アンヌ=イダルゴParis市長は大統領になり得るか?

パリ市長は2021年9月12日にルーアンで正式にキャンペーンを開始したが、彼女の決断はもっと古いものだった。2024年オリンピックの首都決定から市長の再選まで、彼女に近い人たちが彼女の道を照らしてくれた。

フランソワ=オランド前大統領は、これを素晴らしいアイデアだと考えている。「アンヌ、私がルーアンで生まれたことを知っているかい?」とオランド氏は言った。アンヌ=イダルゴは、9月の初めに、ほぼ独占的に共和国の前大統領に、2022年の大統領選挙への立候補を宣言するための方法と場所の選択について説明しているところだ。彼女はこの運命の瞬間のために多くのことを考えた。演説は数日後の9月12日(日)に、セーヌ川の下流、首都からそれなりの距離にある、ノーマンの街の埠頭で行われる予定だ。

フランソワ=オランドはうっとりし、フランス社会党のパリ市長は微笑んでいる。そのゆっくりとした、柔らかな、包み込むような微笑みは、時として棘のある花を忍ばせたかのような印象を与える。「知っていますよ、フランソワさん」「でも・・・スピーチでは触れないかな。あまり共感できる答えではありません」とイダルゴ市長は応えた。アンヌ=イダルゴは共感するためにここにいるわけではない。彼女は、フランス共和国初の女性大統領になるために来訪したのだ。ルーアンでは、ジョーン・オブ・アーク、コルネイユ、クロード・モネの話をしするが、フランソワ・オランドの話はしない。

アンヌ=イダルゴ、「脱パリ化を目指す」

二人の関係は複雑だ。2017年1月には、対談相手の5年間の任期を「計り知れない混乱」と表現している。彼は、市長の国家的願望は愚かな賭けのように見え、また、この立候補は必然的に死産となり、混乱を引き起こし、最後の手段である大統領として復帰することになるので、神の贈り物のようにも見えた。アンヌ・イダルゴは最後の幻想を打ち砕いたが、フランソワ=オランドは執念深くなく、理性的だ。それはどうしようもなく、彼女になるのだ。

ここ数週間、二人はよく一緒に昼食をとっていたが、タウンホールに来るのはいつも前大統領である。彼は彼女に助言を与え、自分の言っていることを理解しており、最高の選挙で勝利した2人のフランス社会党員のうちの1人である。彼は戦術家だ。彼は彼女に、特に左の候補者たちの間にある、小さなネズミの穴を見せる。彼は彼女に、政治的なパノラマが本物の豆スープであるからこそ、彼女は偉業を成し遂げることができると言う。彼女のプログラムが社会民主主義的で、エコロジーでありながらセクト主義的ではなく、大胆でありながら現実的であるという条件で。

今のところ、新進気鋭の候補者に対する世論調査の投票率は有名ではなく、彼女の個人的なステータスは非常にパリジェンヌ的であるため、すべてのフランス人と話すのに最適な資産ではない。

自分を “脱パリ化 “するために

前後して、フランソワ=オランド、リオネル=ジョスパン元首相、マルティーヌ=オーブリーLILLE市長、ローラン=ファビウス元外務相、セゴレーヌ=ロイヤル元保健相、ビジネスリーダーや労働組合員、知識人や芸術家、そしてバラク=オバマの元国務長官ジョン=ケリーなどが、アンヌ=イダルゴのオフィスに来て、彼女に賞を与えた。しかし、市役所の前任者であるベルトラン=ドラノエ氏は違います。もうお互いに何も期待していない。

フランソワ=オランドは、自分の周りに「フランスの市長チーム」を置くことで、彼女を「脱皮」させ、マクロンの木星主義の氷のような高みから離れ、現実に根ざしていると主張する集団の中心に据えるという、この巧妙なアイデアを熱狂的に支持している。しかし、彼が心配しているのは、もはや取り繕うことのできない時間の経過だ。アンヌ=イダルゴは、エコロジストとの選挙協定を結ぶ機会をまだ得ておらず、社会党(PS)との嵐のような交友関係を遅ればせながらなだめているにすぎない。決断が遅すぎたのでは?

