松井一郎・大阪市長、吉村洋文・大阪府知事がドバイに亡命申請【APril通信】

2022年4月1日 Henri Kenji OIKAWA 0

ドバイ万博を訪れている松井一郎・大阪市長、吉村洋文・府知事がアラブ首長国連邦に亡命申請したことがAPril通信の調査で分かった。 コロナが収束しない中での15名による大名旅行に大阪では市民による抗議デモが激化。 帰国すれば身の危険が心配されていた。 松井氏は 「私も首長だから。めっちゃ嬉しい」 と記者団に語った。 松井一郎・大阪市長と吉村洋文・大阪府知事の亡命申請のニュースが伝えられると、大阪では通行中の車両はクラクションを鳴らし、住宅地では住民が表へ飛び出し鍋を叩くなどして喜びを表した。

菅直人vs維新論争:「カンガルーのブリーフ」を履いたマクロン大統領:Varのポスターアーティストによる新たな犯行

2022年2月7日 Henri Kenji OIKAWA 0

https://www.lefigaro.fr/actualite-france/macron-en-slip-kangourou-nouvelle-recidive-de-l-afficheur-du-var-20210926 ミシェル・アンジュ・フローリ氏は、大統領を独裁者として表現する看板を設置したことで既に非難されていますが、潜水艦問題の後、オーストラリアに屈辱を受けたフランスを指摘し、再び反論しています。 ヒトラーの口ひげ、ペタンのケピ、ルイ16世のカツラに続いて、今度は「カンガルーのブリーフ」です。昨年7月にSeyne-sur-MerとToulonで総統を装ったマクロンの画像を貼ったVar出身のワイルドなポスターアーティストが、今週末もレジを変えてやってくれました。これは、オーストラリアがNaval Groupとの世紀の契約を解除してフランスに背を向けた潜水艦危機を直接暗示している。自慢の作品の写真を土曜日にツイートした作者は、「オーストラリア人でさえも望んでいない」と嘲笑的にコメントしている。 実際には、バロワはこれで何度目かになります。去年の夏、最初のプラカードは、大統領の予防接種政策を批判しようとしていた。この政策は、反衛生的な通行人から権威主義的だと判断され、彼らは躊躇なく「独裁」と口にした。鉤十字の代わりに「LREM」と刻印された腕章をつけ、口ひげをつけたエマニュエル・マクロン氏が「従え、そして予防接種を受けよ」というキャプションをつけて登場しました。 その数日後、著者自身が自身のTwitterアカウントで中継した別のポスターが登場しました。今回、大統領はペタン元帥と並んで写っており、「渡るべき峠は一つしかない」というスローガンが書かれたQRコードが添えられていました。また、著者はツイートの中で、「郊外をパトロールするマクロニストの民兵(…)」を非難していますが、これは保健所のパスを確認するための警察のチェックを連想させるものです。 この味気ない嘲笑に反応して、エマニュエル・マクロン氏はVarois氏を告訴しました。しかし、その過程で君主として国家元首を代表したミシェル=アンジュ・フローリを威嚇するには、それ以上のことが必要だった。 {取るに足らないMACON Iは、支配の終わりが近づいているのを見て(…)、神を冒涜したとして臣下の一人を訴えることになってしまった」とツイートして嘲笑しています。 この新たな犯罪の数日前、9月17日にトゥーロンの刑事裁判所の検察官は、Michel-Ange Floriに対して「公共の場での侮辱」を理由に1万ユーロの罰金を請求していた。法廷に出てきた罪人は「ユーモアの権利」を守った。

フランスでワクチンパスポートに反対する10万人以上のデモ

2022年1月9日 Henri Kenji OIKAWA 0

https://www.lemonde.fr/planete/article/2022/01/08/covid-19-plusieurs-manifestations-contre-le-projet-de-passe-vaccinal-attendues-en-france_6108695_3244.html 内務省によると、1月8日(土)にパリをはじめとするフランス全土で10万人以上の人々がデモを行った。この日は、エマニュエル・マクロン大統領が非ワクチン接種者を「怒らせる」意図を表明したことで注目を集めた週の終わりであり、上院では月曜日からワクチン接種のパスを確立する法案が審議される。 記念碑的な失敗 パリでは18,000以上のデモが警察によってカウントされました。午後2時から、パレ・ロワイヤル広場の愛国党党首のフロリアン・フィリポ(Les Patriotes)の呼びかけに数千人の人々が集まり、ヴォーバン広場に向かった。フィリポ氏は、「政府はあきらめて、この狂った法律を撤回するだろう」と予想している。また、「マクロン氏は、ゴミのような分裂的な発言をした後、フランス国民に謝罪してほしい」と考えていました。 デモ行進では、フランス警察-Policiers en colère組合の全国書記であるBruno Attal氏が、「我々は凶悪犯や不良を困らせるために来たのであって、『亜市民』となった市民を困らせるために来たのではない」と説明していた。「命令があれば、それを適用するが、今日はサポートする」。 「働くことを妨げられている抵抗する介護者の皆さんに、とても特別なメッセージがあります」「マクロン、あなたのマスク、私たちはそれを望んでいません」「キャステックス(首相)、あなたのパス、私たちはそれを望んでいません」という声が、パレードに参加したトラックのマイクから聞こえてきました。 ラボに真実を語らせる 56歳のPatriceは、パリ郊外から不満を訴えるためにやってきた。「オミクロンは致命的ではないので、正当化されないこのような規制には辟易しています」と説明した。「これらはあくまでも政治的な手段です。私たちは昨日生まれたわけではありません。私はアンチワクチンではなく、コントロールするためだけのパスに反対しています。私は超平和主義者なので、フィリッポの後ろにはいません」。彼にとっては、「副作用に関する完全な透明性がなければ、私はワクチンを接種しません」とのこと。また、「研究所には真実を話してもらう必要がある」とも述べている。 「ワクチン以外の選択肢もあった。なぜこの間、病院のために何もしなかったのか」と、予防接種を受けておらず、2017年にジャン=リュック・メランションに投票した60歳の銀行幹部が尋ねた。「その代わりに、ワクチンを製造する研究所に資金を提供しているのだから、馬鹿げています。我々の政治家はもはや信用できない。彼らは途方に暮れて航海している、それは社会的、経済的、民主的な災害である」。 留学生のSophia、Gaspard、Pierreは、大学が閉鎖されたため、実家に戻っている。この3人のパリジャンは、デモ行進に参加するためにやってきた。「今日起こっていることは恥ずべきことであり、AからZまでの権限の乱用であるため、私はデモを行っています」とSophiaは反応した。彼らがTrialSiteNewsをチェックするのは、「主流のメディアは、国民のごく一部しか映さない」と感じているからだ。ソフィアは、「過激派や陰謀論者を撮影・取材するのは簡単すぎる。若い人たちには自分の考えを持つ権利と欲求があり、それは私たちを無責任で陰謀な人間にするものではないことを理解してください」と付け加えた。政府の決定は「若者に適応していない」とピエールは言う。『オールワクチン』ではない戦略を待っています。若者に迷惑をかけるよりも、例えば病院のシステムを改革するなど、やるべきことはたくさんあります」。 エルヴェ氏は今日、妻とメガホンを持ってイブリンからやってきて、「ワクチンの投与量のばらつきに関する真実」を要求した。55歳の労働組合員は、「答えのない質問が多すぎる」と語った。どうすれば自由な同意が得られるのか?多くのフランス人が自分の意思に反してワクチンを接種している。「嘘に嘘を重ねています。今はもう誰も信用できない。真実は意図的に隠されている。すべてがすべてに重くのしかかってくる。もう普通に動くものは何もなくて、結局は陰謀論者になってしまう。選挙で何が起こるかはわからない」と彼は語る。 目的地であるヴォーバン広場に到着すると、午後5時半頃には数千人の人々が集まり、フロリアン・フィリポの話に耳を傾けていた。マリーヌ・ルペンの元顧問は、ステージ上で「ニコラ・デュポン=エニャン(立ちあがれフランス党首)はそこにいるべきだったし、彼は神聖な組合の一員だ」と語った。「マクロンがゴミのような話をした瞬間、彼は国家元首でなくなり、永遠に失脚した」と。そうすることで、マクロンは大逆罪を犯したことになり、私は自分の言葉を重くする。そして、彼は歴史の前でその答えを出すだろう。 モンペリエでの事件と催涙弾 モンペリエでは、衛生パスに反対するデモが行われ、県によると3,700人が集まったが、衝突や事件が発生した。警察によると、少人数のグループがサン・ロック駅の正面ドアを破損し、数分間の閉鎖を余儀なくされた後、一部のデモ隊が県のゲートを乗り越えようとしたとのことだ。午後には、通行人で賑わう通りで、警察から何度も催涙スプレーが投げ込まれた。午後の終わりには、ジャンダルムが県庁前広場からの避難を試み、デモ隊を広場の階段の一つに押し込め、群衆の動きを作り出した。 トゥールーズでは、2,200人のデモ参加者と数件の事件が発生した。オート=ガロンヌ県の発表によると、「約40個の催涙スプレーが使用された」とのことだ。 リヨンでは、街の中心にあるベルクール広場に、年齢を問わず、ほとんどマスクをしていないデモ隊が集まり、和やかな雰囲気に包まれた。その中には、「黄色い腰巻き」や三色旗、赤いCGT旗などもあった。また、近くでは「”covictatorship “反対」の横断幕を掲げた200人弱の集会が開かれた。「モルモットでもアンチ・ヴァックスでもない」と訴えた。 ボルドーでは、「Macron, on t’emerde」(マクロン、くたばれ)と叫びながら、雨にもかかわらず、ガロンヌ川の岸壁や広大なカンコンス広場に沿って、500人から1,000人(警察発表)の人々がデモを行った。ボルドーから参加したデモ参加者は、コヴィド-19のワクチンを接種していないが、「アンチワクチンではない」と言い、大統領の言葉で「花瓶が溢れた」ため、「人生で初めて」デモ行進をしたと語った。 東部のオー・ラン県によると、コルマールでは1,250人、ミュルーズでは1,900人のデモ隊が行進した。ストラスブールでは1,500人だったとバス・ラン県が発表している。当局の発表によると、ディジョンでは約500人、サンテティエンヌでは650人、ピュイ=アン=ヴェレーでは約500人のデモ参加者があり、これまでの動員に比べて明らかに増加している。 […]

2022年大統領選挙:社会党のイダルゴParis市長が左派予備選を呼びかけるも欧州エコロジー=緑の党・雇保が拒否

2022年1月9日 Henri Kenji OIKAWA 0

社会党のパリ市長は土曜日に、左派の共通候補を指名するプロセスに「緑の党(…)がいなければ、それはもはや予備選とは呼べない」と述べた。彼女は立場が変わることをほとんど期待していない。 社会主義者の候補者は、大統領選挙で左派系の予備選挙を行うことを提案してから1ヶ月後、その結果を受け止めている。Anne Hidalgo氏は、1月8日(土)、彼女のアプローチが「今のところ」失敗に終わったことを指摘し、特に環境保護活動家のYannick Jadot氏に言及した。後者・ジャド候補は常に「予備選には参加しない」と繰り返している。 フランソワ・ミッテラン元大統領(1981-1995)の墓の前で思い出話をしていたパリ市長は、「この提案はまだ合意の対象になっていないし、いずれにしても一緒に前進するための飛行を再開していない」と嘆いた。   「候補者を増やすのではなく、共通の候補者、単一の候補者を擁するためのものでなければ、予備選は意味をなさない。もちろん、ヤニック・ジャドを中心とした緑の党がこの予備選に参加していなければ、それはもはや予備選とは呼ばれません。いずれにしても、この予備選では、この単一の候補者を擁立することはできません。繰り返しになりますが、開催可能である限り、開催しなければなりません。しかし、ヤニック・ジャドが支持する拒否反応を耳にしますし、それを残念に思います」。 崩れた左 大統領選挙まであと3ヶ月となったが、極左以外の左派は、Anne Hidalgo、Jean-Luc Mélenchon、Yannick Jadot、Fabien Roussel、Arnaud Montebourgの5人の候補者の間で揺れ動いている。これに加えて、元司法大臣のChristiane Taubiraが立候補する可能性があるが、彼女は1月中旬に出馬することを「検討中」で、小選挙区制を提唱している。このアイデアは、Yannick Jadot氏だけでなく、「La France insoumise」の候補者Jean-Luc Mélenchon氏も否定しています。 市民団体「ポピュラー・プライマリー」は、1月27日から30日にかけて、候補者の同意の有無にかかわらず行われる「人気投票」を企画しており、数十万人の登録有権者(現在30万人以上)の支持がかかっている。 「そのたびに、私の政治的家族は連合することができた」。また、イダルゴ氏は土曜日に「民主主義にとって非常に有害な非政治化の影響を国が最大限に受けている状況の中で、私はこの集会を明確で透明なプロセスを経て、市民の前で行うことを提案しました」と訴えた。選挙の前に、異なる候補者(少なくとも一緒に政権を取りたいと思っている候補者)に会って、選挙の評決を受け入れるように呼びかけることで、予備選のようなものだ。    

