「原発即ゼロの国民運動を続ける」細川護煕・元首相が自然エネルギー推進会議にて講演

原発即ゼロと代替エネルギーの普及を目指す「自然エネルギー推進会議」の発足記念イベントが全国町村会館(千代田区永田町)にて2014年5月7日催され、細川護煕・元首相が代表理事として講演した。

また、吉岡達也さん、湯川れい子さん、金子勝・慶大教授、香山リカさん、桜井勝延・南相馬市長、ロバート=キャンベル東大教授による公開シンポジウムも行われた。

細川護煕・元首相、原発ゼロの運動を宣言

「選挙期間中に、勝っても負けても原発ゼロのたたかいはこれからだと言ったが、今日がそのスタートだ。まず第一に再稼動に反対し、原発から自然エネルギーに転換することによって、実感できる経済というものを作り上げる。放射能の心配のない社会というものを作っていく。それが第一の目標であることはいうまでもない」

「特に地方が元気になるように、地方での自然エネルギー事業の励まし(エンカレッジ)してゆく。地方でのサポートをやっていかなければならない。あちこちに出かけていって、自然エネルギーの活動に支援をしていきたい。ネットワーク作りもサポートしていきたい」

と語り、原発ゼロの運動を続けていくと表明した。

講演会の様子

縮小DSC00204 - コピー

 

細川さんが決意を表明。

縮小DSC00320 - コピー

ロバート=キャンベルさんと桜井勝延・南相馬市長

縮小DSC00279 - コピー

 

左から湯川れい子さん、金子勝・慶大教授、香山リカさん。

YouTube Preview Image

インデックス

  1. 細川護煕・元首相の講演(0:45-14:45)
  2. シンポジウムwith吉岡達也+香山リカ+金子勝+(15:15-)
  3. 桜井勝延・南相馬市長(16:55-)
  4. ロバート=キャンベル東京大学教授(23:45-)
  5. 香山リカさん(31:50-)
  6. 金子勝・慶大教授(38:40-)
  7. 湯川れい子さん(47:20-)

 

 


Leave a comment

Your email address will not be published.


*