“フランスの百田尚樹”エリック=ゼムールが大統領選2022の決選投票へ進出か?衝撃の世論調査

まだ立候補を表明していないエッセイストは、「チャレンジためのハリス・インタラクティブ」調査では、国民議会候補のマリーヌ・ルペン氏を上回っている。

1回目の投票では、24~27%の票を獲得して首位に立った国家元首の後ろには、まだ候補者ではないエリック・ゼムールが17~18%の票を獲得して2位となり、2回目の投票が行われることになった。それは、スタートラインに立つ候補者の名前に関係なく言えることだ。『Le Suicide français』(2014年、Albin Michel)の著者は現在、2017年の極右政党「国民連合」Marine Le Pen党首の有権者の30%、François Fillon元首相の有権者の31%にアピールしている。投票率は15~16%で、国民連合(Rassemblement Nationalが)支持する候補者は下降線を辿っています。6月に同研究所が発表した数字によると、マリーヌ=ルペン党首は4ヵ月間で13ポイントを失ったことになる。

右派では、すべての候補者が減少している。Xavier Bertrand元保健相が13%の投票意向(-1)で依然としてリードしており、Valérie Pécresse元予算相が11%(-1)、Michel Barnier元外務相が7%(-1)となっています。服従しないフランス(France Insoumise)の候補者であるJean-Luc Mélenchon党首は、エッセイストのEric Zemmourとの討論で得た2ポイントを失い、11%にまで落ち込んだ。

左派では、フランス社会党のAnne Hidalgoパリ市長とエコロジスト共同候補のYannick Jadot欧州議会議員が、同じHarris Interactive社の調査によると、6~7%の投票意向を示しており、拮抗している。他の候補者が2%を超えることはない。

二人の候補で争う決選投票の予想では、グザビエ・ベルトラン元保健相が、エマニュエル・マクロン大統領の51に対して49%の意向を示し、エマニュエル・マクロン大統領のスコアに唯一匹敵している。逆説的に言えば、マリーヌ・ルペン党首は47%で、大統領との第2ラウンドでは最高のスコアを記録したことになる。エリック・ゼムールは、エマニュエル・マクロンの55%に対して、より拒否反応を示す45%の得票率に達するだろうと同研究所は分析している。

YouTube Preview Image

Be the first to comment

Leave a Reply