「放射能被害とわかる、常識で」小泉純一郎・元首相が会見。元米兵支援「トモダチ基金」の意義語る

2016年9月8日 Henri Kenji OIKAWA 0

東日本大震災で米軍がおこなった救援活動「トモダチ作戦」で被ばくしたとして、健康被害を訴えている元米兵らのために、基金を立ち上げた小泉純一郎元首相が9月7日、東京・有楽町の外国特派員協会で記者会見を開いた。小泉氏は「元兵士らの健康被害は放射能によるものだ」と強調した。 2011年3月の東日本大震災の際、日本政府から要請を受けたアメリカは、空母ロナルド・レーガンを派遣し、東北地方沖合で救援活動「トモダチ作戦」をおこなった。小泉氏によると、福島第一原発事故による放射性物質の流出状況がアメリカ側に伝えられず、兵士たちは汚染された水でシャワーを浴びたり、飲食に利用していたという。 小泉氏は今年5月中旬、健康状態を訴えている元兵士らに会うため、米サンディエゴを訪れた。小泉氏はこの日の会見で、元・現役兵士ら10人から直接話を聞いたことを振り返りながら「医学的に『放射能による被害と断定できない』とされているが、頑健な兵士たちが被害を受けている状況をみれば、放射能によるものだとわかる、常識で」という見解を示した。 小泉氏は今年7月、細川護熙元首相とともに「トモダチ作戦被害者支援基金」を立ち上げた。「直に病気で苦しんでいる兵士の話を聞いて、『気の毒ですね』『かわいそうですね』で終わらせてはいけないと思った」。小泉氏によると、あくまで民間人としての活動で、来年3月末までに寄付金1億円を目指すという。 参照:弁護士ドットコム 情報にはコストがかかります。France10はタブーなき自由な報道のために皆様からの御寄付によって支えられています。月1万2000円ほど、赤字が出ております。ご支援のほどよろしく御願い申し上げます。

小泉元首相、涙の理由語る 被ばく訴えた元兵士思う

2016年6月1日 Henri Kenji OIKAWA 0

 小泉元総理は東日本大震災でのアメリカ軍の支援活動「トモダチ作戦」に参加した際、原発事故で被ばくしたと訴える元アメリカ軍兵士の支援のため、基金の設立を検討していることを明らかにした。5月26日に都内で行われた講演で述べた。  「彼ら病で苦しんでいる兵士のために、役に立ってもらえるような基金を設立しようじゃないかと考えているんです」(小泉純一郎元首相)  原発ゼロ社会に向けた活動を進める小泉元総理は、講演で東日本大震災での「トモダチ作戦」に参加中、原発事故で被ばくしたと訴えている元アメリカ軍兵士の支援のため、民間の基金を設立する考えを明らかにした。小泉氏は今月中旬アメリカを訪れ、元兵士らから直接話を聞いたということで健康被害を訴える人は「すでに400人を超えている」と話している。  「日本は、救援に来てくれたんだからね。それは話を聞いてああかわいそうですね、気の毒ですね、と言って済むかというと、そうじゃないだろうと」(小泉純一郎元首相)  一方、小泉氏はオバマ大統領の広島訪問について「色々意見があるなかでよく決断してくれた」と評価したが、「核廃絶より原発ゼロの方が易しい」と述べ、アメリカと日本で取り組めば「世界は変わる」と強調した。 参照:TBS France10では、2017年春に行われるフランス大統領選挙・取材を支援するためのクラウドファンディングを始動させました。1000円の商品からスタートし、14種類の充実した商品をご用意しております。ぜひとも、ご支援くださるよう御願い申し上げます。