にいるときには、ときにはホッとすることも認めなければなりません。何よりも、これらの分野とそれに伴うプロジェクトや教育事業を、教師が選択できるようにしなければなりません。これは今の時代には十分ではありません。問題は、プロフィールの投稿よりもはるかに深刻で、自由と手段の実験室を作り、生徒に適応した教育的プロジェクトを本当に許可することです。

また、同音異義語を話す生徒が多い場合、教師の他にヘルパーを配置したり、学校のリズムを子どもたちに合わせたり、設置したいインフラのおかげでスポーツの時間を違ったものにしたり、学校の隣で文化的な時間を違ったものにしたり、そういったことを可能にしなければなりません。そして、ある意味では、単に教師で構成されたチームではなく、そこにいる教師を選ぶことができ、彼らが十分なモチベーションを持ち、プロジェクトに忠実であることを確認することができ、それは難しいことなので当たり前だと思いますが、目的を共有する課外活動の役者を関連付けることができます。

このような学校は、現在のフランスには存在しません。グルネルのおかげでこれを示すことができましたし、フィンランドのモデルなど、常に話題に上る多くの例があります。また、小学校と中学校の間には、子どもたちが退学する時期があります。なぜなら、CP/CE1で行ったように、クラスを2倍に増やしたとしても、CM2から6èmeへの移行はひどいもので、とても大変だからです。ですから、CM1から5èmeまでの期間を考えると、彼らに付き添ってくれる参考人となる教師が必要なのです。これらのイノベーションはすべて夢のようなものです。

システムは大きく変わりましたが、先生方は並外れた仕事をしていますし、とても熱心に取り組んでいますので、その点は感謝しています。また、より良い給料を払い続けなければなりません。これは大臣がグルネルで始めた論理です。もっともっと先に進みたいのであれば、これらの地区のペースをもっと強くしなければなりません。だからこそ、革新的な方法で、建物への投資と並行して、子どもたちの教育のための根本的に新しい方法を導入したいと考えています。ここで未来の学校を発明するために 莫大な投資をするというならば、建物だけではなく、方法も含めて行うべきだと思います。未来の学校を発明するためには、最も困難な場所で行わなければなりません。なぜならば、そこでは、より多くの手段を迅速に投入し、物事を正確に区別する能力を持つ、最も意欲的なチームが必要だからです。

大臣、私たちは教育センターから始めましたが、これは私たちが増やしていくものです。私たちが何年も前から散々言ってきたこの学校の夢は、6ヶ月で同じ速度でフランス全土で行うことはできません。それをお伝えするのは間違いです。巨大な機械ですから、それが当たり前です。選挙で選ばれた代表者、家族、保護者、協会、そしてもちろん先生方と一緒に50校を決定し、数ヶ月以内に決定し、最初の学校でこのプロジェクトを開始し、学習プロジェクト、学校のリズム、休み時間、授業の長さ、教え方などを適応させ、再考することができるようにしたいと思います。
と、2022-2023年度の年度初めから始められること。そして、その結果を評価し、結論が出ていれば一般化する。そして、これと同じ革新を、共和国の他のいくつかの地区でも行う予定です。

基本的には、「より多くの自由を与えれば、より多くの結果を得られる」というシンプルな考え方です。そして、これこそが私たちがたどり着く方法だと確信しています。つまり、学校だけではなく、学校から大学への移行も考慮に入れて、このような改革を行います。しかし、その後の中学・高校時代のドロップアウトも少なくありません。さらに、マルセイユではマイクロリースを使った革新的な取り組みを始めています。これは、既存の高校に組み込まれた20人程度のクラスで、ディドロ高校にもありますが、ドロップアウトと呼ばれる人たちを集めて、バカロレアに合格することを目的としています。ディドロ・マイクロリセの生徒の80%が卒業証書を取得し、システムに復帰しています。なぜなら、これらのクラスは非常に少人数制であり、私たちが本当に力を注いでいるからです。同時に、2022年の新学期から、マルセイユに10のマイクロカレッジと10のマイクロリセウムを設置したいと考えています。なぜなら、14歳の少年が撃たれたとき、私たちはみんな動揺していたからです。そして、その対応は明らかにセキュリティですが、教育的、家族的な対応でもあります。なぜなら、14歳の少年が学校の外で自分のやっていたことを見つけてしまうことが耐えられないからだ。このような対応によって、安全保障のための永続的な解決策を得ることができるのです。そして何よりも、子供たちが自分自身を解放し、どこでも学ぶことができる同じ権利を持つことができるようになるのです。

