ロベール=バダンテール元司法相インタビュー:「死刑廃止という信念が私にはありました」

2021年10月13日 Henri Kenji OIKAWA 0

https://www.liberation.fr/idees-et-debats/robert-badinter-labolition-de-la-peine-de-mort-une-conviction-qui-me-possedait-20210929_LKWL7A7T3NDLZPPLJ3UY4AHYIQ/ わずか40年前に死刑廃止の立役者となった彼が、世界のいくつかの地域で今もなお続いているこの歴史的な闘いについて「リベラシオン」に語っています。 「上院は、私がベールに包まれた声で話さなければならないことを許してくれるだろう。それは感情でもなく、まだ疲労の結果でもなく、ただ不幸にも一枚の霧に遭遇しただけなのだ。」 1981年9月28日、ロベール=バダンテール司法相は、上院での演説を始めた。結論から言うと、しばらくして、彼は自分が説得しなければならないことを知った。 「もしあなたが良心に基づいて、どんな人間も完全には有罪ではなく、永遠に絶望させてはならず、私たちの正義はすべての人間の正義と同様に必然的に誤りを犯すものであり、この正義のすべての進歩は私的な復讐や報復法を超えていくことであると考えるなら、あなたは死刑廃止に投票するでしょう。」 上院議員は、国民議会と同じ条件で文章を採択するために、たった2日間しかなかった。極端な話、1981年9月30日に廃止が確定的に議決されたのである。 40年後、ロベール=バダンテール元司法相はパリのリュクサンブール公園近くのアパートで「Libération」を受け取った。死刑制度の廃止を訴え、その立案者となってまで運動を続けてきた93歳の弁護士が、記憶を蘇らせる。彼のタンスの中には、友人のフランソワ=ミッテラン大統領からもらった法律の原文が残っている。封印された文書には、本人とフランソワ=ミッテラン、ピエール=モーロワ首相、ガストン・デフェール、シャルル=エルヌの内務・防衛大臣の5人の署名が入っている。「みんな死んでしまって、私だけが残った」”と感慨深げにコメントしている。しかし、ロベール=バダンテール元司法相は、過去にこだわるのではなく、いつの日か必ず実現すると信じて、世界の国々での廃絶を擁護したいと考えている。 ---アムネスティ=インターナショナルによると、現在、83カ国が死刑を廃止しておらず、そのうち55カ国が死刑を適用しています。いつの日か、普遍的な廃絶を望むことができるでしょうか。 完全な独裁国家である中国では、死刑執行の数すら知られていません、それは国家機密です。イランでも、サウジアラビアでも、イスラム原理主義の国では、子供や女性でも処刑されています。この40年の間に、世界でこんなにも早く廃絶が進むとは思ってもみませんでした。印象的ですね。ヨーロッパのすべての地域は、20世紀に人権を特に尊重していたとは言えませんが、死刑制度を廃止しています。ただ一国、スターリン主義の強権国家であるベラルーシを除いては。独裁者と死刑制度の間には一定のつながりがあります。単に、与党のリーダーが、自分が同胞よりも生殺与奪の権利を持っていることを示したいからだ。 ---では、将来についてはむしろ楽観的なのですね。 私の性格上、どちらかというと積極的な悲観主義者なんです。しかし、どこからスタートしているのかを測らなければなりません。1981年、フランスは世界で35番目に死刑を廃止した国であり、欧州共同体では最後の国でした。この遅れには歴史的な理由があります。脱植民地化により、アルジェリア戦争が終わるまで死刑が適用されていましたが、政治的な理由もあり、共和国大統領の個性やフランス人のギロチンへの愛着と結びついています。私たちが思っているほど文学を愛しているなら、私たちが偉そうに言うように「人権の国」であるならば、前者を廃止していたでしょう。このようなことはありません。 ---何度もチャンスを逃してきたと言わざるを得ない。 廃止運動は、啓蒙主義にまでさかのぼります。近代刑法に影響を与えたミラノ出身のチェーザレ=ベッカリーアは、1764年に死刑の無意味さを最初に証明した人物です。忘れられているが、1981年の廃止の前にも、1795年に条約で決議された廃止があった。というのも、この文章の中で、死刑は「大平洋の日から」廃止されると書かれていたからです。大平洋の日とは、死刑廃止にあまり熱心でなかったボナパルトの領事時代である1802年のことです。第三共和制では、ファリエール大統領、ブリアン、クレマンソー、ジョーレスが廃止論者だった。しかし、ソレイユ事件というマスコミに悪用された大事件が発生しただけで、1908年の会議所では廃止が議決されなかったのである。 ---1973年、あなたは世論が死刑に執着するのは「集団的苦悩」の症状であると言いました。 それは、私が弁護士を務めたクレルヴォー刑務所の人質事件の犯人の一人、ボンテムの処刑から1年後のことで、その裁判ではボンテムは殺していないと認められた。私たちは、廃絶のための戦いの真っ只中にいました。当時、フランス人の大多数が死刑に賛成していたことは言うまでもありません。また、私が行ったすべての裁判所では、それが現実のものとなり、ほとんど物理的に存在していたことは、言うまでもありません。裁判所周辺の人々は、「A mort! 死ね!」と言われました。せめてもの救いは、人気者オーラがなかったことでしょうか…。 ---恐ろしいことに、「ル・モンド」紙のイプソス社の世論調査によると、2020年になっても55%のフランス人が死刑制度を支持しているというのです…。 1981年9月17日の国民議会での廃止日に、右派系の大手朝刊が、ギロチンに賛成する人が62%という試算の世論調査を掲載した。現在の数字については、大きな犯罪やテロが発生した際に世論調査が行われていることで説明できます。現在の犯罪が発生していないときに、一定の間隔で実施する必要があります。私は投票による共和国ではなく、価値観による共和国を信じています。フランスの死刑制度は終わりました。すべてのヨーロッパの民主主義国家と同様に。 しかし、リオムのアサイス裁判所で行われたフィオナちゃん殺害の罪に問われた両親の裁判などでは、判決後に人々が「ギロチンへ!」と叫んだこともあった。歴史は時に私たちを悩ませるものであるかのように…。 社会の状態と、血なまぐさい犯罪によって喚起された感情のおかげで、常に世論の一部を伴った反応とを区別しなければならない。死刑を復活させることについては、不可能です。シラク大統領は2007年にこの制度を廃止しました。つまり、死刑制度を復活させたいフランス大統領は、憲法を改正しなければならないのです。また、欧州人権条約なども破棄しなければなりません。これは「人権の国」の大統領としては考えられないことです。 ---廃止を不可逆的なものにするために合憲化することは、後戻りの恐れを裏切ることになりませんか?作家アーサー・ケストラーの有名な言葉を思い出す。「文明人の心の奥底には石器時代の小人が潜んでいる[…しかし、この獣の皮をかぶった小人が我が国の法律に影響を与えることがなければ、それに越したことはない]」。 アーサー=ケストラーの著作は70年前のものである。国際協定やEU、廃絶が進む前の時代である。遠い闘争の時代です。 しかし、エリック=ゼムールのような大統領候補の候補者が、「哲学的には死刑制度に賛成である」と述べているのを聞いたら、あなたはどう反応しますか? 民主主義国家では、誰もが自分の信念を持つ自由があります。顎を動かすことは、法律の基本ではありません。本当は、死刑制度が復活するには、革命や独裁者が権力を握り、フランスの国際協定を破棄しなければならないのですが……。私たちは脅し文句を言っていますが、フランスの死刑制度は終わっています。そして、上院でこの文章が採決されたとき、私はそれを確信しました。ヴィクトル=ユーゴーの席を示すプレートに手を合わせて、”これで終わりだ […]

