フランスから被害の訴え!日本の性産業廃止論者に「レイプ」された

2021年朝日新聞に掲載された社会活動家の藤田孝典氏へのインタビューは性風俗産業廃止論に基づくものであった。
これに対して、フランス性労働組合STRASS代表でAct Up-Parisのメンバーから反論が弊社サイトに届いたので掲載する。

藤田孝典氏の性風俗産業廃止論に反論

これは、階級主義的、有効主義・正当主義的・功利主義的(validiste)、性差別的(sexiste)、人類学的宗教的、フェミニスト的な性労働嫌悪(putophobe)的廃止論の典型である。

いずれの場合も、イデオロギー的な廃止派の決まり文句を重ねることで、当事者の状態や言葉を盗み、「レイプ」(violer)していることになる。

階級主義:最も恵まれた人々だけが、最も不安定な人々に社会的・経済的基準を課す権利を持っているからです。

功利主義(Validiste): 偏った、つまり誤った数字を使うことで、売春をする人を非社会的でバランスの取れていない人として本質化するのは簡単だからです。これについては、フランス国立衛生局(HAS)レポートが正式なものとなっています。この集団には、神経症、精神科、心理学的な優位性はありません。

性差別的:その活動が主に女性に関係し、最大の性別の多様性を集中させているから。特に、女性やトランスの人々に対する性的・社会的慣行の荒廃や、現在の異形のモデルにおける粗野で繰り返されるホモフォビアを知っているときには、シス男性がこのテーマを取り上げるのを見るのは、いつもとても不快です。

人類学的・宗教的:性行為は精神に影響を与えると考えられており、それを金銭化することは有害な結果を招くと考えられています。

囚人の解放:「内面の統一、特に身体、心、精神のレベルでの統一、したがって、人の内面からの性の解離は不可能である。つまり、売春は、売春される側の人間や、場合によっては顧客の成長(特に感情や性的な成長)を妨げてしまうという意味で、苦しみの源なのです。それは、身体的な経験、心理的な経験、そして対人関係への最も深い使命の間で人を分断してしまうため、人の統合的な発展に悪影響を及ぼします。”
ここでは、脱力系の妄想などに入ります。

フェミニストの性労働嫌悪(putophobie):女性とフェミニストの廃止運動は、性労働(TDS)を排除することによって、善良なフェミニストの反家父長制のポイントを配分することにイデオロギー的に同意している。つまり、性労働の身体を処分する権利を排他的に否定し、システム的な暴力に関する専門知識を否定し、家父長制の共犯者か被害者であると非難する。これは、専門知識や関係者の意見を考慮することなく、空想したマニシェ的(※マニ教的・二元論的)な立場です。

これは、この偉大な利他的な救世主の議論に対する、網羅的ではない回答です。彼はおそらく、性労働嫌悪的(putophobe)なヘゲモニーとの計算された同盟の中で、実存的な滋養と承認を求めているのでしょう。

Act Upは、セックスワークを廃止する思想がもたらした有害な結果と手段の虚しさをよく知っています。

長文になってしまうので、これにて失礼をば申し上げます。

ケンジさん、もし進行中の作品があれば、ぜひストラス、レッドアンブレラフェデレーション、エスワリライアンス、NSWPのサイト(Strass, de la Fédération paraplui rouge, de Eswalliance , de NSWP)を読んでみてください。このテーマに関連するすべてのリンクを見つけることができます。

◇引用の範囲内で藤田氏の論考を紹介☆

議論の発端となった藤田孝典氏のインタビュー記事。STRASS代表はこの記事のすべてに対して反論しているので、著作権法で認められている正当な引用の範囲内で紹介する。

藤田孝典氏、朝日新聞インタビュー
「業界を廃止しなければ権利守られない」

https://digital.asahi.com/articles/DA3S14923636.html
――性風俗業界に持続化給付金は出さない、という国の方針に賛成していますね。
「そうです。昔からの議論ですが、そもそも性をお金で売買していいとは思いません。困窮して現金がすぐに欲しい人ほど、性を利用して稼ぐ業界へ吸い寄せられてしまう。そうすると、社会的に守られていない女性ほど心身を病んでいく。これは事実です。事業者に持続化給付金を出せば、国が性風俗産業を認めることになるので、出すべきではありません。個人の支援を手厚くすべきです」

――新型コロナの感染拡大で性風俗業界が止まり、働く女性たちが収入源を失いました。
「好きなときに短時間でも働いて稼げる性風俗業界が、福祉に代わって、彼女たちの本当の意味でのセーフティーネットになっていました。今年の1月から性風俗関係の女性の相談は120件くらい受けましたが、精神疾患を発症している人がかなり多い。まずは病院で精神障害者保健福祉手帳などを取るよう、サポートします。弱い立場の人が自分の性をコントロールできなくなると、精神的に病むことが多いのです。20年くらい前から、性風俗と障害・精神疾患が強い相関関係にあることを、私たちは知っていました。新型コロナでそれがはっきりとしました」

