【まとめ】フランス:衛生パスポート反対の動き

ワクチンパスポートに反対する約16万人の人々がフランス街頭に立つ

公開日:2021年08月28日 17:16、更新日:2021年08月28日 20:12

パリの14,500人を含む、合計159,484人が全国でデモを行った。

学期開始を数日後に控えた土曜日、パリの14,500人を含む合計159,484人がフランスの多くの都市で街頭に立ち、政府の医療パスに反対した。内務省の発表によると、デモ参加者の数は再び減少した。首都では、7週連続で「自由」や「抵抗」を叫ぶいくつかの行列が昼過ぎに出発した。

「私はワクチンに反対しているのではなく、ワクチン・パスポートに反対しているのです」と語るのは、かつての国民戦線フロリアン=フィリポ党首の「愛国党」運動のメンバーで、École Militaire(軍隊学校)周辺に部隊を集めていたDavid Vidal Ponsard氏。

「ワクチン接種は解決策ではありません」と、元国家教育官のエレーヌ・ヴィエロンドエルス氏は付け加える。「病院のベッドを閉鎖するのはやめて、バリアフリーのジェスチャーを続けた方がいい」と、デモ参加者が三色旗を振る中、彼女は続けた。

午後7時の時点で、同省は全国で222件のアクションをカウントしました。パリ以外では、モンペリエ(9,500人)とミュルーズ(5,500人)で2つの大きなデモが行われた。

これらの集会では、パリの2人を含む16人が逮捕され、3人の警官隊員が軽傷を負ったとボーボーは述べている。

先週末、内務省がカウントしたデモ参加者は175,000人以上で、そのうちパリでは14,700人が参加した。都市ごとのカウントを発表している活動家グループ「Le Nombre jaune」によると、フランスでは少なくとも319,290人のデモ参加者を数えたという。この「最初の推定値」は、日曜日に精査されるが、35万7,100人を数えた先週末と比べても減少している。

https://www.lefigaro.fr/flash-actu/des-dizaines-de-milliers-de-personnes-dans-la-rue-contre-le-passe-sanitaire-20210828

 

衛生パスに対して戦線が固まる

2021年7月18日18:56に公開、2021年7月19日09:40に更新

この週末、フランスでは多数のデモが行われ、選挙で選ばれた人たちに対するいくつかの攻撃も行われた。

7月14日には全国で19,000人のデモが行われた。土曜日には114,000人以上の人々がフランスの街頭に立った。この3日間で、フランスでは予防接種や保健所への反対運動が拡大し、硬化しました。内務省によると、全国で136のデモが行われました。

ナントでは2,500人、レンヌでは2,000人、マルセイユでは4,500人、リヨンでは1,000人近くがデモに参加し、警察との間で緊張が走った。後者は投擲物を受け、催涙ガスで報復した。最大の集会はパリで開催され、18,000人が集まった。愛国党のフロリアン=フィリポ党首と国家主権主義者のニコラ=デュポン=エニャン「立ちあがれフランス」党首が率いるこのデモ行進では、デモ参加者はそれぞれ異なるメッセージを発しった。

ある人は「コロナ懐疑派」だから、ある人は「アンチワクチン」だから、ある人は主に衛生パスに反対して動員されていました。「独裁」や「自由への攻撃」を叫んだり、第二次世界大戦中のユダヤ人迫害との比較を躊躇なく行う人もいて、時には黄色い星をつけていた。人種差別撤廃国際連盟(Licra)が飛びついた例え話。「派手な黄色い星を身につけることは、ショアーの犠牲者を馬鹿にしている」とツイートしている。

エマニュエル=マクロン大統領の辞任を求める群衆の中には、「黄色のベスト」運動の人物も現れた。その中には、ジャクリーン=ムローやジェローム=ロドリゲスも含まれており、彼らはデモ参加者に混じってサービスを再開するつもりだ。

商店街やレストランのオーナーが心配する

入り口で衛生パスを管理しなければならないことや、回転率への影響を心配している商店主や飲食店主が、街に鳴り響く怒りに加わることもあるだろう。これは、政府が恐れているリスクであり、今週月曜日にこの新しいコビット対策を閣僚会議に提出する。これらはその後、国会で審議される。