そのずっと前の2020年6月26日、当時「Quotidien」という番組のジャーナリストだったPaul Larrouturouは、市議会議員への再選を確信して陶酔しているイダルゴParis市長に別の質問をした。「大統領選挙の候補者になりますか?」と。アンヌは「今日、私たちが行動できる場所は、非常に戦略的な場所であり、それは都市であると考えています。記者が主張するのは、『2022年の候補者であればアーカイブ化する』ということで、私は『アーカイブ化してもいい。だから先に行って、見てください。』と応えます。私はとてもクリアな人間です。また、会いましょう」と言った。

9月14日(火)にジョニー=ハリデイの遊歩道を開設するために出発する前に、アン=イダルゴは記者たちに電話をかけてきて、今ではカルト的な人気を誇るこの一連の出来事を解読してくれた。彼女の再選と2024年のパリオリンピックの準備でお腹いっぱいになりそうだった。自分の考えが変わったことを前提とする。しかし、2020年6月のあの日、彼女は自分に嘘をついていたのではないか?果たして彼女はどのくらい考えていたのだろうか。3ヶ月間?10年間?10年間?

“自明性 “を押し付ける

彼女の夫であるジャン=マルク=ジェルマンは、政治のプロであり、元Hauts-de-Seineの副官(PS)であり、現在はINSEEのプロジェクトを担当しているが、「アンヌの決断に干渉したことはない」ことを最初から明確にしておきたい。彼女に行ってほしいと思わない自分は絶対に許せなかった。たとえ私にとって、それが快適ではないとしても。私はすでにパリ市長の夫であり、英仏海峡を泳いで渡った息子の父親でもあります。

ルーアンの港で、トレーナーを履いてタバコを吸っている夫は、たとえ20分後に妻が自己申告して新しい次元に突入することになっても、ストレスを感じていない。「アンヌは子供の頃からこのような野心を全く持っていなかった」と断言している。きっかけもなければ、決定的な瞬間もない。そこには、自らに課した自明性があった。多くの人が「彼女が最適だから」と言って出て行ってくれる場合…彼女は几帳面だ。彼女は、基礎がしっかりしていて、自分の周りに大きな集会ができることを確認したかったのだ。

市役所では、アンヌ=イダルゴのすべてを知るためには、「指輪を持った男」を見つけなければならないと言われている。セルジュ=オルーは、パリ市長のアドバイザーを辞め、Climate Academyの責任者となったばかりです。彼は指に堂々とした宝石をつけ、1分間に1000個のエコロジーなアイデアを持ち、20年前から市長をよく知っていて、それが通用する理論を持っている。「オリンピック誘致に成功したことで、彼女は大統領候補になった。あれは創業の瞬間だった。まだ自分では認めていなくても。オリンピックは大きなチャレンジで、パリは100年に一度の開催です。2005年、ベルトラン=ドラノエはギリギリのところで失敗し、大統領選の野望をその場で消費してしまった。」

「彼女の強みは、クラスの脱落者であること。彼女は何もないところから始めて、すべてに向かっていく。社会的な復讐の形があり、それは否定的なものではない」David Belliard(パリ市議会の緑の党・代表)

オルゥは「2017年になり、アンヌ=イダルゴがイニシャルキャンペーンを始める。彼女はオリンピックを望まず、逡巡し、そして決断した後、攻撃を受けて戦いに身を投じた」。彼女はドイツ語【国際オリンピック委員会(IOC)の会長であるトーマス・バッハの国籍】を少し覚えました」と言う。「彼女は世界の隅々まで行って1票ずつ票を集め、ロシアの奥地まで行って影響力のあるIOC委員を説得した……アンはアスリートだから、負けず嫌いなんだ。」と。

「彼女はバラカを持っている」

「同じ頃、パリでは『イダルゴ・バッシング』が激しく始まっていた。しかし、彼女は2020年に再選され、地獄から戻ってくる。それ以来、まるで彼女の中に防弾チョッキが生えてきたかのようです。彼女は決して戦いから逃げないし、それが無尽蔵のモチベーションの源でさえある」とセルジュ=オルーは続ける。「彼女は勝つでしょう。言っておくが、ファイルしておいてもいい。さらに、彼女はバラカを持っています。しかし、彼女が行く理由を探ろうとするのはやめてください。なぜなら、私はあなたに…『 アンヌ=イダルゴの脳を誰もコントロールしていない』と言いたい」と、述べた。

