加計”首相案件”を徹底的に追究していくー玉木雄一郎「希望の党」代表、定例会見 by 酒井佑人

2018年4月11日、「希望の党」玉木雄一郎代表による記者会見が行われた。

1.冒頭発言

連日、文書の問題が次々と出てきておりますが、きょうは加計学園の首相秘書官が愛媛県や今治市の関係者と2015年4月2日に会ったのではないかということに関する愛媛県の文書があるという報道がありました。これは柳瀬元総理秘書官が国会の中でも「私の記憶する限りは会っていない」ということを答えたものでありますけれども、この文書が本当であれば、やはりかなり初期の段階からいわゆる加計ありきで進んできた事案ではないかというふうに思われますので、柳瀬元総理秘書官の証人喚問を野党一致して求めていきたいと思います。
とにかく記録もない、記憶もない、最近ではモラルもないということで、行政組織自体が非常に危機的状況にあるということを感じざるを得ません。各省においてこういうことが頻発していることについて、やはり安倍政権の政治責任が厳しく問われるべきだと思いますし、この5年間で行政組織を著しくゆがめてしまっているのではないか、こういう大変な危機感を感じざるを得ません。安倍政権の退陣を求めていきたいと思います。
併せて、昨日、安倍政権に対抗する安倍政権後の政権構想の在り方を野党としてもしっかり示していく観点からも、しっかりとした野党の軸を、政権交代可能な軸を作っていこうということで民進党の大塚代表と新党に向けた協議を始める、このことを党首会談で合意いたしました。
これを受けて、早速きょうは新党協議会の下に二つの検討会を設けて、3時から綱領と基本政策の検討会を開催しました。そしてこの後4時半から、組織、規約、選挙に関する検討会が行われる予定になっております。二つの検討会で議論をしていただいて丁寧な議論を開始していきたいと思いますが、そこでまずしっかりとした案をまとめていただいて、それを両党の組織に持ち帰り、わが党では両院議員懇談会などでしっかり議論をして、よりよいものを作り上げていきたいと思っております。

【ゲイレポーター、酒井佑人】

川崎市の有料老人ホームで事件がありました。弁護士側が無罪を主張していたにもかかわらず、冤罪の可能性があるにもかかわらず、死刑判決が出てしまった。さまざまな冤罪事件がある中で、日本の警察が民主的に機能していると言えない中で死刑という残虐な制度があることを玉木さんはどう思っているかということと、希望の党としては死刑という制度について賛成なのか反対なのかということをお伺いしたいと思います。

【玉木雄一郎代表】

難しい問題ですね。国によってはもう死刑を廃止しているところがありますし、いざ執行されてしまうと取り返しのつかない刑罰の科し方ということで、さまざまな議論があります。一方で、被害者の心情を考えると、やはり極刑をもって罰してほしいという被害者側、遺族側の心情があることも理解できるので、慎重にさまざまな意見を踏まえて議論していくべき課題かと思います。
希望の党として、現在、何かまとまった党としての考えは持っていません。

取材&文:酒井佑人(ゲイレポーター)

YouTube Preview Image


Leave a comment

Your email address will not be published.


*