共に連帯して資本主義をブッ壊す-Nathalie Arthaud「労働者の戦い」党首、演説

日仏共同テレビ局France10及川健二は2018年5月21日にParis郊外で行われた極左トロツキスト政党「労働者の闘い」党大会を取材した。
そこで、大統領選候補Nathalie Arthaud「労働者の戦い」党首の演説を拝聴した。
演説をお届けする。翻訳は及川健二が手がけた。

帝国主義と戦争準備に反対し、国際主義万歳!

 

毎週月曜日の恒例行事として、グアドループ、マルティニーク、レユニオン、アメリカ、ハイチ、コートジボワール、ベルギー、ドイツ、イギリス、スペイン、イタリア、トルコからの同志を歓迎します。

私たちの党は、Lutte ouvrièreのものだけでなく、私たちの国際的な傾向である国際共産主義者連合のものでもあります。我々の階級は、フランスのプロレタリアートだけではなく、世界のプロレタリアートでもあるからだ。

革命的共産主義者であることは、国際主義者であることです。それは単に道徳的な立場や民族の兄弟愛への願望ではありません。あらゆる形態の排外主義、外国人排斥、人種差別に反対するだけではありません。労働者運動の国際主義には、社会秩序を変え、ブルジョアジーの権力を打倒し、ブルジョアジーを決定的に収奪し、世界規模で私有財産なしに経済を再編成することしかできないという確信が含まれている。

それは、資本主義よりも優れた経済は、地球上に分散した資源や原材料をプールし、世界中の労働者の交流と協力によってのみ発展することができるため、新しい経済組織である共産主義を国際的な規模で構築することしかできないという確信である。

資本主義とは、資本家同士の戦争、競争、対立を意味し、国同士だけでなく、搾取される側とされる側を対立させる。政治的には、ブルジョアジーが労働者階級を分裂させるために利用している。そして、外国人や移民の労働者に対してフランス人労働者の利益を守ると主張する政治家は敵である。

ナショナリズムから身を守りながら、フランス人やフランスの視点でしか語らない人も敵です。PSAのボスとPSAの労働者、カルフールのボスとそこで働くレジ係は、同じフランスのIDカードを持っていても、利害が対立しており、政治家がフランスの利益を語るときは、ボローレやアルノー、プジョーの利益を守っていると考えて間違いないでしょう。

国、言語、文化が何であれ、仕事の世界に属すると、上司の決定に依存し、階級闘争、資本による仕事の搾取と寄生に直面するという点で共通しています。

フランスのような同じ国でも、エンジニアから臨時の掃除婦、失業中の人まで、労働者階級にはまったく異なる現実を生きる女性と男性が含まれています。これは、国際的な規模であればなおさらのことです。モロッコのジェラーダ鉱山労働者、マリの日雇い労働者、バングラデシュの女性労働者にとって、フランスがエルドラドのように思われているのは、何の理由もないことではない。

しかし、労働者階級の状態の違いを超えて、豊富に蒸留されたナショナリストの毒にもかかわらず、すべての人が労働者階級に属しており、同じ利益と同じ闘争を持つ国際的な階級である。だから我々は、マルクスとエンゲルスのスローガンである「すべての国のプロレタリアは団結せよ!」を、これまで以上に自分のものにする。

*******
パレスチナの人々に対する戦争を止めよう。

この国際的な概念は、マルクス主義者と革命的共産主義者が、常に国際的なプロレタリアートの利益の観点から考えてきたことを意味する。自分が住んでいる国の状況だけでなく、世界中のクラスの兄弟たちの状況を理解することは、今日でも不可欠です。

そしてまず、ガザにおけるイスラエル軍の虐殺行為を糾弾したいと思います。 ネタニヤフ政権とトランプ大統領の代表が、エルサレムへのアメリカ大使館移転のためにシャンパンを割って満面の笑みを浮かべている一方で、野外の刑務所での生活を余儀なくされ、装備の整った軍隊のスナイパーに冷たく撃たれている若者の絶望的な叫びを目の当たりにして、憤慨しなかった人はいないでしょう。

