極右マリーヌ=ルペン「国民連合」党首、移民問題で攻勢に転じる!その理由とは?

マリーヌ・ルペン氏は、9月28日(火)の記者会見で、「移民問題は、大統領選の議論の場に自らを招き入れようとしています」と述べ、2022年にエリザベス女王に選出された場合、政権を取ったらすぐにでも、このテーマで国民投票を行うための法律案を発表することを目指しました。

「バルニエからベルトランまで、そしてペクレスからマクロンまで、すべての候補者がこのテーマで自分の意見を通そうと必死になっているが、それは自明のことだ」と国民議会議長は皮肉り、これらの「タイムリーな認識」は何よりも「ご都合主義」であると微笑んだ。

法案の措置の中には、「外国人の入国を規制すること、重大な犯罪や犯行で有罪判決を受けた外国人や、公共の秩序、国家の優先権を損なう外国人を追放すること」や「正規化を禁止する原則」などが含まれています。

“機会的認識”。

購買力」に加えて、今日のナショナルラリーの候補者の目的は、「移民問題」に対するRNの「専門家」としての立場を思い出し、「何十年もの間、非常に徹底した考察を行ってきた」ことにありました。右派、エリック・ゼムール、そして政府までもがその足元を踏みにじっているときに、ある種の「基本への回帰」が行われている。

8月末、「モラトリアム」を発表したのは、ブレグジットの元欧州交渉官で、現在は右派の予備選に立候補しているミシェル・バルニエだった。「不法移民や、フランスの移民政策(機能していない)がもたらすあらゆる悪用に歯止めをかける」としている。

ブリーブ・ラ・ガイラルドで開催された大統領選挙キャンペーンの発表会に出席したヴァレリー・ペクレスは、共和国は「マフィアのネットワークに操られた無秩序な移民に圧倒されている」とし、「不法移民の居場所は、故郷に帰るためのチャーターにある」と述べました。

また、LR予備選挙のもう一人の候補者であるエリック・シオッティは、「フランスがフランスであり続けること」を目的としており、土壌の権利への回帰や、移民や「移民割当」に関する「憲法改正」の導入を提案することを躊躇しません。

また、今のところ候補者になっていない極論家のエリック・ゼムールも、そのレトリックはもっぱら移民規制に基づいており、当然のことながら、9月27日(月)に放送された「Sud-Radio」で再び次のように述べている。非常に強い圧力がかかります。

“Éric Zemmour “を待たずに

このような状況下で、多数派は傍観者でいるつもりはない。RN候補者がエマニュエル・マクロン氏に対する第2ラウンドの投票で与えられている間に、政府はその日の朝、フランスから追い出された移民の帰還に必要な領事パスの発行を「拒否」しているモロッコ、アルジェリア、チュニジアに関して、ビザ取得の条件を厳しくすることを発表しました。

メディア的にも政治的にも存在感のあるÉric Zemmourへの対応策?ガブリエル・アタル報道官は、この問題に関する「最初の会議」は「1年以上前」にさかのぼると説明し、政府は極論者が「(自分が)話す前に待っていたわけではない」と弁明した。

「これは思い切った決断であり、前例のない決断だが、これらの国が、我々が望まず、フランスに留めることのできない国民を引き取ることを受け入れないという事実によって、必要となった決断である」とも述べた。

“私たちの解決策は、すべての人に届きます。”

しかし、この措置は極右の人々にも注目されており、彼らは当然のことながら、もっと先に進む必要があると言っている。つまり、今日マリーヌ・ルペンが提示した国民投票に至るまでに。RNのスポークスマンであるSébastien Chenu氏は、BFMTVで「この国では、ようやく移民が問題であるという、救いのある認識が生まれたと思います」と述べた。

「しかし、「私たちの分析は正しいものであり、私たちの解決策は、すべて実現するでしょう」と付け加えました。

移民というテーマを全面的に打ち出したことで、マリーヌ・ルペンは「国民のためのイデオロギー的勝利」と自画自賛している。この成功が投票箱に反映されるかどうかは、今後の課題だと思います。今のところ、極右の候補者は第2ラウンドに残っているかもしれませんが、世論調査では常に後退しています。

 

YouTube Preview Image

Be the first to comment

Leave a Reply