『欧州エコロジー=緑の党』(EELV)が買春禁止法の廃案を求める問題提起 性風俗産業廃止論への退場勧告

2018年5月9日ニュース, メディア掲載
セックスワーク:クリティカル・アセスメント

2016年4月13日、「売春制度との戦いを強化し、売春婦を支援することを目的とした」法案(PS:フランス社会党)が採択されました。長期にわたる議論の末に採用されたこの法案により、フランスはEUで2番目にセックスワーカーの顧客を制裁する国となりました。その2年後、11の協会(1)が画期的な報告書「セックスワーカーは売春法をどう思うか」を発表しました。2016年4月13日の法律が売春婦制度に与える影響についての調査」。この報告書は、4月14日にパリで行われた大規模なデモでの要求の中心となった、極めて憂慮すべき状況を示しています。セロネがいた。

ローリー車の後部プラットフォームでは、講演者たちが次々と自分たちの要求を思い出し、主に2016年4月13日の法律の廃止を訴えました。そのほとんどが、2日前に記者発表された11団体による報告書の内容を再確認していた。彼らは、現在の状況を招いた社会の道徳化、顧客を罰することの弊害を、スパッと音を立てて糾弾する。まだ大人数ではありませんが、活動家たちはそこにいて、彼らの支持者もいます。エコロジストのエスター・ベンバサ議員がやってきた。彼女は、「売春婦が最初の犠牲者」となる「ブルジョア・プロジェクト」を非難しました。他の人と同じように、彼女も国会の審議中に、その効果が悪いと常々考えている文章を阻止しようとしました。彼女は今でも、社会主義法案の著者がいまだに主張しているように、顧客に罰則を与えることで需要が減り、売春の撲滅に貢献すると、当時の多数派が人々を納得させることができたことに驚いている。しかし、法律が成立してから2年が経過した現在、このような状況はありません。これが最後の任務となる上院議員は、「現在の安全保障上の状況」では、今日、この文書を撤回することはできないと認識している。

“売春婦、法律、選択を尊重する権利!

しかし、4月14日(土)にピガール広場に集まったデモ隊の目的は、この法律を終わらせることです。Acceptess-T協会のバナーには、「顧客を罰することは、排除とトランスフォビアを強化する」と書かれています。その横では、活動家たちが「娼婦、法律、私たちの選択を尊重する権利!」と何度も繰り返しています。1975年以来、私たちは完全な人間として認められるためにここにいるのです」と、感動的で力強い声が聞こえてきます。Strass(セックスワークユニオン)側では、怒りが伝わってくるような厳しい言葉が飛び交っています。「私たちは、このような汚い偽善者たちに反対するためにデモを行っています(…)。私たちの活動は合法です。彼らは我々の背中で給料をもらっている」。デモ行進が近づくにつれて大きくなった群衆の中には、国民議会でこの法律に反対するために積極的に活動した元エコロジストの副官、セルジオ・コロナドの姿があった。年に一度のこの会の常連である社会学者のジャニーン・モズ-ラヴー氏がいる。それぞれのスピーチでは、この法律に反対する正当な理由がすべて想起されますが、時には、より広い範囲に焦点が当てられます。中国のセックスワーカーの団体「The Roses of Steel」は、「現実には誰も助けてくれない」法律を非難し、「一人でいないで、連帯感を示して、お互いに世話をしましょう」と相互支援を呼びかけました。誰にでも人生がある。誰もが自由を求めている」。拍手喝采の中、スピーチは終了。サウンドシステムがスタートしました。スローガンが鳴り響き、ポスターや看板が点在する中、ようやく行列が始まった。ある人は「私の体は私のビジネスです」と宣言し、「この偽善をやめてください」と言っています。ヒモ状態を止める」と言う人もいます。さらに進むと、2つの顔の伸縮が目を引きます。あるポスターには、ペタンが「1942年:同性愛の刑罰化」と書かれており、その隣には元大臣のローレンス・ロシニョール(2)の肖像が「2016年:セックスワークの刑罰化」と書かれています。この平行線に疑問を感じたり、あるいはとんでもないことだと思ったり、この罰則には同じ泉があり、同じイデオロギーの源があると考えるかもしれません:モラリズム、個人の自由に対する国家のコントロールなどです。この質問は、この法律の採択が、セックスワーカーの大部分の怒りを引き起こしたことを象徴しています。そして、スコアは決着していません。

2016年の法改正の結果は?

