「詭弁」「恩知らず」「上から目線」石原慎太郎が暴露した橋下徹の非礼

石原慎太郎「日本維新の会」共同代表は2014年5月29日、衆議院内で平沼赳夫・元経産相と共に、「維新分党」に関する記者会見を開いた。石原氏は会見で、太陽の党(たちあがれ日本)と大阪維新の会が合流する際に、

「私たちが必要としているのは石原さん一人で、平沼さんたちはいらない」

と橋下徹・大阪市長に言われた非礼を告発し、隣に座る平沼赳夫・元経産相がその屈辱にずっと耐えてきたのだと暴露した。

6月5日発売の『週刊文春』によれば、昨年四月に催された党憲法調査会で橋下市長は平沼氏はじめベテラン議員が居並ぶ中、

「皆さんは憲法の教科書を読んで勉強してほしい」

と上から目線でゴーマンかまし、出席議員を激昂させたという。

「慰安婦」発言で明らかになった「詭弁」体質や石原氏ら長老への「非礼」「恩知らず」ぶりに、怒り心頭の維新議員は少なくなく、62人の国会議員のうち、石原新党に移る議員は20人を超えるともいわれている。

YouTube Preview Image


1 Comment on 「詭弁」「恩知らず」「上から目線」石原慎太郎が暴露した橋下徹の非礼

  1. その前に旧太陽側から「橋下みたいな若造と組んで何ができるのか」という発言があったんですけどね。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*