この日だけで60人が死亡、2,400人が負傷しました。そして、フランス政府は何と言ったか?暴力」を糾弾したこと。イスラエルの犯罪や国家テロを語らないように言葉を選んでいます。しかし、それは何千人もの負傷者の肉体に刻まれ続ける現実であり、2014年の戦争で4分の3が破壊され、終わりのない封鎖によって窒息したガザでは、すでにそうなっているのです

この弾圧は、70年間にわたってパレスチナ人の正当な反乱を煽ってきたイスラエル政府の政策の継続の一環であり、今日でもパレスチナ人を自分の土地から追い出し、ヨルダン川西岸の将来のパレスチナ国家を構成するはずの領土を植民地化することで成り立っている。

時間が経てば経つほど、パレスチナ人が自分たちの国家を持つ可能性は遠のいていく。アメリカ大使館のエルサレムへの象徴的な移転は、何よりもパレスチナ人に対して、アメリカやイスラエル、その他の国から何も期待できないことを伝えるための挑発行為だった。それは、他の国が無反応だったことにも表れている。

イスラエルが誕生して以来、アメリカの指導者たちは、彼らにとって特権的な同盟国であり、この地域の帝国主義秩序の憲兵であるイスラエル国家を揺るぎなく支持してきました。しかし、イスラエルの指導者は、アメリカ帝国主義に代わって自国民に看守の役割を負わせることで、彼らが恒常的な戦争状態に置かれ、看守や死刑執行人になることを宣告しているのである。

大国は、自分たちが作り出したスパイラルを止めることができず、常に餌を与え続けています。トランプがイランの核問題に関する合意を破ったのは、同盟国であるサウジアラビアとイスラエルに新たな誓約を与えるためである。トランプは、その粗野な言葉、おどけたロドモンタージュ、ゴミのようなデマゴギーを超えて、アメリカ帝国主義の利益の守護者なのである。

そして、ルメール経済大臣は、米国の禁輸措置が復活したにもかかわらず、イランでビジネスを行う大手グループを維持するために何をすべきかわからず、米国が世界の支配者になろうとしていると訴えています。嘲笑では死なないというのは、彼にとって幸運なことです。

彼の複数の挑発行為により、トランプとアメリカは地域を血で染める新たな戦争を引き起こすのだろうか?アメリカでもフランスでもその他の国でも、帝国主義は何としても自分の支配を押し付けるために、そうする準備ができています。だから、パレスチナ人に対する終わりのない戦争はやめよう。帝国主義の支配に終止符を打つ。

********
Down with War! 資本主義との決別!

資本主義の支配は、すでに人類に2つの世界大戦をもたらしました。そして、第二次世界大戦以降、その銃は決して黙ってはいなかった。アメリカやヨーロッパの指導者たちは、インドシナやアルジェリアで平和と民主主義を推進していると自負していましたが、植民地戦争を行い、地球を勢力圏に分割し、地域からの略奪を保証するような体制を整え、自国の利益を守るために何千キロも離れた場所で軍事介入を繰り返していました。

そして、この続きです アメリカ、イギリス、フランスによるシリアへの最新の爆撃が示すように、大国はいまだに自分たちが世界の警察官であると宣言しています。自国の軍隊を使うにしても、軍隊や民兵を使って介入するにしても、彼らが自分たちを押し付けるのは常に武器を介してのことである。

ソ連崩壊後、敵ナンバーワンは、サダム・フセイン、ビン・ラディン、カダフィ、そしてイスラム教のテロリズムを旗印とするデーチと次々に名を変えてきました。このような中世的で反動的なイデオロギーが、世界中の若い闘士たちを惹きつけているという事実は、資本主義社会が道徳的にも政治的にも疲弊していることを示しています。

しかし、帝国主義国の最新の介入は何を達成したのか?2003年以降、イラク、リビア、シリアの主要都市は文字通り破壊されました。この戦争はテロに対して行われたとされていますが、それは荒廃、悲惨さ、苦しみ以外の何物でもなく、まさにテロリストの民兵が繁栄する基盤となっています。