このように学校や教育への意欲に続いて、どんな家庭であっても将来へのこの権利を提供するために、若者の第2の戦いは、雇用のための戦いです。それは、徒弟制度のための戦いです。それは、起業家精神の戦いです。それは、経済的解放のための戦いです。昨日も今日も、私が見た若者たちは、私に援助を求めたり、公金を求めたりすることなく、はっきりと、私を雇ってくれと言った。多くの場合、彼らは希望する会社の名前を持っていた。警告しておくが、名前は他から取ったものだ。だから、手紙が届くのです。彼らはマルセイユの企業をよく知っていて、「彼らは反対側にいる」と言っていました。

しかし、印象的だったのは、彼らが口をそろえて言ったことだ。「私たちには壁とレールがあり、その向こう側には企業があり、雇用しているが、私たちを雇ってはくれない。私たちを雇わないのは、フランスではあらゆるところで、あらゆることが行われているにもかかわらず、いまだに遠慮があるからです。私たちはこれらのテスト事業を立ち上げ、インターンシップのための事業を立ち上げました。私は、多くの皆さんが始めているように、徒弟制度を導入することで、こうした偏見を克服することができると考えています。それが不可欠だった。そして、多くの起業家が私に正直に語ってくれました。また、このような人たちは移動することが非常に困難であることを知っているので、消極的でもあります。また、北側の地区から、経済的なチャンスがある会社のある場所までは、時に世界を隔てることもあるからです。

もちろん、この話には戻りますが、答えは都市の再開発能力と交通機関にもありますが、それには経済的な動員が必要です。そして、ここにも、成功するためのすべてがあると言っても過言ではありません。この問題については、それほど公金が投入されているわけではない。人手不足で求人中の企業と一緒に働きたいと思っている若者たちのエネルギーを、なんとか集められるようにするために、すべての善意を組織して動員する能力が必要なのです。そして、私はこれを真摯に受け止めています。そのためには、障壁や偏見、運転免許、困難、追加のトレーニングなどを克服するための手助けをしなければならないのは当然です。そのために必要なのが、この小さな橋なのです。だからこそ、このような若い人たちを企業に近づけ、彼らが行うことをサポートしなければならないのです。

ここでは様々な取り組みが行われています。クラブ以上の存在であり、間違いなく街の魂であるオリンピック・ド・マルセイユは、経済界のニーズに適応したトレーニングコースを求めており、それを作る準備ができています。すでにアカデミーがあります。トレーニングコースもあり、ディミトリーは私たちのそばにいて、私は彼に挨拶をする。彼も若い人たちと一緒に動員されていますが、トレーニングのためにさらに多くのことをしたいと思っているクラブの会長には本当に敬意を表します。Realise your dreams」プロジェクトでは、すでに何百人もの雇用から遠ざかっている人々が再就職できるようになっており、私たちはそれを奨励しています。私は、すべての企業がこのような取り組みに参加し、いわゆる近隣の若者がより早く採用され、近隣でより直接的に雇用を創出することができるように管理することを呼びかけます。
その上で、アントレプレナーシップを奨励しなければなりません。私はよくこう言います。また、ベルナール・タピーのような地元の名士は、この街のために多くのことをしてくれているので、勇気と尊厳を持って闘病生活を送っている彼のことを考えています。ベルナール・タピーのような人物はそれを否定しないだろうが、私は近所の若者に対してよく言ってきた。「彼らにとっては、仕事を見つけるよりもクライアントを見つけるほうが簡単なのだ」と。そして、これは事実です。起業には臨機応変の精神があり、やる気とエネルギーがあり、クライアントは、準備ができていてエネルギーがあれば、それを求めるからです。問題は、このCVを持っているか、持っていないかです。コンタクトにはエネルギーがあります。そして、近隣地域の起業家精神の育成にも協力しなければなりません。プロジェクトがないわけではないし、刺激がないわけでもない。しかし、そこでも、やる気のある人と体制を整えることが大切です。そこにいる役者と、資金力。そのため、この流れを変え、あらゆる場所で起業家精神を育むために全力を尽くします。

そこで、プラットフォームであるD-15スクールや、「Determined」などの団体が支援している取り組みがあります。また、北側の地区では、カルベラトゥール、エポペ、クロワなどが挙げられます。私があなたに提案したいこと、一緒にできることは2つあります。これは、私たちのエネルギーを結集し、若者たちがトレーニング、職場体験、見習い、起業などのオファーを受けやすくするためです。まず第一に、私たちが協力して、公共投資銀行が皆さんを支援し、マルセイユに3つの起業家精神の拠点を作るための追加投資を行います。この拠点は、プロジェクトを持つ若者が、企業の経営者や団体、公的機関の同行のもと、無料でトレーニングやアドバイス、指導を受けられる大規模な専用施設です。

