フランス2016年買春禁止法。欧州人権裁判所、セックスワーカーからの261件の要請を検討へ

欧州人権裁判所は、2021年4月12日に伝えられた決定において、2019年12月に伝えられたセックスワーカーからの261件の要請を検討することを示した。

2019年2月1日の憲法審議会の決定により、2016年の売春法に規定された顧客の犯罪化が有効となったことを受けて、フランスで働く261人のセックスワーカーが、自分たちの基本的な権利である健康と安全の権利と私生活の尊重の権利が侵害されたと認識し、欧州人権裁判所に入ることを決めました。彼らは、この危険な措置の廃止を求めています。

したがって、裁判所は、申請者が展開した議論は、政府と敵対的な議論を行うに値するほど十分に重大であると判断した。私たちはこれを歓迎します。

何年もの間、セックスワーカーたちは、クライアントを罰することや彼らに対する抑圧的な政策がもたらす劇的な結果について警告してきた。活動の自律性の程度にかかわらず、彼らがセックスワークを自分の仕事と見なし、人々がそれを変えようとしないかどうか、あるいは彼らが搾取や虐待、強制労働の犠牲者であるかどうかにかかわらず、彼らは自分たちをより不安定にし、弱体化させ、暴力や健康への高いリスクにさらすような措置を非難しています。

私たち協会は、国連機関(UNAIDS、WHO、UNDP)や権利擁護団体の勧告に基づき、フランスが抑圧的な法律の採用をやめるよう、この戦いに揺るぎない支援を提供します。

署名した団体

AATDS

Acceptess-T

Act Up-Paris

HELP

ARCAT

OTHER VIEWS

Cabiria

CFSSD

ELCS – Local elected officials against AIDS

Entr’actes

Federation Red Umbrella

Griselidis

Inter-LGBT

Doctors of the World France

Paloma

Steel Roses

STRASS

TRANS INTER action

https://strass-syndicat.org/actualite/loi-prostitution-de-2016-la-cour-europeenne-des-droits-de-lhomme-examinera-261-requetes-emanant-de-travailleurses-du-sexe/

YouTube Preview Image

Be the first to comment

Leave a Reply