ドミニク・ドヴィルパン元首相がカブールでのアメリカの準備不足を非難

2003年のイラク戦争への「ノー」という演説が記憶に新しい、元首相で元オルセー府(外務省)の大臣だったドミニク=ドヴィルパン氏が、アフガンの状況管理に厳しい目を向けている。2021年9月6日朝のフランス・インターのインタビューで、ドミニク・ドヴィルパン元首相は、アメリカのカブールからの撤退を厳しく批判した。

「アメリカ人がドーハでタリバンと協定を結んだ途端、出発の合図が出された(…)。”侵略者 “の出発は、いつも慌ててカードの家のように行われる。」

彼にとって、元主人(※タリバン)による電光石火の奪還は、今回の撤退における米国の準備不足を物語っている。

「私は、なぜアメリカ人自身がこの現実を発見する準備ができていなかったのか、よく理解できない」と元外務大臣は考えている。

アメリカ大統領のジョー・バイデン氏も、これらの避難活動はアメリカ軍の中でも「最も困難なもの」であると認識していました。

見直されるフランス外交

さらに言えば、マティニョン(首相府)に入居していた彼は、「失敗の教訓が生かされていない」ことを残念に思っている。

「民主主義国家は、自分の過ちを公に認めることができません。ジョージ・ブッシュやトニー・ブレアは、自分たちの政策の悪行を説明する必要がなかった」

と述べている。

オルセー(外務省)の元主人は、フランスの防衛政策にも批判的だ。

「軍隊はテロリストの問題を解決するどころか、事態を悪化させています。介入することで自国を守っているつもりになっているが、実際には現地に行くことで、より多くのことをさらけ出している。」

これらの「誤り」は、フランスの統治様式に直結していると彼は考えている。「外交政策はすべてエリゼ宮(大統領府)で行われている。でも、そのためのものではありません。5、6人のアドバイザーでは外交政策は作れない」とドヴィルパン氏は言う。

YouTube Preview Image

Be the first to comment

Leave a Reply