具体的には、真剣なプロジェクトを持っていることを証明できるすべての若者に、起業の冒険に乗り出すためのサポートと数千ユーロの寄付金を提供するというものです。多くの若者が「アイデアはあるが、ネットワークがない、資金がない」と言います。そのための「ヤング・クリエイターズ・キャピタル」です。そしてここでも、一般化に向けたパイロットプロジェクトとして立ち上げたいと考えています。そして、地域に存在する若者の雇用や研修、職場体験プログラムなどの取り組みを一つのデスクにまとめ、2種類のアクションを行えるようにしたいと思います。まず第一に、皆さんが精力的に立ち上げたすべてのイニシアチブに参加できる単一のプラットフォームですが、私たちの若い世代は単一のアドレスを持たなければなりません。簡単な方法でアクセスできるようにすることで、現地で選ばれた代表者やその側にいる協会が、「この番号に手紙を書くか電話をしてください」と伝えることができます。非常にシンプルで、すべてを解決するわけではありませんが、多くのことをシンプルにしてくれます。深い貧しさの中で、とてもつらいとき、一番の敵はコンプレックスです。また、4つのイニシアティブがあるとすると、どれを選べばいいのかわからないので、すでに3つは多すぎます。ですから、この同じプラットフォーム、すべてのイニシアティブのためのワンストップショップが必要なのです。

そして、この背後には、私たちが開発したい-あなたと一緒にやりましょう-ワクチンのためにやっているように、この式を発明し、「向かっていく」という戦略を考えていきましょう。私たちは近所に行かなければなりません。素晴らしくやっている協会もあります。昨日も見ましたが、彼らは手段を選ばずにやっています。彼らは必ずしも企業や起業家精神と結びついているわけではありません。私たちはまだ接続しなければなりません。もし私がそのお手伝いをして、皆さんをご紹介できるのであれば、その準備はできています。ですから、この資金を投入すれば、これまでの手ごたえのある取り組みを倍増させることができますし、1ヶ月半以内には、これまでの取り組みを理不尽にしたり、切り捨てたりしないための体制を整えることができると思います。私が見たもの、発見したもの、言われたこと、そしてここにいる起業家たちが勇気を持ってやっていることに感銘を受けました。これらの取り組みは驚くべきものであり、彼らは都市と都市の生活のために強いコミットメントを持ってやっています。大規模なリニューアル作業に着手します。私は、マルセイユの建設業界がすぐにでも動員できることを知っています。ここでは地区との関連で採用のお手伝いをさせていただきます。

デジタル技術。多くのデジタル企業が集まっています。アグリテック、バイオテック、クリーンテック、デジタルなど、親しみやすい顔ぶれが揃っています。ここでも雇用と機会が創出されています。Let’s go! テーブルの上に置いて、大企業、クリーニングネットワーク、トランスポートなどを見てみましょう。そこでも、需要のある低スキルの仕事があり、それに対応できる若者がいることがあります。そこで、10月中旬までに、この共通のプラットフォームと3つの起業家精神の岐路を定義することを提案します。私たちがこのような活動を行い、多くの人に知ってもらい、これらの名前や電話番号が地区内で知られるようになれば、多くの壁や障壁を取り除くことができると思います。そして、何よりも評価し、フォローアップしていきます。そうしないと、結果とエネルギーが一致しないからです。

最も落ちこぼれている若者、最も困難な状況にある若者のために、私たちが知っていながら十分に発展させてこなかった手段、つまりボランティア活動を動員したいと思います。この装置は、海外で行われている適応型軍隊をモデルとしており、60年間にわたって並外れた成果を上げてきた強力な組織である。この装置は、すでに人生に傷を負っていたり、親密な生活や家庭、教育の場で最悪の事態を経験してきた若者に同行し、技術的・学術的な能力を習得させるとともに、共和国の価値観や、軍隊の枠組みの中でどのように振る舞うべきかという知識を伝え、再学習させるものである。秋からは100人の若いマルセイユ人が同行し、ブーシュ・デュ・ローヌ地方の兵士、陸軍、消防士と一緒に専門的な訓練を受けます。また、このシステムを評価し、今後も定期的に参加者を増やす準備をしています。なぜなら、このシステムは、就職からだけでなく、単に普通の生活からも最も遠いところにいる若者のための良いシステムだからです。そして、私たちの子供たちや皆さんの世代のために、集団で何をしようとしているのかを測らなければなりません。18-20-22歳の若者が最悪の事態に陥ってからではすでに手遅れですが、致命的なことはありませんし、この投資という手段を共に与えれば挽回できます。

致死率がないからです。私は、生まれつきの失業者や、生まれつきの麻薬の売人などという考えは認めません。あなたがそうなるのは、人生における不公平があったからであり、あなたが落胆したからであり、あなたがすべきだったサポートを受けられなかったからであり、ある時点であなたが諦めたり、他の人と同じ機会を得られなかったために、あるサイレンに屈したからです。私たちに権利がないのは、遺言があるたびに適切な対応やサポートをしないことです。ご覧のように、私にとっては、この2つ目の野心を持たなければならないのですが、マルセイユでは、すべてが揃っています。それは、街のいたるところにあり、印象的なこの起業家のエネルギーが、若者のニーズを満たすことを可能にすることを成功させるためです。