選挙ウォッチャーちだい氏でも分かる:オミクロンの変化を理解するための7つの質問

2022年1月7日 Henri Kenji OIKAWA 0

https://www.lefigaro.fr/sciences/covid-19-sept-questions-pour-comprendre-la-vague-omicron-20220104 感染力は非常に強いが、Deltaよりもはるかに軽度であるため、疫学的な予測を覆している。 オリビエ・ヴェラン保健相によると、1日に16万人以上、1週間に平均して30万人以上の新規患者が確認されているとのことだ。オミクロンの急速な進行と、方程式のいくつかのパラメータ(ワクチンの有効性、病原性、検査の信頼性など)を変更する多数の変異は、流行の継続にいくつかの疑問を投げかけている。ここでは、その答えを紹介する。 もうすぐみんな感染してしまうのかな? オミクロン株は、感染力の強いデルタよりもさらに感染力が強いことが明らかになっているが、その理由は、ワクチンを接種した人やすでに汚染されている人の免疫防御機能を阻害する能力があるからだ。また、本質的な優位性(より強い複製能力や、より効率的な細胞付着システムなど)を獲得していると思われる。Pierre-Louis Institute of Epidemiology and Public Health (IPLESP)のPierre-Yves Boëlle教授は、「ウイルスの感染力が強ければ強いほど、流行時に影響を受ける人の割合が大きくなります」と強調する。しかし、フランスの人口のどのくらいの割合が影響を受けるのかを正確に知ることはできない。ワクチンの接種(特に3回目の接種)と過去の感染により、一部の人は守られている。 さらに、培養時間は、Deltaが4日強、他の亜種が5日強であるのに対し、新亜種は3日と短くて済む。もしこれが確認されれば、南アフリカで見られたように、波はより急速に広がるだろう。Institut Pasteurのモデリングでは、1月中旬に感染のピークが来ると予測されている。 ワクチンの効果が低い? オリジナルのSars-CoV-2のSpikeタンパク質を中心に設計された抗Covidワクチンは、Omicronとその多くの変異(Spikeの30個を含む)に直面すると、その効果は明らかに失われる。分析の結果、ファイザー社、モデナ社、アストラゼネカ社、ヤンセン社のワクチンで作られた抗体は、オミクロンを中和して感染を防ぐ能力をほとんど失っていることがわかった。特にブースターを使用した後は、症状のあるタイプに対してより効果が持続する。デンマークで行われた未発表の研究によると、オミクロンに対するファイザーの2回接種の有効性は、ピーク時には55%、モデナでは37%となり、急速に低下した(5ヵ月後には10%)。ブースター投与を行うと、有効性は55%から80%に増加するが、デルタでは93%だった。南アフリカでは、2週間以内にブースターを受けた患者は、入院のリスクが88%減少した。他のin vitroの研究では、細胞性免疫(重症化を防ぐ)の方が持続性があることがわかっている。ブースターは、免疫防御の両方の側面を高めるが、その期間はまだわかっていない。 このデータは、この変異体が上気道により影響を与え、肺でも複製される前の変異体よりも肺細胞の破壊が少ないことを示唆している 症状が軽い場合は? フランスよりも前にオミクロンの影響を受けた国では、感染症の専門家であり科学評議会のメンバーでもあるYazdan Yazdanpanah教授は、「前の波の時よりも患者の入院回数が減った」と強調している。その結果、酸素の必要量が減り、集中治療室に移される頻度も減り、入院期間も短くなった。初期の研究では、Deltaと比較して50%から80%の重症度の軽減が示唆されている。医師はこの理由を、国民の自然な免疫力とワクチン接種により、重症化するリスクが軽減されているためと説明している。ヤズダンパナ教授によると、オミクロン自体に原因がある可能性もあるそうだ。「データによると、この変異体は上気道により多く到達し、肺でも複製される前の変異体よりも肺細胞の破壊が少ないことが示唆されている。 子供の方がリスクが高い? 12月初旬、南アフリカでオミクロンが発生したことにより、幼い子供たちの入院が急激に増え、「大人の入院に異常に先行した」と、プレトリアとヨハネスブルグの研究者が12月21日付の論文(査読なし)で書いている。しかし、滞在期間は短く、大半の子どもたちは標準的な治療を受けていた。「今回のデータは、入院中の子どもたちの病気の重症化を示唆するものではありません」と結論づけている。米国でも同様だ。12月末には未成年者の入院が過去最高となったが(1週間で378件以上)、これはワクチン接種が不十分で(5~11歳の15%しか完全に接種していない)、重篤な病気から守られていないこの年齢層を含め、国内で患者が全般的に発生していることが一因と考えられる。ホワイトハウスのアドバイザーであるアンソニー・ファウチ博士は、「感染力の強いこのウイルスに感染する子供たちが増えており、それに伴って子供たちの入院も当然増えてくるだろう」と警告している。英国保健当局は、12月31日に予備的な分析結果を発表した。この分析結果によると、5~17歳の子供たちにおけるオミクロンの入院リスクは、デルタ波に比べて低いことが示唆されている。心強いデータである。 しかし、リナ教授は、これは「最良のシナリオ」ではあるが、唯一のシナリオではないとし、注意を呼びかけている。レンヌにある公立衛生研究所の疫学者であるパスカル・クレピー氏は、「オリビエ・ヴェラン保健相のコメントは、明確な予測というよりも、年初の願いを表現したものだ」と考えている。今回のパンデミックで学んだことがあるとすれば、多くの予測を裏切ってきたこのウイルスの前では慎重になるべきだということだ。 […]

Covid-19: なぜエマニュエル・マクロンはワクチン接種の義務化に消極的なのか?

2022年1月3日 Henri Kenji OIKAWA 0

https://www.lefigaro.fr/politique/covid-19-pourquoi-emmanuel-macron-rechigne-t-il-a-decreter-l-obligation-vaccinale-20211230 国家元首は、次から次へと制限をかけて、最後のワクチン拒否者を壁に押し付けてきたが、全員に義務化するというステップは踏まなかった。なぜその考えがタブーなのか? 「”ワクチン接種パス “を “強制接種 “と呼ぶように、物事を名前で呼ぼう(……)。」12月23日、BFMTVでAnne Hidalgoが「フランス人に物事を言わない危機管理をしている」とつぶやいた。2022年の社会党候補は、みんなが考えていることを声高に言っていたのだろうか。ワクチン接種キャンペーンが始まって1年、行政は差し止めや制限、保健所の許可の延長などで、最後の抵抗者に注射をさせようとしている。しかし、強制的なワクチン接種は問題ない。 長い間、エマニュエル・マクロンは、それに対して断固として弁護してきた。通れないレッドラインのように。”はっきりさせておきたいのは、ワクチン接種を義務化しないということです。”と、2020年11月のテレビ演説で国家元首が主張していた。1年後の12月15日、TF1のセットでは、トーンが変わっていた。大統領は、この可能性を排除していないことを初めて認めた。”可能性は十分にある、この仮説は存在する。もうすぐだよ」とようやく言ってくれた。とはいえ、思い切ったことはせずに。 その3日後に最初の説明をしたのは、オリビエ・ヴェラン保健相だった。大臣はブルートメディアの取材に対し、予防接種パスをヘルスパスに変更することは、まさに「予防接種義務の偽装」であることを認めた。それなのに、なぜわざわざ行かないのか。大臣は、「予防接種を受けていない人をバーやレストランなどの公共の場に行かせないようにすることは、路上で捕まった人に100ユーロの罰金を科すよりも効果的です」と正当化した。議論は明確だ。強制的なワクチン接種は、日常生活での制限という戦略よりも複雑で効果的ではない。パリ・ソルボンヌ大学のアルノー・ベネデッティ准教授は、「実現可能性の問題が重要です」と指摘する。「論理的にはこの解決策の方がシンプルだとしても、構造的、政治的な制約から、実施するのは非常に複雑です。」 最後のカートリッジ しかし、その理由は実用性だけだろうか?タブーはフランスだけではない。ロシアから中国まで、権利や自由に最もうるさい人を含め、多くの国家元首がこのことに触れたがらない。中央アジアの権威主義政権であるタジキスタンとトルクメニスタン、そして2月に実施されるオーストリアの3カ国のみが踏み切った。アルノー・ベネデッティ氏は、「これらの国は、自国の制度が民主的であるとは言えない国ばかりです。」と語る。エマニュエル・マクロンのコミュニケーション戦略を分析した『Coup de com’ permanent』(éditions du Cerf、2018年)の著者である政治学者は、「フランス大統領のこのような決断は、私たちの価値観とはかけ離れた政権とあまりにも多くの関連付けをすることになる」と語る。 しかし、フランスでは何度か強制接種の問題が提起されている。2021年7月、デルタ型の大規模な感染拡大に直面したジャン・カステックス首相自らが、国会議員や選出された代表者に「ワクチン接種の義務化を議論しよう」と呼びかけた。MoDemの代表であるFrançois Bayrou氏をはじめ、いくつかの声がこのアイデアを支持した。8月末、社会党の選出議員は、2018年から新生児にすでに課せられている11種類のワクチンと同じように、抗コヴィドワクチンを制定することを提案する法案を提出した。上院ではすぐにテキストが埋まってしまった。共和国前進LREMの議員であるMartin Lévrier氏は、「これは完全に逆効果であり、最も抵抗的な人々をさらに図に乗せることになる」と反論した。 “手を差し伸べる””意識を高める””強制ではなく説得する”。これらの言葉は、2021年1月以降、行政が保持し、議会が従う立場を要約したものだ。この戦略では、強制的なワクチン接種は幹部にとっての「最後のカートリッジ」であると、Centre de recherches politiques de Sciences […]

