2022年大統領選挙:「フランスの百田尚樹」Éric Zemmour、第二の風を求めて

2022年1月7日 Henri Kenji OIKAWA 0

https://www.lefigaro.fr/elections/presidentielles/eric-zemmour-a-la-recherche-d-un-second-souffle-20220105 勢いを取り戻すために、候補者のチームはさまざまなシナリオを考えている。 フランス国旗の色でライトアップされたパリのギャラリーのステージに立った「フランスの百田尚樹」エリック・ゼムールは、自分を納得させるかのように、信者たちに向かって「困難で厳しい戦いになるだろうが、勝利は手の届くところにある!」と語りかける。第1ラウンドから3ヶ月が経過した。これは、彼の著書『La France n’a pas dit son dernier mot』の出版からの経過時間よりも短い。 秋の騒動に突入する前に。いつも大統領選のマラソンの終わりを告げるこのスプリントのスタート前に、火曜日の夜に部隊のミーティングを行ったのはとても良いアイデアだった。それは、まず、自分の願いを込めて、彼らに声をかけることだった。これまでのエネルギーとこれからのエネルギーに感謝するために。しかし、この重要な時期にバランスシートを作成することも。 岐路に立つ 夏以降、目の覚めるようなダイナミックさで、投票意向の上位4分の1を占め、公開討論会でも自分のテーマを押し出すことができた。これは、エリック・ゼムールが支持者の前で思い出さずにはいられなかった現実である。「6月には、1000年前から政治に携わってきた人たちが、私に行くことを思いとどまらせた。これらの偉大な専門家たちは、我々が世論調査で3%を超えることはないと信じていた。しかし、9月以降、私たちはこの選挙の歴史を書いてきました。自分たちのテーマを押し付けてきたのは私たちであり、よく真似されてきた」。 一方、火曜日の夜、Éric Zemmourがあまり話さなかった別の側面がある。印象的だったように、彼の電撃戦は鈍化している。そして今のところ、国民連合RNの民族主義者のライバルであるMarine Le Penや、共和党議会の勝利機であるValérie Pécresseを打ち負かすことはできていない。しかし、この2人の候補から有権者を振り向かせることに絶望はしていない。 世論調査では、エッセイストは「岐路」に立たされており、国家元首に対抗する第三の男としての地位を確認している。彼がもはや進歩していないとしても、Éric Zemmourは負けていない。健康状態によって凍りついたかのような政治状況の中で。LCIとLe FigaroのためのIfop-Fiducialの調査によると、彼の投票意向は13.5%で安定している。Valérie PécresseとMarine Le Penは次いで、それぞれ16%となっている。エマニュエル・マクロンは約27%の得票率で大きくリードしています。 現地での変位の様子 […]

