「県民の声が強制執行を止めた」辺野古工事中断で、小沢一郎・代表が発言

小沢一郎「生活の党と山本太郎となかまたち」代表は2015年8月4日、都内・参院議員会館内で定例会見を行った。

「菅官房長官が辺野古工事を1か月中断すると表明しました。これについてのご所見をお伺いします。」

という質問に対して小沢代表は

「結局、政府も強行策でもってとにかくやってきたわけですけれども、沖縄県民の皆さんの声、あるいは全国民の声にやはり話し合いをせざるを得ないということに、彼らからすれば追い込まれたのだと思います。
 直接行政の執行について県民や国民が権限を持っているわけではありませんけれども、そういう強い声がやはり権力の強権的な執行を止める作用があることの1つの大きな、典型的な事例だと思います。
 従いまして従来から言っていますように、安保法制につきましても議会の数から言えば、自公の与党で形の上では可決することは可能です。国民の強い声というのが政治に反映させることができるということを今度の沖縄の辺野古の基地の問題から考えても分かるのではないかと思います。どんどん国民皆さんの声とそしてそれを背負った野党の主張を強く展開していけば、物事が開けてくるのではないかと思っています。」

と応えた。

情報にはコストがかかります。France10はタブーなき自由な報道のために皆様からの御寄付によって支えられています。

YouTube Preview Image


Leave a comment

Your email address will not be published.


*