ジョン=マケイン上院議員のあまりにも素晴らしい敗戦演説

共和党の大統領候補だったジョン=マケイン上院議員は2008年11月5日に、米国大統領選挙に当選が確定したバラク=オバマ上院議員の当選を祝し、敗戦の弁を述べた。歴史的な演説として評価は高い。翻訳は日仏共同テレビ局France10支局長の及川健二がてがけた。

歴史に残る感動的なスピーチ

ありがとうございます。ありがとう、私の友人たち。この美しいアリゾナの夜に、ここに来てくれてありがとう。

皆さん、私たちは長い旅の終わりを迎えました。アメリカ国民の声が、はっきりと聞こえてきました。少し前になりますが、私は光栄にもバラク・オバマ上院議員に電話をしてお祝いを述べさせていただきました。

(群衆のブーイング)

おめでとうございます。

私たち二人が愛するこの国の次期大統領に選出されたことを祝福するために。

今回の選挙戦のように長く困難な戦いの中で、彼が成功したことだけでも、彼の能力と忍耐力に敬意を表したいと思います。しかし、大統領選にはほとんど関係ない、影響力もないと間違って考えていた何百万人ものアメリカ人の希望をかき立てて、彼がそれを成し遂げたことは、私が深く尊敬するところであり、称賛に値します。

これは歴史的な選挙であり、アフリカ系アメリカ人にとっては特別な意味を持ち、今夜は特別な誇りを持つべきであると認識しています。

私は常々、アメリカは産業と意志を持つすべての人にチャンスを与える国だと信じています。オバマ上院議員もそれを信じています。

しかし、かつてアメリカの評判を落とし、一部のアメリカ人にアメリカ市民権の完全な恩恵を与えなかった昔の不正からはずいぶん遠くに来ているとはいえ、その記憶はいまだに人々を傷つける力を持っていることを、私たちはともに認識しています。

100年前、セオドア・ルーズベルト大統領がブッカー・T・ワシントンをホワイトハウスでの食事に招待したことは、多くの方面で憤慨されました。

現在のアメリカは、当時の残酷で恐ろしい偏見からは隔世の感があります。アフリカ系アメリカ人が大統領に選出されたことほど、その証拠となるものはありません。

今、理由がないように… 地球上で最も偉大な国家であるこの国の市民権を大切にしない理由は、今はもうありません。

オバマ上院議員は、自分自身と国のために偉大なことを成し遂げました。そして、彼の最愛の祖母がこの日を迎えることができなかったことに、心からの同情をささげます。しかし、私たちの信仰は、祖母が創造主の前で安らかに眠っていること、そして自分が育てた善良な男をとても誇りに思っていることを保証しています。

オバマ上院議員と私は、これまでにも意見の違いを議論してきましたが、彼はそれを克服しました。しかし、そのような違いの多くはまだ残っています。

今は、私たちの国にとって困難な時代です。今夜、私はオバマ上院議員に、私たちが直面している多くの課題を解決するために、彼が私たちを導くのを助けるために全力を尽くすことを誓います。

私は、すべてのアメリカ人に呼びかけます・・・。私を支持してくれたすべてのアメリカ人に、単に彼を祝福するだけでなく、次の大統領に私たちの善意と、相違点を埋めるために必要な妥協点を見つけて協力する方法を見つけるための真摯な努力を提供し、繁栄を回復し、危険な世界で安全を守り、私たちの子供や孫たちに私たちが受け継いだよりも強くて良い国を残すために、私と一緒に協力してくれることをお願いしたいと思います。

どんな違いがあっても、私たちは同じアメリカ人です。私にとってそれ以上の意味を持つ団体はないと言っても、どうか信じてください。

それは自然なことです。今夜、多少の失望を感じるのは当然です。しかし、明日からはそれを乗り越えて、国を再び動かすために協力していかなければなりません。

私たちは精一杯戦いました。惜しくも失敗しましたが、その失敗はあなたではなく私のものです。

(群衆:「ノー!」)

