枝野幸男 立憲民主党代表 記者会見で「#安倍晋三宅放火未遂事件」の質問が初登場!

2018年9月3日(月)、立憲民主党の枝野幸男・代表の記者会見において、「安倍晋三宅放火未遂事件」に関する質問がされた。
質問したのは、France10支局員の及川健二。

本事件が立憲民主党の記者会見で質問されたのは、初めてのことだ。

以下、やりとりを紹介する。

■France10質問

フランス10の及川と申します。
安倍総理と反社会勢力の関係について伺いたいと思います。
1999年の下関市長選挙で、安倍総理の事務所がブローカーの小山佐市氏に対して、対立する陣営の選挙妨害を依頼しました。
そして、見返りの約束を破られたとして2000年、5回に亘って、安倍さんのご自宅に、火炎瓶が投げ込まれ(※1)、2003年、小山氏と工藤会系の組長と組員が逮捕されました。
2007年、地裁判決公判において、裁判長は「小山被告は、事件の1年前に行われた下関市長選挙に関して安倍総理大臣側に協力したのに金銭の要求を拒絶された。この恨みを晴らすとともに、暴力に訴えて多額の金銭を得ようとつきあいがあった組長に犯行を依頼した。」と述べられました。
総理が反社会勢力に選挙妨害を依頼したことについて、立憲民主党は追及する考えはありますでしょうか?

(※1)
正確には、安倍晋三 氏の自宅ではない場所にも火炎瓶が投げ込まれた。
[1回目] 安倍晋三 事務所が入居していないビルの結婚式場
[2回目] 安倍晋三 自宅の倉庫兼車庫
[3回目] 安倍晋三 事務所
[4回目] 安倍晋三 後援会事務所
[5回目] 安倍晋三 自宅車庫

■ 枝野幸男 氏(立憲民主党 代表)の回答

まぁ、あの、今、ご指摘をされたことの中には、まぁ、あの、判決文など、あの、おー、確定されている事実もありますが、あのー、現時点で、私共は、その、政治的な問題として、えー、今のことについてコメントするだけの知見は持っておりません。

及川コメント
枝野幸男・代表は安倍首相と暴力団関係者のつながりを認める判決文があるのを知りながら、追求するかについては、しらばっくれた。

YouTube Preview Image


Leave a comment

Your email address will not be published.


*