3つ目の野望は、大きく考えること、このマルセイユ・アン・グランを考えること、つまり文化です。それは、この街を愛するすべての人にとって、この街のアイデンティティそのものです。それは、歴史であり、作家、映画製作者、音楽家の歴史であり、劇場、芸術映画館の歴史であり、創造であり、今日のシリーズであり、画家、彫刻家の創造である。今年の終わりまでには、FRACをはじめとする公的機関を動員して、マルセイユ・アン・グランの文化、2030年の文化プロジェクトをデザインするために、いくつかの大規模なプロジェクトを立ち上げることができればと思っています。

しかし、私が一緒に仕事をしたいと思っているプロジェクトがひとつあります。それは、そこにあるすべてのエネルギーの発露でもあり、フランスとマルセイユの今であり、何人かの人が挑戦する準備ができていて、すでに成功した人や経験のある人たちでもあるので、映画とオーディオビジュアルのプロジェクトです。一方で、2019年には10年前の3倍となる400本以上の映画撮影があり、最近ではカンヌ映画祭で表彰された象徴的な作品もあり、マルセイユには好ましい地盤があるからです。一方で、私たちフランス人は、このモデルをヨーロッパのレベルにまで引き上げたからです。4年前から、私たちは著作権、著作隣接権、創作の可能性を守るために戦ってきました。私たちは欧州議会でこの戦いに勝利しました。そして何よりも、歴史的なフランスのモデルがヨーロッパのモデルになりつつあるという、ユニークなものを継承していく過程にあります。また、5年間の任期の初めに私のそばにいてくれたフランソワーズの存在も忘れてはなりません。しかし、私たちは本当の意味での文化的戦いに成功している最中です。文化的例外を守っているのはフランスではなく、著作者を保護し、創作の場を認識するというウイルスを発信してヨーロッパを征服しているフランスなのです。そこで、7月1日に発表された、いわゆるSMAD令により、アメリカのプラットフォームにフランスのクリエーションへの投資を強制することになりました。そのため、数億ユーロ規模の大きな開発が期待できます。

だからこそ、文化・クリエイティブ産業、映画館、オーディオビジュアル部門に投資すべきなのです。そして、マルセイユにはその能力があり、才能があり、スタジオがあり、意欲があり、若い人たちにチャンスがあります。この地域では、私が歓迎するように、映画制作や映画撮影を受け入れるためのインフラ整備、映画やオーディオビジュアルの専門家の育成などを行い、地中海アークの規模でヨーロッパの優れたオーディオビジュアルプロジェクトに強くコミットする準備が整っています。私たちがマルセイユで一緒に作らなければならないのは、皆さんが作らなければならないのは、大作映画や大作シリーズの撮影のためのインフラを整えることができる、地中海の大規模なスタジオです。それを行うのも技術者であり、クリエイターである。そして、彼らが訓練を受けられる学校を持つことは、デジタルや技術的な問題を解決するための創造センターを持つことです。非常に明確に、ここ数日で長々と話してきたからこそ伝えているのですが、先に進みましょう。ベル・ド・マイのメディアセンターの近代化を支援するとともに、撮影に対応した物流拠点を作るために新たなサイトを開設し、スタジオを整備し、海上初の撮影用の水槽を作ります。また、リヨンで見事に成功したように、マルセイユに18歳から25歳までを対象としたCinéFabriqueの学校を設立する予定で、ここにいる作家や俳優たちに敬意を表します。そして、この文化の旅の中で、親愛なるコスタ・ガブラスさん、国は、映画の記憶、そして何よりも映画の楽しみをここに伝え、生かしていくために、フランスの映画図書館のマルセイユ支部を創設するというあなたのプロジェクトに同行する用意があります。

プロジェクトはそこにあり、文化的、芸術的な当局はそこにあり、私たちはあなたの側にいます。これらはすべて理にかなっており、マルセイユの俳優たちが何年も、時には何十年も前から行ってきたことと一致しています。ここには、ロバート・ゲディギアンのような素晴らしい映画監督がいて、素晴らしい俳優がいて、何年も何十年も、あらゆる場所で文化を維持するために戦ってきたアートシネマがあり、彼らはまた、あなたの劇場と連携してこれを行っています。ここでは、この文化的・創造的な産業の、フランスにおける偉大な拠点のひとつを作ることができます。

