私たちはどこで働けばいいの?フランス・ペルピニャン(Perpignan)での反性労働者・条例に反対

地元のマスコミは、中心街の郵便局の前にいるセックスワーカーたちの存在に感動した。日中、3~4人だけで、適切な服装をして、何の迷惑もかけていないのに、「脅威」と言っているのだ。

彼らは完全なフランス人ですが、旅行者というコミュニティに属しているため、「スペイン人」という汚名を着せられています。

確かに、顧客への罰則規定により、2016年から多くのフランス人がLa Jonqueraの施設に流出しましたが、健康危機により国境が閉鎖されてからは、仕事に戻ることはありません。セックスワークの大部分は目立たないままです。

このような誤った情報は、COVID-19の流行に関連した不安定な状況に汚名を着せ、私たちの生活や労働条件をより困難にしています。

私たちは、常に私たちをスケープゴートに指定する反射的な態度や、問題の根本を解決することなくセクシュアル・ワークの分野を変えるだけの単純な抑圧的アプローチを非難します。

私たちは、地元の新聞に広告を掲載し、URSSAF(社会保障費および家族への配分を回復させるための組合)と税金を支払っています。私たちは地域経済に参加しています。誰もが私たちのお金を欲しがりますが、誰も私たちの存在を認めようとはしません。

新しいRN町役場から新しい売春防止令が出るという噂がすでに流れていますが、行き場のない最も貧しい人々の問題を解決する計画は何もありません。公共の場で目につくことを非難する前に、私たちは屋内で、独立して、あるいは協同組合で、良好で尊厳のある安全な条件で働こうではないか。

絶対に役に立たない、あるいは逆効果の抑圧をどんどん加えるのではなく、法律を変えなければならないことを認める少しの政治的勇気が必要です。なぜなら、抑圧を受けなければならない最も弱い人々をさらに押し下げるだけだからです。

https://strass-syndicat.org/actualite/ou-sommes-nous-censees-travailler-non-a-larrete-anti-tds-a-perpignan/

YouTube Preview Image

Be the first to comment

Leave a Reply