美しすぎる前国会議員・マリオン=マレシャル=ルペンが「ルペン」姓、不使用を宣言

FRANCE, Le Pontet : Front National (FN) far right party member of parliament Marion Marechal-Le Pen leaves at the end of a joint press conference on October 18, 2014, in Le Pontet, southern France. Nimes' courts have annuled the municipal elections of Le Pontet won by Joris Hebrard in March 2014 by only 17 votes. The justice courts considered that because of significant discrepancies between the signatures of those 17 voters, the result of the vote was to close to be "determined with certainty"./APERCU_1315.43/Credit:Alain ROBERT/Apercu/SIPA/1410191338

フランスゴシップ誌「Paris Match」WEb版の6月6日に配信された記事によると、美しすぎる国民議会議員として知られたジャンマリー=ルペン「国民戦線」創始者の孫娘・マリオン=マレシャル=ルペン氏(28)が6月22日に高等教育機関・Issep(社会・経済・政治科学学院)を開校することになった。初年度の学生は10月1日に受け入れる。マリオン氏は2012年に22歳で国民議会議員に当選したものの、叔母にあたるマリーヌ=ルペン「国民連合」(旧・国民戦線)党首との確執が噂され、2017年の選挙には支援者が多く当選確実とみられていたものの、出馬をとりやめ、政界を引退した。

マリオン氏は「政治には今後、一切関わらない」と宣言し、「ルペン」という姓を名乗らないことを宣言した。確かに、Issepのホームページを見ると、「マリオン=マレシャル」という名前が表記されている。

ただ、BFMTVが6月6日に発表した世論調査によると、2022年に行われる大統領選挙で、「新しい国民戦線」の候補として相応しいのは誰かと問うたところ、34%がマリオン=マレシャル=ルペン氏と応え、マリーヌ=ルペン党首と応えたのは17%に過ぎず、マリオン人気を示した。ただ、49%の回答者がどちらでもないとも応えた。

政界を完全に引退したものの、その美貌からか未だに人気のマリオン氏。
今後の動向が注目される。

マリオン②


Leave a comment

Your email address will not be published.


*