モンペリエには、デジタル技術、プロダクション、スタジオなど、並外れた能力があります。しかし、マルセイユでは、このような地中海の素晴らしいスタジオを作り、イノベーションを起こし、同時にこのような素晴らしいトレーニングスクールを作らなければなりません。この野望は、明日のための野望ですが、今日から始まります。この野心は、若者の訓練と仕事を意味します。なぜなら、これらの職業は、彼らの願望や語るべき物語に対応するものだからです。これは文化的、政治的な戦いであり、地中海全域でシリーズや映画が制作されていること、フランスには素晴らしい映画やシリーズの制作を支援し続ける能力があることから、素晴らしい機会だと思います。また、映画やオーディオビジュアル制作の独占権を他の人、特にアングロサクソンに委ねてしまうと、この文化的戦いに負けてしまうからです。そして、10年後、15年後には、私たちの想像力や物語ではなく、彼らの物語が語られるようになるでしょう。そして、ここには素晴らしい機会があります。ヨーロッパ、レバノン、モロッコ、アルジェリア、チュニジア、エジプトなど、地中海各地からやってくる子供たちや家族がいます。そして、彼らには想像力があり、物語があります。また、フランス、特にマルセイユには、アフリカや地中海沿岸の若者に語りかけるようなストーリーやコンテンツを制作する能力があります。これこそが、私たちが持つべき野心です。

複数の文化を受け継ぐ若い人たちが、「自分の文化はちょっと恥ずかしいから、共和国の中で自分の居場所を作らなければならない」と言わないようにしたい。それはフランス共和国の中にあるものですが、フランス共和国にも独自の想像力と運命を持っているので、共和国にとってはチャンスなのです。複数形で活用します。そして、アフリカや地中海全体に語りかけるような映画やシリーズを制作する能力があるのです。私が皆さんにお伝えしていることは、夢ではなく、確信です。私たち自身に手段を与え、投資し、訓練し、物語を書き、技術者や俳優となる若者たちにそれをさせるならば。これがボヘミアン・ライフだと言う人もいるでしょう。ボヘミアン・ライフだよね、確かに作るのはいいけど、仕事が多いからね。私が言っているのは、数万人分の仕事です。間違ってはいけないのは、文化・クリエイティブ産業、文化は、明日の経済生活の柱、支柱であるということです。そして、この野心を持ち続けなければならないし、それはここからできる。

この取り組みと並行して、今から年末までの間に、主要な公的機関や無数の民間企業と協力して、いくつかの大規模なプロジェクトを構築できることを願っています。ただし、これらのプロジェクトは、シネマテークや主要スタジオ、学校に対して行ったように、最初から構築する必要があります。それを私が指示することはありません。私はこの野望を担い、あなたがそれを倍増させるのを手伝う準備ができています。ヨーロッパ文化の首都であるマルセイユは、1年だけでは終わらないはずです。それは未来への野望に違いない。

そして最後に、これは私が皆さんに伝えたい4つ目の夢、4つ目の野望ですが、マルセイユは、市長が想起したヨーロッパの使命の中心に完全に位置しなければならず、したがって、ヨーロッパの主要な構造化プロジェクトを遂行しなければなりません。この2つのジェスチャーは一緒になっています。なぜなら、マルセイユにこのような亀裂があるとすれば、それはマルセイユが自分自身と海との関係に向きを変えたからです。それで、まずハウジングです。しかし、都市とその地区の開発の問題を解決しなければ、マルセイユを地中海の首都にすることはできません。私たちが歓迎しているという事実を誰も信じてくれないので、このような話をしています。

最初の大きなプロジェクトは、住宅に関するものです。私たちはすでにANRUで多くのことを行っていますが、さらに多くのことを行う準備ができています。本当に大規模なオペレーションを行うのであれば、このエンベロープを2倍にする可能性がありますし、国家的な関心事である大規模なオペレーションを含む実験を推進する準備ができています。なぜなら、このような大規模な事業では、単に資金を調達するだけではなく、納期を短縮することが必要だからです。締め切りを圧縮し、より速く、より強く。これは住宅のためであり、都市再生のためであり、必然的なことなのです。一緒に強力なプロジェクトを進めていきたいですね。私たちは、子どもたちや若者たち、そしてその親たちに、希望だけでなく尊厳も与えなければなりません。私が言いたいのは、ボヘミアン的な生活ではなく、誰もが同じものを手に入れる権利を単純に認めることができる能力です。大人になると、汚い場所に慣れると、自分にはより良いものを手に入れる権利がない、共和国には所属していないと自分に言い聞かせ、最初から反体制という形で成長し、私たちの過失によってそれを正当化することになるのです。The Nation」は、完全な意味での詩的なプロジェクトでもあり、これを隣国で行う必要があるのです。

住宅の話をしましたが、住宅の話をするときには、交通の話もしなければなりません。選挙で選ばれた代表者たちと、経済的な力、したがって大規模な開発プロジェクト、さらには交通機関の面からも、このことについてじっくりと話し合ってきました。また、この地域のニーズも把握しています。プロジェクトはテーブルの上にあります。なぜ実現できないのか?ここでも、マルセイユでは、複雑すぎるからです。なぜなら、再分配にあまりにも多くの時間を費やし、以前の複雑さを維持し、ある意味では大都市の関心事であるプロジェクトを遂行することも困難な大都市を作ってしまった唯一の場所だからである。そのため、ランニングコストがかかりすぎるのです。

