性労働者に対する #フェミサイド への抗議デモがパリで開催

2021年6月25日にパリにおいて性労働者に対する #フェミサイド への抗議デモ「虐待されても、私たちはまだ罪を犯している」が行われた。

(以下、2021年6月25日(金)にパリで開催されたフェミサイド撲滅デモ行進の際に発表された文章。及川健二が翻訳を手がけた)

女性に対する暴力対策を担当する男女平等担当大臣が、セックスワーカーとしての私たちが受ける暴力を除いたあらゆる形態の暴力を糾弾するのは、心が痛みます。

それは、私たちが生きているからであり、私たちの人生が、特に大統領の頬を叩くことに比べれば無価値であることを知っているからであり、私たちが他の人たちと同じように女性として見なされていないからであり、「私たちが耐えている暴力の責任は常に私たちにある」からなのです。

一部のフェミニストグループが、セックスワーカーやトランス女性の殺人を「フェミサイド」としてカウントすることを拒否するとき、私たちは自分たちが同じ「女性の階級」に属していないこと、そして他の人たちと区別して沈黙を守る必要があるため、私たちの死が正常化されていることを理解する。

報道機関が「売春の矮小化」をセックスワーカーの殺人の主な原因として見出した場合、加害者が「私たちは性産業で働くべきではない」と指摘することでクリアになる。だから、私たちに何が起こっても当然なのです。

警察官や団体が未成年者の搾取の増加を説明するために「ザヒア効果」を非難するとき、彼らは実際には搾取者ではなく、エスコートガールとしての過去で知られる若い女優を非難し、彼女を通して、彼らが擁護すると主張し、彼らが表現する「良い被害者」には見られないすべての人々を非難する。

私たちが「ポン引きとの共犯」や「ポン引き」と非難されるのは、私たちが国家の禁止主義的なイデオロギーを支持しないからであり、「被害者」の善良な物語を利用しないからであり、あるいは単にセックスワークを止めないからであり、私たちは暴力と戦うのではなく、セックスワーカーと戦うのである。

私たちがセックスワークに従事することを「選択」することで、自らを暴力にさらしていると非難され、「お金のために性的虐待を受けることに同意する女性」として描かれると、私たちに対する男性の攻撃的な行動ではなく、私たちの「欲」、「悪意」、「挑発」が悪いのだと考えられてしまうのです。

政府が「売春」をそれ自体が暴力であると定義した場合、政府はもはや私たちが受ける暴力に対抗するのではなく、セックスワークの実践に対抗することになります。そうすることで、私たちは権利や保護を奪われ、リスクを負うことを余儀なくされ、第三者への依存度が高くなるため、私たちの不安を煽る条件となってしまうのです。

セックスワーカー同士の連帯、結社の権利、自己組織化を、「売春の援助」と定義され、「調達」にあたるという口実で犯罪化することで、彼らが性的に活発になることを妨げています。

顧客を罰することで、政府は私たちに照明のない孤立した遠隔地での仕事を強いることになり、それが私たちや顧客を食い物にする虐待者を呼び寄せることになるのです。クライアントの罰則化によってもたらされる不安定さは、私たちの交渉力や選択力を著しく低下させ、より危険な労働条件や、より簡単に加害するためにクライアントを装う男性を受け入れざるを得なくなります。

売春からの脱却」を条件とした「援助」が増えていることは、現在働いているすべてのセックスワーカーが、健康と安全のために必要なサービスの恩恵を受けるどころか、仕事をやめるように脅迫され、圧力をかけられていることを意味する。

セックスワーカーによって運営され、暴力に対抗するためのリスク軽減行動を「誰かのために」実行する、いわゆるコミュニティ・アソシエーションへの助成を拒否しているため、公的機関は、ジャスミン通報プラットフォーム(※ジャスミンとは、職場でのセックスワーカーに対する暴力を撲滅するためのプログラム)やSWAG(※単なる思いつき?)の護身術講座など、暴力に対抗する最も効果的な取り組みへの支援を一切行わない。

セックスワークと「女性に対する暴力」との間の混乱が維持されていることは、セックスワーカーが経済的・性的交換に同意する能力が否定されていることを意味し、その結果、セックスワークとレイプとの間には違いがないという神話や、セックスワーカーが本当にレイプされるはずがないという神話が助長されています。

逆に、「自由」とされる他の経済-性的交換における男性の支配は、家父長制システムの性的経済における合法的な異性関係の枠組みの中で行われるため、暴力として理解されません。. 売春」だけが家父長制の危険な制度であるのに、夫婦や家族は決して疑われない。

