解釈改憲による集団的自衛権の容認は法治国家の否定だ-吉田忠智「社民党」党首インタビュー

安倍政権が集団的自衛権の容認を目指すなか、衆議院議員会館にて2014年6月26日、解釈改憲に反対する市民が集会を催した。

France10は集会に出席していた吉田忠智「社民党」党首に直撃インタビューした。集団的自衛権について吉田党首は

「長年、自民党政権が積み上げてきた憲法解釈を一内閣の判断によって変えると言うことは、内閣が変わるたびに憲法解釈が変わるというわけで、立憲主義の否定であるし、法治国家を否定することでもある」

と述べ、安倍政権の対応を否定した。

YouTube Preview Image


Leave a comment

Your email address will not be published.


*