【参院選2019】幸福実現党・釈量子党首「消費税は5%に、憲法9条改正を」。七海ひろこ候補も訴え

2019年7月11日 Henri Kenji OIKAWA 0

 参院選が公示された6月4日、幸福実現党の釈量子党首は東京・JR有楽町駅イトシア前で第一声を上げた。釈氏は所得税を一律15%にし、消費税率を5%へ引き下げるという大減税を行う意思を明らかにした。七海ひろこ・東京選挙区・候補も第一声を上げた。 ◆◆◆◆◆◆  有楽町駅ご通行中の皆さま、幸福実現党党首、釈量子でございます。ありがとうございます。本日、参院選の火ぶたが切られました。私たち幸福実現党、今回は9つの選挙区で候補者を擁立いたしました。そして全国比例区、3人が出馬します。合計12人、全身全霊、不惜身命(ふしゃくしんみょう)戦います。どうぞよろしくお願いします。  令和最初の国政選挙である参院選。この選挙において私たちが訴えていくことは何か。この日本の国々の中で、お一人お一人を幸福にしたい。幸福実現党、その名の通り、幸福の実現。お一人お一人の幸福を実現するために政策を訴えてまいりたいと思っております。  では、どんな政策が、皆さまのためにご用意させていただいているのか。私たちは政治の仕事、政府の仕事は3つあると思っております。  まず1つ目、国を繁栄させ、お一人お一人を豊かにすること。2つ目、国民の安全と安心を守ること。そして3つ目に、この日本がこれから良くなっていくんだと、今日よりも明日、昨日よりも今日と本当に良くなったねと実感できる国づくり。つまり、これからの未来がどう開けていくかというビジョン、繁栄の目標が必要だと考えております。この未来の青写真を描くことこそ、政治の最も大事な仕事ではないでしょうか。  昨日の党首討論。私も拝見しましたが、論点がかみ合っていないという報道もございます。あるいはワンイシュー(一つの争点)で選挙を戦う政党もございます。しかし、私たち幸福実現党は今の日本、大きな大国としての使命を果たすには、ワンイシューでは駄目だし、また政策に矛盾がありながら投票されるような、そんな選挙でも駄目だと思ってます。

【総選挙2017】幸福実現党は唯一の減税政党だ-釈量子・党首が演説

2017年10月17日 Henri Kenji OIKAWA 0

釈量子「幸福実現党」党首は10月10日、都内・三軒茶屋駅前にて演説を行った。要旨は以下の通り。 ◆◆◆◆◆◆  リベラルだ、保守だとか、安倍対反安倍だという話が続いているが、政局の話をしている場合ではない。ポジショントークの選挙をやっていたら日本は滅ぶ。政策で選んでほしい。  国難が本当に色濃くなってきた。北朝鮮、中国共産党の危機がある。憲法9条があるから安心だという方もいるが、ミサイルは日本の頭上を飛び超えている。日本経済は25年以上、成長していない。この内憂外患が既存政党にもたされた以上、私たちは新しい受け皿として戦っていきたい。  掲げる政策は2つ。自分の国は自分で守る。国防強化政策だ。シェルター設置、防衛費倍増、非核三原則撤廃、核を持つ選択も考えなくてはいけない。そして消費税を下げる。他党は全て増税政党だ。消費税を10%に上げ教育無償化に使うと言うが、増税してばらまくと言っているのと同じではないか。 France10はParis長期滞在取材の為に財政がひっ迫しております。今後もフランス発の情報を発信するため、寄付をいただければ幸いに存じます。ご支援のほどよろしく御願い申し上げます。

【総選挙2017】消費税は5%に減税を!同性婚には慎重-釈量子「幸福実現党」党首、独占インタビュー

2017年10月8日 Henri Kenji OIKAWA 0

10月8日17時、幸福実現党の釈量子・党首による街頭演説が都内・二子玉川駅西口にて行われた。 筆者は演説後、釈量子・党首に独占インタビューすることに成功した。 釈党首に国防政策、経済政策を伺ったところ、 ・国防のため北朝鮮には憲法9条の適用外を! ・消費税を5%に減税を! と応えた。同性婚に賛成か否か…………伺ったところ、「慎重に」という回答だった。 幸福実現党は衆院選で全比例ブロックに候補者を擁立する。 取材&文:岡本杏理 France10はParis長期滞在取材の為に財政がひっ迫しております。今後もフランス発の情報を発信するため、寄付をいただければ幸いに存じます。ご支援のほどよろしく御願い申し上げます。