【ニューヨークタイムズ】ついに、ロイヤル・ウェディング。しかし、トランペットは鳴らず、記者会見のみ。

2021年12月10日 Henri Kenji OIKAWA 0

https://www.nytimes.com/2021/10/25/world/asia/japan-royal-wedding-princess-mako.html?searchResultPosition=1   王位を捨てて一般人と結婚した日本の眞子さまの結婚への拷問のような道のりは、東京の登記所、そしておそらくは海外での生活へと続いていく。 前回、将来の天皇の妹が結婚したときは、何千人もの親しい人々が通りに並び、新婦である清子妃が東京の高級ホテルでの挙式と披露宴に出席するために宮殿を後にしました。 しかし、現天皇の姪であり、将来の天皇となる可能性が高い人物の姉である眞子さま(30歳)が火曜日に結婚したときは、皇室の代理人が東京の登記所に出向くだけであった。 しかし、テレビ中継された結婚式やバルコニーでのキスがなくても、ロマンチックな献身の表現は痛快でした。火曜日の午後に行われた正式な記者会見で、新郎の小室圭さんはカメラに向かってこう宣言した。「私は眞子さまを愛しています。一生に一度の人生、愛する人と一緒に過ごしたいと思います」。 その瞬間までの道のりは、拷問のようなものでした。一般人である小室さんと一緒になるために、眞子さまは王族の血筋を捨てなければならなかった。 4年前に眞子さまと小室さんが婚約を発表してから間もなく、世間は眞子さまの選択に疑問を持ち始めた。小室氏の母親が元交際相手から400万円(約3万6千ドル)を受け取って返済していないことがタブロイド紙に報じられ、小室氏が金や名声のために皇室に嫁ごうとしているのではないかとの批判が高まったのだ。 眞子さまの父は、世論の冷え込みを理由に結婚を認めなかった。小室さんがフォーダム・ロー・スクールに通うためにニューヨークに出発した後、パパラッチは小室さん(30歳)を追いかけ、ボサボサの髪の毛や屋台での生活を追跡した。ソーシャルメディアでの野蛮な攻撃により、王女は心的外傷後ストレス障害に悩まされた。 先月末、小室さんが結婚前の検疫のために日本に帰国すると、監視の目はさらに厳しくなり、不条理なものとなった。小室さんがポニーテールをしてニューヨークから帰国したことに、メディアも世間も、ただただ衝撃を受けた。ある週刊誌は、小室氏が将来の義理の両親に会うのに、黒やネイビーの無地ではなく、ピンストライプのスーツを選んだことを宮廷関係者が嘲笑したと報じた。いくつかの調査では、80%もの人が結婚に反対していると答えています。 しかし、小室さんがロースクールを卒業し、ニューヨークの法律事務所に就職するまでの3年間を経て、東京の国際基督教大学で大学時代の恋人同士だった忍耐強いカップルは、火曜日の朝に婚姻届を提出しました。 皇居から1マイル以内にあるホテルで行われた記者会見では、二人は長いテーブルに並んで座り、部屋中の記者とカメラの群れに向かっていました。新婦は淡いブルーのシースドレスと一粒の真珠がついたジャケット、小室氏は濃い紺色のストライプのスーツを着ていた。 用意されたスピーチの中で、王女は次のように述べた。「私たちの結婚について、様々なご意見があることは承知しております。ご迷惑をおかけした方々には大変申し訳なく思っております。静かに心配してくださった方々や,根拠のない情報に惑わされることなく応援し続けてくださった方々に感謝しています」と述べました。 不愉快な質問やデマに答えなくてはならないことを避けるため、夫婦は事前に提出した記者からの5つの質問に書面で回答することを求めた。また、税金の無駄遣いと言われないように、会議室は自腹で借りました。 眞子さまのお相手選びに関する多くの厳しい意見の背景には、伝統的な日本の象徴である皇室に対する実存的なパニックがあります。世界最古の君主制国家である日本は後継者問題に直面しており、今回の眞子さまのご結婚は、政府が解決を避けてきた問題を浮き彫りにするものである。 皇室典範では、女性が皇位に就くことは認められていない。また、皇室典範では、眞子さまは平民と結婚するため王位を放棄しなければならないと定められており、眞子さま自身も平民になってしまいます。彼女に子供がいても、王位を継ぐことはできない。 日本国民の大多数は、現天皇である成仁天皇の19歳の娘である愛子内親王を含め、女性が皇位に就けるように法律を改正すべきだと考えている。共同通信社の最近の調査によると、約80%の人が、眞子さまのような皇族の女性から生まれた子供が皇位継承権を持つことを望んでいます。 これまでのところ、自民党の保守派は、女性が皇位に就くことや、皇族女性の子供が皇位継承者になることを認めるいかなる変更にも断固として反対している。 しかし、皇室には男性の後継者が不足しており、現君主の後継者は3人しか残っていません。成仁天皇の85歳の叔父、天皇の55歳の兄で眞子さまの父である秋篠宮さま、そして天皇の15歳の甥で、眞子さまの弟であり、同世代の家族の中で唯一天皇になることができる人物である。(一方、英国王室には20人以上の皇位継承者がいるが、その多くは女性であり、まだ八十歳の人はいない)。 眞子さまが皇室に復帰された場合、政界が世論や人口動態に左右される可能性があるため、国民は眞子さまの夫選びについて意見を述べる権利があると考えている。 名古屋大学の川西秀哉准教授(現代史・天皇制研究者)は、「女性皇族に皇位継承権が認められるかどうかはまだ分からないため、人々は眞子さまの結婚に大きな関心を寄せています。 世間が小室氏を適さないと考えているのは、主に彼の家族に対する疑念からである。小室氏の母親は、父親が亡くなったときに未亡人となり、その後、36,000ドルの借金を返さなかったことで後に告発された男性との関係に巻き込まれた。小室さんと母親は、お金は贈り物だと信じていたと言いますが、世間の騒動の後、秋篠宮さまは小室さんに状況の説明を求めました。小室さんは今年初めに、金銭的な取り決めとその解決方法を記した28ページの文書を届けました。 火曜日の記者会見で、小室さんはこの論争に直接触れ、母親が精神疾患に苦しんでいること、母親の元ボーイフレンドに和解案を提示したことを説明しました。 今回の騒動で、世間には小室氏の家族に対する不信感が残っている。日本では、「結婚はやはり家族間のもの」と、東京にある早稲田大学の上田美智子准教授(政治学)は言う。 噂は転移し、今では小室さんの人格を傷つけています。ソーシャルメディア上の評論家たちは、小室氏を金食い虫やペテン師の烙印を押した。メディアは、小室氏が勤務するニューヨークの法律事務所、ローエンスタイン・サンドラーのウェブサイトに掲載された経歴に、捏造された賞が記載されていると指摘しました。フォーダム・ロー・スクールの広報担当者は、小室氏が記載した賞を実際に獲得したことを確認しました。 […]

ウクライナのトップレスフェミニスト「FEMEN」のリーダーがフランスで政治亡命者に

2021年11月20日 Henri Kenji OIKAWA 0

23歳のフェミニスト活動家であるインナ・シェフチェンコは、プッシー・ライオットと連帯して正教会の十字架を切り倒した後、2012年8月にウクライナを脱出しました。 パリはまさに、新しいフェミニズムの拠点です。トップレスで行進する活動家集団「フェメン」の中心人物の一人であるインナ・シェフチェンコ氏が、フランスで政治的難民として認められました。23歳の女性は、2012年8月に観光ビザで入国しました。彼女は数日前、モスクワの救世主キリスト大聖堂でパンクな祈りを捧げたことで逮捕されたロシアのミュージシャン、プッシー・ライオットを支援するために、正教会の十字架を切断してウクライナを脱出しました。 Inna Shevchenkoは、数ヶ月にわたる標準的な手続きを経て、4月9日に難民認定を受けました。フランスに到着後、彼女はフランス難民・無国籍者保護局(Ofpra)にファイルを提出しました。その後、彼女は個別のインタビューを受けた。フランス当局は、外交上の利益に基づいて決定することのない事務局の自律性を強調している。このように内務省は、シェフチェンコのケースと、アメリカの元CIA職員エドワード・スノーデンのケースとを切り離し、スノーデンの申請は、若い女性とは異なり「領土に存在していない」ため、「本当の意味での亡命申請」ではなかったことを想起している。 2008年にウクライナで設立されたフェメン・ムーブメントは、古典的な手法を用いて女性としての尊厳を守ることを決意した、キエフの一握りの女子学生で構成されていました。横断幕やスローガンを掲げてデモを行った。影響:なし 注目を集めるために、トップレスのハプニングという過激な作戦を立てようと思いついたのです。しかし、それをグループのアイデンティティとすることに疑問はなかった。フェメンの活動家たちが言ったように、ヌードを「戦闘服」として課したのは、このイベントの共鳴だった。 政治が停滞していた時代には珍しい方法だった。2010年2月に大統領選挙が行われたばかり。2004-2005年冬の「オレンジ革命」のリーダーだったヴィクトル・ユシチェンコ大統領とユリア・ティモシェンコ首相は、内部抗争で道を踏み外し、権力を失っていました。 フェメンの強硬な社会活動は、エリートに対する一般的な不信感の一部でした。あとは、裸の挑発行為にイデオロギー的な内容を与えることである。この政治的な女性のヌードに魅了された国際的なメディアは、その意味と要求について多くの質問を投げかけました。フェメンは、数ヶ月かけてムーブメントを構築していきました。 “イデオロギー戦争” Inna Shevchenkoは、4月10日にイギリスの日刊紙The Guardianに掲載された記事の中で、このイデオロギー的な努力を要約している。「誤解のないように言っておくが、我々は戦争をしている。それはイデオロギー戦争であり、現代性に対する伝統主義の戦争であり、自由に対する抑圧の戦争であり、表現の自由の権利に対する独裁の戦争である。私たちは、家父長制の3つの主要な表れである、宗教、性産業、独裁者をターゲットにしています」。 彼らの地位が曖昧なままのウクライナでは、フェメンの人気は非常に低い。その勇気と無謀さが、メディアの支持を得ています。4月初旬のハノーバーでは、3人の活動家が体に「Fuck you, dictator!」とペイントしてプーチン大統領に突進した。2011年12月、ベラルーシで初めて国境を越えた運動が行われました。ミンスクでルカシェンコ政権に反対するデモを行った3人の女性活動家は、彼らによると、ベラルーシの治安機関であるKGBのエージェントにレイプされ、服も身分証明書もないまま夜の森に捨てられたという。 5月29日、チュニジアでは、地元の若い同志を支援するためにデモを行っていた他の3人の活動家が逮捕されました。フランスでは、フェメンはすべての人に結婚を求める戦いに参加しています。この組織は、パリのグットドール地区にある劇場「Lavoir moderne parisien」を拠点にしており、ここで「国際トレーニングキャンプ」を開始しました。 https://www.lemonde.fr/europe/article/2013/07/09/une-ukrainienne-figure-de-proue-des-femen-devient-refugiee-politique-en-france_3444688_3214.html