オルー氏が何と言おうと、大統領選への立候補という些細な決断を正当化するためには、「彼女が行く理由」が不可欠である。質的な調査が必要です。

上院の社会党グループの代表であるPatrick Kanner氏は、「彼女は、共和国が自分に与えてくれたものを共和国に返したいと考えている」と理想主義者であることを述べています。パリ市議会の緑の党のリーダーであるDavid Belliardのような「社会学者」もいて、「彼女の強みは階級の脱落者であることだ」と考えている。彼女は何もないところから始めて、すべてに向かっていく。ソーシャルリベンジという形があり、それは決してネガティブなものではない。選挙の争点にもなるであろう共和国の運命に対する信念。移民の背景を持ち、非常に労働者階級的な環境にある女性で、元労働監督官、大学を卒業してもグランゼコールを卒業したわけではないが、チャンスをつかむ。フランスの統合のモデルは、あまり繰り返していると飽きてしまうかもしれない。

彼女のために資本が小さくなってしまったと考える人もいるでしょう。彼女をイフィゲニアのように、喜んで犠牲になったと考える人もいる。「左派のための彼女の義務だった」と、パリのPS上院議員であるダヴィッド・アスーラインは言う。私は、他の多くの人々と同様に、この国の状況がそれを必要としていること、彼女が自分の責任から逃れることはできないことを彼女に伝えた。

“彼女は希望を取り戻していた”

アンヌ=イダルゴ自身も、「多くの人が、私たちは動かなければならないと言ってくれた。そして、この国の状況、このレベルの紛争、この悲しいフランス人、そしてエマニュエル=マクロンがもたらした非回答を目の当たりにしました」。彼女を、有利な状況を嗅ぎつける政治的動物のように見ている人たちがいる。彼女は、国家元首が脆弱であると確信している。廷臣たちの個人的な野心を指摘する人もいる。代議士や「フランスチーム」と呼ばれる40歳代の若者たちが、国のレベルで歯を食いしばっているのだ。

一方、Patrick Kannerは、彼女がいつ、なぜ決断したかは気にしない。社会党議員のボスは、この2021年5月11日を思い出して、大安心したいだけなのだ。彼はタウンホールを出た後、すぐに上院に戻り、スタッフに「これだ!」と言います。彼女は候補者になる。今日は、「感謝の気持ちを伝えたかった」と付け加えている。彼女は希望を取り戻していた。その日、パトリック=カネルは、パリ市長と1時間ほど過ごした。彼女のオフィスに入ると、額に入ったパリ・サンジェルマンのジャージに少しだけ目をやった。リールのファンだった彼は、アンヌ=イダルゴの近くに座ってソファに座っていることに気づいて驚いた。「アンヌに頼まれて来ました。アドバイザーがいると思っていました。しかし、それは1対1であった。」

パトリック・カナーのこだわりは、「社会党が輝きを取り戻すこと」。第一書記のオリビエ=フォールが、信頼できる候補者がいない場合、大統領選挙ではエコロジストに投票するしかないと社会党支持者たちを説得しようとしているのを見て、彼はもはや苦悩で息ができなくなってしまった。ベルナール=カズヌーブ元政府代表の立候補に無駄な賭けをしていたパトリック=カナー氏によると、社会党の存続が危ぶまれているという。「”アンヌ “とは、一般的なニュースについて話をしていましたが、すぐに、何か別のことに取り組もうという気持ちになりました。実際、私が彼女の意志を測っている間に、彼女は私が一緒に行くかどうかを試していたのです。」

大きな機械が始まると、議員は生き返ったように感じた。まず、社会党に応対すること。アンヌ=イダルゴは、オリヴィエ=フォールをリーダーに選出した2018年のオーベルヴィリエ大会には行っていなかった。彼女は、後者がバンクレーンの閉鎖に抗議して町役場に送った手紙を忘れていなかった。今後、彼女は、彼、党、地元選出の議員、そして資金面での援助を必要としている。