アフガニスタンでタリバンに介入するために、アメリカは女性の権利を前面に押し出していました。今日、カンダハールでもカブールでも、女性はより自由であるか?イラクでもリビアでも、人権を守るためだったのです 武装ギャングが法律を作り、拷問収容所、強制労働、さらには奴隷制度が増加しているのに、ヨーロッパの国々は見て見ぬふりをし、カダフィがやったようにリビアの民兵が移民の地中海横断を阻止する限り、お金を払うのです。

資本主義は、マルクスが「全身の毛穴から泥と血の汗を流しながら」世に出てきたが、同じように生き残っている。抑圧された人々は名前を変えることができますし、ある人々は犠牲者から処刑者に変わることもありますが、資本主義は人々を互いに対立させることによってのみ維持されるので、抑圧は残ります。

民族紛争や宗教紛争と称されるものの背後には、帝国主義の遺産や手が存在することは、さほど難しく考えなくてもわかります。そして、アフリカでは、コートジボワールでも、ルワンダでも、マリでも、フランス帝国主義の手が蠢いているのである。

今日、労働者階級は、彼らの指導者がその名の下に行っていると主張する作戦行動やその他の戦争を阻止する立場にはない。しかし、その政治的関心は彼らを糾弾することにある。搾取者が軍隊を派遣して元の植民地を略奪しても、我々の友人にはならない。だから、フランス人の介入はやめよう。フランス軍はアフリカから撤退せよ

******
ナショナリズムと反動が支配するヨーロッパ

地球上で最も豊かな地域のひとつである欧州連合(EU)は、最も文明的な地域のひとつであると主張していますが、与えるべき教訓は何もありません。プーチンは偉大なロシアのナショナリズム、汚職、反対派やジャーナリストの殺害を生活の一部にしている。 しかし、ハンガリーやポーランドの権威主義的、反動的な政権はどうだろうか。彼らは、反移民のデマゴギーで恐怖心をあおるだけでなく、さらに危険なことに、国境が何度も変更され、人々が混ざり合い、多くの民族的少数派が共存してきたこの東ヨーロッパの地域で、ナショナリズムと領土主張をあおっています。

ウクライナでは、こうした排外主義的な感情が、ある大国や他の大国の利益のためにすぐに利用され、国民が再び大砲の餌にされてしまうことを目の当たりにしました。

国籍を高値で売るマルタのようなマフィア国家、詮索好きなジャーナリストの暗殺を命じたと疑われている首相、タックスヘイブン、ナショナリストのデマゴギー、極右の台頭など、EUはその端正な外見の裏で、反動的な腐敗と時限爆弾を抱えているのです。

ナチスであることを公然と主張しているのは、ギリシャのアウベ・ドレとハンガリーのヨブビクだけだとすれば、ドイツで第三の政治勢力となっているAfdには、そのような過激派がどれだけいるのだろうか。5つ星運動と提携して政権を取ったばかりの北方同盟や、オーストリアで連立政権を組んでいるFPOには、そのような活動家がどれだけいるのだろうか。また、フランスではアイデンティティと呼ばれる、国民戦線に引き寄せられる人々も忘れてはなりません。

なぜなら、現実には、経済は何十年もの間、危機と失業に陥っており、もはやそこから抜け出すことはできないからである。また、この進化の終わりが見えない大衆の絶望感の高まりは、多かれ少なかれ深刻な政治的危機をもたらす。ここでは、定期的に交代することで民主的な生活の代わりとなっていた政党への拒絶反応が高まっている。そこでは、Brexitやスコットランドで表現された自分への引きこもり、ピレネー山脈の南ではカタルーニャのナショナリズムの台頭です。

どこを見ても、道徳的、社会的、社会的な面で後退させようとする力が働いています。

******
資本主義が世界を統一した
このような状況を国家規模で分析し、自分の国のために解決策を模索するというナショナリストのビジョンは、完全に時代遅れです。地球上に広がった資本主義は、コミュニケーションと輸送の手段を常に完成させ、人類と被搾取者を共通の運命に融合させてきた。

18世紀以降、工業植民地に集中するために田舎から都市に追いやられた農民集団、1000万人以上のアフリカ黒人を根こそぎアメリカ大陸に運んだ三角貿易、第一次産業国による地球上のあらゆる場所の植民地化…。