私はとても…

(群衆が詠唱を始める)

私は、皆さんのサポートという大きな名誉と、皆さんが私のためにしてくれたことに、深く感謝しています。結果が違っていたらと思うと、友よ。

最初から困難な道のりでしたが、皆さんの支援と友情は決して揺らぐことはありませんでした。私は皆さんにどれほど深い恩義を感じているか、十分に表現できません。

特に感謝しているのは、妻のシンディ、子供たち、愛する母……母をはじめとする家族の皆さん、そして、この長い選挙戦の間、多くの浮き沈みの中で私のそばにいてくれた多くの古くからの大切な友人たちです。

私は常に幸運な人間ですが、皆さんが私に与えてくれた愛情と励ましのおかげで、これほどまでに幸運に恵まれたことはありません。

ご存知のように、選挙戦は候補者よりも候補者の家族の方が大変なことが多く、今回の選挙戦でもそれが当てはまりました。

私が代償として提供できるのは、私の愛と感謝の気持ち、そしてこれからのより平和な日々を約束することだけです。

また、私はもちろん、サラ・ペイリン知事にも大変感謝しています。サラ・ペイリン知事は、私がこれまでに見た中で最高の選挙運動家の一人であり、改革と私たちの最大の強みである原則のために、私たちの党の中で印象的な新しい声を上げてくれました。夫のトッドと5人の美しい子供たち…私たちの目的のために疲れを知らずに献身し、大統領選挙の荒波の中で勇気と優雅さを示してくれました。

私たちは、彼女が今後、アラスカ、共和党、そして国に貢献してくれることを大いに期待しています。

リック・デイビス、スティーブ・シュミット、マーク・サルターをはじめとする選挙戦の仲間たち、そして毎月毎月、現代において最も困難と思われる選挙戦を懸命に、そして勇敢に戦ってくれたボランティアの皆さん、本当にありがとうございました。選挙に負けたとしても、私にとっては皆さんの信頼と友情に勝るものはありません。

この選挙に勝つために、もっと何かできたのではないかと思うのですが、それは他の方のご意見にお任せします。それは他の人が判断することにします。どの候補者も間違いを犯しますし、私も間違いを犯したと思います。しかし、私はこの先、「こうだったらよかったのに」と後悔することはありません。

この選挙戦は、私の人生の中で大きな名誉であり、これからもそうであり続けるでしょう。私の心は、この経験と、オバマ上院議員と旧友のジョー・バイデン上院議員が今後4年間、私たちを導く名誉を持つべきだと判断する前に、私に公正な聴聞を与えてくれたアメリカ国民への感謝だけで満たされています。

(観客のブーイング)

お願いします。お願いします。

私は、半世紀にわたってこの国に奉仕するという特別な特権を与えられた運命を後悔するようでは、その名にふさわしいアメリカ人とは言えません。

今日、私は私が愛する国の最高権力者の候補者でした。そして今夜、私はこの国の奉仕者であり続けます。これは誰にとっても十分な祝福であり、アリゾナの人々に感謝しています。

今夜、今夜、どんな夜よりも、私の心にあるのは、私を支持したか、オバマ上院議員を支持したかにかかわらず、この国とその国民すべてへの愛だけです。

私のかつての対戦相手であり、これから私の大統領となる人物に神のご加護を祈ります。そして私は、この選挙戦で何度も言ってきたように、すべてのアメリカ人に、現在の困難に絶望せず、常にアメリカの約束と偉大さを信じようと呼びかけます。

アメリカ人は決してあきらめない。我々は決して降伏しない。

私たちは歴史から隠れることはありません。我々は歴史を作るのだ。

ありがとうございました。あなたに神のご加護を、そしてアメリカに神のご加護を。皆さん、本当にありがとうございました。

YouTube Preview Image

Be the first to comment

Leave a Reply