2021年10月10日、トランスジェンダー嫌悪と闘うデモがパリにて開催

2018年8月以降のフランスのトランス・コミュニティでは、トランスフォビックな暴力が増えていることに心を痛めています。ブーローニュの森をはじめとする公共スペースのいたるところで、トランス女性が暴行・殺害されています。日常的なトランスフォビアと制度的なトランスフォビアの重圧で自殺に追い込まれたトランスおよびノンバイナリーの男性と女性。

先週、2名の犠牲者が出ました。

– ナント出身の22歳のトランス女性、サーシャがパリで自ら命を絶った – 非正規雇用のペルー人トランス女性、セックスワーカーのイバンナが殺害された
パリ郊外にある彼女のアパートで。

トランス・コミュニティやその家族、同盟国の人々は深く傷ついています。

これらの行為を糾弾するために、大規模な動員を呼びかけます。社会や組織が自覚と責任を持ち、トランスジェンダーの人々の生命と尊厳が尊重されなければならないことを共に要求しましょう。トランスフォビア、沈黙はもうたくさんです。

10月10日、私たちは2つのパートからなる動員を提案します。

午後2時、ブーローニュの森でイヴァンナが働いていた場所からオートゥイユ門まで行進 午後5時、オートゥイユ門で芸術イベントと伝統料理の販売、イヴァンナの家族を支援するための募金活動、その一部はFAST(Fund for Social Action against Transphobia)に寄付されます トランスジェンダーに対する暴力に対して、あらゆる形の連帯とコミットメントを示す時が来ました。私たちはあなたに期待しています。

支援を希望されるアーティストの方は、MPにご連絡ください。

2021年10月10日(日)14日
Parisブローニュの森

YouTube Preview Image

Be the first to comment

Leave a Reply