250人のセックスワーカーが欧州人権裁判所に2016年の買春禁止法に反対する訴えを提出

彼らは、セックスワーカーのクライアントを犯罪とする2016年の法律の廃止を得るために、欧州人権裁判所に訴えています。協会は、2016年以降、労働条件が悪化し、労働者が攻撃や暴力、無防備なセックスにさらされるようになったことを非難しています。
20の協会に支えられた約250人のセックスワーカーが、売春婦の顧客を罰する2016年の法律の廃止を求めて、欧州人権裁判所(ECHR)に提訴したことを木曜日に発表しました。

この法律は、「事業の自由」や「性的自由」を損ない、セックスワーカーの健康と権利を危険にさらすものであると考え、昨年2月に憲法審議会に再考を求めたところ、却下されたため、このような取り組みを行いました。

250人のセックスワーカーと、Act Up、Aides、Inter-LGBT、Family Planning、Sex Workers’ Union (Strass)、Sidaction、Médecins du Mondeなど19の団体は、声明の中で、「長年にわたり、セックスワーカーは、クライアントに対するペナルティや抑圧的な政策がもたらす劇的な結果を警告してきました」と説明しています。

2016年以降の労働条件の悪化について

フランスでは、政府や機関が「自分たちの命を否定し」、「自分たちの政策の暴力に耳を貸さない」と考え、2016年の「危険な」法律の廃止を得るために、欧州人権裁判所の前で「国家を攻撃する」と発表しています。後者では、勧誘行為が廃止され、代わりに顧客の言葉による勧誘が行われるようになりました。罰金は1,500ユーロ(再犯の場合は3,750ユーロまで)で、場合によっては意識向上のための講習が行われます。

法律の廃止に加えて、「あらゆる形態の暴力」との戦い、「社会的、健康的、法的な面で困難な状況にある人々を効果的にサポートすること」、「希望する人のキャリアチェンジを保証すること」のために、より多くのリソースを求めています。

しかし、それを非難する団体によると、日常生活では、セックスワーカーの収入が減り、無防備なセックスを受け入れたり、攻撃にさらされやすい孤立した場所で働くことを余儀なくされています。声明の署名者たちは、「道徳の祭壇でセックスワーカーが犠牲になることを止めることが急務である」と述べています。

https://www.bfmtv.com/police-justice/250-travailleurs-du-sexe-saisissent-la-cedh-contre-la-loi-prostitution-de-2016_AN-201912190041.html

YouTube Preview Image

Be the first to comment

Leave a Reply