グラドルMasaminが立花孝志「NHK党」党首に直撃インタビュー

まさみん記者(以下、記者)

立花考志N国党首(以下、立花)

記者:ユーチューバー候補者はスカウトしているのですか?

立花:えーと…、一部スカウトしていますね。
できるだけ僕の方からは声かけないようにしているのですけど。
そんなに強く推しているわけでなく。
『立候補してみませんか?』
という意味でのスカウトしているかな?

記者:ありがとうございます。
もう一点、質問があるのですが。
都市伝説系ユーチューバーというYouTube動画のジャンルが最近流行っていますが、そういうのは見ていますか?
「○○ノワダイ」とか色々ありますが。

立花:はい。都市伝説系ユーチューバーとコラボしたことあるので。

記者:はい。

立花:名前忘れちゃったけど…。
都市伝説のYouTubeを見る回数自体は少ないかな。

記者:普段はどのようなYouTubeを見ていますか?

立花:普段は、やっぱり政治と歴史と、スポーツ(ゴルフ)とかかな。あと、お笑い!
都市伝説系は、ほとんど見ないかな?
コラボした時にちょこっと見たくらい

記者:「都市伝説」がどのくらいの程度か?
は、個々によるかと思いますが…。

立花:はい。まぁ都市伝説というか、こういう考えの人がいるんだなと。
いわゆる、『根拠があまり明確でなくても(その情報を)信用している。』
というのが(都市伝説の)定義だと思うので。
そういう考えの人もいるんだな程度では見ています。

【立花隆党首へのオフレコ質問】
記者:YouTuberの選挙出馬が多いことについて、どう思いますか?

 立花:「遅い!」堀江貴文とも、よく話しているが YouTuberで選挙出たりして目立てて登録者や再生数を稼げる時期は過ぎている。

記者:特に都市伝説や陰謀論YouTuberからの、出馬が増えている事はどのように思いますか?

立花:もう少し似た思想のユーチューバーはまとまって、『YouTuber党』などを作って、政治への関心を高める努力をするべき。

記者:同じユーチューバーとしてどう思いますか?

立花:僕はユーチューバーじゃない。
最近は動画に力(チカラ)を入れてないし、広告もつけてない。

記者:何故ですか?政治活動しているとYouTubeの収入が問題になったりするのですか?

立花:YouTubeの収益は別に問題にはならないけど。再生数を稼ごうと過激な事をしたくなってしまうので、それで叩かれたり記事にされてしまい面倒事が増えてしまう。
政治のためにYouTubeをやるなら、広告収入だけを目的にユーチューバー政治家を目指すのでなく。
純粋に政治思想を伝え、名前を売る為にYouTubeを使うべき。

YouTube Preview Image


Leave a comment

Your email address will not be published.


*