【参院選】消費税は8%から5%へ消費減税を-七海ひろこ×釈量子・党首「幸福実現党」演説@新宿西口

2016年6月30日 Henri Kenji OIKAWA 0

幸福実現党の七海ひろこ参院比例候補と釈量子・党首が6月26日、新宿駅西口にて、街頭演説を行った。 釈党首はその中で「とにかく減税。消費税を8%から5%へ減税します」と訴えた。 幸福実現党の主張 安倍政権は、「3本の矢」と称する金融緩和や財政政策、成長戦略の政策パッケージによって、デフレから脱却し、富の拡大を図ろうとしていました。アベノミクスの考え方は、2009年の立党以来、幸福実現党が訴えてきた経済政策と方向性を同じくします。 このシナリオを破綻させたのが、一昨年春の消費増税です。景気回復への兆しが見えたのもつかの間、5%から8%への税率引き上げが、国内総生産(GDP)の6割を占める個人消費の冷え込みをもたらし、景気失速を招きました。10%への再増税を延期したところで、景気への大きな効果は見込めません。再増税を中止するとともに、5%への減税を断行すべきです。 「財政再建のためには増税やむなし」との主張もありますが、政府の借金を1000兆円以上に膨張させた大きな責任は、歴代の自民党政権にあります。失政のツケを国民に負わせるのは理不尽極まりなく、政府・自民党は経済財政運営の失敗を認めるべきです。 France10では、2017年春に行われるフランス大統領選挙・取材を支援するためのクラウドファンディングを始動させました。1000円の商品からスタートし、14種類の充実した商品をご用意しております。ぜひとも、ご支援くださるよう御願い申し上げます。

【総選挙2014】もっと自由を、「自由の大国」を-釈量子「幸福実現党」党首が訴え

2014年12月8日 Henri Kenji OIKAWA 0

釈量子「幸福実現党」党首は2014年12月6日、都内・渋谷ハチ公前にて街頭演説を行った。 釈党首は 「ここにいらっしゃる皆様が一人のこらず幸福になる・豊かになる最も簡単で効果的な経済政策がある。それは減税です。8%から5%へ下げる消費税の減税をやります。この4月からお買い物するたびにきっちりと響いてくるこの消費税、とくに若い方々に大きく響いています。」 「なぜ私たちが消費税を下げようとしているのか。実はこの日本で税金が大きく若い人たちにのし掛かっている。48種類の税金と社会保障が加わって、子ども達・若い人たちの将来の心配は年金だという時代に入りました。」 「私たちは『自由の大国』、この国にもっと自由を……と訴えます。何故か。日本は気がついたら、社会主義みたいな国になってきている」 と述べ、大胆な減税を実行し、小さな政府を実現し、「自由の大国」を目指すと主張した。 France10は広告収入に依らないタブーなき報道のために皆様からの御寄付を御願いしております。

8%⇒5%へ 消費減税を!釈量子「幸福実現党」党首が訴え

2014年12月5日 Henri Kenji OIKAWA 0

釈量子「幸福実現党」党首は総選挙公示日の2014年12月2日夜、都内・新宿駅西口にて街頭演説を行った。 釈量子・党首は 「いま日本は分かれ道に立っている。際限のない増税がいいか、安い税金がいいか……という二つに一つだ」「安倍首相がいう『この道しかない』という道は大増税の道だ。私たちが言うこの道とは『自由・減税・小さな政府』という道です。幸福実現党は消費税を8%から5%へ下げて減税をやって参ります」 と、聴衆に支持を訴えた。 France10は広告収入に依らないタブーなき報道のために皆様からの御寄付を御願いしております。