すべての人のための結婚(同性婚)反対デモ:7人のフェミンとキャロリーヌ=フーレス監督に対する訴訟が却下

フェメンの活動家7名とジャーナリストのCaroline Fourest氏に対する訴訟が却下されました。

AFP通信によると、2012年にパリで開催された「フェメン」(Femen)の活動家7名とジャーナリストでドキュメンタリー映画監督のCaroline Fourest(キャロリーヌ=フーレス)氏は、2012年にパリで開催された「万人のための結婚」(同性婚 Mariage pour tous)に反対する2つの団体の前で「暴力」と「性的展示」を行ったとして起訴されました。AFP通信が入手した9月10日付の却下命令では、捜査判事は、武器を持って「デモに参加」した罪、「性的展示」した罪、「宣言されていないデモ」した罪、「集会での暴力」した罪を、活動家とフォーレスト女史に対して却下した。1月末、検察側は最初の2つの犯罪についてフェメンの解雇を要求していた。

2012年11月18日、これらの活動家は、カトリック原理主義者に近いCivitas Instituteと、「人種差別に反対し、フランスとキリスト教のアイデンティティを尊重するための一般同盟」(Agrif)が主催する、同性愛カップルの結婚と養子縁組を認める法律に反対するデモの冒頭に自らを招いていました。尼僧の格好をし、上半身裸で反聖職者のスローガンを掲げ、「聖なる精子」と書かれた白い消火器を持って、10数名がデモを妨害した後、暴力を振るわれ、その後、「加重暴力」で告訴しました。

“9年間の無意味な法的手続きの終わり”

また、CivitasとAgrifは、フェメンが消火器を使って「暴力」を振るったとして、フェメンを告発していました。フェメンの何人かは、この極右の「攻撃」に対する「防御」として、自分たちを守った。2015年に7人のフェメンが起訴されました。フランス2のドキュメンタリー番組のために活動家たちを追いかけてきたフェミニストのCaroline Fourest氏は、証人としての地位を与えられた。判決では、「消火器の展示は象徴的なものであり、白い粉を入れた容器が伝えるメッセージは疑わしいものである」としています。

「被告の「傷害や脅迫の意図」や「暴力行為を行った」ことを示す証拠はない。フェメンのトップレス展示を「犯罪とする」ことは、「問題となっている行為の性質と文脈を考慮すると、ECHR第10条の意味における表現の自由の行使に対する不釣り合いな干渉となる」と判事は付け加え、2020年2月のカサオン裁判所の判決を引用した。フェメンの5人の被告人の弁護士であるValentine Rebérioux氏は、AFPに対し、「9年間の無意味な法的手続きの終結」に満足していると語った。

この判決について、Agrif社の弁護士であるJérôme Triomphe氏は「全く受け入れがたい、事件の現実に反するもの」と評し、Civitas社の弁護士であるElie Hatem氏は「不均衡なもの」と評しました。控訴しました。フェメンのデモ襲撃者のうち、元陸軍大佐や極右活動家のローガン・ディジャンなど7名には、執行猶予付きの実刑判決または罰金が科せられました。

YouTube Preview Image

Be the first to comment

Leave a Reply