もう一つのリスクは、この健康対策を支持する選出された代表者が狙われることだ。マクロン与党「共和国前進」(LREM)のAlexandre Freschi議員やJean-Marc Zulesi議員など、何人かの議員はすでに脅迫を受けている。2人の国会議員は、受け取ったメッセージをソーシャルネットワークに投稿している。「私は首から上は武装しています。衛生パスに関する投票には十分注意してください…」と、メールアドレスが「mort@mort.mort」の一人が読み上げている。

暴力を求めて裁判所は取り押さえられる

これらの発言と並行して、金曜日にはフィニステール地方のシャトーランにあるリシャール・フェラン国民議会議長(LREM)の事務所にデモ隊が侵入した。この侵入と、同僚に対する殺害予告を受けて、後者は苦情を申し立てた。このような攻撃を受けている中で、今週末に発表された元LREMのマルティーヌ=ウォナー副議長のコメントは、フォローアップがないはずがありませんでした。パリのデモでは、ワクチン接種者と非接種者の間の「隔離」を非難し、「国会議員を包囲し」、「オフィスに侵入する」ようデモ参加者に呼びかけた。

この暴力的な呼びかけから数時間後、LREMの代議士であるクリストフ=カスタネールは、リシャール=フェランにこの問題を法廷に持ち込むよう依頼した。現在、マルティーヌ=ウォナーが所属する議会グループ「Libertés et Territoires」のメンバー数名は、彼女の排除を要求した。ジェラルド=ダルマナン内務大臣は、各県に対し、選挙で選ばれた公務員の保護対策を強化するよう要請した。

しかし、後者だけがターゲットではない。土曜日のデモの前日には、イゼール州のLans-en-VercorsにあるCovid-19の予防接種センターが破壊され、活動を停止した。「ワクチン=ジェノサイド」と書かれていたのは、施設のファサードのひとつ。

https://www.lefigaro.fr/actualite-france/le-front-se-durcit-contre-le-passe-sanitaire-20210718

「マクロン大統領は危険」とデュポン=エニャン「立ちあがれフランス」党首が衛生パスポートに反対

 LCIのゲスト、今週木曜日(7月15日)、『立ちあがれフランス』党首であり、エソンヌ県の国民議会議員であるニコラ=デュポン=エニャン氏は、衛生パスの延長について言及した。「採択されたらボイコットしよう」と呼びかけていたのが印象的だった。

2021年7月15日 17:10に公開

「我々はこの決定を阻止しなければならない」

7月12日(月)、エマニュエル=マクロン大統領は、従来型に比べて感染力が約60%高いデルタ株の脅威に直面し、健康パスの延長を発表した。7月21日からは、12歳以上の50人以上が集まる「レジャー・文化施設」で施行される。8月初旬には、カフェ、レストラン、ショッピングセンターに加え、飛行機、列車、長距離バス、医療機関などにも拡大される。

「フランス人の移動の自由が健康状態に左右されるのは、フランスでは初めてのことです」

と、Debout la Franceの代表であるニコラ=デュポン=エニャン党首(Nicolas Dupont-Aignan)は、7月15日(木)のLCI放送に出演し、このように述べました。

“これは前代未聞だ”

現在、国家評議会に提出されている新医療措置を規定する法案は、7月19日に閣僚会議で採択された後、議会で審議されることになっているが、エソンヌ県の『立ちあがれフランス』国民議会議員は、大統領が用いた「自由を奪う曲解された手段」を非難した。

「私がいつもお願いしているのは、8月1日に3,000万人の同胞を傍観者にするような、権威主義的で逆効果な全ワクチンの戦略を立てるのではなく、コヴィドに対する武器を足し算することです。3,000万人の同胞が、スキャンダラスな方法で自由を減らされることになる。(唯一の目的は、ヨーロッパのルールや常識に反してワクチン接種を強要することです。」

「エマニュエル・マクロンが月曜日の夜に行ったことは、非常に深刻です。危険です。我々はこの決定を阻止しなければならない」

とデュポン=エニャン党首は語り、「機関の外」にいる国家元首が「ヨーロッパ全体を辱めるような措置を提案している」と考えている。「彼の役割はフランス人をまとめることですが、ここではフランス人を分裂させています。レストランのオーナーに警察官の役割をさせたいと考えています。それは、悲しい時代以来のことです。彼はすべてのフランス人を敵に回している」と語った。