2021年6月の地方選挙では、イル・ド・フランス地方のリストのトップに元ジャーナリストのオードリー=プルヴァルを選び、社会党が欲しがっていた候補者、ナジャット=ヴァロー=ベルカセムを彼女の好みに合わない大統領的な候補者として追い出した。すると、カップを飲んでいて1次リーグで敗退するオードリー=プルバーが途中で落とされてしまう。大統領選挙を妨害しないことが重要であり、アンヌ=イダルゴは破門について何の抵抗もありませんでした。

彼女は提案し、そして議論する。

彼女は自分の条件を提示し、議論する。6月9日、オリヴィエ=フォールはタウンホールでの昼食会に招待された。テーブルの周りには10人ほどの人がいた。パトリック=カナーは “ガンマン “を演じることに恥じらいはない。第一書記のフォール氏に真っ先に警告を発する。「その後、Anneはiに点を打ち、tに十字を打ちました。それも法廷ではなく、はっきりとしたフランクなものではなかった」という。オリビエは、建設中のこの候補に同行する以外の選択肢はないと考えた。

彼女は党から指名される。たとえ、フランソワ=オランドの元農相であるステファン=ルフォール氏が、8月26日にオリビエ=フォールに手紙を送り、自分が指名候補者であること、過激派の投票に応じること、アンヌ=イダルゴとの討論会を開催することが不可欠であることを伝えたとしてもだ。「アンヌ=イダルゴに続くのか」とStéphane Le Follは思った。「なぜだ?しかし、何に向かって彼女を追うのか?物質を議論するのはいつですか?ソーシャル・エコロジーとは?」今はまだ、社会党第一書記からの回答を待っているところだ。

アルノー=モントブールの立候補が明らかになったとき、アンヌ=イダルゴは社会の組織がモントブールに有利にならないようにした。もっといいのは、6月の昼食会で、パリ市長とアルノー=モントブールが不可侵条約に合意したことで、穴を開ければ、後者が前者に結集する可能性がある。

エコロジストの場合はもっと複雑だ。パリでは、市議会選挙に勝利した途端、緑の党・議員数名との関係が悪化した。アンヌ=イダルゴもヤニック=ジャド欧州議会議員を心に留めていない。その気持ちはお互い様だ。彼女は、自分の政治的空間を強化するために、緑の党の予備選でエリック=ピオールかサンドリーヌ=ルソーに抜かれることを期待している。ヤニック=ジャド欧州議会議員は、パリ市長は自分以上のことは言えないし、良いことも言えないと確信しており、まだ判読できない社会民主主義的なエコロジーでは、彼女を説得するのは難しいだろうと考えている。7月初旬、二人は顔を合わせ、少しは好きなふりをしたが、合意の輪郭はなかった。「アンヌ=イダルゴは政治家です」と、穏健派のDavid Belliard氏は語る。「彼女には政治的センスがある。ヤニックを相手にしなければならないとしたら、彼女がそうするだろう。」

ドイツのハイエンドモデル

特にお気に入りの対戦相手を楽しみにしているようです。彼女は待たなければなりません。エマニュエル=マクロンは選挙延期を宣言する可能性がある。彼女は時間をつぶさなければならない。「彼女はサプライズの仕方を知っているでしょう」と社会党のダヴィッド=アスリーヌ上院議員は断言する。彼女は、道なき道を行く方法を知っているだろう。彼女は、9月15日に出版された著書『Une femme française』(L’Observatoire、250ページ、18ユーロ)の中で、教師の給料を2倍にすることを提案した。これは政治的に良いことなのか、それとも選挙対策なのか、すべての公務員がこのような増額を要求するようになるのか。

「政治家は誠実で信念を持っているものだと考える努力をしていただければ……」と、彼女は電話口で少し辛口に語った。「このテーマで討論会が開催されることを嬉しく思う。」と付言した。彼女は、「強く、信頼できる」、そして「人々に夢を与える」ような他の提案を約束した。また、硬くて分裂したイメージを覆すために、自分自身についてもっと明らかにする時でもある。