亀井静香・元金融相が安倍政権に喝!「晋三よ! 国滅ぼしたもうことなかれ 」独占インタビュー

2018年12月4日 Henri Kenji OIKAWA 0

France10は12月3日に都内事務所で亀井静香・元文化相金融相に独占インタビューした。亀井氏は衆議院議員を13期務め、運輸大、建設大臣、自由民主党政務調査会、国民新党代表、内閣府特命担当大臣(金融担当)などを歴任した。 亀井氏は今も安倍晋三・首相と時折、会談するご意見番だ。 そのご意見番が安倍政権へ喝を入れた。 怒涛の一時間。ぜひご覧あれ。

西部邁さんの保守思想、野中広務さん、経済政策、死刑ー小池晃「日本共産党」書記局長インタビュー by 酒井佑人

2018年1月30日 Henri Kenji OIKAWA 0

2018年1月29日、「日本共産党」小池晃書記局長による、定例会見が行われた。 France10は会見後、小池晃氏に独占インタビューを行った。 France10及川編集長 「西部邁氏が亡くなった事についてと共産党は保守の思想に近いと評価していたが、どうお考えか?」 小池晃氏 「亡くなられたのは心からお悔やみ申し上げる。政治的立場は異なるが、今のアベノミクスに対する怒り、現状認識がほぼ一致していた。本当に残念だ。」 France10及川編集長 「野中広務氏が亡くなられた事について」 小池晃氏 「保守の立場だけど筋を遠し、戦争体験を得て、安倍さんのやり方には 警鐘を鳴らし続け、非常に気骨がある政治家だと思う。仕事で関わりはなかったが、非常に残念だと感じる」 France10及川編集長 「安倍政権の言う『人づくり革命』『生産性革命』は供給サイドの経済政策だ。経済の喫緊課題は総需要不足の解消だ。日本共産党は『総需要不足の解消』のためにどのような政策を掲げるのか?」 小池晃氏 「ご指摘はもっともだ。雇用者所得が下がってきているのが問題なため、アベノミクスで潤ってる富裕層や内部留保を最低賃金の引き上げに回す。時給1500円は実現すべきだ。社会保障の削減などをやめて充実に向かわせる」 France10及川編集長 「日本共産党は脱成長論、経済成長を目指す立場、どちらの意見か」 小池晃氏 「当たり前の成長は必要だ。必要なのは、国民への再分配。そこまで右肩上がりの成長ではなく、当たり前を維持する政策は必要であることは間違いはない」 ゲイレポーター、酒井佑人 「自民党の若者の支持率は43.4%に対してどうお考えか」 小池晃氏 「メディアの問題がかなり大きいが、政策的な中身では、9条改正反対は若者の方が多いという世論が朝日新聞の調査でも出ているので、実際のアベノミクスの姿を伝えていけば、変わっていくと思う」 ゲイレポーター酒井佑人 「死刑に反対か?賛成か?終身刑にはどうお考えか」 […]

小選挙区で勝利した落合貴之「立憲民主党」衆院議員に独占インタビュー by 酒井佑人

2017年10月28日 Henri Kenji OIKAWA 0

2017年10月27日、三軒茶屋で行われた日本共産党・世田谷支部の集会後、ゲイレポーター酒井佑人さんは、今回の総選挙で、東京都世田谷6区から立候補し、トップで当選された落合貴之氏の独占インタビューに成功した。 以下、一問一答。 ◆◆◆◆◆◆ 当選してみての感想はいかがですか? 「全国的には与党が圧勝したなかで、与党の一年生議員が当選したという事実は責任が重大であるため、これから、仕事で地元の方々に返していきたい」 これから具体的にどのように活動していきますか? 「立憲野党4党の議席を足しても6分の1くらいしか、アベノミクスに反対してる人たちが、衆議院にはいないため、安倍総理が憲法改正の手続きをするなかで、どう止めていくかということをできるだけ世論を味方につけ、議論をしていきたい」 死刑に関しては、賛成ですか?反対ですか?また、どのように考えておりますか? 「現行制度の中では、極めて慎重に扱っていくべきだし、あるとしてもなるべく使わないようにしていくべきだと考える。廃止にするかどうかはこれから議論を深めていきたい。」 改めてお伺いしますが、同性婚に対しては、どのように議論を進めていくおつもりですか? 「同性婚に対しては、立憲民主党は、かなり前向きな意見であるため 、そういった政党が、議論を深め、それを世間に投げかけることが一番重要であると考える」 最後に有権者へのメッセージをお願い致します。 「総理大臣が間違えていることは、 選挙以外では、国会で止めていくしかないので、重要な野党の議員の一人として、役目を全力で果たしていきたい」 取材&文:酒井佑人(ゲイレポーター) France10はParis長期滞在取材の為に財政がひっ迫しております。今後もフランス発の情報を発信するため、寄付をいただければ幸いに存じます。ご支援のほどよろしく御願い申し上げます。