「不幸にして採用された場合には、フランス人が完全にボイコットしてくれることを願っています」と、Debout la Franceの代表であるNicolas Dupont-Aignan氏。

 

銀行休業日の7月14日(水)、パリ、マルセイユ、ペルピニャンで、当局発表の19,000人以上の人々が「自由」の名のもとに、衛生パスやワクチン接種に抗議するデモ行進を行った。2022年の大統領選挙の候補者デュポン=エニャン党首は、「私は個人的にデモをしたわけではありませんが、何が起こっているのかという深刻な状況を認識したすべてのフランス人を支持することは明らかです」と述べた。「私は、私たちの社会モデルへの深刻な攻撃であり、さらには、国民議会議員が少しでも良心を持っていれば、議会で否決されるか、憲法評議会で阻止されることを確信しており、いずれにしても、この医療法案に反対するすべての人々を最後まで支持します」と述べた。

彼は、国会議員、憲法評議会、そしてフランス国民の「良識」に「すべてを賭ける」と語った。法案によると、健康診断書をチェックしない施設には、最高45,000ユーロの罰金と1年以内の禁固刑が科される可能性がある。

「レストランのオーナーは、このような役割を果たしたくありません。さらに、イスラムのテロリストを刑務所から釈放することを議会で議論したとき、憲法評議会は、共和国大統領が3000万人のフランス人に対して行おうとしていることよりも厳しい内容ではない条項を無効にしたことにも注目しています」と付け加えました。”このパスには強制力がない。残念ながら採用された場合は、フランス人が完全にボイコットしてくれることを願っています。」

https://www.lci.fr/politique/coronavirus-ce-pass-sanitaire-est-inapplicable-sur-lci-nicolas-dupont-aignan-appelle-a-le-bloquer-2191528.html

フィリッポ党首が衛生パスを使ってイタリアで衛生パス反対のデモを行う

2021年7月28日

極右の政治家に招かれたフロリアン・フィリッポは、「アンチ・パス」を支援するためにローマを訪れました。しかし、そのためには、国境を越えるための健康パスを見せなければならない。

水やりの缶?『愛国党』Florian Philippot党首は、7月28日(水)にローマで開催される「グリーンパス」(イタリアの医療用パス)に反対する集会を支援するために行くことを発表した。しかし、欧州連合(EU)の規則により、国民戦線の元副大統領は自ら健康診断書を提示しなければならない。当事者がハフポストに確認したおかしな状況。

『愛国党』党首は、「悪名に連帯する人々」の名のもとに、水曜日の午後遅く、アルプスの反対側で「自由選択委員会(Comitato Libera scelta)」とともにデモを行い、イタリアのさまざまな下院議員や上院議員、そのほとんどがマッテオ=サルヴィーニの連盟から参加します。『Frexit』のチャンピオンは、欧州議会議員としての任期中に欧州議会で知り合ったこれらの議員や「友人」たちに誘われた。

🌟Tweet🌟
イタリアの国会議員に招かれて、今週水曜日に #ローマ で行われる #パスサニタリーに反対するイタリア国内のデモに参加します。主にEU諸国に向けられている悪名に連帯する人々!
土曜日には、イタリア人がパリで私たちをサポートしてくれます。
🌟

おかしな状況

フランスからローマに行くには、予防接種証明書か、48時間以内の陰性反応証明書を提示しなければならない。つまり、衛生パスだ。

HuffPostの取材に対し、Florian Philippot氏は、イタリアの同僚とともに「恥のパス」との戦いに参加するために、実際に抗原検査を行ったことを認めた。また、検査結果が陰性であることも確認した。

しかし、わずか1ヶ月前の『愛国党』は、「コビディズムとヨーロピアン・イズムという2つの非人間的なイデオロギーが生んだ怪物」と表現したこのメカニズムに反対し、「戦争を起こそう」とまで言っていた。今日、それを提出する前に