1848年、マルクスとエンゲルスは『共産党宣言』の中で、「ブルジョアジーは、常に新しい出口を必要とするために、全世界を侵略している。いたるところで地位を確立し、いたるところで搾取し、いたるところで関係を築かなければならない」。彼らはすでに、抗いがたいグローバリゼーションのメカニズムを説明していた。

それ以来、加速度的に増加しています。私たちが日常的に使用している製品を見れば、その原材料の由来を考えることができます。これらの製品の多くは、異なる大陸の複数の国から何千人もの労働者の手を経て作られています。

新しい市場と利益の源泉を求めて、資本主義は国際的な分業を極限まで進め、さまざまな国の経済を絡め取ってきた。そして、私たちはこのことを嘆いているわけではありません。

国際分業に反論するのは名もなき愚行である。それは、人間の条件の不可欠な部分であり、重力の法則のように人間に課せられるものであるため、人類の全歴史を伴っています。経済生活に欠かせない国際貿易や天然資源、エネルギー源から切り離すことで、資本主義を克服することを誰が想像できるだろうか。

生産手段の集中とそれによってもたらされる生産性の向上という相互依存関係の上にこそ、全人類の重要なニーズを満たすことのできる社会を描くことができるのです。私たちは、同じ土地に住み、同じ海を共有し、同じ大気を共有しています。私たちは皆、お互いに依存しています。

人類が培ってきた膨大な生産手段をプールし、エネルギー資源や原材料を万人の共有物として地球規模で合理的に管理し、研究者が地球規模で協力し、アイデアや文化を障害なく流通させ、富裕層だけでなく誰もが旅行できるようにすることは、全人類にとっての飛躍的な進歩となるでしょう。

つまり、資本主義のグローバリゼーションにおいて、問題はグローバリゼーションではなく、資本主義なのです!

******
時代遅れのシステムである資本主義

ブルジョアジーは、独自の野蛮な方法で経済をグローバル化した。その唯一の目的は、今も昔も、少数派の利益を追求することである。その結果、人類全体から見ればますます不合理な経済や選択が行われることになります。

世界の指導者たちは、1日2ドル以下で生活する人の数が10億人を切ったことで、極度の貧困が減少したと主張しています。これが唯一の進歩だと主張するのは、私たちが社会的な野蛮さに沈んでいることを示しています。

そうそう、貧しい国のメガシティでも発展しているところがあります。しかし、都市の端では、ビルや近代的な地域が地面から現れているのに、もう一方では、何百、何千人もの子供や女性、男性が住んでいる屋外のゴミ捨て場があるのです。

地球上に億万長者が1人増えると、2分に1人の割合で、主にサハラ砂漠以南のアフリカで、子供がマラリアで亡くなります。資本主義社会は、ほぼすべての人類に携帯電話を提供することができますが、電気や教育、飲料水までは提供できません。

フランスのように、ハンドバッグに何千ユーロもかけることができます。また、飛行機で数時間の距離にあるコンゴ民主共和国(旧ベルギー領コンゴ)のキブでは、男性や子どもたちが命がけで貴重な鉱物をわずかな報酬で採掘しています。

不幸、抑圧、戦争のために、何百万人もの女性や男性が逃亡したり、亡命したりしています。2つの世界大戦で何千万人もの人々が避難したこともあり、世界には多くの難民キャンプが存在します。

今日、世界には少なくとも6,500万人の亡命者がいます。これは我が国の人口と同じくらいの数であり、第二次世界大戦以降、世界が経験したことのない数です。これらの難民のうち何百万人もが、先に述べたパレスチナ人のように、50年以上もキャンプで過ごしています。

何万人ものシリア人、アフガニスタン人、スーダン人がこの国に避難してくると、様々な反動が起こります。実際には、戦争で破壊された国や激しい独裁政権下にある貧しい国からやってくる難民の大半は、同じように貧しい国に受け入れられています。トルコに300万人、レバノンに100万人、パキスタンに100万人以上の難民がいます そして、いまだに最も多くの難民を抱えているのがアフリカです。何百万人もの女性や男性が、食料や安全を求めて、国から国へと移動しています。そして、人権の国を謳うフランスよりも、より人道的な歓迎を受けることが多いのです。

