2022年大統領選挙:ゼムールが力強い躍進を記録、ルペンは弱体化、マクロンは地位を維持

エマニュエル・マクロンとマリーヌ・ルペンの決闘がまだ問題になっていないとすれば、極右政党「国民連合」(RN)が支持する候補者は1ヶ月で6ポイント下落している。

大統領選挙まで7ヶ月を切り、不透明感が漂っています。ル・フィガロとLCIのために行われたIfop Fiducialの新しい世論調査によると、これまで安定していたカーブに、エリック・ゼムールというサプライズゲストが現れました。前回9月の調査では7%だった極論者は、明らかに急増しており、右の仮説に応じて12~15%の投票意向があるとされています。

「この事前キャンペーンは、Zemmour現象によって加速されています。Zemmour現象はまさに現象であり、メディアの構造ではありません」とIfopのディレクターであるフレデリック・ダビ氏は述べています。「投票日の6ヶ月前に、政治体制に属さず、まだ候補者でもない人物が、前例のない躍進を遂げたのです」と付け加えています。

マリーヌ・ルペンは「躍動感がない」

元ジャーナリストの彼の台頭により、2017年のルペニスト(ルペン支持者)の選挙人の18%、フィヨン派の選挙人の24%を獲得し、マリーヌ・ル・ペンと右派の両方を弱体化させます。フレデリック・ダビは、「一般的には、年配者、退職者、卒業生など、伝統的な右派系の有権者が多い」とコメントしています。

国民議会が支持するマリーヌ・ルペン候補の結果は、わずか1ヵ月で6ポイント低下し、象徴的な20%の大台を割り込んでいます。共和党の候補者としてエリック・チオッティが選ばれた場合、彼女は21%を維持することができますが、その可能性は低いでしょう。候補者は、エマニュエル・マクロン氏の対抗馬の中で首位を維持しており、マクロン氏との決闘も問題になっていません。しかし、炎の党の元総裁・マリーヌ=ルペンは「ダイナミクスがない」とIfopのディレクターは指摘する。

一方、エマニュエル・マクロン氏は、いまだに大方の支持を得ています。投票率が24~27%と、エリゼ宮(大統領府)のテナントは珍しいパフォーマンスを見せてくれます。「このようなことは、1987年に、より良いスコアで首位に立っていたミッテラン氏以来のことです」とフレデリック・ダビ氏は述べています。特に、「左の選挙のオファーにしても、右の選挙のオファーにしても、すべてが彼の周りで動いている。しかし、彼はほとんど動いていない」と語る専門家は、「これほど不確実で断片的だったことはない政治情勢の中で、安定の極み」を強調しています。

右派側では、Xavier Bertrand元保健相がValérie Pécresse元予算相(女性)、Michel Barnier元外務相、Éric Ciotti国民議会議員を上回っています。このように、彼は「ゼムールの後押しを封じ込める」可能性が最も高いと思われます。左派に関しては、オファーが断片的であるため、候補者が勢いを得ることができません。先日、エコロジストの予備選で優勝したヤニック・ジャド(8%)は、「小さな効果」の恩恵を受け、「象徴的」にライバルを上回っていますが、フレデリック・ダビ氏が指摘するように、依然として誤差の範囲内にとどまっています。

https://www.lefigaro.fr/elections/presidentielles/presidentielle-2022-zemmour-enregistre-une-forte-poussee-le-pen-s-affaiblit-et-macron-se-maintient-selon-notre-nouveau-sondage-20211004
YouTube Preview Image


Be the first to comment

Leave a Reply