公的機関の “公式 “評価を待っているところです。それは、法律自体に規定されているが、まだ先の話である。それは数週間の問題である。先験的に、女性と男性の間の平等のための国務長官のサービスがそれを担当しています。数週間前、AIDESの活動家の提案により、ギヨーム・カスバリアン議員(LREM、ウール=エ=ロワール)は、女性と男性の間の平等を担当する国務長官のマルレーヌ・スキアッパ氏に質問状を提出しました。2月6日付の「Journal officiel」に掲載されたこの質問書は、政府に対し、セックスワーカーを支援する団体が提起した懸念を考慮して、法律の評価をどのように進めるつもりなのか、詳細を説明するよう求めています。理論的には、政府の回答は2ヵ月以内に発表されるべきだが、平均的な回答期間は180日である。AIDESが2017年に作成した最新レポート「HIV/肝炎、差別の隠された顔」や、ある協会が作成したごく最近のレポートに見られるように、この法律の効果が批判されているため、当然ながら待望されています。

現在までに存在する評価は、非政府組織の評価のみであり、その評価は厳しいものです。セックスワーカーを対象とした調査に基づき、いくつかの見解が示されています。暴力について、NGOの報告書は、「多面的な暴力の大規模な増加、危険なセックスワークの増加、保護してくれるとは思われず、不安を助長するとさえ思われる警察との関係の悪化、セックスワークのスティグマ化の増加」を指摘しています。健康面では、「コンドームの使用が減り、HIVやその他の性感染症による汚染のリスクにさらされることで、健康上のリスクを負うことが増えている」と指摘しています。また、「人々の健康全般に有害な影響を及ぼす」ことを嘆いています。報告書は労働条件の面でも批判的で、「セックスワーカーとその顧客との関係が悪化し、逮捕される危険性があるため、これを利用して低価格の交渉をしたり、無防備なセックスを得たりしている」と主張しています。また、「自治体の条例を利用した間接的な性産業従事者への抑圧」や「身分証明書の多重度のチェック」を非難しています。勧誘罪の廃止は、警察や地方自治体との平和的な関係を保証するものとして、このテキストの推進者たちが常に提唱してきたものであるから、これはパラドックスである。セックスワークをしている人たちは、もはや犯罪者ではなく、被害者として考えられています。また、社会面では、「許容できないほどの人々の貧困化、そのほとんどがすでに不安定な状況にあった」と指摘しています。

こっちだ!

2016年の法律では、「売春からの脱却」という社会的要素が盛り込まれています。この制度では、申請が受理された人には、経済的支援、6ヶ月間の一時的な滞在許可証(3回更新可能)、認定された協会による住宅や職業の再編成に関するサポートが提供されると、協会の報告書は指摘しています。紙面上では、すべてが揃っているように見えます。実際にはどうなのでしょうか?このレポートのためにインタビューした人々(セックスワーカーやコミュニティ活動家)にとって、この評価は、この出口ルートの実施に関して重要なものです。報告書では、「アクセス条件や提案されている実務上の取り決め(宿泊施設へのアクセスが困難、居住地の正規化に障害がある、生活費が不足している)は、法律が提唱しているのとは逆に、人々がこのプログラムに参加することを許さず、その結果、プログラムを必要としている人々を保護することになる」と批判しています。この制度の大きな問題点は、数ヶ月間、性行為を完全に止めることを約束し、それを証明する書類を提出しなければ利用できないことです。この前提条件は「非現実的」であり、特に財務的な観点からは問題があると指摘しています。セックスワークをする必要がなくなり(つまり収入がなくなり)、数ヶ月後に退社制度で提供される経済的支援が始まるまでの間、人々はどのように生活するのでしょうか?しかも、経済的な援助は月に330ユーロと、セックスワークをやめるには十分ではありません。RSA(revenu de solidarité active):月550ユーロよりも少ないのです。さらに、「違法ではない活動をやめることを約束する」という「プログラム参加の条件」は、法的にも倫理的にも問題があると指摘しています。