アフリカや中東の多くの国を略奪し、破壊し、戦争やテロの原因となった後、荒廃や戦争を逃れてきた女性や男性に門戸を開くことを拒み、有刺鉄線や監視塔を建てて彼らを追い返そうとする大国の政策を、犯罪的としか言いようがありません。

そして明日、インドのバンガロールやニューデリーのような都市が、息ができなくなって避難してきたらどうなるのか。バングラデシュや太平洋の島々の住民が、水位の上昇によって自分たちの住む地域が溺れているのを見たとき。リーダーたちは、今日のように、自分たちが地球上に撒いた悲惨な生態系の災害から手を洗うのだろうか?有刺鉄線を張り巡らせ、さらに高い壁を作るのだろうか。

何百万人もの女性や男性が尊厳を持って生きるための土地を提供することができない、この盲目的なシステムとその指導者を打倒しなければ、どんな新しい犯罪や戦争の代償を払うことになるでしょうか。

私たちをますます野蛮に追いやる資本主義を打倒することが唯一の展望です。しかし、今日、単純な人間的観点から、すべての人の自由な移動のために戦わなければなりません。だから、国外追放はやめてくれ Down with Fortress Europe!

移民、つまり人や国が混ざり合うことを、ここで働く人にとっての脅威とする人たちは、私たちにとって最大の敵です。問題は、確かにこれらの未来のプロレタリアではなく、これらの新しい到着を歓迎し、彼らを日々の闘争に関与させることができる生きた労働者の運動がないという事実である。

もし、彼らが帝国主義の城塞に侵入することができれば、移民のほとんどはプロレタリアに変身し、我々の未来の戦友となるだろう。この第一の理由により、我々は彼らを競争相手としてではなく、クラスの兄弟として歓迎しなければならない。問題は、ブルジョアジーの権力を打倒することが、この地球上で抑圧されているすべての人々の仕事になるように、革命的な共産党、革命的なインターナショナルを建設し、労働者階級の闘争に統合することである。

資本主義では、私たちが直面している問題を解決することはできません。女性の抑圧のような基本的な問題でさえ、最も豊かな国でも、私たちに生クリームのように紹介される特権階級でも、解決できないのです。そう、粗悪な女性蔑視や女性への暴力は、ハリウッドの輝きやカンヌ映画祭のカーペットの下にも隠されているのです。なぜなら、その世界でも人間関係はお金の力でコントロールされているからです。

では、労働者階級の女性の状況はどうでしょうか!?女性への抑圧はどこの国でもある現実です。それは、あなたが単なる従業員や労働者であればあるほど、また、インド、アフガニスタン、ナイジェリア、スーダン、サウジアラビアに住んでいればいるほど、より厳しく、より暴力的な現実である。しかし、どこの国でも、男女の関係は腐っていて、歪んでいて、変質しています。なぜなら、資本主義は支配の関係に基づいているからです。それは、ある者の抑圧とある者の服従に基づいているからです。体や良心も含めて、お金で何でも買えるからです。

今から200年前、最初の社会主義者の一人であるシャルル・フーリエは、「社会の進歩の度合いは、女性の解放の度合いによって測られる」と言った。この尺度で考えると、2018年の資本主義はあまり進んでいないと言えます 今日でも、女性の抑圧との戦いは、資本主義との戦いと切り離せません。

*************
1968年、世界規模の反乱の精神

繰り返しになりますが、人類が直面している問題は、経済危機、低開発、戦争、公害など、いずれも一国の規模では解決できません。しかし、国際的な階級である労働者階級は、どこでも同じ利益を持ち、資本家階級に対して同じ闘争を展開しなければならないのである。

これは、1789年のブルジョア革命、1848年の革命、19世紀や20世紀に勃発した労働者革命など、すべての大衆革命が国際的なものであったことを物語っています。世界大戦の最中の1917年にロシア革命が勃発したことは、全世界にとっての雷鳴であった。革命の波はロシアからフィンランド、ドイツ、ハンガリー、イタリアへと広がり、世界の資本主義の構造を脅かした。