【総選挙2017】まっとうな政治を取り戻すー落合貴之「立憲民主党」候補、独占インタビュー by 濱田雄馬

2017年10月22日 Henri Kenji OIKAWA 0

France10は10月20日、落合貴之「立憲民主党」前衆院議員に独占インタビューを行った。 落合さんが出馬している東京六区(世田谷区)は自民、希望、幸福の候補が出ており、現在、越智隆雄「自民党」前衆院議員と落合さんが激しく競り合う選挙戦を展開している。落合さんは2012年総選挙に「みんなの党」から出馬し惜敗、2014年総選挙では「維新の党」から出馬し、比例復活で当選を果たした。今回は小選挙区で勝つことを目標としており、激しい攻防が続きそうだ。 France10はParis長期滞在取材の為に財政がひっ迫しております。今後もフランス発の情報を発信するため、寄付をいただければ幸いに存じます。ご支援のほどよろしく御願い申し上げます。

【総選挙2017】希望の党&立憲民主党をメッタ斬り-中野正志「日本のこころ」代表に独占インタビュー

2017年10月22日 Henri Kenji OIKAWA 0

France10は10月18日、都内・銀座数寄屋橋交差点にて、中野正志「日本のこころ」代表を行った。 立憲民主党が健闘し、希望の党が失速していることを質問すると、両党を一刀両断に批判した。 また、同性婚に賛成か否か尋ねたところ、しどろもどろになってしまい、明確な答えをいただけなかった。 「日本のこころ」は今回の総選挙で政党要件を失うことは確実で、中野代表も「最後の戦いになる」と述べている。 France10はParis長期滞在取材の為に財政がひっ迫しております。今後もフランス発の情報を発信するため、寄付をいただければ幸いに存じます。ご支援のほどよろしく御願い申し上げます。

【総選挙2017】”美しすぎる候補”七海ひろこ「幸福実現党」財務局長に独占インタビュー

2017年10月22日 Henri Kenji OIKAWA 0

France10は選挙戦の最終日にあたる10月21日、都知事選2016にも出馬した”美しずきる候補”としてネットで話題の七海ひろこ「幸福実現党」財務局長に独占インタビューを行い、 ①手応えはどうか? ②幸福実現党は選挙戦で何を訴えたのか? ③移民政策についての立場はどうか? ④最後に有権者のメッセージを と質問した。七海氏は昨年の都知事選では有権者にハグをする”ハグハグ作戦”を実施し、話題になった。 ただ、今回はお得意のハグを封印して、握手のみでの挨拶を行った。 取材&文:岡本杏理 France10はParis長期滞在取材の為に財政がひっ迫しております。今後もフランス発の情報を発信するため、寄付をいただければ幸いに存じます。ご支援のほどよろしく御願い申し上げます。

理詰めで攻めれば安倍内閣は年内に総退陣する-小沢一郎・代表に独占インタビュー

2015年7月30日 Henri Kenji OIKAWA 0

France10は小沢一郎「生活の党と山本太郎と仲間たち」代表に2015年7月23日、都内・衆院第一議員会館にて独占インタビューを果たした。 France10が「現在国会で審議中の安保法制が成立した場合、日本はどうなるか」問い質したところ、小沢代表は 「有志国連合に日本が位置して、IS(イスラム国)やアルカイダに対抗するという類のことで、後方支援で何であれ、軍事的活動に関与することになれば、日本もテロの対象に彼らは考えるようになるだろう。国民生活にさしあたって大きな影響を及ぼすのはテロだ。そして、日本はテロに対してまったく無防備だ。米国や英国、フランスはあれだけ金を費やして警戒していても(テロを)やられる。日本は何もしていない。先日、新幹線で男性が焼身自殺しただけで大騒ぎをした。もし爆弾が爆発していたらどうなるか。新幹線の乗客(の多く)は死んでいただろうし、東海道の新幹線はしばらく不通になっていたであろう。経済的にも人命的にも大打撃だ」 と述べた上で、原発テロの危険性について言及した。 France10が安倍政権を追い込む否決について問い質したところ、小沢代表は、審議の中で理詰めで安倍首相を攻めていけば必ず立ち往生すると述べ、「安倍内閣は年内に総退陣することもあり得る」と今後の展望について述べた。 情報にはコストがかかります。France10はタブーなき自由な報道のために皆様からの御寄付によって支えられています。