複雑すぎます。すべて解決しなければなりません。この問題は、今日ここに集まっている関係者の市長たちに敬意を払いつつ、協議の上で解決しなければなりません。しかし、このような状況だからこそ、本来行われるべき投資が、過去の投資不足と相まって行われていないのかもしれません。要するに、テーブルの上には30億から40億の投資があるということです。だからここでも、国家が存在しなければ、すべてが塞がれてしまう。公害、仕事へのアクセス、港や空港へのアクセス、それに続くものすべてが混雑しているフランス第2の都市を持つわけにはいきません。とはいえ、誠心誠意申し上げますが、国が資金を出すだけでは、私は自分の役割を果たせません。状況を打開するために資金を提供しなければなりませんが、組織やガバナンスの問題が解決されることを条件に、資金を提供しなければなりません。そうでなければ、同じブレーキが続くシステムにさらに燃料を投入することになります。それはNOです。

この質問に答えるために、私は、最初のステップとして、10億ユーロの資金を用意する準備ができています。この資金は、2億5千万の補助金を含み、アクセシビリティと、非常に具体的なプロジェクト(地下鉄の自動化、4つの路面電車路線と、この目的を満たす5つのハイレベルバス路線の建設)の両方に、国がコミットします。これがスタートです。北部地区を開放し、北部と南部を結ぶために計画されている交通プロジェクトへの国の貢献度を高めるために、私はさらに努力する用意があります。しかし、一つの明確な条件があります。それは、国家のこの大きな努力が、無駄な再分配や様々な補償、不当な運営費に分散されるのではなく、すべての人の動きに役立つ具体的な成果が保証されることです。そのためには、制度的な枠組みを見直し、交通政策の担い手としてのガバナンスを構築する必要があります。これは必須条件であり、前提条件でもあります。

私は、大統領閣下がそのような精神をお持ちであることを知っています。また、市長さんがおっしゃったように、あなたは相続人でもあります。今すぐにでも変えなければならないと思います。なぜなら、今変えなければ、「お前はやっていない」と言われるような発表ばかりになってしまい、私はあまり関係がないからです。
私はあまり関係ありません。私は自分の発言に責任を持ちたいので、同じ条件でお願いします。

また、このプロジェクト実現の条件であるマルセイユ-ヴェンティミリア線の新信号開始のための資金調達が完了したため、マルセイユ型RERの実現が加速されます。国からの1億1500万ユーロを含む3億ユーロが、高速新線を待たずに投資されることになります。また、私は地元選出の代表者に、マルセイユの地下横断を含むプロヴァンス・コート・ダジュールのマルセイユ-ニース間の新線プロジェクトと、サン・シャルル駅の再開発という素晴らしく美しいプロジェクトが新たな段階に入ることを発表しました:35億ユーロの予算のうち14億ユーロが国から提供されます。私はこれにコミットしています。この大型プロジェクトのためのパブリック・エスタブリッシュメントを作成する条例は、来月にも制定される予定です。また、国は、空港の拡張とサービスの円滑化のための資金を適切な時期に確保し、オリンピックのために計画された設備と同様に、2023年末までに完成させるための措置を講じることを確認したいと思います。

しかし、マルセイユは、今朝のロドルフ・サーデ氏の話にもあったように、インフラの話をすると、まず第一に港があります。そして、マルセイユが常に黄金時代を過ごしてきたのも、市長が見事に思い出させてくれたように、マルセイユが世界を受け入れ、魅了してきたのも、港のおかげなのです。シャトーブリアンが語ったように、マルセイユが地中海のアテネになることができたのも、港のおかげなのです。そのため、マルセイユ港には大規模な投資が必要です。近代化し、接続性を高め、大規模な計画を立てなければなりません。近代化:岸壁が最終的に電化されたグリーンポートを目指し、資金も保証されます。また、復興計画の枠組みの中で、Miramas貨物駅が改修され、Graveleauモールへの鉄道サービスがようやく再開発されることになりました。港とヨーロッパのヒンターランドとのつながりは、新たな開発と優れた投資の対象となります。私はこれにコミットしています。とりわけ、マルセイユはローヌ・ソーヌ軸の橋頭堡にならなければなりません。この点で、マルセイユからリヨンへの大規模な河岸港への転換は、マルセイユに本部を置きながら、リヨンのチームとの協議を経て進められなければならず、新たな統合インフラの立ち上げを可能にするものである。