🌟Tweet🌟
ヨーロッパの衛生パスが明日に迫ってきました。コビディズムとヨーロピアン・イズムという2つの非人間的なイデオロギーから生まれた怪物だ。
それに対して戦争をする理由は2つあります。EU衛生パス
🌟

先週の土曜日、「アンチパス」グループのイタリアの国会議員たちは、フランスの同志たちをサポートするために来たのではなく、「ビデオ会議」でデモに参加した。今度はイタリア人が、来週の土曜日に行われるフランスのデモを支援するために来てくれるはずだ。そのため、Florian Philippot氏のように、自分たちが戦っている健康に関するルールを遵守する必要がある。

https://www.huffingtonpost.fr/entry/philippot-doit-il-se-soumettre-a-un-pass-sanitaire-pour-aller-manifester-contre-le-pass-sanitaire-en-italie_fr_61012dc2e4b0048f3618337e

ヘルスパス:François Asselineau『人民共和連合』党首、Covid-19に陽性のため、土曜日のデモを見合わせ

2021年7月30日 午後2時4分

EU離脱派のUPR党の総裁は、ビデオを使ってイベルメクチンとヒドロキシクロロキンを宣伝しました。この2つの治療法は、コヴィド-19に対する有効性が証明されていません。

François Asselineau『人民共和連合』党首は、この1年半の間、健康危機の規模と疫病の被害を常に最小限に抑えてきたが、Covid-19には肯定的である。直接的な結果として、EU離脱派政党『人民共和連合』【UPR(Union populaire républicaine)】の党首は、土曜日にパリで行われる、「不条理で、不公平で、完全に自由主義的」と考える衛生パスに反対するデモを行うことができなくなった。

 

“日曜日の日中に痛み、発熱、咳が出始めた “後、”月曜日にCovid-19の陽性反応が出た “と、2022年の大統領選挙の候補者(2017年の投票率0.92%)が今週金曜日に自党のウェブサイトに掲載されたビデオで説明した。

François Asselineau氏は、その後、「中国で製造された」イベルメクチンとヒドロキシクロロキンを入手したと述べ、「ヴェラン氏やマクロン氏がフランス人に禁止している治療法だが、彼らは真っ先に服用している」と、根拠を示さない虚偽の情報を述べている。彼によると、この薬の効果で数日後には体温が下がり、「38~39℃(…)から37.5℃」になったそうだ。

フランシス=ラランヌをはじめとする何人かの「コロナ懐疑派」の人物は、ヒドロキシクロロキン、イベルメクチン、アジスロマイシンがCovid-19を「非常に早く」治すことができると信じているが、この主張はWHOや現段階でのいくつかの科学的研究では矛盾している。

彼は「必要に応じて、時期が来たら」ワクチンを接種する。

「Covid 19は、かなり良性のインフルエンザに似た病気です」とアスリノー氏は再び語り、彼にとっては「このデルタ株の重症度は大きく膨らんでいます」と繰り返した。63歳のアスリノー氏は、ワクチンを接種していないが、「ロシア、中国、フランスのワクチンを選択できる時期が来れば、必要に応じて」接種するとしながらも、EUで承認されている血清を使った「モルモット」にはなりたくないと語った。「これらのワクチンにはまだ多くの不確定要素があることを承知の上で、各人が自分の体に何を望むかを魂と良心で考えなければならない」と語った。

フランソワ=アスリノー党首は、土曜日にパリで予定されている、健康パスの延長や特定の職業の人へのワクチン接種の義務化に反対するデモに参加できないことを確認した。彼は、「ワクチンの自由な選択のために、また、(不条理で不公平で完全に自由を奪う)医療費助成制度に反対するために、街頭でデモを行うべきだ」とフランス人に呼びかけた。

当局によると、パリでの1万人以上のデモを含め、全国で15万人以上のデモが予想されている。フランス人の3人に2人は、衛生パスやワクチン接種の義務化に賛成している。さらに、最近の2つの調査によると、23%がこの動きを支持していると答えています。

