【参院選】ミュージシャンの三宅洋平が山本太郎・参院議員と共に渋谷ハチ公前で出馬会見

 田中康夫(おおさか維新公認)の参戦までは凡戦に終わりそうだった参院東京選挙区。公示一週間前になって動きが出た。

 ミュージシャンの三宅洋平(37歳)が無所属で出馬することを6月14日・午後、表明した。三宅候補予定者は、友人の山本太郎参院議員に付き添われる格好で記者会見を持った。

 記者会見の場所は渋谷ハチ公前。前回の選挙フェスなどでおなじみの場所だ。三宅は出馬の動機、選挙への抱負を次のように語った ―

 「次の選挙があるか(どうか)分からない。今回がラストチャンス。70年前、緊急事態条項で選挙がなくなったことがある。先の戦争だった。(今度の選挙は)勝ちに行きます。

 なんとか(暴走する)国会を止めて、なんとか野党共闘をもう一度。今回ばかりはヤバイらしい。選挙に行ったほうがいい、と火付け役になりたい」。

 三宅の危機感は本物だ。言葉だけが躍るどこかの候補と違って、三宅の言葉は聞く者の胸にストレートに飛び込んできた。

 東京選挙区は改選議席が一つ増えたことによりボーダーが下がる。60万票弱で当選する可能性もある。選挙戦は山本が参謀役を務める。前回(2013年)山本が獲得した67万票がどう動くか。(敬称略)

引用:田中龍作ジャーナル

France10では、2017年春に行われるフランス大統領選挙・取材を支援するためのクラウドファンディングを始動させました。1000円の商品からスタートし、14種類の充実した商品をご用意しております。ぜひとも、ご支援くださるよう御願い申し上げます。

YouTube Preview Image


Leave a comment

Your email address will not be published.


*