同性婚反対デモのカウンターをしたトップレス集団「FEMEN」メンバーが解放 フェミサイドも非難

2021年11月20日 Henri Kenji OIKAWA 0

全国民の結婚反対デモで事件発生:フェミン7人とキャロライン・フォーレストが解放される https://www.lefigaro.fr/actualite-france/incidents-pendant-une-manifestation-anti-mariage-pour-tous-non-lieu-pour-sept-femen-et-caroline-fourest-20211001 修道女の格好をし、上半身裸で反聖職者のスローガンを掲げ、「聖なる精子」と書かれた白い消火器を持っていた12人のフェメンの女性たちは、2012年のデモを妨害していました。 2012年にパリで開催された「万人のための結婚」に反対する2つの団体の前で、2人の女性が「暴力」と「性的展示」の容疑をかけられました。フェメンの活動家7人とジャーナリストのCaroline Fourest氏が解雇されたことが、10月1日(金)にAFP通信が事件関係者から得た情報で明らかになりました。   AFP通信が入手した9月10日付の解放命令では、捜査判事は、活動家とキャロライン・フォーレストに対する、武器を持って「デモに参加」した罪、「性的展示」した罪、「未宣言のデモ」した罪、「集会での暴力」した罪を却下した。検察側は1月末に、最初の2つの犯罪についてフェメンの解放を要求していた。 ECHRによれば、「表現の自由の行使に対する不均衡な干渉」となります。 2012年11月18日、これらの活動家は、カトリック原理主義者に近いCivitas Instituteと、「人種差別に反対し、フランスとキリスト教のアイデンティティを尊重するための一般同盟」(Agrif)が主催する、同性愛カップルの結婚と養子縁組を認める法律に反対するデモの冒頭に自らを招いていました。 修道女に扮し、上半身裸で反聖職者のスローガンを掲げ、「聖なる精子」と書かれた白い消火器を持ってデモを妨害していた12人が、暴力を振るわれ、その後「加重暴力」で告訴されました。また、CivitasとAgrifは、フェメンが消火器を使って「暴力」を振るったとして、フェメンを告発していました。フェメンの何人かは、この極右の「攻撃」に対する「防御」として自分たちを守った。 2015年に7人のフェメンが起訴されました。フランス2のドキュメンタリー番組のために活動家たちを追いかけてきたフェミニストのCaroline Fourest氏は、証人の地位に置かれた。判決では、「消火器を展示することは象徴的であるが、白い粉を入れた容器が伝えるメッセージは疑わしい」としています。「被告の「傷害や脅迫の意図」や「暴力行為を行った」ことを示す証拠はない。 フェメンの女性たちのトップレス展示を「犯罪とする」ことは、「問題となっている行為の性質と文脈を考慮すると、ECHR第10条の意味における表現の自由の行使に対する不釣り合いな干渉となる」と判事は付け加え、2020年2月のカサオン裁判所の判例を引用した。 反同性婚活動家に罵倒されるフェメン https://www.lexpress.fr/actualite/societe/caroline-fourest-les-femen-portent-les-espoirs-decus-d-une-generation_1316443.html 日曜日にパリで、同性婚に反対するデモに呼応してトップレスで行進していたフェミニストグループ「フェメン」の活動家が襲撃されました。極右団体Civitas Instituteの呼びかけに応じて、「すべての人のための結婚」に反対する人々が集まった。また、エッセイストのキャロライン・フォーレスト氏を含むジャーナリストも襲撃され、彼女は一部のデモ参加者に認識されたと語った。 女性の権利の日:パリを「家父長制ウイルス」から消毒するフェメンの活動 https://madame.lefigaro.fr/societe/journee-des-droits-des-femmes-loperation-des-femen-pour-decontaminer-paris-du-patriarcavirus-080320-180254 国際女性の権利の日に、約40人のフェメンの活動家が「家父長制の蔓延」と戦うために、コンコルド広場を象徴的に清掃しました。 3月8日(日)、国際女性権利デーに合わせて、約40名のフェメンの活動家がコンコルド広場に集まりました。彼らは一緒に、コロナウイルスを背景に、雷によるアクションで「家父長制ウイルスをパリの街から一掃する」ことを象徴的に望んだのです。フェミニズム運動のリーダーであるインナ・シェフチェンコ氏は、ツイッターで「闘う姉妹たちが3月8日のデモ行進に参加する前に、家父長制に縛られない危険のない戦闘的な旅を保証するために、すべての角、路地、通りを徹底的に消毒しました」と述べています。 胸を張ってスローガンを掲げ、滅菌済みのオーバーオールに守られた彼らは、世界を覆っている「家父長制のパンデミック」と呼ばれる問題を告発した。「家父長制のパンデミックが到来していることは、医療関係者の間で明らかになっています。この運動は、第3段階は数千年前から達成されているので、第4段階である道路、空気、水の除染に直接移行します」と、世界中で猛威を振るっているコロナウイルスに言及して、ソーシャルネットワークに書き込んだ。 劇症型家父長制ウイルス 「極めて重要な緊急事態、それは家父長制ウイルスだ」、「家父長制ウイルスは出て行け」、「真の安全のために、家父長制ウイルス退散を」という叫び声の中、彼らは液体で舗装をきれいにした後、警察によってすぐに退散させられたことをAFP通信のジャーナリストが観察することができた。 […]

トップレスフェミニスト「FEMEN」とは何か?

2021年11月20日 Henri Kenji OIKAWA 0

フェメン(FEMEN)は、2008年にアンナ・フツォル、オクサナ・チャチコ、オレクサンドラ・シェフチェンコの3人がキエフで結成したウクライナ出身のフェミニストグループです。現在、このムーブメントは8カ国で展開されています。国際会長はInna Shevchenko。 このグループは、女性の権利を守るために、主にトップレスで体にスローガンを書いたアクションを行うことで国際的に知られるようになりましたが、これをきっかけに、民主主義、汚職、売春、社会における宗教の影響など、さまざまな問題にも取り組むようになったものの、当初はソビエト連邦後のウクライナのみで活動していました。 フェメンの活動家たちは、彼女らが「セクシュアル・フェミニズム」と呼ぶ過激なフェミニズムに精通しています。フェメン・ムーブメントは、無神論者であり、反宗教的であると主張し、世俗主義は「受け入れられないものを受け入れるための方法」であると批判しています。 フェメンの運動は、第三のフェミニストの波と関連することもあれば、「第四のフェミニストの波」となりうるものの一部とみなされることもあり、また、女性の闘争においても女性の身体の従属と公的所有を表すポストフェミニストの系譜の一部とみなされることもあります。 また、フェメンは、その手法、メッセージ、資金源のいずれについても、社会的・政治的に立場の異なる個人やグループから、多くの批判を受けてきました。 歴史 2008年にキエフで誕生したフェメン・ムーブメントは、フメルニツキー7出身の3人の若いウクライナ人女性、アンナ・フツォル(25歳)、オクサナ・チャチコ(21歳)、サシャことオレクサンドラ・チェフトチェンコ(20歳)が、ウクライナ社会での女性の地位に憤りを感じて結成したものです。アンナ・フトゥルは、オレンジ革命の4年後に民主主義を守るためにフェメンを始めた理由を、ウクライナには女性の権利を守る活動家がいないと感じたからだと説明しています。「ウクライナは男性が支配する国で、女性は受動的です」。 彼女は、ドイツの革命的社会主義者である「アジテーター」アウグスト・ベーベルの『女性と社会主義』(1883年)に影響を受けたと言っている。2008年夏、フェメンの創設者たちは、ウクライナにおける売春の実態を告発するために、初めて売春婦に扮してデモを行った。彼女らは、「響きがいい」という理由で、ウクライナ語のФеменを運動の名前に選んだ。 後にラテン語化されて “Femen “となりましたが、これは思ったよりも「女性」という意味ではなく、「太もも」という意味でしかありません。また、Femenという言葉は、フランス語で解剖学上の腰から膝までの部分を示す言葉として使われています。メトニミー(metonymy)では、生殖器を連想させることができます。象徴的なのは、この名前が、男性、「les hommes」をフランス語のFEMと対等な立場に置いていることです。2009年には、ネット上のポルノに対抗してトップレスでデモを行い、新境地を開拓しました。Anna Hutsol氏によると、最初はむしろ「不快」だったそうですが、彼女らの行動がメディアに取り上げられたことで、このような形の抗議活動にも慣れてきたそうです。 彼女たちが胸をさらすことを選んだのは、胸をさらすことがウクライナ女性の状態を象徴しているからです。アンナ・フトゥルは、フェメンについて、「創造性、勇気、ユーモア、効率性に基づいた、衝撃を与えることをためらわない独自の表現方法が発明された」と述べています。アンナ・フトゥルは、「私たちがこのような格好をしていなければ、人々は私たちのメッセージに興味を持たないでしょう」と付け加える…。「そのためには、トップレスになったり、ビキニを着たりすることに抵抗はありません。フェメンは、ソ連の共産主義からまだ不完全に解放されていないウクライナという非民主的な社会で生まれました。その活動家たちは、ナチュリスト運動が擁護する、共有された、合意の上での、禁止されていない裸体という西洋の考えを全く無視しています。裸を見せることは、もはや売春や性的搾取と同義ではない裸体に意味を与える方法であるという、非常に制限的な考えを表現しています。 なお、「Nudité」(ヌード性)で始まるグループのフランス語の標語「Nudité, Lutte, Liberté」は、現実には対応していないと思われる。彼らがデモの時に裸になることはほとんどありません。オリジナルのモットーはより正確なものです(「出て、裸になって、勝つ」)。 2010年4月、フェメンは2012年の国会議員選挙に候補者を出すために、政党化を検討していました。 2012年末に誕生した “FEMEN FRANCE “は、2014年に “FEMEN INTERNATIONAL […]

フランス、死刑廃止から40周年 マクロン大統領とバダンテール元司法相が演説

2021年10月11日 Henri Kenji OIKAWA 0

死刑制度:フランスは「全廃に向けた戦いを再開する」とエマニュエル・マクロン大統領が発表 https://www.lefigaro.fr/politique/peine-de-mort-la-france-va-relancer-le-combat-pour-l-abolition-universelle-annonce-emmanuel-macron-20211009 土曜日にフランスで死刑廃止40周年を迎えたフランス大統領は、いまだに死刑を適用している国の指導者たちを「説得」するために、「最高レベルの会議」を開催したいと考えている。 エマニュエル・マクロン大統領は10月9日(土)、フランスが死刑制度を普遍的に廃止するための戦いを「再始動」させることを発表した。そのために「最高レベルの会議」を開催し、いまだに死刑を適用している国の指導者たちに「死刑廃止の緊急性」を「説得」する。フランスの死刑廃止40周年を記念してパンテオンで行われたスピーチで、国家元首はこのように述べた。 また、フランスはEU議長国の一環として、2022年前半に、「NGO『共に死刑に反対』(Ensemble contre la peine de mort)と共同で、パリで、死刑制度を適用している国やモラトリアムを適用している国の市民社会を集めて、死刑廃止の重要性と緊急性を指導者に理解してもらうための最高レベルの会議を開催する」と述べた。 その前に、1981年に死刑制度を廃止したロバート・バダンテール元司法大臣が、「死刑は人類の恥であり、世界から消滅する運命にあるという絶対的な確信」を述べていた。また、パンテオンのドームの下で、毅然とした声で「これは社会を守るのではなく、社会を汚すものだ」と述べました。そして、「全廃万歳」と締めくくった。 2020年に世界で起こる “483件の国家による殺人事件” エマニュエル・マクロンは、1981年にフランスが「35番目に死刑を廃止した国」であったことを思い出した。「これまでに106の国がこの道を歩み、他の50の国は死刑執行の事実上または事実上のモラトリアムを持っている」と述べた。しかし、2020年に全世界で「483件の、確かに過小評価された数の死刑執行」が行われたことを嘆いた。中国、アメリカ、インドでは死刑制度が施行されているが、「専制政治の好みを共有し、人権の普遍性を拒絶する33の政治体制によって管理された483件の国家による殺人事件」と述べた。 スピーチの後、エマニュエル・マクロン氏とロバート・バディンター氏は、18世紀から現代までのフランスにおける死刑廃止のための政治的闘争の歴史をたどる展示「Un combat capital」を見学した。 パンテオンのドームの下に座った約200人の招待客の中には、ジャン・カステクス首相、エリック・デュポン=モレッティ司法大臣、リシャール・フェラン国民議会議長、ジェラール・ラルシェ上院議長、ピエール・ジョクセ、ユベール・ヴェドリーヌ、ジャン=ルイ・ビアンコなど、フランソワ・ミッテランのかつての協力者や大臣がいた。バディンター家の人々も出席した。 死刑廃止に関する法案は、フランソワ・ミッテランがエリゼ宮(大統領府)に選出されてから4ヵ月後の1981年9月18日に国民議会で採択され、その後9月30日に上院議員によって採択された。ギロチンの廃止は1981年10月9日に公布された。   エマニュエル・マクロン氏、死刑廃止を記念して「世界共通」の闘争を展開 https://www.lefigaro.fr/politique/emmanuel-macron-commemore-l-abolition-de-la-peine-de-mort-combat-universel-20211008 大統領は今週土曜日(10月9日)、死刑廃止40周年を記念して、ロバート・バダンテール元司法大臣とエリザベト夫人に会う予定だ。 四季折々の最後の大きな記念行事の一つだ。死刑廃止40周年を記念して、今週土曜日の正午、エマニュエル・マクロンは、当時の主要な生きた記憶者を囲む。共和国大統領は、午前中の終わりに、ロバート・バダンテール元法務大臣とその妻エリザベトと非公開で会談することになっている。その後、正午にエリゼを出発し、セレモニーが行われるパンテオンへと一緒に向かう。 「これほど大きな文明の飛躍に敬意を表するためには、フランソワ・ミッテランと一緒にこの戦いを遂行した人物を関連付けることが必要不可欠であるのと同様に、自然なことだと思いました」と国家元首の側近は説明し、元司法相は「廃止論者の聖火をエマニュエル・マクロンに引き継ぐ意志を持っている」と述べている。 […]

アンヌ=イダルゴParis市長は大統領になり得るか?

