「乃木坂46」橋本奈々未さんがファースト写真集「やさしい棘」を出版⇒イベント

人気アイドルグループ・乃木坂46の橋本奈々未(22)が7日、ファースト写真集「やさしい棘」(幻冬舎)の発売記念イベントを都内で開催した。先月28日に発売された写真集は初版5万部からすでに増刷が決定し、オリコンの写真集ランキングでも1位に輝いた。タイトルにちなんで「最近(心に)刺さったことは?」と聞かれた橋本は「新曲の選抜メンバーが発表になって、最近はずっと前から1列目だったんですけど、2列目になってしまって。とても刺激を受けています」と告白した。

 6枚目のシングルから7作連続で1列目を張ってきたが、13枚目のシングル「今、話したい誰かがいる」(10月28日発売)では8作ぶりに2列目になった。悔しさをあらわにしたが、橋本を知る出版関係者は「結成当時の泣き明かしていた姿はありません」とこう続ける。

「実は、橋本がメンバーの中で乃木坂46の合格を最も後悔していたメンバーなんです。当時、お披露目会見で笑顔いっぱいのメンバーの中で一人だけ、うつむいていた。乃木坂46の合格を知ってから橋本は1週間泣き続け、辞めようとさえ思っていました」(前同)
 一体どういうことなのか。

 2011年8月、3万8934人の中から36人のスターティングメンバーに選ばれた橋本。“AKB48の公式ライバル”という看板で華々しくスタートしただけに、注目度はバツグンだった。

「でもネットに、すぐにいろんなことを書かれ、ショックを受けたことも後ろ向きにさせていた。ただ、最初のダンスレッスンで、振り付けの先生から『4万人の中から選ばれて、今を時めくAKBさんの名前を借りて世間に出ようとしているんだから、それにふさわしいだけのものを見せなさい』と言われ、覚悟を決めたんです」(前同)

 先月21日に誕生した乃木坂46の関連グループ「欅坂(けやきざか)46」の印象を聞かれた橋本は「私たちの初期よりも全然かわいい」と笑顔で答えたが、結成当初の自分の姿を思い出していたのかもしれない。

●東スポWebより

情報にはコストがかかります。France10はタブーなき自由な報道のために皆様からの御寄付によって支えられています。

YouTube Preview Image


Leave a comment

Your email address will not be published.


*