キンタロー。が結婚報告「ハッピーウエディング、フライングゲット」

芸人のキンタロー。さんが1月5日、都内で結婚報告記者会見を催した。松竹梅があしらわれた赤の晴れ着姿で現れたキンタロー。さんは冒頭で
「めでたく私、キンタロー。御年34歳、ようやく春が訪れました。お相手の方は一般会社員の方で37歳になります。ハッピーウエディング、フライングゲットでございます」
 と挨拶した。

 結婚の時期について記者から尋ねられると、
「書類を提出したのは2015年12月14日。一緒に役所に行きまして、私は車内で待機していた。すぐにでも発表したかったけど、年末だとしっかり報告できないので、事務所と相談して今日にしました」
 と応えた。交際の時期は一年半だという。
 お相手は
「ものまね番組のスタッフさん。テレビの製作会社の方」
 だとか。

「最初はアドバイスを受ける関係性だったが、熱心に教えていただく中で恋が芽生えた。すごくいいなと思ってから、積極的にご飯行きましょう…とか攻めた。相手の方も根負けしたのか、だんだん近寄ってくれた」
 お相手はオードリーの若林、ハマカーンの浜谷、動物のカワウソを混ぜたような顔だという。性格は、佐賀の生まれだから、かなり九州男児で「俺についてこい」タイプだとか。

 好きになったのは
「私が自分のネタが受けるかどうか震えていて、不安でしたかなくどうしようと思っていたら、彼が通りかかったので、ネタを披露したら、私の目をすっと見て、『大丈夫、俺がいるから。困ったら俺を見てご覧』といわれ、『ああいいな』と思い、それがキッカケになった」
とか。

プロポーズについては
「自宅にいて座っていたら、彼が近づいてきて、『一度しか云わないよ。僕と結婚してくれ』といって、ティファニーの水色の箱を出され、婚約指輪をいただいた。嬉しくて泣き崩れた。一通り泣いた後に、『分かった』といった」
と語った。

情報にはコストがかかります。France10はタブーなき自由な報道のために皆様からの御寄付によって支えられています。


YouTube Preview Image
YouTube Preview Image


Leave a comment

Your email address will not be published.


*