外国人6人にヒロシマにて直撃インタビュー by 冨田すみれ子・記者 -Hiroshïma原爆投下69年・特集-

2014年8月10日 Henri Kenji OIKAWA 0

8月6日、広島は1945年の原子爆弾投下から69年目を迎えた。 原爆の日、広島には国内のみならず国外からも平和を想う人々が集まる。そんな中、世界各国では核実験が繰り返され、日本は原発の問題を抱えている。この日の為に広島を訪れた世界各国の若者達は何を考えるのか。平和記念資料館や、8月6日に合わせて行われている平和イベントを訪れた各国の若者達にインタビューを行った。 INDEX 0:06-0:19 Anna (Italy) :広島を訪れて感じた事。世界へ向けて平和の提案。 0:20-0:44 Hyunmin (South Korea) :韓国人留学生としての平和への想い。 0:45-1:31 Sara (U.S.A.) :アメリカ人として広島平和記念資料館を訪れ、被爆者の生の声を聞いた感想。 1:32-2:14 Eric (U.S.A.) :アメリカ人として広島平和記念資料館を訪れた感想。アメリカの歴史教育で学んだ「原爆」と、今回広島を訪れて変化した「原爆」への考え方。 2:15-3:19 Yang (China) :中国人留学生として考える「平和と戦争」、そして「原爆」への想い。 3:20-3:50 […]

安倍政権はおもしろい!「朝まで生テレビ」番組中に死ぬのが理想 田原総一朗さんが政治から性事まで一刀両断

2014年4月29日 Henri Kenji OIKAWA 0

ジャーナリストの田原総一朗さんに2014年4月28日、都内大学にて、France10は直撃インタビューした。 安倍政権について田原さんは 「面白いと思う。彼はいろんな事をやってくれるから問題がいっぱい起きて、やるべきことがいっぱい出てきて、本当に面白いと思う」「谷垣(禎一)さんなんかが(総理大臣に)なっていたら(朝生の話題が)何もなかったんじゃないかと思う」 と指摘した。 また、フリーセックスを標榜する活動家の結婚式を”撮影班も全裸”という条件下で取材し「スタッフともやりたい」とさらなる提案が突きつけられ、田原ディレクターが自ら身を挺してガチンコで撮影に臨み、水道橋博士から「田原総一朗は日本初のAV男優」と評されるようになった伝説のドキュメンタリー「日本の花嫁」(1971)のエピソードについて撮影秘話を明かした。 ガチンコインタビュー21分を一挙公開。 ●インデックス 田原さんは北風、筑紫哲也さんは太陽(0:00-) 東京都知事選2014「朝まで生テレビ」の意図(1:03-) 橋本龍太郎・首相を退陣に追い込んだ映像の力(2:30-) キャスターは孤独。圧力・批判・脅しに独りで向かわないといけない(6:10-) 「日本の花嫁」撮影秘話(8:50-) 朝ナマで一番反響があった回は1988年「オリンピックと日本人」(12:50-) 「ゆきゆきて、神軍」原一男・監督が田原さんのドキュメンタリーを撮影中(15:56-) 一番強烈だった首相・田中角栄との思い出秘話(16:34-) 特定秘密保護法がメディアに与える影響は?(19:26-) 安倍政権は「おもしろい!」(20:24-) 【出てくる個人名】 小田久榮門・テレビ朝日編成局長、日下雄一「朝ナマ」プロデューサー ●France10Webリニューアル http://www.france10.tv/

