ゲイレポーターが山本太郎参議院議員に質問!!「LGBTトイレについて」 by 酒井佑人

「昨日の自由党会見で、当事者記者から「LGBTトイレについてどう思うか」と聞かれた。多機能トイレ的な考えで「良いのではないか」と答えた。会見終了後に質問して下さった記者に詳しく聞くと、差別を助長する等問題がある、と知る。無知でした。世界事情なども調べてみます」

2018年6月6日9時40分、「自由党」山本太郎共同代表は、Twitterでこう綴った。

山本代表が、LGBTトイレについて、問題意識を持つきっかけとなったのが、6月5日、国会内にて開催された自由党、記者会見である。

問題提起した、当事者記者とは、ゲイレポーター、酒井佑人(27)だ。

山本太郎議員とは、顔見知りの仲である。

「両代表に,LGBTトイレについて。 大阪市が多目的トイレにLGBTを象徴するレインボーのステッカーを張ったが,当事者からLGBTトイレをわざわざ設けるなという批判を受けて 取り止めた。 LGBTに配慮した自治体や企業の取り組みが逆に差別を延長させると当事者から反発が出ているが,どうお考えかを」

との酒井記者の質問に対し山本代表は

「やっぱりこの国では多様性ってものが認められてないという前に,認める前に知られていないということは大きな問題だと思います。 いろんな人たちがいて,いろんな個性があるんだということも当然ですけれども,そういう基礎的な部分として埋っていない状況で,おそらく混乱が生れている状況なのかなというふうに思うんですね。 ここは,国が啓発をしていくってことが非常に重要で,それとともにやはり教育で,あなたのままで良いんだと言えるような,自分がどういうものかっていうことを,それぞれにシェアできるような社会を作る基礎として教育が必要になってくると思うんですけど。 今言われたことに対して,すぐにどういう対策をすればいいのかってことが,私の中ですぐにカードとして出せないのは申し訳ないんですけど,またその件について教えていただければと思います」

と回答しLGBTトイレについては、

「それは良いことだと思います。 今の,理解が必要だという部分になってくると思います」

と回答した。

小沢一郎共同代表は

「それは差別だな。 自然にしとけばいいんだ。 何事も自然。」

と主張し、共同代表で真っ二つに別れた。

山本代表が記者会見後に行うツイキャスで、山本代表自らが、LGBTトイレについて話題を切り出した。

ゲイレポーター、酒井佑人記者は山本太郎代表に

「比較的若い世代はLGBTに対しても寛容だが、多様性を受け入れる事のできない、ごく一部の年配の人達に差別意識があるのは事実。LGBTトイレの問題点は、1つあげると、LGBTのステッカーを貼ることにより、自分はLGBTのどれかに見られる恐れがある。
これは、内部疾患を抱えてる人が、ヘルプマークをつけるのと一緒であり、自分の内部の事情を見ず知らずの赤の他人にわざわざ明かさなくてはならない。」

と説明した。

その後Twitterでも論争が巻き起こった。

LGBTトイレに関しての議論はまだまだ続きそうだ。

取材&文:酒井佑人(ゲイレポーター)

YouTube Preview Image


Leave a comment

Your email address will not be published.


*