報告書では、システムが行き詰まっていることも指摘されています。”出口ルート “申請の検証を担当するコミッションの実施は、2016年4月以降、非常に遅れています。県知事が議長を務める省庁委員会には、各省庁の代表者が集まり、申請者のファイルを評価しなければならない。法律が成立してから2年が経過しても、多くの部署でこの委員会が開催されていない。この委員会がなければ、出口はない。各協会によると、この承認は、協会の規約に売春廃止論者であることが明記されている場合にのみ与えられるという。この基準は、実際には多くの団体を除外しています。そのため、いまだに出口に関する委員会が設置されていない部署があり(『リベラシオン』紙によると、16の部署の委員会しか設置されていない)、出口に付随する団体の承認基準が非常に厳しく、セックスワーカーに対する非現実的な要件が設定されており、金銭的な援助が蔑ろにされていて、住宅に関しては何も提供されていません。さらに、滞在許可証の正規化については、6ヶ月間の一時的な滞在許可証(APS)が用意されており、3回の更新が可能となっていますが、その後は?

だから、このシステムが機能しないのは当然のことだ。2017年末の時点で、売春からの脱却の道は、法律が成立してから29人にしか関係していませんでした。最近では、報告書発表の記者会見で、協会は43人、HCEは55人のパスウェイ登録者という数字を挙げた。いずれにしても、2018年までに600人が恩恵を受けることを期待している女性と男性の間の平等のための国務長官が設定した目標には遠く及ばない。公式データ」によると、フランスには3万人のセックスワーカーがいます。

これからどうなるのか?

この報告書を作成した団体にとっての目的は、4月12日にMédecins du Monde(世界の医療団

)の会長であるFrançois Sivignonが説明したように、議論と事実を裏付けることで、「良くない法律の条項を修正する」ことを可能にすることです。2016年4月の法律には「科学的根拠がない」と、この研究の共著者の一人であるHélène Le Bail氏は述べています。協会の報告書は、当初は問題を解決するため、とりわけ売春を廃止するために作成されたテキストが、問題を解決せず、いくつかの問題を増幅させ、さらには問題を生み出していることを示すことを目的としている。この報告書は、すべての国会議員に送付されます。「それを梃子にして、政策を再活性化させなければならない」。これが、これからのアクティビストたちの活動の糧となる。

(1):Médecins du Monde、Grisélidis、Cabiria、Paloma、Association du Bus des femmes、Collectif des femmes de Strasbourg Saint-Denis、Acceptess-t、Planning familial、AIDES、Strass、Arcat。
(2):ローレンス・ロシニョールは、売春法が採択されたとき、家族・子ども・女性の権利担当大臣でした。

報告書、方法の問題!?

この調査の目的は、2016年の法律の影響を記録することでした。今回の調査では、特にセックスワーカーの労働環境や生活環境への影響に着目しました。この定性調査は、Hélène Le Bail氏(CNRSのSciences Po-Ceri)とCalogero Giametta氏(欧州ERCプロジェクト、Kingtson大学とAix-Marseille大学)の2人の研究者によって行われました。2016年6月から2018年2月にかけて、セックスワーカーへの個別インタビューを70回実施しました。また、フォーカスグループやワークショップで集められた38人の証言や、この分野に携わる団体(支援、同行など)へのインタビューも参考にしました。そのため、本研究は2人の研究者が監修し、11の協会と協力して実施しました(1)。また、2018年1月~2月に定量調査を実施し、583名のセックスワーカーから回答を得ました。その結果は、質的調査を補完するものでした。

2016年4月13日の法律:生データ!

ここでは、2016年4月13日の法律採択以降、セックスワーカーが何を考え、何を見て、何を経験しているのかを、いくつかの数字で紹介します(定量調査に参加した583人のうちの割合)。