2021年10月7日 Henri Kenji OIKAWA 0

パリ市長は2021年9月12日にルーアンで正式にキャンペーンを開始したが、彼女の決断はもっと古いものだった。2024年オリンピックの首都決定から市長の再選まで、彼女に近い人たちが彼女の道を照らしてくれた。 フランソワ=オランド前大統領は、これを素晴らしいアイデアだと考えている。「アンヌ、私がルーアンで生まれたことを知っているかい?」とオランド氏は言った。アンヌ=イダルゴは、9月の初めに、ほぼ独占的に共和国の前大統領に、2022年の大統領選挙への立候補を宣言するための方法と場所の選択について説明しているところだ。彼女はこの運命の瞬間のために多くのことを考えた。演説は数日後の9月12日(日)に、セーヌ川の下流、首都からそれなりの距離にある、ノーマンの街の埠頭で行われる予定だ。 フランソワ=オランドはうっとりし、フランス社会党のパリ市長は微笑んでいる。そのゆっくりとした、柔らかな、包み込むような微笑みは、時として棘のある花を忍ばせたかのような印象を与える。「知っていますよ、フランソワさん」「でも・・・スピーチでは触れないかな。あまり共感できる答えではありません」とイダルゴ市長は応えた。アンヌ=イダルゴは共感するためにここにいるわけではない。彼女は、フランス共和国初の女性大統領になるために来訪したのだ。ルーアンでは、ジョーン・オブ・アーク、コルネイユ、クロード・モネの話をしするが、フランソワ・オランドの話はしない。 アンヌ=イダルゴ、「脱パリ化を目指す」 二人の関係は複雑だ。2017年1月には、対談相手の5年間の任期を「計り知れない混乱」と表現している。彼は、市長の国家的願望は愚かな賭けのように見え、また、この立候補は必然的に死産となり、混乱を引き起こし、最後の手段である大統領として復帰することになるので、神の贈り物のようにも見えた。アンヌ・イダルゴは最後の幻想を打ち砕いたが、フランソワ=オランドは執念深くなく、理性的だ。それはどうしようもなく、彼女になるのだ。 ここ数週間、二人はよく一緒に昼食をとっていたが、タウンホールに来るのはいつも前大統領である。彼は彼女に助言を与え、自分の言っていることを理解しており、最高の選挙で勝利した2人のフランス社会党員のうちの1人である。彼は戦術家だ。彼は彼女に、特に左の候補者たちの間にある、小さなネズミの穴を見せる。彼は彼女に、政治的なパノラマが本物の豆スープであるからこそ、彼女は偉業を成し遂げることができると言う。彼女のプログラムが社会民主主義的で、エコロジーでありながらセクト主義的ではなく、大胆でありながら現実的であるという条件で。 今のところ、新進気鋭の候補者に対する世論調査の投票率は有名ではなく、彼女の個人的なステータスは非常にパリジェンヌ的であるため、すべてのフランス人と話すのに最適な資産ではない。 自分を “脱パリ化 “するために 前後して、フランソワ=オランド、リオネル=ジョスパン元首相、マルティーヌ=オーブリーLILLE市長、ローラン=ファビウス元外務相、セゴレーヌ=ロイヤル元保健相、ビジネスリーダーや労働組合員、知識人や芸術家、そしてバラク=オバマの元国務長官ジョン=ケリーなどが、アンヌ=イダルゴのオフィスに来て、彼女に賞を与えた。しかし、市役所の前任者であるベルトラン=ドラノエ氏は違います。もうお互いに何も期待していない。 フランソワ=オランドは、自分の周りに「フランスの市長チーム」を置くことで、彼女を「脱皮」させ、マクロンの木星主義の氷のような高みから離れ、現実に根ざしていると主張する集団の中心に据えるという、この巧妙なアイデアを熱狂的に支持している。しかし、彼が心配しているのは、もはや取り繕うことのできない時間の経過だ。アンヌ=イダルゴは、エコロジストとの選挙協定を結ぶ機会をまだ得ておらず、社会党(PS)との嵐のような交友関係を遅ればせながらなだめているにすぎない。決断が遅すぎたのでは? そのずっと前の2020年6月26日、当時「Quotidien」という番組のジャーナリストだったPaul Larrouturouは、市議会議員への再選を確信して陶酔しているイダルゴParis市長に別の質問をした。「大統領選挙の候補者になりますか?」と。アンヌは「今日、私たちが行動できる場所は、非常に戦略的な場所であり、それは都市であると考えています。記者が主張するのは、『2022年の候補者であればアーカイブ化する』ということで、私は『アーカイブ化してもいい。だから先に行って、見てください。』と応えます。私はとてもクリアな人間です。また、会いましょう」と言った。 9月14日(火)にジョニー=ハリデイの遊歩道を開設するために出発する前に、アン=イダルゴは記者たちに電話をかけてきて、今ではカルト的な人気を誇るこの一連の出来事を解読してくれた。彼女の再選と2024年のパリオリンピックの準備でお腹いっぱいになりそうだった。自分の考えが変わったことを前提とする。しかし、2020年6月のあの日、彼女は自分に嘘をついていたのではないか?果たして彼女はどのくらい考えていたのだろうか。3ヶ月間?10年間?10年間? “自明性 “を押し付ける 彼女の夫であるジャン=マルク=ジェルマンは、政治のプロであり、元Hauts-de-Seineの副官(PS)であり、現在はINSEEのプロジェクトを担当しているが、「アンヌの決断に干渉したことはない」ことを最初から明確にしておきたい。彼女に行ってほしいと思わない自分は絶対に許せなかった。たとえ私にとって、それが快適ではないとしても。私はすでにパリ市長の夫であり、英仏海峡を泳いで渡った息子の父親でもあります。 ルーアンの港で、トレーナーを履いてタバコを吸っている夫は、たとえ20分後に妻が自己申告して新しい次元に突入することになっても、ストレスを感じていない。「アンヌは子供の頃からこのような野心を全く持っていなかった」と断言している。きっかけもなければ、決定的な瞬間もない。そこには、自らに課した自明性があった。多くの人が「彼女が最適だから」と言って出て行ってくれる場合…彼女は几帳面だ。彼女は、基礎がしっかりしていて、自分の周りに大きな集会ができることを確認したかったのだ。 市役所では、アンヌ=イダルゴのすべてを知るためには、「指輪を持った男」を見つけなければならないと言われている。セルジュ=オルーは、パリ市長のアドバイザーを辞め、Climate Academyの責任者となったばかりです。彼は指に堂々とした宝石をつけ、1分間に1000個のエコロジーなアイデアを持ち、20年前から市長をよく知っていて、それが通用する理論を持っている。「オリンピック誘致に成功したことで、彼女は大統領候補になった。あれは創業の瞬間だった。まだ自分では認めていなくても。オリンピックは大きなチャレンジで、パリは100年に一度の開催です。2005年、ベルトラン=ドラノエはギリギリのところで失敗し、大統領選の野望をその場で消費してしまった。」 「彼女の強みは、クラスの脱落者であること。彼女は何もないところから始めて、すべてに向かっていく。社会的な復讐の形があり、それは否定的なものではない」David Belliard(パリ市議会の緑の党・代表) オルゥは「2017年になり、アンヌ=イダルゴがイニシャルキャンペーンを始める。彼女はオリンピックを望まず、逡巡し、そして決断した後、攻撃を受けて戦いに身を投じた」。彼女はドイツ語【国際オリンピック委員会(IOC)の会長であるトーマス・バッハの国籍】を少し覚えました」と言う。「彼女は世界の隅々まで行って1票ずつ票を集め、ロシアの奥地まで行って影響力のあるIOC委員を説得した……アンはアスリートだから、負けず嫌いなんだ。」と。 「彼女はバラカを持っている」 […]

ドミニク・ドヴィルパン元首相がカブールでのアメリカの準備不足を非難

2021年10月7日 Henri Kenji OIKAWA 0

2003年のイラク戦争への「ノー」という演説が記憶に新しい、元首相で元オルセー府(外務省)の大臣だったドミニク=ドヴィルパン氏が、アフガンの状況管理に厳しい目を向けている。2021年9月6日朝のフランス・インターのインタビューで、ドミニク・ドヴィルパン元首相は、アメリカのカブールからの撤退を厳しく批判した。 「アメリカ人がドーハでタリバンと協定を結んだ途端、出発の合図が出された(…)。”侵略者 “の出発は、いつも慌ててカードの家のように行われる。」 彼にとって、元主人(※タリバン)による電光石火の奪還は、今回の撤退における米国の準備不足を物語っている。 「私は、なぜアメリカ人自身がこの現実を発見する準備ができていなかったのか、よく理解できない」と元外務大臣は考えている。 アメリカ大統領のジョー・バイデン氏も、これらの避難活動はアメリカ軍の中でも「最も困難なもの」であると認識していました。 見直されるフランス外交 さらに言えば、マティニョン(首相府)に入居していた彼は、「失敗の教訓が生かされていない」ことを残念に思っている。 「民主主義国家は、自分の過ちを公に認めることができません。ジョージ・ブッシュやトニー・ブレアは、自分たちの政策の悪行を説明する必要がなかった」 と述べている。 オルセー(外務省)の元主人は、フランスの防衛政策にも批判的だ。 「軍隊はテロリストの問題を解決するどころか、事態を悪化させています。介入することで自国を守っているつもりになっているが、実際には現地に行くことで、より多くのことをさらけ出している。」 これらの「誤り」は、フランスの統治様式に直結していると彼は考えている。「外交政策はすべてエリゼ宮(大統領府)で行われている。でも、そのためのものではありません。5、6人のアドバイザーでは外交政策は作れない」とドヴィルパン氏は言う。