レッドライン (超えてはならない一線)-仏版”百田尚樹”エリック=ゼムール、フランス人のこだわり

2021年11月21日 Henri Kenji OIKAWA 0

この極論者は、夏にキャンペーンに登場し、今では2次ラウンドの出場権を獲得しているようだ。ジャーナリストのQuentin Baulier、Pauline Revenaz、Benjamin Duhamelは、この電撃的な上昇を理解するために、彼のネットワークと戦略を掘り下げた。 。 大統領選をひっくり返すような破壊的な要素だ。マリーヌ・ルペンとエマニュエル・マクロンのリターンマッチは、この2年間、世論調査から世論調査へと確認されてきましたが、数週間で、エリック・ゼムールが事態を揺るがした。 政界の論客であり、メディアのフロントランナーである彼は、どのようにして2022年のゲームを大きく変えることができるようになったのか。彼は誰?誰が彼に助言しているのか?エッセイストはどのようにして自分のこだわりを世間の議論に押し付けたのか。答えは明確です。   ゴンドラの先頭に立つ若者たち 彼の政治的冒険は昨年の冬に始まった。少なくとも公式には。法学部の学生であるスタニスラス・リゴー(22歳)は、昨年2月に作家の立候補を支援する若者の運動「ジェネレーションZ」を立ち上げた。ここ数週間、ポスターを貼り続けているのは、30人ほどの若者からなるこの小さなグループだ。 「彼と直接関係があるわけではありませんが、私たちのポスターに出資してくれているエリック・ゼムールの友人たちと一緒に仕事をしています」と説明するのは、将来の右派リーダーを養成するためのセミナーを開催する協会であるInstitut de formation politiqueを卒業した若者だ。 「エリック・ゼムールの友人」は、4月に規約を申請した政党で、資金調達協会を兼ねた仕組みになっている。代表は33歳のAntoine Diers。 「彼が走ると決めた日に役立つように準備しています。彼には政党がなく、幸いにも政治家ではありません。これが彼の強みです。スポンサーシップ、資金調達、地元でのリレーなど、あらゆる面で準備を進めています」と、フィリップ・ド・ヴィリエ、そしてニコラ・サルコジのために活動していた元闘士は語る。 自然発生的に発生したと思われるゼムールの世代 この青年は、大統領選挙のスポンサーになってくれるように市長たちを説得しようとする最初のチームを結成した。カレーのLR市長の元チーフスタッフは、この作家の経歴をまとめた参議院議員に送られたパンフレットを書いた人物でもある。 この装置は、極論者が介入することなく、選挙で選ばれた役人の協力を約束して展開される。「”Éric Zemmour “は彼の回廊に、我々は我々の回廊にいる。彼は自分の人生を生き、我々は彼の未来の人生を準備する」と誓う。 若い顔、自然発生的な世代が元コラムニストの立候補を後押しする… それは、彼の側近が語る話だ。実際には、この論説委員は長年にわたって政治的な運命というものを育んできた。 著書の成功に後押しされて […]

“フランスの百田尚樹”の提案は、1990年代の共和国連合のものか?

