朝日新聞が吉田調書報道で「命令違反で撤退」記事を取り消し 社長が謝罪会見

朝日新聞の木村伊量(ただかず)社長は都内・朝日新聞社東京本社で2014年9月11日、記者会見を開き、東京電力福島第一原発所長として3.11以後の事故対応にあたった吉田昌郎氏が政府事故調査・検証委員会の聞き取りに応じたいわゆる「吉田調書」に関し、本年5月20日に「所長命令に違反 原発撤退」の見出しの下で報じられた記事について誤りを認め、撤回・謝罪した。

謝罪会見で配られた資料。会見内容と今後の対応について説明している。

謝罪会見で配られた資料。会見内容と今後の対応について説明している。

France10は皆様の御寄付によって支えられています。

YouTube Preview Image


Leave a comment

Your email address will not be published.


*