――「自分の意思でやっている」という女性もいます。
「ほんの少数の勝ち組と多数の負け組に分かれ、成功者の華やかさだけが吹聴される世界です。その陰には悲惨な状況の女性たちがいます。成功した人たちは、上昇すればするほど経営者の論理と同一化し、自分の意思でやっていると言います」

――どうすればいいですか。
「私はアボリショニズム(廃止論者)の立場です。欧州では売買春を合法化して管理下におくアプローチと、禁止・違法にして買春者を厳しく罰し、売春者の罪は問わないとするアプローチ、二つの考え方が対抗しています。後者がスウェーデンなど北欧諸国が採用している『北欧モデル』で、英国、フランスやオランダでも廃止論者が声を上げ始めている。一流企業のエリートから教員、法曹関係者、公務員までが買春し放題の日本も、このモデルの方向に進むべきです」

――日本の性風俗はすべて「売買春」に入りますか。合法的に経営して税金も納めている業界を廃止せよ、というのはやや過激に聞こえます。
「程度の差はあっても、体の接触が強くあり、とくに射精を促すような行為は、売春類似行為です。もちろん、性風俗の廃止は、福祉の充実と組み合わせないと意味がありません。北欧モデルでは、職業訓練制度を充実させるとエッセンシャルワークの領域、つまり看護、医療、福祉、公務員などに向かう女性が増えると聞いています」

――性風俗産業は何兆円かの規模で、現に社会の中に存在し、多くの女性の収入源にもなっています。
「業界自体を良くしよう、という修正主義では女性の権利は守られません。根深い構造的な問題だからこそ、根底的に変革しないと成果があがらない。性風俗業界で困った人を助け、福祉制度につなげることも大事でしょう。でも『来た人を助ける』ではなく、廃止して『来ないようにさせる』ことのほうがより本質的な解決になります」

――強い措置をとると地下に潜る、という意見もあります。
「今でもある部分は地下に潜っていますよ。それは警察が取り締まるべき別な問題です」
「ただ、今は性風俗で働く女性がやめたくて1人で福祉課に行っても、生活保護の申請をはじくんですよ。『あなたは働けるでしょう』とか『頼る男性はいないの』などと言われ、こっちに相談に来るケースもあります。自己責任という社会規範の意識が福祉課にも浸透していて、生活保護の対象からはずす風潮がさらに広がっています」

――藤田さんは、性風俗業界やそこで働く女性を「差別」している、と抗議されることもある、と。
「そうですね。『職業差別を促進している』とか『ヘイトスピーチを許すのか』という抗議が、私の所属する団体にまで来ます。『人権』『正義』『平等』といった言葉を使ったセックスワーク擁護がリベラルの急所をつき、知識人たちもその論調へ傾いています。そうですね。被害実態を通して社会問題を考えていくのが福祉ですから、私はその現場から、性風俗擁護論には強い異論を出しておきたいのです。私にはめいが3人いますが、仕事として当然、薦められません」
「その仕事を自分で選んだなら、本人が精神疾患で苦しみ、人生を失おうと、それは自己責任になる、とは思いません。追い詰められて病んだ彼女たちを最終的に支えるのは福祉や精神医療で、その実態がセックスワークを擁護する人たちにはよく見えないんだと思います」
「新型コロナは、非正規雇用を中心とした弱い女性を集中的に苦しめています。反貧困運動を続けてきていながら、女性の立場の弱さは想像以上で、自分はしっかり見られていなかった。その反省をして、女性支援、女性福祉を立て直していきたいと考えています」

☆フランス語翻訳☆

フランスの市民団体でカンヌ国際映画祭グランプリを受賞した映画「BPM」でも紹介された『Act Up-Paris』メンバーの意見を聞くために、日仏共同テレビ局France10支局長の及川健二が藤田氏インタビューをフランス語に翻訳した。及川は仏文科を出たわけでもない門外漢である。訳に無理があるという批判は忌憚なく受け止める。

“Les droits des femmes ne peuvent être protégés que si l’industrie du sexe est abolie.”

— Vous êtes d’accord avec la politique nationale de ne pas fournir d’avantages durables à l’industrie du sexe.

“Oui, je le sais. C’est un vieil argument, mais je ne pense pas que ce soit bien d’acheter et de vendre du sexe pour de l’argent. Les personnes qui sont dans le besoin et veulent de l’argent rapidement sont plus susceptibles d’être attirées par l’industrie qui utilise le sexe pour gagner de l’argent. Ensuite, moins les femmes sont protégées socialement, plus elles deviennent malades physiquement et mentalement. C’est un fait. Si nous offrons des avantages durables aux entreprises, l’État approuvera l’industrie du sexe, et nous ne devrions pas le faire. Nous devrions être plus généreux dans le soutien aux individus.”

-L’industrie du sexe s’est arrêtée en raison de la propagation de la nouvelle infection corona, et les femmes qui travaillent ont perdu leur source de revenus.