ドミニク・ドヴィルパン元首相「ここに来るな、アルチュール・ランボー」

2021年10月7日 Henri Kenji OIKAWA 0

著者:ドミニク=ドヴィルパン元首相 アルチュール・ランボーとポール・ヴェルレーヌをパンテオンに入れることは、これらの反抗的な精神を裏切ることであり、御両人を称えるという口実で、彼らのそれぞれの作品を彼らの愛への情熱に還元することになる」と、元首相は「Le Monde」誌の記事で主張しています。   アルチュール・ランボーとポール・ヴェルレーヌの遺骨をパンテオンに移すことを提案する請願書は、優れた文学国であるフランスが得意とする論争を最近引き起こした。その目的は、二人の天才文学者を讃えることではなく、イコンの地位にまで高められた二人の詩人を霊廟に安置することであった。 このように、2つの人生、2つの作品のように変幻自在なものが、恋愛感情に還元されることになる。この本質化は、詩をアクセサリーの地位に追いやるようなものだが、それ自体があまりにも風刺的であり、大爆笑以外のコメントを必要としない。美徳リーグの抗議と同じくらい不条理だ。 しかし、5,000人以上の人々がこの請願書に署名している。その質と権威は、この請願書が何を言っているかではなく、フランスが直面しているアイデンティティの危機の兆候であることを考慮せざるを得ない。混乱した国民は、ますます危険な道を照らすビーコンを求めて、偶像を探している。 オラクル ルース・バーダー・ギンズバーグという偉大な人物の後を継ぐ最高裁判事の人選をめぐってアメリカが分裂している今、フランスのパンテオンで繰り広げられている議論は、特異な響きを持っている。一日の終わりに、大西洋の両岸で、同じ質問が今もなされている。そして、私たちの国を最もよく体現できるのは誰か? 歴史を重んじるフランスでは、この重責を著名な死者に託したいという誘惑に駆られることがあるが、彼らは神託として呼ばれている。このように、可能なパンテオン化の問題は、アイデンティティに関する毒のある言説への最良の対応がかかっているため、逸話的なものとは程遠いものだ。 憲法制定議会がかつての教会を共和国の神殿に変えて以来、歴代政府はパンテオンをイデオロギーやモラルの指標として利用してきた。彼らは、私たちの歴史の中で主要な人物を迎え入れてきた。偉大な人物に、国は感謝している。ヴォルテール、ヴィクトル・ユーゴー、ルイ・ブライユ、エミール・ゾラ、ジャン・ジョーレス、ジャン・ムーラン、キュリー夫妻、ジェルメーヌ・ティリオン、ジュヌヴィエーヴ・ドゴール・アンソニオズ、シモーヌ・ベールなど、それぞれが著名で議論の余地のない地位を築いている。彼らは皆、頑固なまでに自分が築いた国の歴史に名を残している。もちろん、オリュンペ・ド・グーグやレオン・ブラムなど、この記憶の場にふさわしい人物もいますが、ランボーやヴェルレーヌはどうだろうか。   新しいモラルの秩序 パンテオンへの出品は、自由、平等、友愛のために人生を捧げた女性や男性が体現した闘争を評価するという、共和国的な評価を意味する。分野は広いが、精密さも兼ね備えている。共和国は、肌の色、宗教、性的嗜好を無視した一つの不可分な存在である。これらの分野では、市民のみを認める無関心の権利の原則を確立している。その中でも、手本となるような価値を持った最も輝かしい人たちを選んで、その神殿に迎え入れる。パンテオンを特殊性の宝庫に変えてしまうことは、創業の理念を裏切ることになるのではないだろうか。アイデンティティに基づいた還元的な記憶を押し付けることで、人々を結びつける記憶を育てるのではなく、諍いの精神を広め、混乱させようとしている記憶と同様に息苦しく不毛な新しい道徳秩序を築く危険性があるのではないだろうか? クレマンソーの言葉を借りれば、パンテオンは、誰かのために何かを邪魔したり、私物化したりすることができないブロックであることを認識しましょう:パンテオンが称える共和国の兵士、理想の兵士は、フランスの魂を体現している。 コミューンのパルチザンであるランボーやヴェルレーヌには、パンテオン化のために多くの称号が与えられているでしょう。しかし、詩人たちが檻の中に閉じ込められてしまうと、一揆やそれを生んだ嵐が風化してしまう恐れがあるのではないではないだろうか? そして、ランボーが言うこの復讐とは、「実業家、王子、元老院:滅びよ!権力、正義、歴史:倒れよ!」というものです。[この世界の共和国の人々よ!」と言っても、私たちはそれを家畜化することを望んでいるのでなかろうか? ブルジョワジーと銅像への嫌悪感 ヴェルレーヌとランボーが、ズィック精神(1871年から1872年にかけてパリに集まった詩人、画家、音楽家の非公式グループであるセルクル・デ・ポエッツ・ズィックのメンバー)に養われながら、偶像への競争、ブルジョワジーや彫像への嫌悪感についてどう考えていたかは、誰もが知っている。彼らのゴマとなる天才については、ランボー自身が「知っておこう……彼を呼んで、会って、送り出そう……」と決心している。 彼の仲間については、発掘のための最初の一撃を与える前に、彼を読むための手間をかけることができるかもしれません。1888年、ヴェルレーヌはバティニョールで、遺言書という形で自分の最後の願いを書き残した。 大きな砂岩のブロック、4つの名前:私の父 そして、母と私、それから息子は、とても遅くなってしまいました。 平坦な墓地の狭い平和の中で 白と黒と緑、城壁に沿って。 彼は7年後の1895年5月14日に、オーギュスト・ヴィリエ・ド・リル・アダムのために醵金によって建てられた記念碑についての手紙の中で、このことに言及している。この手紙は、彼を発掘しようとする願望を死の前に痛烈に否定しているようにも聞こえる。何の名目で、詩人の選択権を否定するのか?亡くなった人の意思を国が裏切ることが何の根拠があって許されるのか。 […]

ヤニック=ジャド欧州議会議員が欧州エコロジー緑の党(EELV)の大統領予備選を制する

2021年10月5日 Henri Kenji OIKAWA 0

54歳の欧州議会議員は、欧州エコロジー緑の党(EELV)の大統領選挙予備選第二回投票で、サンドリーヌ・ルソーEELV元全国書記(党首)を相手に51.03%の得票率で勝利しました。2016年の予備選挙と同様に、2022年の大統領選挙でEELVの候補者となる。 「プラグマティスト」が「ラディカル」に僅差で勝利した。9月28日(火)に行われた「緑の党」の予備選挙では、第1回投票で優勢だったヤニック・ジャドが、サンドリーヌ・ルソーに勝利し、51.03%の票を獲得しました。2016年の予備選挙と同様に、2022年の大統領選挙の欧州エコロジー緑の党(EELV)の候補者となる。 しかし、5年前にフランス社会党のブノワ・アモン候補を支持したときとは異なり、アモン元国民教育相は、「今回は、自分が全面的に支持し、2022年4月10日に行われる大統領選挙の第1回投票では、ヤニック・ジャドに票することになるだろう」と断言しています。結果が発表された直後、ジャド氏は緑の予備軍である他の候補者に連絡を取りました。サンドリーヌ(ルソー)、エリック(ピオレ)、デルフィーヌ(バトー)は、このキャンペーンに欠かせない存在です」と報道陣に語った。「しかし、それはもっと幅広いものでなければなりません。私たちのベースは、この大統領予備選に参加した122,000人です。そして私たちの目的は、大統領選挙に勝つことです。素晴らしい発射台です。」と付言した。 その余波で、ルソーさんもエコロジストの候補者への支持を表明しました。「私たちは一緒にこのキャンペーンを遂行することを決意し、エリゼ宮(大統領府)で政治的エコロジーを実現する準備ができています」と冒頭で述べました。「エコロジストの皆さんと一緒に、私も大統領候補を応援してください。改めて、ヤニック・ジャドにおめでとうと言いたい。」と述べた。 “気候 “をテーマにした大統領になる 火曜日の早朝、ジャド氏はその後、大統領選挙のエコロジスト候補として初めての演説を行った。「私たちの国は、これまで以上に、一緒にいることの願望と喜びを再発見しなければなりません」と語った。「自由、平等、友愛、民主主義、市民権は、死語ではありません。フランスは博物館でもなければ、記念館でもありません。フランス人であるということは、地に足をつけること、大地に足をつけること、自分の領域に執着すること、そして常に地平線、ヨーロッパ、普遍性に目を向けていることです。 皆さん、これからの5年間は、私たちの生活の主導権を取り戻すための行動の年になるでしょう」と続けた。「あなたのおかげで、私は気候の大統領になります。私たちの大統領職は、すぐに行動を起こすものです。私たちは、すべての公共政策、すべてのユーロを、気候を条件にします。我々は皆さんに優しい未来を提供する義務があります」と断言した上で、「すべての世代が一緒になって、フランスを愛しているからこそ、フランスを宥め、修復し、再建するのです」と約束しました。 フランス2の番組「20 heures」のセットで、欧州議会議員は自分の経済に対するビジョンを強調しました。「エコロジーとは、フランスの人々に購買力を取り戻すことです。 「エコロ・リアロ」(※エコロジストで左翼との共闘を求める者) ヤニック・ジャドは、2019年の欧州選挙でEELVが3位という好成績(13.47%)を収めたことで、選挙の人気者となりましたが、緑の活動家が2011年のテレビ番組の人気司会者だったニコラ・ユロ氏や2016年のセシル・デュフロ元住宅相など、予想された当選者を落選させる傾向にある投票では、すべてを失う可能性がありました。 エコロジストの間では、グリーンピースのキャンペーンディレクターだった彼は、「グリーン・リアリスト」や「ジャーマン・グリーン」と評されることもありますが、これはドイツのエコロジストが右派との提携を受け入れていることから、EELVの左派を貶める言葉です。ヤニック・ジャドを悩ませる批評。「自由貿易協定に反対するオルターグローバリストとしての私の全キャリアは、バングラデシュやグリーンピースでの私の行動が、その反対を証明しています」と最近語っています。しかし、企業に対して社会を変えることはできないとも言っています。だから、全員に声をかけなければならない。 5月19日に国民議会前で行われた警察のデモに参加した彼は、左派やエコロジストの間でも批判されていた。「私が参加したことで多くの人がショックを受けたことは知っています」と、8月末にポワティエで行われたエコロジストの夏の日に彼は説明していた。このデモは決して快適なものではありませんでしたが、根本的には自分の決断を後悔していません。統治したいと思えば、快適さは得られない。私が会った警察官は私にこう言った。マリーヌ=ルペン党首が率いる極右政党「国民連合」【”RN(Rassemblement national)】と私たちを一緒にしないでくれ。」 投資計画 今回の選挙では、ジャド氏はEELVの幹部に多くの支持者を持っていた。元大統領候補のエヴァ・ジョリー元欧州議会議員、ドミニク・ボイネ元上院議員、欧州議会議員のカリマ・デッリ氏、上院のエコロジスト会派の代表であるギョーム・ゴンタール氏、元「共和国前進(LREM)」の下院議員であるオーレリアン・タシェ氏、ボルドー市長のピエール・ユルミック氏、リヨン市長のブルーノ・ベルナール氏などである。 欧州議会議員はプログラムの中で、「経済を再建し、住宅のリフォームを加速し、再生可能エネルギーを導入し、集団的で低炭素なモビリティに関連するすべてのものに、年間500億ユーロの大規模な投資計画を提案する」としています。地球温暖化対策のために、ジャド氏は「公共調達、経済や企業への補助金に使われる公的資金の1ユーロが、気候、生物多様性、社会正義、男女平等にとって好ましいものであってほしい」と考えています。また、9月7日に行われたReporterreのインタビューでは、「例えば、いまだに化石燃料にコミットしている企業には、1ユーロたりとも公金が支払われることはない」と述べ、「食品・健康・環境のための大規模な省」の設立を擁護しています。

