「脱原発を最後の仕事に…」大江健三郎さんが日本外国特派員協会で会見

ノーベル賞作家の大江健三郎さんとルポライターの鎌田慧さんが2015年3月10日、日本外国特派員協会にて、講演した。

大江さんは

「原発がない世界を実現するほかない。声を発し続けることが、自分にやれるかもしれない最後の仕事だ」

と語った。講演の最後では、大江さんと親交のあった米国の哲学者・エドワード=サイードの言葉と生き方に触れながら、「絶望的な状況の中で楽観的である」ことの重要性を説き、脱原発運動を続ける決意を示した。

田中龍作ジャーナルより引用

2015年3月11日よりFrance10夏期渡欧取材の為の「クラウド・ファンディング」の募集を始めました。ご支援のほど、よろしく御願いいたします。


YouTube Preview Image


Leave a comment

Your email address will not be published.


*