フランス人権同盟(LDH)が出した化石的決議「売買春に反対する」

売春:「権利を守る」

2002年9月14日に採択されたテキスト
賛成22票、反対4票、棄権7票でLDH中央委員会が決定

売春という難しいテーマについては、道徳的秩序への回帰から、他の活動と同じように規制することまで、さまざまな発言がなされています。内務省は外国人売春婦の追放を準備している。いくつかの都市の市長は、売春を人目につかないようにする条例を制定している。ヨーロッパの当局では、すでに彼女たちのために法律を制定している一部の国からの圧力を受けて、規制的な立場が生まれつつある。つまり、売春が存在し、それを根絶することは不可能であるため、可能な限り衛生的・社会的に悪い条件で組織化し、売春宿を再開し、売春婦に他の労働者と同じ地位と権利を与えるべきだということである。この立場は、「自由な売春」と「強制的な売春」の区別に基づいています。女性や男性が自ら売春することを決めた場合、それは彼女の権利です。私たちは、実際に急速に発展している現代の奴隷制度の一形態である人身売買という、より一般的な枠組みの中で、「強制的な売春」とのみ戦うべきです。欧州議会は2000年5月にこの意味での文章を採択していたが、この文章では「人身売買」を咎めただけで、ポン引きを否定していた。

ヨーロッパの一部の人々は、売春による収入に関心を持とうとしているが、それは本来 GNPの計算に組み込まれ、何よりもマフィアのネットワークだけに任せてはいけない。

この開発は受け入れられません。売春につながる道には、もっと関係があります。自由の行使よりも、物質的な不幸の方が多いのです。自分の体をコントロールする権利、それは 無形である自分の身体を処分する権利は、この観察と矛盾するものではない。

私たちは、売春がセックスワーカーによる職業であり、トレーニング、休暇、保険などの権利を与えるものであるとは考えていません。生きるために自分の体を売らなければならないとしたら、それはまさに自分の労働力を処分することができないからであり、他に売るものがないからである。専門的なスキームに従って売春を組織することは、自由主義の名の下に、誰もが破壊的であることを否定できない搾取のシステムを正当化することにしかならない。

今日、売春全体に国際的なマフィアのネットワークが浸透しており、彼らはアフリカ、アジア、東欧諸国の女性を購入して転売し、最富裕国の市場に送り込んでいます。それは奴隷制度の一形態です。出身国の家族の安全を脅かす脅迫により、彼らは自分の身を守ることができず、暴力にさらされていることは言うまでもありません。このグローバル化された貿易は、犯罪者の手によってコントロールされており、非常に有利なものです。売春を規制し、それをサービスとみなすことは、ポン引きが規模や性質を変えたこの交通を批准することであり、市場の権利を事実上受け入れることである。 ピンプやクライアント、そして売春婦たちの苦しみや屈辱感。ポン引き は厳しく抑制しなければならない。

しかし、ある職業の規制や合法化を拒否することは、このような状況の犠牲者である売春婦の権利を認めないことにはなりません。

この活動を続けたいと言っている人も、売春から抜け出したいと思っている人も、あらゆる差別の犠牲になっているフランス人女性も、さらに差別されている滞在許可証のない外国人も、公的機関に違法であることを知られているだけで、完全に見捨てられているのですから、社会的な措置を講じてほしいと思います。

私たちは、禁止することよりも合法化することに賛成しているわけではありません。売春はしてはいけない 特定の権利でも非法でもなく、真に平等主義的な観点から万人に共通する権利であること 真に平等主義的な観点から、すべての人に権利が与えられるよう、滞在許可証の発行、社会的権利、アクセス 権利、無料の医療を受ける権利、住宅を得る権利、人々の被害者としての地位の承認 売春ネットワークにつながっているだけでなく、シェルターの具体的な可能性もあり、おそらく管理されている。承認された協会が運営する、社会復帰のための支援。そして、これを行うべきである。ネットワークやポン引きを糾弾したり、強制的に帰国させたりする事前の条件なしに これはウィーン議定書(2000年12月)に反しています。真の脅迫システムを構築するか、あるいは、より迅速な方法として、次のような方法が考えられます。内務大臣が想定した方法で行います。

最後に、女性や男性の身体が消費の対象であると考える人々の態度に関心を持たないのは偽善的である。法律はプロのポン引きを罰していますが、いくつかの例外を除いて、クライアントの責任については言及していません。間違いなく、効率性への関心から、抑圧的な解決策は非生産的であると考えるだろう。それは、すべての関係者を地下に追いやり、売春行為をさらに卑劣で危険なものにするだけだからだ。確かに、法律で禁止されているからといって、このような長年の現実を変えることはできません。

クライアントの責任のあり方を考えなければならないことに変わりはない。そのためにも、これからは情報を提供し、教育していかなければなりません。
沈黙、古めかしい偏見、性差別的な自己満足が未だに続いています。今日、理論的には最も先進的な国々の周辺では、ひどい搾取の領域が生まれています。搾取、苦しみ、不平等。

https://www.ldh-france.org/wp-content/uploads/IMG/pdf/resolution_cc_2002_prostitution.pdf

YouTube Preview Image

Be the first to comment

Leave a Reply