“TIME”誌がメルケル首相を「2015年の人物」”自由世界の宰相”と評価「偉大なるリーダーとしての足跡」

2021年10月3日 Henri Kenji OIKAWA 0

おとぎ話はどこにでもあるものだが、アンゲラ・メルケル首相が幼少期を過ごしたドイツの暗い森から始まるものも多いようだ。 世界で最もパワフルな女性と呼ばれるようになる少女が生まれたのは、北国の太陽に照らされ、高い松の影に覆われた木立の中だった。 彼女の家は3階建てで、急勾配の瓦屋根には半分開いた目の形をした屋根裏窓がありました。下の道には見知らぬ人が歩き、不思議な足取りで歩く住人とすれ違う。苦しそうな叫び声が聞こえてくることもあった。大人にとってヴァルトホフは、メルケル首相の父親が経営するルター派の神学校があり、学生や短期滞在者を受け入れ、知的障害者の住居兼仕事場としても機能している孤立した施設で、英語では「フォレストコート」と呼ばれていた。しかし、アンジェラが到着した時の年齢である3歳の子供にとっては、隣接するテンプリンという町の学校に通うまでは、そこは自分だけの世界であった。東ドイツに住む1,700万人の住民と同じように、自分も要塞の中で生活していることを実感したのだ。 35年間、東ドイツで”囚われの身” メルケル首相は、人生の最初の35年間は囚われの身となり、時を待った。大人になってからは東ベルリンに住み、1961年に建設されたバリケードの横を走る高架鉄道に乗ったことが、生まれて初めての政治的な記憶として残っているという。1989年にバリケードが崩壊したとき、彼女は東側で必然的に培われた資質、すなわち忍耐、鈍感さ、知的な厳しさ、目立たないが猛烈な推進力を集め、自分の人生だけでなく、歴史の流れをも変えた。 2015年は、統一ドイツの首相として、また地球上で最も繁栄している共同事業である欧州連合(EU)の事実上のリーダーとして、メルケル首相の10年目のスタートの年だった。その年の終わりまでに、メルケル首相は欧州連合を1つだけでなく2つの存亡の危機から救い出した。1つ目の危機は、19カ国が共有する通貨ユーロをめぐってゆっくりと進行していたもので、加盟国の1つであるギリシャのデフォルトによって、すべての国が危機にさらされた。その解決は、ドイツ人の忍耐力を試されるような、独特の遅々としたペースで行われ、それが動詞化された。Merkeling。 難民受け入れを英断 2つ目は、「雷鳴」である。メルケル首相は夏の終わりに、押し寄せる難民や移民にドイツの門戸を開いた。12月末までに合計100万人の亡命者がドイツにやってくると予想されている。12月末までに100万人の亡命者が入国すると予想されている。これは、ヨーロッパを救うと同時に危険にさらす大胆な行動であり、中東を引き裂くような暴力を繰り返さないために、協力して形成された同盟の回復力を試すものだった。この同盟関係は十分に機能していたため、ヨーロッパで最も豊かな国が今、自らの実存的な疑問を投げかけている。よく生きるとはどういうことか? メルケル首相はその答えを出した。 「多くの地域では、戦争とテロが蔓延しています。多くの地域で戦争やテロが起こり、国家が崩壊しています。多くの地域で戦争とテロが起こり、国家が崩壊しています。このことは何年も前から報道されています。テレビでも見たことがあります。テレビで見たこともあります。しかし、アレッポやモスルで起きていることが、エッセンやシュトゥットガルトにも影響を与えるということを、まだ十分に理解していませんでした。私たちは今、それを直視しなければなりません」。 難民問題への取り組みは、それまで慎重に行動し、ドラマのようなものを避けてきた彼女のキャリアに、大きな変化をもたらすものでした。アナリストたちは、この決断を「型破りな行動」と呼んでいます。しかし、アンゲラ・メルケル首相が「壁」に対してどのように感じているかを考えれば、それは必然的なことだったのかもしれません。 必然ではなく、ただ驚くべきことは、最近の歴史の中で最も寛大で心の広いジェスチャーが、生きている記憶の中で(ヒストリーチャンネルがある限り、その先も)ヨーロッパ大陸を、そして世界を、首相が抑えようとするすべての力(ナショナリズム、ネイティビズム、独善主義、武器への回帰)を恐ろしいほど極端にすることによって、ドイツから開花したということである。障壁が着実に後退している世界で、これほど長く、そして大きな効果を上げて首相を務めた人物はヨーロッパにはいない。それがEUの物語であり、グローバリゼーションの物語でもあるのだ。メルケル首相がマスターした世界には、ヨーロッパの歴史を形成してきた力、つまり、ベッドで安心して物語を聞いている子供が感じるような原始的な力は、微塵も感じられない。 東ドイツでの生活は、ある意味では舞台装置の上で暮らすようなものだった。ドイツ民主共和国は、主権国家を自称していたが、ソビエト圏におけるモスクワの最も近い衛星だった。猜疑心の強い政府は、外見を重視し、何千人もの国民をスパイとして雇っていた。掌に乗せると妙に軽いアルミ製のコインが鋳造され、多くの通りがファサードになっていた。 「私は1981年に6〜9ヶ月間滞在しました。私の印象では、1947年か48年だったと思います」 と語るのは、メルケル首相に敗れた社会民主党員で、メルケル首相の財務大臣を務めたこともあるピア・シュタインブリュックだ。 「ウンター・デン・リンデンの裏手では、すべての建物が破壊されたままでした。壁には弾痕が残っていました」。 東ドイツでも教会は容認 教会で育ったメルケル エリカ・ベンは、1965年にロシア語を教えるためにライプツィヒの大学からテンプリンに到着したとき、同じように感じた、と言った。中世の町には、14世紀に建てられた教会があり、歴史があった。しかし、無神論を掲げるドイツ民主共和国では、教会はあくまでも容認されていた。 そのため、ヴァルトホーフでの公的な生活は微妙なものでした。メルケル首相の父親であるホルスト・カスナー氏は、3人兄弟の1人目であるアンジェラが生まれたハンブルクを離れ、1957年に一家でこの地に移り住んだ。当時、多くの人々は西欧に向かって移動していた。しかし、ルーテル教会は、ドイツ社会の中で、マルクス・レーニン主義者からも一目置かれる存在であった。東部の小教区は、反体制派のための大使館のような避難所となっていた。しかし、カスナーの場合は、彼が理解していた社会主義への熱意と、国家機構を巧みに操る才能があったので、その状況は緩和されていた。 メルケル首相の元顧問によると、カスナー牧師は、社会活動を避け、イマヌエル・カントなどの近代哲学者の業績と宗教的信念との調和を図る神学派を支持していたことも幸いしたという。幼いアンジェラが育った牧師館での議論は、博識で厳格なものだった。英語教師として教育を受けた母ハーリンドは、言語を教えることを許されなかったという。学校ではフラウ・ベンのもとでロシア語を学んだ。 退職した教師は、スター生徒のファイルを保管している。モノクロの集合写真を取り出して、後列のメルケル首相を指差した。メルケル首相はヘルメットをかぶっていた。 「ベンは、後ろの方にいる女の子という感じでした。彼女はほとんど目立たない存在です。彼女らしいといえばらしいのですが、何とも言えません」。 思春期のメルケルは自分の頭の中で生きていた 思春期のメルケルは、自分の頭の中で生きているようでいて、アウトドアを楽しんでいるようでもあった。身体的に不器用な彼女は、スポーツを避けていたが、学校では優秀な成績を収めながら、友人とキャンプをしてた。年を重ねるごとに、彼女はソ連圏の国民として許される限りの世界を探検した。その結果、若い頃のメルケル首相は、暖かい店の窓ガラスに顔を押し付けるような、やせっぽちの状態になってしまった。 彼女はブルガリアに行き、国境を越えてギリシャの禁断の丘陵地帯を見つめた。西ドイツからのテレビ放送を見て、カリフォルニアに行くことを夢見ていた。メルケル首相は、東ドイツが国民に西欧への渡航を許可する年齢である60歳になるまで、カリフォルニアに行くことができないことを理解していた。しかし、彼女はそのための計画を立て始めた。辛抱することは、東側での生活の教訓であり、現実主義でもあった。 […]

グルノーブル・プライドでフランス・セックスワーカー労組STRASSがスピーチ

2021年10月1日 Henri Kenji OIKAWA 0

9月26日にてグルノープラにてGay Prideが催された。 そこにおいて、フランスのセックスワーカー労組STRASS代表が挨拶した。 セックスワークこそレインボープライドのテーマ 私たちを歓迎し、挨拶を許可してくれたグルノーブル・プライドに感謝します。 ここでは、 LGBTや性労働嫌悪(Putophobic)的な暴力、そして自殺について言及します。 私は、自分の活動やバイセクシャルであることから、LGBTやクィアのサークルに頻繁に足を運んでいますが、プライド・マーチで労働者は何をするのかと聞かれることがあります。”特にLGBTの問題ではなく、どちらかというとフェミニストの問題なんですが…” バンビム、それでいい、消えろ。 歴史はすべてを覚えているわけではなく、すべてを語っているわけでもなく、しばしば忘れてしまう。セックスワーカーは、LGBTQIA+の闘争に最初から参加してきました。 警察の暴力に対抗したストーンウォール暴動を祝うプライド・マーチ。マフィアが経営するこのゲイバーには、LGBTQIA+の若者が多く訪れ、彼らの多くはセックスワークで生活し、生き延びていました。ドラァグクイーン、トランスベスタイト、トランスピープルは特に警察の手入れの対象となり、「売春」はもちろん逮捕の理由となりました。 暴動から50年、運動は大きく前進しましたが、誰が得をするのでしょうか?常に最も抑圧を受けてきた人々は、もはや「同性愛」のために抑圧されるのではなく、移住者やトランスジェンダー、セックスワーカーとして抑圧され続けているのかもしれません。しかし、当時も今も、多くの若いLGBTQIA+の人々は、生きていくために移住(エグザイル)したり、セックスワークに従事したりするしかありません。 50年経った今でも、同じ場所にいるような気がします。しかし、すべての闘争に参加したことがなかったわけではありません。LGBTの闘争は、平等な権利の問題を優先するあまり、社会的正義の必要性を忘れがちです。 もし、平等とは、有色人種や最貧層のLGBTQIA+の人々を犠牲にして、白人の中産階級のLGBTとストレートの人々との和解を意味するのであれば、これらの闘争は不平等と支配の関係の再構成を生み出したに過ぎない。 性労働(TDS)にとって、プライド・マーチは極めて政治的な瞬間である。私たちは、すべての人が外に出ることができる贅沢さを持つには程遠く、多くの人が未だにスティグマを恥と感じています。医療、司法、住宅などの分野で、罰則や差別が蔓延しています。さらに悪いことに、これらの差別はフランスの法律に組み込まれており、MSMに対する連帯や寛容さを「ポン引き」と決めつけています。 私たちの葛藤は生きている。ある人が利益を祝っても、我々はほとんど祝わない。 このパンデミックの数ヶ月間は、需要をなくすという廃止モデルの理想的なテストとなった。最初の封じ込めの時には、お客様はいませんでした。廃止の夢!? しかし、宿舎から追い出されたのは、性労働(TDS)のトランス女性であるナジャとサムでした。ローマTDSのナターシャとマルセラは、食べるために必死で稼ごうとしていた時に135ユーロの嫌がらせを受けたのです。Strassの法務部で働く19歳のトランスの性労働(TDS)女性、妹のMathildeさんが自ら命を絶ち、続いて友人のLauraさんが命を絶ちました。彼らはロリーナ、ヒラリー、そして、サラ、コロンビア人、エクアドル人、ブラジル人、コヴィドとHIVの結果、治療失敗と隔離で亡くなった。それは、フランスに10年以上滞在しているほとんどのHIV陽性の外国人に対するOQTFと追放の雨だった。涙と血と汗にまみれた数ヶ月だった。政府は、売春の道を断つための資金を提供することを唯一の選択肢として選んだが、これは社会政策の失敗であり、5年間で400人しか同行しなかった。 より良い移民政策、迫害されているLGBTQIA+の人々の亡命の権利、HIV陽性者のケアのための滞在の権利などを要求せずに、性労働(TDS)の権利を守るとは言えません。 時々、労働者はプライド・マーチで何をしているのか、なぜ私たちはフェミニストだけの問題ではないのか、と聞かれることがありますが、私たちはそこにいましたし、今もこのコミュニティにいます。悲しいことに、多くのフェミニストは未だに私たちを歓迎しようとしませんが、私たちはデモからマヌ・ミリタリを追放されたわけではありません。痛々しい傷ですが、治ってほしいと願っています。 しかし、今日、あなたと一緒に、私が癒さなければならない唯一の傷は、私がこの日のために履いているヒールのせいで、私たちTDSがLGBTQIA+コミュニティの一員であり、生きていて、美しくて、誇りがあるよりも、死んでいて、不幸である方がいいと思っているこの社会の一員であることを人々に思い出させるためのものです。

