フランス「L’Express」誌が岸田文雄氏を論評

日本では、政治は何も変えないために何かを変えるという芸術であり続けます。岸田文雄氏も例外ではありません。

9月29日、保守右派政党である自民党の総裁に選出されたばかりのこの64歳の男性は、菅義偉氏の後継者として首相に指名された。日本政府は新しい顔を持つことになるが、岸田氏には多くの前任者との共通点がある。

国会議員の息子と孫で、衆議院議員に9回当選し、大臣を数回務め、将来の第100人目の宰相は、この地位に到達した「後継者」のリストに加えられる。2000年以降、自民党の6人の首相のうち、5人が「お坊ちゃま」「息子」である。水曜日に岸田が対戦した河野太郎も、同じような経歴の持ち主だった。父・洋平は自民党の会長や副総理を務めた。祖父の一郎氏は、1950年代に党内の有力な派閥を率いていた。大叔父の河野謙三は1970年代に衆議院議長を務めていた。

退任を控えた現首相の菅氏だけは、この隊列から外れていた。父は秋田(北)の市議会議員に当選しただけで、息子は後継者になりませんでした。

支配体制(Triangle de fer)

日本では、政治は何世紀にもわたって受け継がれてきた一族の手による工芸品のようなものです。息子は父から国会議員の席を受け継ぐ。娘の場合もある。小渕恵三元首相(1937-2000)は、群馬県(中央)の議席を娘の裕子さんに譲りました。

これは、非常に企業主義的なシステムによるものです。政治の世界で出世するには、多額の資金と強力なコネが必要です。1955年に誕生して以来、ほぼ連続して政権を維持してきた自民党には、そのネットワークや手法を固める時間があった。特に、上級官僚と財界との強力な「鉄の三角形」の確立に貢献してきた。

また、年功序列による昇進制度も維持されていました。自民党の不文律では、5期務めていない国会議員が大臣になることは事実上禁止されている。2012年から2020年までの8年間に何度も人事異動を行った安倍晋三首相は、外務大臣の息子であり、政府首脳の孫や祖父でもあるが、実力が伴わない政治家に「報酬」を与えなければならないこともあった。例えば2018年10月には、桜田義孝氏をオリンピック担当省庁や政府のサイバー犯罪対策委員会の委員に任命した。翌月、その新任者は「今まで一度もパソコンを使ったことがない」と告白した。

広島県出身で、核軍縮を提唱する

岸田氏の場合は、安倍首相をはじめとする自民党のカギを握る人たちが岸田氏に有利になるように支持したことが勝利につながったとしても、ケースはより深刻だと思われる。彼は日本人や自民党員のお気に入りの候補者ではなく、彼の男性のライバルである河野太郎氏を好んでいた。

1957年に広島で生まれた新首相は、父親の赴任先であるニューヨークの小学校に通い、早稲田大学で法律を学んだ後、銀行に勤務し、1993年に国会議員になりました。2012年から2017年まで外務大臣を務め、「人間外交」を目指した。広島出身であることから核軍縮の推進者であり、2016年にはオバマ米大統領の歴史的な故郷訪問に尽力した。

彼は、より良い富の分配に基づいた「新しい資本主義の形」のために働くことを約束して、まもなく(10月4日)日本政府のトップに就任します。果たして「おぼっちゃん」は、支持率が30%を超えた政党の信頼を回復することができるのだろうか。11月に予定されている総選挙で自民党が2009年のような結果にならないようにするためには、彼はそうしなければならない。

YouTube Preview Image

Be the first to comment

Leave a Reply