「れいわ新選組」との共闘深めたいー志位和夫「日本共産党」委員長

志位和夫「日本共産党」委員長は7月22日、党本部で参院選の結果に関する会見を開いた。

 参院選で2議席を獲得した「れいわ新選組」との今後の関係について問われた志位氏は「掲げている政策は、私たちの政策と共通する方向だと考えています。手を携え、日本の政治を変えていくための協力関係を強めたい」と語った。

 志位氏は、参院選で「れいわ」の山本太郎代表が神奈川、京都、大阪の各選挙区で日本共産党候補を支援したことに感謝を表したうえで、「国会でも、私たちとして協力できることは協力していきたい」と述べた。

 当選した2氏が重度障害者であることから、「国会活動がしっかりできるような態勢を、国会としてもつくっていくことが必要になってくると思う。そういう問題も含めて協力していきたい」と語った。

 記者団から重ねて「障害者の国会活動の支援と、さらに野党共闘についても検討していくという理解でいいか」との質問が出されたのに対し、志位氏は「もちろんそうです」と回答。山本氏の応援演説が、共産党の候補者の特徴をつかんだ、心のこもったものだったことにも触れ、「すでに協力関係が始まっておりますが、さらに強めていきたいというのが私たちの考えです」と語った。

YouTube Preview Image


Leave a comment

Your email address will not be published.


*