【都知事選】独占インタビュー NHKをブッ壊す!受信料は払うな!-立花孝志「NHKから国民を守る党」代表に聞く

---何故、都知事選に出馬したのですか?
都知事選挙に出るとNHKに出演できる。政見放送に出ることによって、NHKの被害を受けている方を未然に防ぐことが出来る。これまでは被害を受けた方から相談を受けることが多かったが、「NHKから国民を守る党」やその活動を知ってもらうことによって、情報という武器を以てNHKからの未然に被害を防げる。

---NHKの被害というものは具体的にどのようなものがありますか?

3つあります。一つが情報被害。NHKによってこの国の報道は相当に歪められています。たとえば、この都知事選ではNHKは主要6候補を決め、その他の候補者の情報を一切流さない。国民の知る権利が制限されている。2つ目は経済的被害。必要以上に受信料を払わされている。みんなが払えばもっと安くなります。3つ目の被害が肉体的・精神的被害。払っていない人のところにやって来る集金人はものすごい悪質です。チャイムを連打されたり、家の前で待ち伏せされたり、カネを払えと大声で叫ばれたり、扉を叩かれたりとかされて、心がやられてしまう。見ていないNHKにお金を支払わされるのは納得できない。集金人が怖いから払うとさらに納得できない。その結果、心が病んでしまう。

---NHKをどうやってブッ壊しますか。
都知事になればNHKの電波を止めるスクランブルを条例でつくります。ただ、私が都知事になる可能性は極めて低いし、新しいと知事がそうした政策をとる可能性も低い。まず、NHKだけ映らないアンテナ、イラネッチケーを普及したい。これによって合法的にNHKを映らないようにして受信料を払わなくて済むようにしたい。これでNHKの収入を減らす。次にワンセグ。携帯電話やカーナビなどNHKが映る機器に受信料を払えといっています。この説明はまず間違い。一ヶ月後、ワンセグでの支払い義務があるか否かの判決が出る。これは間違いなく勝てる。そのため、ワンセグで払ってきた人たちはお金を返してもらえる。これでNHKの経済力・信頼を落とします。3つ目はNHK撃退シールの普及。私たちがつくったこのシールで、NHKの集金人は来なくなります。これによって新規契約を落としていく。

 

France10では、2017年春に行われるフランス大統領選挙・取材を支援するためのクラウドファンディングを始動させました。1000円の商品からスタートし、14種類の充実した商品をご用意しております。ぜひとも、ご支援くださるよう御願い申し上げます。

YouTube Preview Image


Leave a comment

Your email address will not be published.


*