88%のセックスワーカーは、顧客を罰することに反対しています。
セックスワーカーの63%が生活環境の悪化を経験しています。
– この法律により、セックスワーカーはより隔離された場所やインターネット上で働くことを余儀なくされ、生活水準を維持するために長時間の労働を強いられています。
– セックスワーカーは、身体的・心理的な健康に悪影響を及ぼすストレスの多い状況に直面します。
78%のセックスワーカーが、収入の減少に直面しています。
– この法律は、特に、すでに不安定な状況にある人々、特に路上で働く移住女性の貧困化を引き起こします。
– お客さんの数が減り、セックスワーカー同士の競争が激しくなったことで、料金が下がっています。
42%のセックスワーカーが、法律の導入後、より多くの暴力にさらされています。
– 隠れているために、お客様との交渉はより簡潔な方法で行われ、選択の余地がなくなります。
– セックスワーカーたちは、暴力にさらされるリスクを冒してでも、これまでは受け入れられなかった顧客を受け入れざるを得ない状況にあります。
38%のセックスワーカーは、コンドームの使用を強制することが難しくなったと感じています。
– クライアントが少ないことで、安全でないセックスを交渉するクライアントの力が増しています。
– 交渉時間が短くなると、セックスワーカーがクライアントに条件を出すことができなくなります。
セックスワーカーの70%が、警察との関係が改善されなかった、または悪化したと回答しています。
– 自治体の条例や身元確認により、セックスワーカーは顧客よりも罰せられたり逮捕されたりすることが多いのです。
– 警察への不信感は、特に暴力の被害者が権利を得ることを妨げます。
セックスワーカーのうち、売春からの脱却の道があることを知っているのは39%、そのうち申請するつもりがあるのは26%にすぎません。
– 過半数の人が活動を変えたいという希望を持っていますが、「出口」のスキームはほとんどの人のニーズを満たしていません。
– 出口のアクセスには条件があり、多くの人がアクセスできません。
– 出口ルートの実施や選択基準は部門によって大きく異なり、地域的な不平等を生み出しています。

順調な滑り出し、とHCE

非政府組織による報告書とは対極にある! 国境なき医師団が主催した記者会見の翌日、4月13日、女性と男性の間の平等のための高等評議会(HCE)は、「法律の公布から2年:売春婦の斡旋と支援に対する闘いの加速化」というプレスリリースを発表し、「この法律の適用の有望な始まり」を歓迎しています。そしてHCEは、「2016年以降、恥は徐々に側面を変え、2,000人以上の “クライアント “が罰金を科され、4つの部門で説明責任を果たすためのコースが編成され、55人が売春から抜け出す道の恩恵を受けています」と説明しています。同協会では、実際にこの制度の恩恵を受けた人は少ないと推測しています。HCEはプレスリリースの中で、「被害者を支援する専門団体に割り当てられる財政的・人的資源」を増やし、「全国の部門委員会を一般化」し、「ポン引き対策を強化」し、「すべての専門家を訓練」し、「売春のリスク防止と平等な性の教育のために、若者を対象とした国家計画を立ち上げる」ことによって、法律の「実施を加速」することを求めています。HCEが行った分析は、法律で定められた正式な評価ではないことは明らかですが、依然として大きな議論を呼んでいるテキストを後押しする形となりました。なお、HCEの議長は、2013年に投票された法案を主導した議員の一人である元副議長(PS)のダニエル・ブースケ氏が務めています。

帯電した “医療 “のトリビューン!