Covid-19:衛生パスに反対するデモの10日目の土曜日

2021年09月17日 18:32に公開、2021年09月18日 08:35に更新

衛生パスの反対派は、9月18日の土曜日に10回連続で動員される。パリでは3回のデモ行進が予定されている。

フランスでは10週連続で、土曜日に180件の医療パス反対デモが予定されているが、エマニュエル=マクロン大統領は、コヴィド-19の流行が減少していることを考慮して、制約の一部を解除することを検討している。

これらの活動は、エマニュエル=マクロン大統領がソーシャルネットワークに投稿したビデオの中で発表したように、5,000万人がコヴィド-19のワクチンを少なくとも1回接種したという象徴的な節目に到達した時に行われた。

警察関係者によると、土曜日にはパリで17,000人、その他の地域で80,000〜120,000人の医療費助成制度に反対するデモが予想されている。前日の土曜日の動員では、全国で12万1千人のデモが行われたが、8月7日の23万7千人の参加者には及ばなかった。

一方、当局によると、フランスにおけるコヴィド-19の流行は落ち着いてきており、エマニュエル・マクロン大統領は木曜日、「ウイルスの循環速度が遅い地域」での「ある種の制約を解除する準備がある」と述べましたが、正確な時期は明らかにしていません。

パリの3つのプロセッション

正午12時より、「黄色い腰巻き」がマレシャル・ジュアン広場(17区)からセンティエ(2区)に向けて出発します。また、活動家のソフィー・ティシエ氏(Force jaune)が率いるデモは、ラロック広場(7区)からポルト・ロワイヤル(Ve)まで行われます。

午後2時、フロリアン=フィリポ(元国民戦線ナンバー2)が率いる「愛国党」のデモは、16区のトロカデロ広場から7区のシャンデマルスまで向かう。

🌟フィリポ党首のTweet🌟
#Manif18september 44th week of resistance! 9月18日の午後2時にトロカデロ広場で国民的大行進を行う。特にMe Di Vizioはその場にいます(その場に自主的に永続する)。
(新:共通の関心事で具体的に連合するために、その場でお手伝いします!)
🌟

警察は、トゥールーズ、ナント、ボルドー、パリでの「緊張」の可能性を懸念している。9月11日、首都では朝と夕方にパレ・ロワイヤル周辺でデモ隊と警察が衝突し、104人が逮捕された。

ハイパーセンターがデモ隊の立ち入りを禁止しているトゥールーズでも、動員は極左と極右のグループによる暴力に彩られていたが、今回は極左と極右のグループによるものでした。

いくつかの都市では、デモ隊が立ち入ることのできないエリアがあった。
安全上の理由から、他のいくつかの都市の中心部はデモ参加者に閉鎖されました。モンペリエでは、午後2時からコメディー広場でデモが行われます。しかし、エロー県は、「公共の秩序を乱す恐れがあるため、2021年9月18日(土)の午前10時から午後8時まで、(決められた)ルート以外で、市の中心部で組織されるデモを禁止する」と発表した。

 

また、ムルト・エ・モゼル県がデモ禁止の境界線を維持しているため、健康パスに反対する人たちがナンシー市の中心部に立ち入ることができなくなります。主催者側は、「デモをする権利」を主張していると、Est Républicain紙が報じている。

最後に、リヨンでは、ここ数週間デモ隊と警察が衝突したため、県は12時から21時までデモを禁止する境界線を設定した。これは、プレスクティール、テロー広場、ヴィクトル・ユーゴー通り、カルノ広場に関わることです。

🌟Préfet de région Auvergne-Rhône-Alpes et du RhôneのTweetより🌟
2021年9月18日(土)午後12時から午後9時まで、#リヨンで行われた#パス・サニテールに反対する#デモの周辺で発生した暴力事件を受け、県知事はデモを禁止するための境界線を設定しています。
🌟

メディカルスタッフの予防接種義務

デモ参加者の一部から強く反対されていた医療従事者へのワクチン接種義務は、270万人の従業員を対象に水曜日に発効した。

7月21日より、50人以上の宿泊施設ではヘルスパスが義務化された。その後、緊急時を除く病院、バーやレストラン、県の決定により大型ショッピングセンターにも拡大され、8月30日には一般市民と接する180万人の従業員にも拡大された。

9月30日には、12~17歳にも適用されるはずだ。

YouTube Preview Image

Be the first to comment

Leave a Reply