長妻昭・元厚労相が民主党代表選告示を受け第一声

長妻昭・元厚労相は民主党代表選の告示日の1月7日に都内・新宿駅西口にて、第一声の演説を行った。

長妻氏は

「先の総選挙で大きく分けて三つの声をいただいた。一つは格差が限界に来ている。涙ながらの訴えで私も何度ももらい泣きした。もう一つはご高齢の方から、日本がなんだか、きな臭くなってきたね、戦前に似てきたぞ、長妻さん、助けてくれ……という声をいただきました。もう一つあったのが民主党は何をしたいのかが、さっぱり分からないというものでした」
「私が感じたのは、自民党に代わるきちっとした強い大きな野党が望まれている……というものでした。」

と訴えた。

France10は広告収入に依らないタブーなき報道のために皆様からの御寄付を御願いしております。
YouTube Preview Image


Leave a comment

Your email address will not be published.


*