しかし、私たちはドメスティック・バイオレンスの被害者でもあります。このことから、問題は男性が私たちのクライアントである場合にのみ発生するのではなく、一般的な男性の暴力を正当化するシステムにあると考えられます。夫婦間でのドメスティック・バイオレンスの被害者である女性と、セックス・ワークの実践を通じて暴力の被害者であるセックス・ワーカーを区別することは、私たちに疑問を投げかけます。

私たちがドメスティック・バイオレンスの被害者である場合、正義を得ることは困難です。なぜなら、多くの人は、私たちが男性を誘惑して利用しようとするとき、男性は私たちを配偶者として受け入れるにはあまりにも善良で親切だと考えるからです。私たちの仕事を受け入れない男性は、私たちへの反発を正当化したり、セックスワークをやめさせることで私たちに経済的な依存を強いる一方で、私たちをサポートする人たちは、私たちの「ピンプ」であると疑われ、私たちを利用します。

家庭内暴力、強制労働・搾取、人身売買などの暴力の加害者から逃れるために必要な女性の宿泊施設を支援するための資金も十分ではありません。国外に追い出し、仕事を抑圧することを役割とする警察を正当に恐れている非正規雇用の移民が警察署に苦情を言う際の確実な独立した報告メカニズムはまだありません。通訳サービスはしばしば不足しています。

情報や法律扶助へのアクセスの欠如、手続きの長さ、国や宿泊施設からの追放のリスク、居住権の欠如による補償の拒否、「犯罪歴」や「セックスワークへの関与」など、法的障害は依然として多い。警察や裁判所が、「調達」に関する法律のために私たちを立ち退かせなければならないとオーナーに伝えたときに、個人情報や住所を伝えることは、あまりにも危険です。

一般的な暴力やハラスメント行為は、警察や裁判所によって真剣に受け止められていません。警察や裁判所は、リソース不足のために、攻撃を優先したり、苦情を受け付けなかったり、暴力の現場に行かなかったりします。または、セックスワーカーを被害者として不信感を与えることである。

オンラインでは、男性の中には、女性は自分に性的な好意を与えなければならないと考える傾向があり、提供されたサービスに対して金銭的な補償をしなければならないことを受け入れない人もいるようです。そのため、セックスワーカーは脅迫されたり、身元を明かすことで脅迫されたりします。

新しい法律は、保護されるどころか、オンライン上のすべての「違法なコンテンツ」を禁止することを目的としています。したがって、ポルノ、ヌードやセクシュアリティに関するあらゆる表現が禁止され、セックスワーカーや女性アーティストの存在や知名度が低下しています。私たちは「保護」の名のもとに検閲を受け、送金やオンラインバンキングなどのプラットフォームからも追放されています。銀行や保険の差別が問題視されることはありません。

政策的な対応のほとんどは、女性が被害者として証言したり、苦情を申し立てたりすることを奨励することを目的としています。しかし、セックスワーカーは良い被害者とは見なされず、私たちは司法制度の中で差別を経験しています。

殺人を含む、セックスワーカーに対する暴力が横行しています。私たちの仕事が危険だからではなく、政治的な選択のせいで危険になっているからです。政治階級全体が、私たちの仕事自体を暴力と定義し、同時に、セックスワーカーの多くの殺人事件が報道されても、政治階級全体が沈黙しているのは、大きなパラドックスです。

象徴的なものであっても、他のカテゴリーの人々に影響を与えるようなわずかな暴力行為に即座に反応するこれらの人々にとって、不安が好ましいテーマであるとすれば、なおさら理解できません。

彼らの目的は、私たちが受けている暴力に対抗することではなく、私たちに対してその暴力を利用し、彼らの犯罪化政策を正当化することであると結論づけています。したがって、暴力の真の共犯者や犯人は、私たちセックスワーカーではなく、私たちの生存権や公共空間における私たちの可視性に反対して戦う人々なのです。

https://strass-syndicat.org/actualite/meme-lorsque-victimes-de-violences-nous-sommes-toujours-coupables/

フェミニストがトップレス・半裸で抗議デモ

ちなみに、デモの動画をご覧いただければ分かるように、抗議デモに参加したフェミニストたちは半裸・トップレスで体に文字を書いている。ニップレスもしていない。フランスのフェミニストは、乳房を露わにして抗議活動することがよくあるのだ。バストの露出は政治活動であり、政治的メッセージなのである。日本との文化の違いと言うことか(※コメント:日仏共同テレビ局France10支局長の及川健二)
YouTube Preview Image


Be the first to comment

Leave a Reply