ご理解いただけたと思いますが、私たちがやりたいことは、港の近代化と、フォスと都市の間の空間を最適化するための不可欠な話し合いを始めることです。ここでは修正が必要ですが、話し合いと交渉が必要です。これは、港の競争力と魅力を高めると同時に、大臣、二酸化炭素の排出量を削減するための条件です。それは、都市の天職と一致しています。これは、地中海の経済的ハブになるという使命に合致するものです。これは、経済界のプレーヤーが持っているエコロジーへの意欲とも一致しており、LNGなどへの大規模な投資につながっています。国は、すべての地方自治体、企業家、港と一緒にそこにいます。このプロジェクトの主導権を握っているのは、グランポートの理事長です。そしてそこでも、期待されたアポイントメントはすべて完了する。マルセイユは何よりもまず、海に関わる仕事をしていますから。

しかし、カランク自然公園やフリウル諸島などのユニークな景観は、マルセイユの地中海の天職でもあるのです。また、IUCNの世界大会がマルセイユで開催されたことは、私たちにとって誇りとなっています。この世界自然会議が明日から始まるとしたら、それは偶然ではなく、ここには絶対的に優れた生物多様性を持つ環境があるからです。明日は、大臣とともに、マルセイユ、流域の様々な公園、地中海、そして我が国のための野望を表明する機会となるでしょう。このコングレスがマルセイユにもたらす知名度は、一日限りのものであってはならない。マルセイユは、この天職とエコロジーの野望を持ち続けなければなりません。

そこで、このたび新しいプロジェクトを立ち上げることになりました。このプロジェクトは、パリで考えられたものではなく、オフィスで設計されたものでもなく、2つの狂った夢のバロック的な結婚の成果である。今日、私たちはOdysséoを立ち上げることを決定しました。これは、地中海に隣接する国々に意識向上、研究、トレーニング、イノベーションの場のネットワークを構築することで、人々のエコロジーへの移行に貢献するという野望です。このような生活の場は、地中海沿岸地域全体の生態系の変遷に関わる関係者の連携を可能にし、科学と一般市民の間、技術革新と環境保全の間、芸術・文化の世界と経済の関係者の間の永続的な対話を刺激します。

そして、それが映画と創造に対する私たちの野心といかに一致しているかがわかります。この国際的なプロジェクトでは、2026年までにマルセイユの中心部に最初の象徴的な店舗をオープンしたいと考えています。市長であるあなたとともに、ルノー・ミュゼリエ氏とマルティーヌ・ヴァッサル氏の支援を得て、私たちが定義する場所にオープンしたいと思います。このOdysseoプロジェクトは、地中海の環境保護を目的とした教育と意識向上のための主要な場所となることを目指しています。そしてそれは、大臣、国務長官、あなたが私たちの国のために考えていること、そして私たちが共に守る機会を持つことに対応しています。地中海で生まれた最初のプロジェクトを立ち上げたFrançoise NYSSENとCyprien FONTVIELLEが担当することになりました。ORA-ÏTOは、マルサットプロジェクトの担い手であり、緊急性の高い状況で必要とされる取り組みを行うことができる財団を設立しました。

この必要かつユニークなプロジェクトは、移行という課題に対応するためのフランスのコミットメントを示すものです。国はすでにこの財団の設立を支援しており、この最初の場所の開設に先立って、ミッションをサポートしています。地方自治体やすべての官民のパートナーとともに、その創設、資金調達、展開に参加していきます。そして、マルセイユにとって、クレイジーな夢を実現できることは、大きな誇りになるに違いないと思います。だからこそ、市長のご希望通り、2024年にマルセイユがヨーロッパ初の海の都となることを願っているのです。来年の2月には、カリム・アメラル大使をお迎えして、マルセイユで「地中海ワールドフォーラム」が開催されることを願っています。その時には、地中海沿岸地域のすべての市民社会をここに集め、先ほど述べたような文化的、起業的、社会的な野望を実現することができるでしょう。時に戦争や危機にさらされ、政権が困難な移行期にある国を含め、これらすべての国の市民社会とここで一緒に行うことで、控えめな発言を続けることができます。しかし、それを実現するためには、ここで彼らを結びつけ、マルセイユがヨーロッパの野心の中心となる能力があることを示す必要があります。

また、マルセイユが3年後にヴェロドロームでサッカーのオリンピック大会を開催するだけでなく、ヨットのオリンピック大会も開催できることになったのも、このような理由からです。そうすれば、何億人ものテレビ視聴者がこの比類なき美しさを知ることができ、マルセイユの人々はその誇りを分かち合うことができるのです。これは、マルセイユとこの第4の夢のために私たちに持たせたい地中海の野望です。