マクロン大統領が自身の水着が掲載された写真展に抗議

2021年9月27日 Henri Kenji OIKAWA 0

ギャラリーのオーナーであるダニエル・デラマーレとパパラッチのティボー・ダリパードは、水着姿の大統領の写真を、エリゼ宮の向かいにあるギャラリーに展示しました。 エマニュエル・マクロン大統領の水着姿の写真をエリゼ宮の向かいの建物で内覧会に出展したギャラリーオーナーのダニエル・ダラマーレ氏は、「共和国大統領の邪魔になっているとエリゼ宮からの特使が連絡してきた時点で、問題のある写真はすぐに削除しました」と説明します。9月8日のことです。翌日、彼はパリの司法警察のオフィスにある個人的な非行を抑圧するための旅団に呼び出された。しかし、この写真は2年近く前の古いもので、掲載された時点では国家元首からの攻撃を受けていなかった。 “2年前から準備していた展覧会です。私は監禁中にアーティストのソーシャルネットワーク「Artschild」を作り、ギャラリーが閉鎖されている間に彼らの存在をアピールしました。私は念には念を入れて、参加者全員に「起訴されるような問題のある作品は展示しない」と伝えました。これは、他の写真と同様に、水着姿の社長の写真にも当てはまります。話題になるようなことはしたくなかった。私は挑発者ではありません。私はスムーズな人間です。 2020年にブリジット・マクロン氏が来日 エドモンド-デ-ロスチャイルド財団に育てられた国家の区民であるこの熟練した美術愛好家(68歳)は、2020年にマティニョン通りの建物でこの同じ展覧会を準備しているときに、ブリジット・マクロンの訪問を受けていた。 「ファーストレディはとても親しみやすく、今までの中で最も親しみやすい人の一人だと思います。また、共和国大統領の方針にも賛同しています。正直なところ、召集令状には驚きました。私を尋問した警察官はとてもプロフェッショナルでした。私が誠意を持って行動していることを見抜いてくれたのです。彼は展覧会を訪れたが、問題の写真はそこにはなかった。実際には、オープニングの間だけ展示されていたので、一般の方は目にすることはありませんでした。 また、フランソワ・オランドやニコラ・サルコジなど、かつてエリゼ宮に住んでいた人々の写真も展示されています。「公式行事以外の姿を見せることで、他の人たちと同じ人間であることを知ってもらうことが目的です。メールで招待したマクロン夫妻の訪問を期待していました。私としては、頭に血が上ったのはアドバイザーの方だと思っています」。 2017年に違反のないようにファイリング ダニエル・デラマーレが証人として聴取された。大統領から見て「争点」となっている写真の作者であるThibaut Daliphardは、まだ警察から話を聞いていません。彼は火曜日にフリーヒアリングの体制で聴取されます。 Le Pointの取材に応じた彼は、「どの写真かもわからない。さらに、あなたの同僚の一人が、François Hollandeに関する写真の作者は私だと言っています。そんなことはありません。この展覧会の目的は、決して挑発することではなく、健康危機の中、アーティストのためのオンライン展覧会アプリケーションの立ち上げに参加することでした。ダニエル・デラマーレは、作品を世界中で見られるようにするための新しいコンセプトを作るという素晴らしいアイデアを持っていました。 写真家のThibaut Daliphard氏は、2017年8月、マルセイユで大統領夫妻を無許可で撮影しようとしていたことをAlexandre Benalla氏が警察に通報し、身柄を拘束されました。この手続きは、グザビエ・タラボー検事が「犯罪性がない」という理由で何もせずに終了していました。 今朝、エリゼ宮に問い合わせたところ、コメントを拒否されました。 https://www.lepoint.fr/societe/apres-la-plainte-de-l-elysee-le-photographe-et-le-galeriste-s-expliquent-26-09-2021-2444775_23.php#xtor=CS3-190

買春禁止法から5年間の顧客罰則:常に逆効果である

2021年9月26日 Henri Kenji OIKAWA 0

※TSD=Travail du Sexe=セックスワーク=性労働 顧客を罰する法律が採択されてから5年が経ち、協会の調査結果は明らかだ。人身売買と戦い、セックスワーカーを保護するどころか、逆に不安定さを増し、すでに汚名を着せられている人々を弱体化させている。 その主な原因は、暴力の増加、孤立感の増大、健康状態の悪化、現実にそぐわない出口(法律の社会的側面に対応する)にある。さらに、COVIDは1年間、問題に見合った解決策を提案することなく、セックスワーカーの状況を大幅に悪化させた。 健康の決定への抑圧的な法律 2016年4月13日、「売春システム」に対抗するために、「人身売買の調達に対抗する」「売春婦を出口に向けて支援する」「売春客を罰する」「売春に入らないための対策を活性化する」という4つの軸を持つ法律が採択されました。 「抑圧的なセックスワーク法は、健康に対する包括的なアプローチに反しています。” この法律の悲惨な結果について、協会や権利擁護団体が絶えず警告を発しているにもかかわらず、セックスワーカーの健康を害する抑圧的な論理が優位に立っているのです。 セックスワークに関する抑圧的な法律は、予防、ケア、社会的支援、コミュニティ活動への支援などの側面を考慮した、健康に対する包括的なアプローチに反するものです。 私たちは、セックスワーカーの真のニーズや要求を考慮に入れずに、廃絶主義の論理を優先させようとすることを強く非難します。 セックスワーカーへの悲惨な影響 私たちの団体は、刑罰化法が施行されてから5年が経過した時点での評価を作成するために、何年にもわたって現場での実践とセックスワーカーの経験を活用してきました。2016年の法律の評価に対する私たちの回答の中ですでに展開されていますが、私たちはいくつかの面でこの法律の否定的な結果を非難します。 まず第一に、この法律は、性的搾取を目的とした人の調達と人身売買を統合することで、人の搾取に対して効果的に戦うことを可能にしません。この論理は、人々が経験した現実を理解する上で障害となり、人身売買ネットワークに対して効果的に戦うことを可能にしません。 2016年の法律で規定されている出口は、この課題に対応していません。不適切な対応であり、予算も過小評価されており、人々の真のニーズに対応していないセックスワークをやめるという条件を伴っています。 クライアントへの刑罰化が意味する抑圧的な角度は、真の健康政策を盛り込むことを可能にせず、逆に健康の観点からは悲惨な影響を与えています。セックスワークの犯罪化は、人々の健康に悪影響を及ぼします(コンドームの着用を要求することが困難であるため、STIの増加、心理的リスクの増加、支援構造からの孤立と遠隔化、ケアパスの中断など)。” 2016年以降、私たちが現場で出会うセックスワーカーの健康状態が本当に悪化していることが観察されています。クライアントを罰することの主な効果は、セックスワークという活動をより危険なものにし、個人の健康にとってリスクが高くなり、心理的に管理するのがより複雑になることです。全体的に、セックスワーカーの健康状態は悪化しています」と、メデシン・デュ・モンドのフィリップ・ドゥ・ボットン会長は言います。 最後に、暴力の数と強さが増加し、汚名も増えています。実際、各団体が一致して指摘しているのは、窃盗の増加、暴力を伴う窃盗(重度の暴行や傷害が多い)、性的暴力、組織的な価格交渉や行為、資金不足による無防備なセックスの受け入れの増加、攻撃を受けやすい遠隔地や孤立した場所での活動…などです。「過去4年間に報告された暴力行為は急激に増加しています。今年、これらの攻撃は、連続レイプ、殺人未遂、ナイフ攻撃など、めったに見られないレベルの暴力に達しています。「と、リヨンのカビリア協会は訴えています。 パンデミックで悪化した状況 この1年間、セックスワーカーの状況は、政府の対策の盲点となっていました。しかし、コヴィド19にさらされている人々は、監禁や外出禁止などの制限措置の犠牲になっています。 「TDSはこの危機の中で忘れ去られた大きな存在なのです。” この健康危機の間、私たちは、2016年の法律が、セックスワーカーを支持する社会活動を支援する国の能力を妨げていることを目の当たりにしました。コミュニティ・アプローチを行う団体は、基本的な生活必需品へのアクセス、住宅へのアクセス、健康へのアクセスをサポートするために必要な手段を、その立場から拒否されています。 ” Covid 19により、暴力は10倍に増加し、TDSは危険で非常に不安定な状況に置かれています。孤立と追放、そして汚染への恐怖が高まっています。トゥールーズのグリセリド協会は、「TDSはこの危機の中で忘れられた大きな存在である」と述べています。 […]

フランスから被害の訴え!日本の性産業廃止論者に「レイプ」された

2021年9月25日 Henri Kenji OIKAWA 0

2021年朝日新聞に掲載された社会活動家の藤田孝典氏へのインタビューは性風俗産業廃止論に基づくものであった。 これに対して、フランス性労働組合STRASS代表でAct Up-Parisのメンバーから反論が弊社サイトに届いたので掲載する。 藤田孝典氏の性風俗産業廃止論に反論 これは、階級主義的、有効主義・正当主義的・功利主義的(validiste)、性差別的(sexiste)、人類学的宗教的、フェミニスト的な性労働嫌悪(putophobe)的廃止論の典型である。 いずれの場合も、イデオロギー的な廃止派の決まり文句を重ねることで、当事者の状態や言葉を盗み、「レイプ」(violer)していることになる。 階級主義:最も恵まれた人々だけが、最も不安定な人々に社会的・経済的基準を課す権利を持っているからです。 功利主義(Validiste): 偏った、つまり誤った数字を使うことで、売春をする人を非社会的でバランスの取れていない人として本質化するのは簡単だからです。これについては、フランス国立衛生局(HAS)レポートが正式なものとなっています。この集団には、神経症、精神科、心理学的な優位性はありません。 性差別的:その活動が主に女性に関係し、最大の性別の多様性を集中させているから。特に、女性やトランスの人々に対する性的・社会的慣行の荒廃や、現在の異形のモデルにおける粗野で繰り返されるホモフォビアを知っているときには、シス男性がこのテーマを取り上げるのを見るのは、いつもとても不快です。 人類学的・宗教的:性行為は精神に影響を与えると考えられており、それを金銭化することは有害な結果を招くと考えられています。 囚人の解放:「内面の統一、特に身体、心、精神のレベルでの統一、したがって、人の内面からの性の解離は不可能である。つまり、売春は、売春される側の人間や、場合によっては顧客の成長(特に感情や性的な成長)を妨げてしまうという意味で、苦しみの源なのです。それは、身体的な経験、心理的な経験、そして対人関係への最も深い使命の間で人を分断してしまうため、人の統合的な発展に悪影響を及ぼします。” ここでは、脱力系の妄想などに入ります。 フェミニストの性労働嫌悪(putophobie):女性とフェミニストの廃止運動は、性労働(TDS)を排除することによって、善良なフェミニストの反家父長制のポイントを配分することにイデオロギー的に同意している。つまり、性労働の身体を処分する権利を排他的に否定し、システム的な暴力に関する専門知識を否定し、家父長制の共犯者か被害者であると非難する。これは、専門知識や関係者の意見を考慮することなく、空想したマニシェ的(※マニ教的・二元論的)な立場です。 これは、この偉大な利他的な救世主の議論に対する、網羅的ではない回答です。彼はおそらく、性労働嫌悪的(putophobe)なヘゲモニーとの計算された同盟の中で、実存的な滋養と承認を求めているのでしょう。 Act Upは、セックスワークを廃止する思想がもたらした有害な結果と手段の虚しさをよく知っています。 長文になってしまうので、これにて失礼をば申し上げます。 ケンジさん、もし進行中の作品があれば、ぜひストラス、レッドアンブレラフェデレーション、エスワリライアンス、NSWPのサイト(Strass, de la Fédération paraplui rouge, de […]