1929年の危機は、アメリカでもヨーロッパでも労働者の高揚を引き起こし、大規模なストライキや反乱が起こったが、ファシズム、ナチズム、フランコ主義、スターリン主義、そして第2次世界大戦だけが、それを押しとどめることに成功した。第二次世界大戦後、植民地化された国の独立運動は、ナショナリストのリーダーに引き継がれたが、これも国境を越えた伝染病のような運動だった。

また、昨日お話しした1968年の出来事は、社会革命のような深みはなかったとしても、世界規模で表現された抗議の波の一部でもありました。ベルリンからメキシコシティまで、プラハ、ワルシャワ、ローマ、マドリッド、バルセロナを経て、アメリカや日本の学生も含めて、あらゆる場所の大学が暴力的でしばしば長期にわたる闘争の舞台となった。ベトナム戦争や帝国主義に反対する闘争だけでなく、資本主義システムのより一般的な欠陥に反対する闘争も多かった。

鉄道労働者、病院労働者、年金生活者、学生の不満の共通点をマクロン大統領が見出さないのと同じように、これらの抗議活動はそれぞれ固有のものだと主張する人も多いだろう。私たちは、この国やあの国できっかけとなった出来事について、本質を見ずに何時間も語ることができます。

当時「鉄のカーテン」と呼ばれていた東と西の両側で、若者たちが同じように、抑圧と搾取、暴力と独裁に基づく秩序への拒絶を表明していることに気づかずに。

このような若者たちが、世界最強の軍隊を相手に自由を勝ち取ろうとするベトナム人の戦いに自分を重ねたのは、決して偶然ではない。ベトナムの人々は、これらの若者が最も嫌っていたもの、つまり軍国主義と帝国主義の秩序に激しく抵抗していた。

そう、若者と労働者の願望は同じだったのだ。これはナショナリストを驚かせるものでしかない。経済危機や戦争は、どこで発生しても必ず拡散して、みんなの問題になってしまう。ある人が経験した差別や抑圧は、他の人にも伝わります。

だからこそ、その頃、カシアス・クレイ(通称モハメド・アリ)は、アメリカの黒人反乱やベトナム戦争反対の動員を支援するために、「私はベトコンとは何の問題もない」と宣言したのである。ベトコンから「汚いニガー」と呼ばれたことはない。だからこそ、当時コーン・ベンディットが被害者となっていた反ユダヤ主義や反ドイツ主義の侮辱を連想させる、パリの街角で最も繰り返されたスローガンの一つが「我々は皆、ドイツ系ユダヤ人だ」だったのである。

そう、次の反乱は、アジア、アフリカ、アメリカのどこで起きようと、国境に留まるものではないと確信しています。抑圧された人々が世界の資本主義秩序の打倒に成功するまで、それらは国から国へと反響し、このようなことが繰り返されるでしょう。

******
革命的な展望の維持
地球規模で展開されている反動的な力や行動を逆転させるためには、もちろん、環境をより支持し、より人道的で、より敬意を払う社会を糾弾し、提唱しなければなりません。これを多くの人と一緒に行い、多くの味方を見つけていきます。

移民に対する政治が厳しければ厳しいほど、女性も男性も彼らを助けようとするのです。格差が拡大すればするほど、怒りの声が広がります。生態系に亀裂が入る兆しがあればあるほど、社会の将来に疑問が生じます。

しかし、資本主義社会を打倒しない限り、これらの闘争はすべて繰り返されなければならないことを自覚しなければならない。そして、この革命的な共産主義意識を広めなければならない。そのためには、小さな力を頼りにするしかない。

それは、新たな革命的反乱が起こらない限り、我々は少数派であり、流れに逆らう存在であり続けるという知識を必要とする闘争です。しかし、これが私たちの存在意義です。そして、この目的から逸脱することなく、粘り強く熱意を持って継続していくこと、これが私の結論です。

私たちの時代にふさわしい唯一の実行可能な経済的解決策は、全人類の利益のために、世界規模で生産を組織することです。これを社会主義運動の創始者たちは、世界社会主義革命と呼んだ。というわけで、友人や同志の皆さん、昨日に引き続き今日も「インターナショナルは人類になる」のですよ。

YouTube Preview Image

Be the first to comment

Leave a Reply