尖閣列島は日本のものである-李登輝「台湾」元総統が日本外国特派員協会にて記者会見

李登輝「台湾」元総統は2015年7月23日、都内・日本外国特派員協会にて記者会見を行った。会見は日本語によって行われた。

France国営放送・記者が安倍晋三首相が進める安保法制について尋ねると、李登輝氏は

「私は安倍首相の日本に対する貢献をひじょうに肯定する。そして、非常に希望することは、日本と台湾の間の関係、交流を増加し、お互いに協力しあうという密接な関係を持つべきだと思っている。安保法制はアジアの平和・世界の平和に貢献するものだと評価している」

と述べ、安倍首相を評価した。

中国が領有権を主張している沖縄県の尖閣諸島については

「尖閣列島については、私は(過去に見解を)何回か発表した。はっきりと『尖閣列島は日本のものである』と。台湾のものではない」

と明言した。

情報にはコストがかかります。France10はタブーなき自由な報道のために皆様からの御寄付によって支えられています。

YouTube Preview Image


Leave a comment

Your email address will not be published.


*