三間睦美スフィーダ世田谷

<サッカー美女子>スフィーダ世田谷FC三間睦美・選手にインタビュー 【2014 04 06】

2014年4月7日 Henri Kenji OIKAWA 0

2014年4月6日に駒沢公園にて「なでしこリーグ」2部にあたる「チャレンジリーグ」のスフィーダ世田谷FCと清水第八プレアデスとの試合が行われ、4:0でスフィーダ世田谷が勝利した。France10は試合後、スフィーダの「サッカー美女子」三間睦美・選手にインタビューした。

美女子コスプレイヤーと語る@ワンフェス冬2014

2014年2月10日 Henri Kenji OIKAWA 0

日仏共同テレビ局France10はParis・東京において美女子コスプレイヤーにインタビューする企画を続けてきた。 都知事選の投票日にあたる2014年2月9日に幕張メッセにて世界中のヲタクが集まる「ワンダーフェスティバル2014冬」が催され、たくさんのコスプレイヤーが参加した。 そこで、France10は美女子レイヤー複数にインタビューした。 坂本ふみかさん(OL) 中田クルミさん(モデル) 亜桜日奈さん 女子高生コスプレイヤー4人 こよみさん

大きな社会の細川と小さな政府の小泉は最強コンビ-宮台真司インタビュー

2014年2月8日 Henri Kenji OIKAWA 0

日仏共同テレビ局FRANCE10は細川護煕・元首相の支援を表明した宮台真司・首都大学東京教授に2月7日、池袋駅東口でインタビューした。 宮台氏は細川護煕・元首相が提唱する「大きな社会」と小泉純一郎・元首相が実践してきた「小さな政府」は最良の組み合わせだと指摘し、ダンス規制・漫画&アニメ規制をめぐる「公序良俗」発言にたいして、 「細川さんも周りはよく知らないのでしょう」 と述べ、細川都知事誕生後に、「細川さんをも包摂する”包摂社会”」をつくる為に提言・意見すると語った。 【講演会の案内】*受付終了※当日席(キャンセル待ち)複数用意します 講師:宮台真司(「首都大学東京」教授、社会学者) :二村ヒトシ(『すべてはモテるためである』著者・AV監督&男優) 主題:『希望の恋愛学』を語る 副題:男女共同参画・男女素敵化プロジェクト 日程:2014年2月14日 時間:19:00~21:35(受付開始18:30) 場所:世田区立男女共同参画センターらぷらす研修室3-4 http://www.laplace-setagaya.net/access/ 資料代:¥1000 (『希望の恋愛学』持参の場合¥800) 定員数:80名 主催:仏日友好協会(Association Amicale Franco-Nipponne) 協賛:日仏共同テレビ局 FRANCE10 ※Dresse Code:tenue de cocktail ※資料代は当日の受付にてお支払いください。 *受付終了※ […]

福島に迫るドキュメンタリー映画「無人地帯」監督にインタビュー

2014年1月31日 Henri Kenji OIKAWA 0

2月1日から渋谷「ユーロスペース」にて上映されるドキュメンタリー映画『無人地帯』を製作した藤原敏史・監督にインタビューし、作品や都知事選について話を伺った。 ○映画の内容○ 『無人地帯』 2012年/日本・フランス/HD/105分/配給:シグロ 監督:藤原敏史/朗読:アルシネ・カーンジャン/音楽:バール・フィリップス/撮影:加藤孝信/編集:イザベル・インゴルド/音響:臼井勝 制作:カトリーヌ・グリゾレ/製作:ヴァレリー=アンヌ・クリステン、ドゥニ・フリードマン 住民が避難し無人となった20km圏内の風景。それでもその土地の営みは続く。春になり、咲きほこる桜、茂る新緑。そしてその周辺地域に住み続ける人々の暮らし。やがて、20km圏内への立ち入りが禁止される…。カメラは、その場所が築いてきた時間と歴史を巡り始める。 東日本大震災から一年後のベルリン国際映画祭に出品され、その後も数多くの映画祭で上映、絶賛された『無人地帯』が遂に劇場公開される。藤原敏史監督は破壊された風景と、それでもそこに住み続ける人々を見つめ、耳を傾け続ける。朗読には、映画監督アトム・エゴヤンのパートナーでもある女優アルシネ・カーンジャン、そして音楽には世界の前衛音楽シーンを牽引してきたベーシスト・バール・フィリップスを迎え、繊細でありながらも力強い声と音楽で見る者の心を揺さぶるに違いない。

