【総選挙2014】民主党の菅直人・元首相がパネルを用いて民主党の経済政策を解説 憲法改悪を危惧

民主党の菅直人・元首相は2014年12月9日、都内・武蔵小金井駅前にて民主党政権の経済実績や自然再生エネルギーに関するパネルを用いて街頭演説を行った。

菅直人・首相は自民党の圧勝予測報道について

「背筋が寒くなった。安倍さんが云われているような議席を得たら何をするか私は知っているからです。安倍さんがやりたいことはただ一つ。憲法改正・日本国憲法第九条の改正です。既に集団的自衛権の合憲という解釈変更を閣議決定によってやった。今度はいよいよ憲法改正を正面から打って出てくるでしょう。」

と述べ、危機感を吐露した。

菅直人・元首相が演説で用いた民主党の経済実績に関するパネル

菅直人・元首相が演説で用いた民主党の経済実績に関するパネル

France10は広告収入に依らないタブーなき報道のために皆様からの御寄付を御願いしております。

YouTube Preview Image


Leave a comment

Your email address will not be published.


*