「いよいよ、最後のダイナミックさを演出するために、素晴らしい創業スピーチを準備する時が来た。しかし、観客に火をつけるのは彼女の性分ではなく、彼女が選んだのはドイツのトップモデル:アンゲラ=メルケル前首相であった。彼女の勤勉さ、不変性、そして無気力さに対して。彼女は基本的なキャンペーンを推進したいと考えています」とPatrick Kanner氏は断言します。ガチャガチャのキャンペーンではない。

何よりもパリから脱出したい。彼女は、パリジャンではないすべての人に会いたいと思っている。すべての候補者がそうしている。彼女の特徴は、「フランスチーム」の選択だ。2021年4月からは、プログラムのパイロットを務めるナンシー市長のマチュー=クライン氏、キャンペーンマネージャーを務めるナント市長のジョアンナ=ローラン氏、コミュニケーションポールを担当するセーヌ・サン・ドニ県議会議長のステファン・トルッセル氏とZoomミーティングを行っている。

「彼女の『フランスチーム』のヘッドライナーは、まだこの規模のキャンペーンには参加していません。経験の浅さがネックになっているのでしょうか?」とパトリック・カナー氏は言います。煉瓦職人は足があってこそ。

侵入できない壁

2ヶ月間、彼女は屋根を攻撃し続けている。ヴィルアーバンヌ(ローヌ)では地元選出の議員、モンペリエでは国会議員、ブロワでは社会党の夏期合宿に参加した活動家に会った。ルーアンでは、「強くて公正な共和国」、「民主主義の尊重」など、最低限のことを語ったが、実質的にはあまり多くを語らなかったのである。「社会主義者」(socialiste)という言葉を一度も口にしなかったフランソワ=オランドは、さぞかし嬉しかったことだろう。

市役所でも、あまり嬉しくない人がいる。今回のキャンペーンでは、アンヌ=イダルゴは近衛兵を必要なものに限定した。彼女の国の運命の進展を妨害する副官は許されない。彼女は不吉な鳥を追い払った。2度の市政選挙で勝利の立役者となった元都市計画担当副大臣のジャン・ルイ・ミシカが、シンクタンク「Terra Nova」の編集長に就任しました。一方で、熱心な特別顧問であるジャン=マリー=ヴェルナは、彼の「知的共同体」であり続けるだろう。彼を癒してくれる人。町役場やルーアンで彼に会うとすぐに、彼は自然に、彼女のどこにでもついていく権利を得るために、休暇を取り、帰りのTGVの旅費を自分で払ったと説明する。庁舎と将来の選挙事務所の間に作られた不可解な壁には、細心の注意を払っている。

彼女は最後まで市長であり続けるだろう。1988年、ジャック=シラクは、首相、大統領候補、パリ市長を兼任していた。そう、彼はタウンホールで過ごしていたのだ。眠るために アラン=ジュペがすべての面倒を見てくれた。現在、日常業務を担当しているのは、アンヌ=イダルゴの第一副官であるエマニュエル=グレゴワールだが、彼女は毎週月曜日の朝、市役所での会議を予定している。彼女は自分が主導権を握り、決定を下し、すべての問題を解決したいと考えている。

膨張した自治体の財政を立て直すための時間とエネルギーを、彼女はどうやって確保するのだろうか。市議会の投資計画はまだ採択されていない。彼の相反する自治体の活動のバランスシートは、彼のキャンペーンのシューティングギャラリーになるかもしれない。ルーアンでは、彼の発言中にアクション・フランセーズの王党派の一団が騒ぎを起こそうとした。彼らは、ツイッターでパリ市長の無能ぶりを常に指摘するハッシュタグ「#saccageParis」をつけて武装していた。「イダルゴ・バッシング」を明確に復活させるという黒い約束。

彼女はそれに慣れている。先週、パラリンピックの旗を復活させるために、スポーツ・オリンピック担当の副官であるピエール=ラバダン氏が4日間、彼女と一緒に東京に行ってきた。穏やかで、落ち着いている。穏やかな時間が流れている。立候補発表から3日後、彼女は支持率7%と評価された。アンヌ=イダルゴにとって、これ以上のモチベーションはないだろう。

YouTube Preview Image

Be the first to comment

Leave a Reply