2021年10月9日 Henri Kenji OIKAWA 0

極論を言えば、自分はかつての右翼政党のメンバーだと主張する。ジャック=シラク元大統領が設立したもので、「主権の尊重」を掲げていた。 それは、極右作家エリック=ゼムール氏が主張し続けている所属です。テレビに出演するようになってから、この候補者は、共和国連合(ジャック・シラクが1976年に設立したRassemblement pour la République党)をモデルとして持ち出す機会を逃しませんでした。フランソワ=ミッテラン元大統領の2期14年の任期中は野党として活動し、2002年には民衆運動連合(UMP)に吸収された。「国民主権と国家の独立、自由、責任、人間の尊厳に対する妥協のない敬意に基づく政策への支持」を訴えていた。 このようにして、私たちは政府との良好な関係を築くことができた。「若い人にとっては何の意味もありませんが、年配の方にとっては何か意味があるのです」と続けた。その数日前、エリック=ゼムールは共和国連合(RPR)を「否定され、裏切られた」政党であると考えていた。特に共和党(LR)、つまり「ドゴール将軍を裏切った」「中道の名士」たちに裏切られたのである。「RPRや旧右翼の価値観をどのように共有しているのか」と問いかけた。 まだプログラムを発表していない場合でも、この政治家は定期的に自分の「診断」とフランスへの提案を発表しています。では、RPRと同じものを守るのか? かつての党のロードマップは、1990年にさかのぼらなければわからない。3月31日、ヴィルパント(セーヌ=サン=ドニ)にて、RPRとフランス民主主義連合(UDF)の選出メンバーが集まり、「この問題はフランスにとって極めて重要である」として、移民問題について話し合った。ジャック=シラク元大統領からアラン=ジュペ元首相、そしてニコラ=サルコジ元大統領やロゼリン=バシュロ文化大臣まで、彼らは皆、政治的背景が右派にとって好ましくないことを知っていた。その2年前、フランソワ=ミッテランは再選を果たした。1984年の欧州選挙では10.95%の得票率、その後の大統領選挙では14.38%と、数年の間に国民戦線も明確な進歩を記録したのである。そのため、移民問題をジャンマリー=ルペン氏に独占させないことが急務であると考えられた。 右派は断固とした態度で、「国境を閉鎖する」「不法移民と亡命権の悪用に対抗する」「独立した移民監視機関を設立する」「家族再統合の問題を検討する」などの提案を発表した。また、「社会的給付を居住期間、国籍、相互扶助の条件に結びつける」ことや、「外国人の統合」のための「毅然とした確固たる政策」を実行することも提案さけている。 移民を「コントロール」するために、RPRは自治体が割り当てを設定できるようにすべきだと提唱し、「外国人の両親からフランスで生まれた若者が自動的に国籍を取得する現状」は「よくない」と考えていた。何度か、「フランスのムスリム」や「イスラム教」の問題も出てきた。そして、「フランス国民の大多数」が愛着を持っている「ユダヤ・キリスト教の伝統」を思い起こすことが必要であり、同時に「原理主義との戦い」や「イスラム教の統合」も必要である。「イスラム教の統合には、”和らげられた “イスラム教の出現が必要であり、それは “イスラム教が適応するかどうかにかかっている “」からである。 談話の強い共通点 第五共和制の歴史家で、L’énigme Pompidou / de Gaulle (Ed. Perrin)の著者であるArnaud Teyssierは、「この時期は、右派、特にRPRが特定のテーマについて非常に強い提案をしていた時期である」と述べている。死刑制度の復活や移民の規制強化を主張するシャルル・パスクア氏(1986年から1988年、1993年から1995年まで内務大臣)は、この党の強固な路線を象徴している。30年後、共和党よりも堅実でありたいと考えているエリック=ゼムールが擁護するテーゼには、多くの共通点があります。この極論者は、さまざまなスピーチの中で、市民権の廃止、家族再統合の廃止、連帯手当の国民優先、移民の廃止などを賞賛している。 さまざまな社会階級に手を差し伸べることを目指したRPRのように、エッセイストも「労働者階級と愛国的なブルジョアジーを結びつける、大衆的でボナパルティズム的な右派の集まり」を望んでいる。世論調査員で政治学者のジェローム=サントマリー氏が指摘するように、「RPRの労働者階級への影響力は常に限定的」であるため、これは危険な賭けである。「党が目指していた、人々を一つにするという使命を果たすことができなかった」と付け加える。 “イスラムに包囲された城塞” しかし、いくつかの点で、エリック=ゼムールはさらに進んでいる。RPRが「フランスで行われている第二の宗教の規則と共和国の法律との間の互換性の問題」を指摘したのに対し、この極論者はフランスを「イスラムに包囲された城塞」と呼んでいる。また、イスラム教は「フランスとは相容れない」と考え、「脱皮の現象」と「文明的」になった問題を指摘しています。また、この元ジャーナリストは、1993年に廃止された1803年の法律に戻すことも提案している。この法律は、新生児のファーストネームをフランス人とみなされるものに限定するというものだった。 […]

