極右政党「国民戦線」ジャンマリー=ルペン創始者が作家のエリック=ズムール大統領選挙候補を支持

ルモンド紙がフランス大統領選挙2022について記事にしたので、超訳したい。

Jean-Marie Le Penは、Marine Le PenよりもEric Zemmourの方が「有利」であれば、大統領選でEric Zemmourを支持する。

国民戦線の共同創設者は、反動的な極論者の選挙戦前の様子を寛大な目で観察している。三女のマリーヌ・ルペン「国民連合」党首がこの分野を「無人」にしてしまったことを残念に思っている。

“爪 “と “尻尾 “を隠して…。9月30日(木)、サンクルー(Hauts-de-Seine)にあるMontretoutの荘園で、黄土色のアームチェアに身を沈めているのは、第五共和制の悪魔と呼ばれた93歳のジャンマリー=ルペン氏。

2022年の大統領選挙の候補者に内定しているナショナリストの極右、エリック=ゼムール候補に「成長し始めている……彼はすぐにルシファーの尻尾と蹄鉄を持つようになるだろう!」と予言した時、パリの空は赤く染まっていた。金曜日に発表されたIpsos社の世論調査によると、極右の家長は『フランスの自殺』(Albin Michel, 2014)の著者に対する悪魔化が始まっていると認識していることを説明しているが、後者(ゼムール候補)は投票意向の15%で突破している。マリーヌ=ルペン(16%)に次ぐ。

エマニュエル=マクロン大統領のライバル(マリーヌ=ルペン)は、6月以降、9年ぶりに10ポイント下落しました。「国民戦線の共同創設者である彼は、2015年に党から排除されて以来、娘が運営するデディアボリズムに常に敵意を抱いていると非難しています。6月の地方選挙の後、彼は国民連合(RN)に『処女性』を取り戻すよう呼びかけた。彼を通して、旧来の『フロント』(国民戦線)全体が疑われるのである。そして、かつての(共和党の前身である)共和国連合(RPR)から国民連合(RN)の伝統的な周辺部へと続く「ゼムール氏が放つ矢」(l’arc zemmourien)に目を向けています。地方組織では、すでに離脱者が続出している。

ジャンマリー=ルペン氏は、「(彼が)木箱に入る瞬間まで」発言することを決意し、「もしエリックが国民の陣営で最も適した候補者であるならば、もちろん私は彼を支持する」と突然計画した。趣向を変えて これまでは、マリーヌ・ルペンを擁護し、ナショナリスト陣営の分裂を嘆いていたが、この夏は、ゼムールをトラブルメーカー、さらには「ショーのスター」と比較していた。”彼はそれを受け止められるだろうか?2002年4月の最終選考会では、「0.74%からスタートしたので、何となくわかります。

第三帝国の大臣の娘に励まされたゼムール

「メンヘラ」(Menhir)は、自分が友達だと思っている人に愛情を持っています。マリーン=ルペンよりも、彼の方が電話をかけるのは簡単です。ジャンマリー=ルペンは、ゼムール氏の「勇気」と「文化」を高く評価しています-「それは稀なことになりつつあります」。2人は1980年代から、フランスや政治家の料理について長い会話を交わすなど、温かい関係を築いてきた。パリのブラッスリー「オー・プティ・リッシュ」(la brasserie Au Petit Riche)でフィガロの記者に会うためにパリを訪れていたノンアジェナリアンは、当然のようにリュエイユ・マルメゾンの自宅のドアを開けてくれました。

2020年1月のある日、フォーブル・サント・ホノレ通りのブリストルで、エリック=ゼムールはジャンマリー=ルペン氏、ジャニー=ルペン夫人と昼食をとった。4人目のゲストは、夫妻の大切な友人であるウルスラ=パンヴィン(旧フォン・リッベントロップ)。第三帝国の外務大臣であり、1946年にニュルンベルクで絞首刑に処されたヨアヒム・フォン・リッベントロップの娘だ。「ドイツ・ソビエト協定の一部だ」と、あるルペニスト(ルペン支持者)は冗談を言った。これは、愛好家であるエッセイストの目には歴史の飛躍と映り、周囲の人にも嬉しそうに自慢するだろう。88歳になったウルスラは、ジャンマリー=ルペンを崇拝し「あなたはクローンを作るべきだ」と祝福し、ベルリンからはエリック・ゼムールに「最も称賛に値する友好的な思い」を込めて励ましています。

しかし、ルペンは、このエッセイスト(ゼムール氏)がエリゼ宮(大統領府)に行くとは思ってもいなかった。ルペン氏は

「しかし、ゼムール氏はバリケードに登って、私以外の誰も言えなかったことを言ったのです」と、架空の旗を掲げて同意する。「彼は私が考えていることを、より高い聴衆に向けて言います。」と付言する。

本人が「新鮮」と思うスピーチ。Le Premier Sexe』(Denoël, 2006)の著者は、「女性化の反対者」であり、彼によれば「女性の主な使命は生命を伝えること」であり、「彼は北アフリカ出身のフランス人であるため、よりマッチョな観念を持っている」と驚くことなく指摘している。

「エリックと私の唯一の違いは、彼がユダヤ人であることです。」

2014年、エリック=ゼムール氏は、ルペンはガス室を第二次世界大戦の歴史の「細部」と考えていることから、「何よりも時代錯誤の罪を犯している」と書いていたが、2018年にはその発言が非難された。

ヴィシー政権の政治に関する最高の専門家たちが打ち消してきたペタン元帥の擁護について、今日はジャンマリー=ルペン氏が彼を支持する番だった。「ペタンはボスではなく、フランスのユダヤ人を守り、外国人を引き渡した。フランスの警察は、形式的なことをより人道的に実行したのであり、60年後に『しなければならなかった』」(y a qu’à faut qu’on)と言うのは簡単である」と語った。

https://www.lemonde.fr/election-presidentielle-2022/article/2021/10/02/jean-marie-le-pen-soutiendra-eric-zemmour-s-il-est-mieux-place-que-marine-le-pen_6096818_6059010.html

YouTube Preview Image

Be the first to comment

Leave a Reply