「私達は多様性を認めていく政党だ」ー玉木雄一郎「希望の党」代表 by 酒井佑人

2017年11月28日、「希望の党」玉木雄一郎代表が定例会見を行い、France10支局長、ゲイレポーター酒井佑人も出席し、質疑を行った。

France10支局長は

「希望の党の安倍政権の経済政策への対案」

に関して質問すると

「我々の党は、トップの数%の人だけが豊かになる政策は間違いだ!中間層、特に働く人達を豊かにするために、減税措置、給付などを通じてやっていく。成長戦略では、人口減少、人手不足といった足枷になるような要素を取り除く事で経済を活性化する」

ゲイレポーター、酒井佑人は

「今後、同性婚を党内でどのように議論するのか」

について質問すると

「本日、予算委員会で、自民党議員の方が宮中晩餐会においては、同性パートナーの方は、呼ぶことは適切ではないという趣旨の発言をしたことに対し、井出庸生議員が質問の冒頭で我々は多様性を大切にする政党であり、そういった方々についても、丁重に、もてなすべきだという話を我々から提案をさせていただいた。外務大臣からも前向きな答えを頂いた。我々は多様性を認めていく政党である」

と回答した。

取材&文:酒井佑人(ゲイレポーター)

YouTube Preview Image


Leave a comment

Your email address will not be published.


*