細川護煕・元首相が「パリ陶芸展2010」について語る

都知事選に立候補する細川護煕・元首相は1月22日夕方、東京都庁で出馬会見を開いた。
日仏共同テレビ局France10が2010年春にパリ三越エトワールで催した陶芸展について尋ねたところ

「日本では素晴らしいとだけいわれる。フランスの方々はこの黒い陶器はベルレーヌの一節を思い出させるとか哲学的・詩的な批評をする」

旨、述べ、フランス人との対話を楽しめたと語った。

LINEで送る


Leave a comment

Your email address will not be published.


*