“L’industrie du sexe était un véritable filet de sécurité pour ces femmes, remplaçant l’aide sociale, car elles pouvaient travailler pendant une courte période quand elles le voulaient et gagner de l’argent. Depuis janvier de cette année, nous avons reçu environ 120 consultations de femmes travaillant dans l’industrie du sexe, et un certain nombre d’entre elles ont développé des troubles mentaux. Tout d’abord, nous les aidons à se rendre à l’hôpital pour obtenir un certificat de santé et de bien-être pour les malades mentaux. Nous savons depuis une vingtaine d’années qu’il existe une forte corrélation entre le travail du sexe et le handicap et la maladie mentale. La nouvelle Corona l’a clairement indiqué.”

— “Certaines femmes disent qu’elles le font de leur plein gré.

“C’est un monde divisé en quelques gagnants et beaucoup de perdants, où l’on n’entend que le glamour de ceux qui réussissent. Dans les coulisses, il y a des femmes en grande difficulté. Les personnes qui réussissent disent que plus elles s’élèvent, plus elles s’identifient à la logique du management et plus elles agissent de leur propre initiative.”

–Comment puis-je aider ?

“Je suis pour l’éradication de l’industrie du sexe. En Europe, deux approches de la prostitution s’opposent : l’une consiste à la légaliser et à la contrôler, l’autre à l’interdire et à la rendre illégale, en punissant sévèrement les prostituées mais pas les prostitués. Ce dernier est le “modèle nordique” adopté par la Suède et d’autres pays nordiques, et des abolitionnistes commencent à s’exprimer au Royaume-Uni, en France et aux Pays-Bas. Le Japon, où la prostitution est illimitée pour tout le monde, de l’élite des grandes entreprises aux enseignants, aux juristes et aux fonctionnaires, devrait également s’orienter vers ce modèle.

–L’ensemble de l’industrie du sexe au Japon relève-t-il de la catégorie de la “prostitution” ? Il semble un peu radical de demander l’abolition d’une industrie qui fonctionne légalement et paie des impôts.

“Cependant, nous pensons que toute forme d’activité sexuelle impliquant un contact physique, en particulier lorsque l’éjaculation est encouragée, est une forme de prostitution. Bien entendu, l’abolition du travail du sexe n’aura de sens que si elle est associée à l’amélioration du bien-être. Dans le modèle scandinave, nous avons entendu dire que si nous améliorons le système de formation professionnelle, davantage de femmes se dirigeront vers les domaines de travail essentiels, à savoir les soins infirmiers, la médecine, l’aide sociale et la fonction publique.

–L’industrie du sexe, qui représente des billions de dollars, est une véritable composante de la société et une source de revenus pour de nombreuses femmes.

“Cette industrie représente des billions de dollars et constitue une source de revenus pour de nombreuses femmes. Il s’agit d’un problème structurel profondément enraciné qui doit être fondamentalement transformé pour faire la différence. Il est important d’aider les personnes en difficulté dans l’industrie du sexe et de les mettre en relation avec le système d’aide sociale. Mais la solution la plus essentielle n’est pas d'”aider ceux qui viennent”, mais de l’abolir et de “les empêcher de venir”.”

–Certains pensent que des mesures fortes vont pousser les gens à la clandestinité.

“Certains disent que des mesures fortes les feront entrer dans la clandestinité. C’est un autre problème dont la police doit s’occuper.
“Mais aujourd’hui, si une femme qui travaille dans l’industrie du sexe veut arrêter et se rend seule au service d’aide sociale, ils rejettent sa demande d’aide sociale. Mais aujourd’hui, si une femme qui travaille dans l’industrie du sexe veut arrêter et se rend seule au service d’aide sociale, elle se verra refuser l’accès à l’aide sociale. La norme sociale de l’auto-responsabilité a également imprégné le service d’aide sociale, et la tendance à exclure les personnes de l’aide sociale se répand davantage.

–Monsieur Fujita a déclaré qu’elle reçoit parfois des protestations selon lesquelles elle fait de la “discrimination” à l’encontre de l’industrie du sexe et des femmes qui y travaillent.

Oui”, a-t-elle dit. J’ai reçu des protestations de personnes qui disaient que j’encourageais la discrimination professionnelle ou que j’approuvais les discours de haine. L’utilisation de mots comme “droits de l’homme”, “justice” et “égalité” pour défendre le travail du sexe a touché une corde sensible chez les libéraux et les intellectuels. C’est vrai. Je voudrais m’opposer fermement à la défense du travail sexuel du point de vue de l’aide sociale, qui consiste à penser les problèmes sociaux à travers les dommages réels. J’ai trois mei, et il va de soi que je ne peux pas le recommander.
“Je ne pense pas que si une personne choisit de faire ce travail, c’est sa propre faute si elle souffre de maladie mentale et perd la vie. Je ne pense pas que si vous choisissez de faire ce travail, vous êtes responsable de votre propre souffrance et de la perte de votre vie.
“Les nouvelles Coronas se sont concentrées sur les femmes vulnérables, en particulier celles qui occupent un emploi informel. Bien que j’aie été impliquée dans le mouvement de lutte contre la pauvreté, la faiblesse de la position des femmes dépasse tout ce que j’aurais pu imaginer et je n’ai pas été perçue correctement. Je voudrais réfléchir à cela et reconstruire le soutien et le bien-être des femmes.”

YouTube Preview Image

Be the first to comment

Leave a Reply