“フランスの百田尚樹”エリック=ゼムールが大統領選2022の決選投票へ進出か?衝撃の世論調査

2021年10月6日 Henri Kenji OIKAWA 0

まだ立候補を表明していないエッセイストは、「チャレンジためのハリス・インタラクティブ」調査では、国民議会候補のマリーヌ・ルペン氏を上回っている。 1回目の投票では、24~27%の票を獲得して首位に立った国家元首の後ろには、まだ候補者ではないエリック・ゼムールが17~18%の票を獲得して2位となり、2回目の投票が行われることになった。それは、スタートラインに立つ候補者の名前に関係なく言えることだ。『Le Suicide français』(2014年、Albin Michel)の著者は現在、2017年の極右政党「国民連合」Marine Le Pen党首の有権者の30%、François Fillon元首相の有権者の31%にアピールしている。投票率は15~16%で、国民連合(Rassemblement Nationalが)支持する候補者は下降線を辿っています。6月に同研究所が発表した数字によると、マリーヌ=ルペン党首は4ヵ月間で13ポイントを失ったことになる。 右派では、すべての候補者が減少している。Xavier Bertrand元保健相が13%の投票意向(-1)で依然としてリードしており、Valérie Pécresse元予算相が11%(-1)、Michel Barnier元外務相が7%(-1)となっています。服従しないフランス(France Insoumise)の候補者であるJean-Luc Mélenchon党首は、エッセイストのEric Zemmourとの討論で得た2ポイントを失い、11%にまで落ち込んだ。 左派では、フランス社会党のAnne Hidalgoパリ市長とエコロジスト共同候補のYannick Jadot欧州議会議員が、同じHarris Interactive社の調査によると、6~7%の投票意向を示しており、拮抗している。他の候補者が2%を超えることはない。 二人の候補で争う決選投票の予想では、グザビエ・ベルトラン元保健相が、エマニュエル・マクロン大統領の51に対して49%の意向を示し、エマニュエル・マクロン大統領のスコアに唯一匹敵している。逆説的に言えば、マリーヌ・ルペン党首は47%で、大統領との第2ラウンドでは最高のスコアを記録したことになる。エリック・ゼムールは、エマニュエル・マクロンの55%に対して、より拒否反応を示す45%の得票率に達するだろうと同研究所は分析している。

極右政党「国民戦線」ジャンマリー=ルペン創始者が作家のエリック=ズムール大統領選挙候補を支持

2021年10月6日 Henri Kenji OIKAWA 0

ルモンド紙がフランス大統領選挙2022について記事にしたので、超訳したい。 Jean-Marie Le Penは、Marine Le PenよりもEric Zemmourの方が「有利」であれば、大統領選でEric Zemmourを支持する。 国民戦線の共同創設者は、反動的な極論者の選挙戦前の様子を寛大な目で観察している。三女のマリーヌ・ルペン「国民連合」党首がこの分野を「無人」にしてしまったことを残念に思っている。 “爪 “と “尻尾 “を隠して…。9月30日(木)、サンクルー(Hauts-de-Seine)にあるMontretoutの荘園で、黄土色のアームチェアに身を沈めているのは、第五共和制の悪魔と呼ばれた93歳のジャンマリー=ルペン氏。 2022年の大統領選挙の候補者に内定しているナショナリストの極右、エリック=ゼムール候補に「成長し始めている……彼はすぐにルシファーの尻尾と蹄鉄を持つようになるだろう!」と予言した時、パリの空は赤く染まっていた。金曜日に発表されたIpsos社の世論調査によると、極右の家長は『フランスの自殺』(Albin Michel, 2014)の著者に対する悪魔化が始まっていると認識していることを説明しているが、後者(ゼムール候補)は投票意向の15%で突破している。マリーヌ=ルペン(16%)に次ぐ。 エマニュエル=マクロン大統領のライバル(マリーヌ=ルペン)は、6月以降、9年ぶりに10ポイント下落しました。「国民戦線の共同創設者である彼は、2015年に党から排除されて以来、娘が運営するデディアボリズムに常に敵意を抱いていると非難しています。6月の地方選挙の後、彼は国民連合(RN)に『処女性』を取り戻すよう呼びかけた。彼を通して、旧来の『フロント』(国民戦線)全体が疑われるのである。そして、かつての(共和党の前身である)共和国連合(RPR)から国民連合(RN)の伝統的な周辺部へと続く「ゼムール氏が放つ矢」(l’arc zemmourien)に目を向けています。地方組織では、すでに離脱者が続出している。 ジャンマリー=ルペン氏は、「(彼が)木箱に入る瞬間まで」発言することを決意し、「もしエリックが国民の陣営で最も適した候補者であるならば、もちろん私は彼を支持する」と突然計画した。趣向を変えて これまでは、マリーヌ・ルペンを擁護し、ナショナリスト陣営の分裂を嘆いていたが、この夏は、ゼムールをトラブルメーカー、さらには「ショーのスター」と比較していた。”彼はそれを受け止められるだろうか?2002年4月の最終選考会では、「0.74%からスタートしたので、何となくわかります。 第三帝国の大臣の娘に励まされたゼムール 「メンヘラ」(Menhir)は、自分が友達だと思っている人に愛情を持っています。マリーン=ルペンよりも、彼の方が電話をかけるのは簡単です。ジャンマリー=ルペンは、ゼムール氏の「勇気」と「文化」を高く評価しています-「それは稀なことになりつつあります」。2人は1980年代から、フランスや政治家の料理について長い会話を交わすなど、温かい関係を築いてきた。パリのブラッスリー「オー・プティ・リッシュ」(la brasserie Au Petit […]