台湾×オーストリア萌コスプレイヤーさんに訊く2 interviews des belles coplayeuses

2014年1月22日 Henri Kenji OIKAWA 0

台湾とオーストリアから来た萌コスプレイヤーに2014年1月19日、東京ビックサイトで催された「艦これ」イベントでインタビューした。 一組は台湾からいらしたRUKALEE(twitter:@rukalee)さん、ゆな(twitter:@yuku037)さん、もう一人はオーストリアから来日した美少女・ケーキ姫(twitter:yuumin2525)さんだ。 少女たちはなぜコスプレに魅せられるのか……に迫った。

No Image

復刻!若きカリスマ歌手・中村中 「友達の詩」「天までとどけ」でブレイク

2013年9月17日 Henri Kenji OIKAWA 0

『オーマイニュース』に次のような記事を執筆しましたので、転載いたします。 タイトル:若きカリスマ歌手・中村中 サブ・タイトル:「友達の詩」「天までとどけ」でブレイク 記者:及川健二(Documentariste) 【本文】  10代、20代の間で大ブレイクしている22歳の若きカリスマがいる。シンガーソングライターの中村中(なかむら・あたる)さんだ。  10歳でピアノを、15歳で作詞・作曲をそれぞれ独学で始めた。中学卒業前からストリート・ミュージシャンを始め、2006年6月28日、21歳の誕生日にシングル『汚れた下着』でメジャー・デビューを果たす。さらに同年9月にリリースしたセカンド・シングル『友達の詩(うた)』が爆発的にヒット。そして今年1月1日、『友達の詩』や『さよなら十代』など12曲を収録したファースト・アルバム『天までとどけ』をリリースした。現在は2枚目のアルバムづくりをしながら、全国でライヴを続けている。  ファンが魅了されてやまないのは、中村さんの中性的な声と繊細な詩、そして美しい旋律である。性同一性障害をカミング・アウトしている中村さんの歌詞は、男性・女性のどちらの気持ちなのか、明確にはいえない。そこが神秘的、幻想的に響く。  ファンに「中村中さんのどこが好きか?」と質問したところ、いくつも返信をいただいたので紹介したい。  「癒してくれる歌詞。 そして元気をくれる歌詞。 けっしてうすっぺらなところがなく、心の奥深くに時に重く、時に暖かく響くから。 それがまた彼女の歌声と、どことなく昭和っぽい曲とあわさって他の誰も出せない独特の魅力になってるんだと、私はそう思ってます。 もちろん、その生き様にも共感しています。 堂々と生きている様。 かっこいいです。」  「素直な気持ちを表現できる彼女が素敵です。露骨とも 思える言葉が魂を吹き込まれると人間の叫びとなり 心に響きます。」  「歌謡曲ちっくなのが素敵ですよね☆ 歌詞も熱いし、歌声は力強く、優しく、深く。 なによりキレイ♪」  「一言でいうなら、“凛凛(りり)しいところ”です。もちろん女性らしさも溢れているけれど、敢えて言うなら、かな。なんていうか、戦う事から逃げない姿勢が凛凛しいと思うんです」  「衝撃でした。新曲『リンゴ売り』なんて完璧に私の心情と重なってしまって。他のアーティストではきっと書けないだろうというリアルでタブーな歌詞。その歌詞というより、彼女の言葉がノスタルジックな昭和を感じさせるメロディーと彼女の独特な表現力のある歌声にのせられて、聴く者に強い感動と衝撃を与え魅了するのだと思います。」  「低音~高音までこなす、並外れた歌唱力、魂のある歌詞、綺麗でインパクトのあるメロディーを作曲する才能、独学で、ピアノ、ギター、ドラムをこなす天才ぶり。 それにモデル並の美貌とセクシーさ!! 内面の深さ、若いのに思慮深いところ。彼女ほど全てそろったシンガーソングライターって他にいるのでしょうか? 天は5物も6物も与えたって感じだけど、並外れた努力による賜物でしょうね~!」 […]