Muriel Salmona、Patrick Pelloux、Emmanuelle Piet(1)ら医師たちは、4月12日に「Journal du dimanche」(日曜新聞)に、2016年4月の法律を批判する協会を激しく攻撃する記事を掲載しました。彼らにとっては、「2016年の法律が売春婦の状況を悪化させると主張することは意味がない」のです。彼らは、「売春婦の健康にとっての第一の危険」は「売春そのもの」であると主張しています。暴力をはじめとする法律の弊害を強調する協会に対しては、「2016年4月13日以降、売春婦に突然暴力が降りかかることはない」と回答しています。また、「顧客を罰することで売春婦の状況が悪化していると考える人がいる一方で、医師としては、売春自体が常に売春婦の健康を害してきたことを想起する」と説明しています。声明の中で医師たちは、「売春婦の平均寿命は非常に短く」、「一般の人々よりもはるかに高い死亡率は、特に女性の殺害によるものであるが、薬物使用、事故、未治療の慢性疾患によるものでもある」と述べています。売春をしている女性の68~80%が罹患していると言われる「心的外傷後ストレス」についても語られています(…)。さらに、「顧客を罰することとHIVの流行には何の関連性もない」と主張しています。「性行為の購入の禁止とHIVの流行に因果関係を人為的に設定することは、極めて不誠実である」としている。科学的な文献によると、「性行為の依頼者を罰する国と、性行為の売買を認める国の間には、有意な差はない」と説明しています。「娼婦たちの健康と社会的状況は、性感染症に還元されるものではありません」と、社会問題総局の2012年の報告書を引用して付け加えています。そして、「いわゆる健康協会(sic!)が、この問題にグローバルに対応し、売春婦の状況を具体的に改善するために作られた新しいツールに関心を持つのではなく、売春禁止法の廃止を推進するロビーに参加していることを残念に思うしかない」と、特に非難の声を上げている。その記事の中で、著者は「医師として」「事実」をベースにしていると説明しています。さらに、「売春の利用を減らし、売春婦の権利と支援を強化するこの新法が、売春婦の状況を悪化させると主張することは、意味をなさない」と付け加えています。私たち医師の責務は、暴力を受け入れることではなく、暴力をなくすことに貢献することです。決断を下すのは自分しかいないという、人への共感と敬意を込めて」。
不思議なことに、この記事の著者は、世界保健機関(WHO)が「女性セックスワーカーは、出産可能な年齢の一般女性に比べて、HIVに感染している可能性が13.5倍高い」と指摘していることに触れていません。また、薬物を使用しているセックスワーカーの間でHIV感染率が高いことを示すフランスの科学的研究も引用していません。また、「セックスワーカーとその顧客のHIV感染率に関する疫学的データは、彼らの人権と公衆衛生上のニーズに対応していないことを反映している」と2009年の政策概要で説明したUNAIDSも引用していません。
また、他のソースやデータも考慮していません。これらは、Thierry Schaffauser氏が自身のブログ「Ma lumière rouge」に最近投稿した記事に掲載されています。セックスワーカーであり、Strass(Syndicat du travail sexuel)の活動家でもある彼は、この医学論文のように、「セックスワークは身体的・心理的な健康への攻撃である」「セックスワーカーの平均寿命は40歳を超えない」という、しばしば提唱される考えに立ち返ります。「全国エイズ・ウイルス性肝炎対策協議会(CNS)は、2010年の報告書の中で、「売春行為は、それを行う人にとっても、その顧客にとっても、それ自体がHIV/AIDS感染の危険因子とはならない」と述べている。この見解は、社会問題総局(Igas)の見解に近いものがあり、健康リスクに関しては、「運動の方法や条件、売春をする人のプロフィールによって、非常に多様な鋭さを持って現れる」と考えている。したがって、複数の要因が重なり合っているのであって、セックスワークの実践が唯一の、あるいは主要な原因ではないのです。フランス国立衛生局(HAS)は、2016年にこの問題に関する約50の研究をまとめた報告書を発表しています。暴力にさらされすぎたり(特にストリート・セックス・ワークの場合)、タバコの過剰摂取(失業者やワーキング・プアと同程度)を除けば、セックス・ワーカーが一般の人々よりも身体的・心理的な障害に苦しんでいると断言することは科学的には不可能です。それどころか、セックスワークと精神障害の発生を結びつけるデータがないことを強調しています。このように、「Journal du Dimanche」紙に掲載された、2016年の法律に反対する人たちを侮辱するような医学的な記事が主張するよりも、テーマは明らかに単純ではなく、データははるかに複雑でニュアンスに富んでいます。

(1) : 署名者は、Emmanuelle Piet医師(暴力反対ミニスター団体の会長)、Patrick Pelloux医師(パリのサミュの救急医)、Muriel Salmona医師(精神科医、Mémoire traumatique et victimologieの会長)、Ségolène Neuville医師(感染症の専門家、元PSの代議士)、Marie-Hélène Franjou医師(Amicale du Nidの会長)です。Ghada Hatem-Gantzner医師(婦人科医)、Annie-Laurence Godefroy医師(一般開業医)、Judith Trinquart医師(法医学者)、Marianne Baras医師(法医学者)、Frédéric Boursier医師(法医学者)、Sarah Abramowicz医師(外科医)、Sandrine Viguie医師(家族計画およびPMIセンター)。

https://estherbenbassa.eelv.fr/travail-du-sexe-bilan-critique-seronet-09-mai-2018/

YouTube Preview Image

Be the first to comment

Leave a Reply