2022年大統領選挙:ゼムールが力強い躍進を記録、ルペンは弱体化、マクロンは地位を維持

2021年10月5日 Henri Kenji OIKAWA 0

エマニュエル・マクロンとマリーヌ・ルペンの決闘がまだ問題になっていないとすれば、極右政党「国民連合」(RN)が支持する候補者は1ヶ月で6ポイント下落している。 大統領選挙まで7ヶ月を切り、不透明感が漂っています。ル・フィガロとLCIのために行われたIfop Fiducialの新しい世論調査によると、これまで安定していたカーブに、エリック・ゼムールというサプライズゲストが現れました。前回9月の調査では7%だった極論者は、明らかに急増しており、右の仮説に応じて12~15%の投票意向があるとされています。 「この事前キャンペーンは、Zemmour現象によって加速されています。Zemmour現象はまさに現象であり、メディアの構造ではありません」とIfopのディレクターであるフレデリック・ダビ氏は述べています。「投票日の6ヶ月前に、政治体制に属さず、まだ候補者でもない人物が、前例のない躍進を遂げたのです」と付け加えています。 マリーヌ・ルペンは「躍動感がない」 元ジャーナリストの彼の台頭により、2017年のルペニスト(ルペン支持者)の選挙人の18%、フィヨン派の選挙人の24%を獲得し、マリーヌ・ル・ペンと右派の両方を弱体化させます。フレデリック・ダビは、「一般的には、年配者、退職者、卒業生など、伝統的な右派系の有権者が多い」とコメントしています。 国民議会が支持するマリーヌ・ルペン候補の結果は、わずか1ヵ月で6ポイント低下し、象徴的な20%の大台を割り込んでいます。共和党の候補者としてエリック・チオッティが選ばれた場合、彼女は21%を維持することができますが、その可能性は低いでしょう。候補者は、エマニュエル・マクロン氏の対抗馬の中で首位を維持しており、マクロン氏との決闘も問題になっていません。しかし、炎の党の元総裁・マリーヌ=ルペンは「ダイナミクスがない」とIfopのディレクターは指摘する。 一方、エマニュエル・マクロン氏は、いまだに大方の支持を得ています。投票率が24~27%と、エリゼ宮(大統領府)のテナントは珍しいパフォーマンスを見せてくれます。「このようなことは、1987年に、より良いスコアで首位に立っていたミッテラン氏以来のことです」とフレデリック・ダビ氏は述べています。特に、「左の選挙のオファーにしても、右の選挙のオファーにしても、すべてが彼の周りで動いている。しかし、彼はほとんど動いていない」と語る専門家は、「これほど不確実で断片的だったことはない政治情勢の中で、安定の極み」を強調しています。 右派側では、Xavier Bertrand元保健相がValérie Pécresse元予算相(女性)、Michel Barnier元外務相、Éric Ciotti国民議会議員を上回っています。このように、彼は「ゼムールの後押しを封じ込める」可能性が最も高いと思われます。左派に関しては、オファーが断片的であるため、候補者が勢いを得ることができません。先日、エコロジストの予備選で優勝したヤニック・ジャド(8%)は、「小さな効果」の恩恵を受け、「象徴的」にライバルを上回っていますが、フレデリック・ダビ氏が指摘するように、依然として誤差の範囲内にとどまっています。 https://www.lefigaro.fr/elections/presidentielles/presidentielle-2022-zemmour-enregistre-une-forte-poussee-le-pen-s-affaiblit-et-macron-se-maintient-selon-notre-nouveau-sondage-20211004