仏、風刺画で釈明

フランス共和国の週刊紙『カナル・アンシェネ』が福島第1原発事故と、夏季五輪2020東京招致を関連づける風刺画を掲載したことについて同紙のLouis-marie Horeau編集長は『Le Parisiens』9月12日付で弁明を行っている。

デザイン掲載については
「いささかの迷いもない」

とし
「ユーモアを飛ばしたからといって、被害者を侮辱したということにはならない」
「フランスではユーモアで以て悲劇を取り上げることがある。日本ではないようですが……」

とコメントしている。

LINEで送る


Leave a comment

Your email address will not be published.


*