そして、ご理解いただいているように、私たちの課題は緊急事態への対応です。しかし、私たちが投資するいくつかのクレイジーなプロジェクトを通して、マルセイユを壮大に考えることでもあります。しかし、私たちは人生を変えるために必要な努力をしなければなりません。皆さん、冒頭で述べたように、皆さんは多くのスピーチを聞き、多くの小切手を受け取ってきました。時には作って誤魔化してきた。時には条件が合わずに作られなかったこともあります。成功するかどうかは、率直に言ってわからないが、単にスピーチをしたいわけではない。だからこそ、今述べた対策以外にも、選挙で選ばれた代表者やマルセイユの生活力に自信を持って、今晩、はっきりとお伝えします。この約束が事実になってほしい。それが私たちの義務だからです。

第一の条件は、非常に広く付き合うことです。これはパリの計画ではなく、決してうまくいかない。それは、マルセイユの人々の野心でなければなりません。だからこそ、先ほど定義した大筋に基づいて、このマルセイユを大々的に考え、具体的な活動を展開するために、皆さんと一緒に大規模な協議を開始したいと思います。起業家精神と経済支援のために述べました。これらの軸で、今から年末にかけて、大規模かつ広範な協議を構築しなければなりません。この「マルセイユ・アン・グラン」の舵取りは、国や地方自治体、企業や団体が行わなければなりません。なぜなら、誰もが発言し、提案する権利を持ち、そして時間をかけてモニターし、コントロールする必要があるからです。また、すべての具体的な取り組みが出てくるようにしたいと思います。まず、アソシエイトへ。

2つ目の条件は、イノベーションを起こすことです。先ほど申し上げたように、学校、創造、環境などのプロジェクトに革新をもたらします。なぜならば、状況が非常に困難なときに、他の場所で多かれ少なかれうまくいった方法が大きな成果を生むと考えてはいけないからです。だから、対応を革新していくのです。しかし、手法や制度、ガバナンスについても革新していかなければなりません。つまり、学校のための「Société publique d’intérêt national」と、交通機関のための「Groupement d’intérêt public」です。3ヶ月以内に、有能なプロジェクトマネージャーを採用しなければならない。また、2ヶ月以内に、市長、大統領、そして私はここで地域を連想していますが、これらのプロジェクトを実施するためのガバナンスについて私に提案していただきたいと思いますし、財政的なメカニズムや資金を明確に示していただきたいと思います。完全なパートナーシップのもと、2ヶ月以内に進展させる必要があります。そのためには、法律の改正も必要になるかもしれませんからね。大臣、そして私はジャクリーヌ・ゴロー大臣のこれらすべてのテーマに対する休むことのないコミットメントに敬意を表します。そして、法律のテキストは12月、まさに12月初旬に議会に提出されます。制度的な対応を安定させる必要があります。しかし、これらの近代化を強引なペースで行わなければ、すべてがうまくいかない。言い換えれば、自然なペースで行えば、うまくいかないのだ。それで、私もこの条件でお願いしています。

3つ目の要件は、最終的に契約を締結することです。首相は、政府が実施するすべての公共政策について、関係するすべての閣僚とともに、この計画の実施を監督する責任を負う。地域の県知事は、当然のことながら、関係するすべての選出された代表者と協力して、私が「野心の契約」と呼んでいるものを、非常に具体的な方法で実行に移さなければなりません。そして、また戻ってきます。私はまず10月中旬に消防士たちのところに戻ってきます。10月中旬にお願いしたことがいくつかあるので、6週間で棚卸しをして、来年の2月に戻ってきて、何ができて何ができなかったかを説明できるようにしたいと思います。そして、市民との連携、ガバナンスの革新、契約へのコミットを行う。この3つの条件を満たせば、本当にマルセイユの時代が来たと言えるでしょう。問われるのは、明日が遠いかどうかではなく、明日は大丈夫だと一緒に自分に言い聞かせることだろう。言ってみれば そのためには、私たちが一丸となって自分自身に努力できることが前提となりますが、これも例外的なことです。

皆さん、私が伝えたかったいくつかの信念は以上の通りです。壮大な計画ではなく、野心と契約、新しい方法、要件、野生の夢、しかし、各段階でチェックされる詳細。私はよく、真の理想主義者とは、細部にまで目が行き届いた非常に勤勉な人だと言います。そうでなければ、夢は言葉の中にしか残りません。そして、スピーチは塩分を失い、人々はそれを信じなくなります。
ここはマルセイユ、計り知れないほどの困難に直面している都市です。ここはマルセイユ。野心、ドラマ、不正の比類なき歴史を持つ都市。ここはマルセイユ。フランスで最も若い都市のひとつで、困難が村の中心にある。ここはマルセイユであり、フランスでもあります。なぜなら、マルセイユで成功しなければ、国を成功させることはできないからです。しかし、フランスはチャンスであり、誰にとってもチャンスでなければなりません。ご理解いただいている通り、成功する以外に選択肢はありません。

マルセイユ万歳。共和国万歳、フランス万歳

YouTube Preview Image

Be the first to comment

Leave a Reply