ルモンド紙が岸田文雄内閣を酷評「国民から乖離している」

岸田文雄氏が国民の期待とはかけ離れた政府を率いる

新首相の選択にもかかわらず、10月31日に予定されている総選挙では、与党がトップに立つ可能性があります。

10月31日に予定されている参議院選挙を控え、10月4日(月)に岸田文雄氏が第100代政権の座に就きました。その背景には、コヴィド-19パンデミックの管理をめぐる対立があり、国民と政治家の間に深い溝ができていることがあります。

新政権は最初の記者会見で、「新しい経済、新しい日常生活」を特徴とする「新しい時代を国民とともに築く」ことを約束しました。同氏は、パンデミックの影響を最も受けている人々への「直接的な支援を検討する準備ができている」と述べ、SARS-CoV-2のような問題に対処するための「対応可能な」危機管理システムを導入したいと考えています。

岸田氏は、皇居で行われた任命式の後にスピーチを行いました。前任者である菅義偉はその日のうちに辞任し、わずか1年余りの任期を終えました。岸田氏が自民党総裁に選出されてから5日後、国会は臨時会を開き、岸田氏の選択を認めた。

自民党内の対抗意識の反映

日本の新リーダーは、選挙期間中、「政治への信頼の低下」により「危機に瀕した民主主義」を嘆いていました。また、成長と再分配の好循環からなる「日本型新資本主義」を訴えていた。

しかし、彼の政府が、Covid19の大流行に対抗するための真の政策、汚染のピーク時に限界を見せた医療システムの強化、そして主に若者、シングルマザー、高齢者といった不安定な状況にある人々の改善を望んでいる日本の人々の心をつかむとは考えにくいのです。

日本の新内閣は、国民の期待に応えるチームというよりも、自民党内の対立を反映したものになっているようだ。穏健派の岸田氏は、安倍晋三元首相(2006-2007年、2012-2020年)や麻生太郎元副総理兼財務大臣に近い人物が複数名いる内閣によって、自分の行動範囲が狭められると考えていた。この2人の重鎮が、岸田氏の当選に決定的な役割を果たした。

歴史否定主義で知られる松野博一氏が政府の幹事長を務めている。この安倍氏の側近は、第二次世界大戦中の日本帝国軍の犯罪を否定しています。志を同じくする萩生田光一氏は、文部科学省から経済産業省に移る。麻生太郎氏は、その後継者の一人を財務省に置いた。茂木敏充氏は外務大臣に留まり、岸信夫氏(安倍首相の弟)は防衛大臣に留まります。

安倍晋三の党内支配

自民党は女性の登用を宣言していますが、20の閣僚のうち、大臣に任命されたのは3人だけです。その中には、岸田氏が自民党総裁選で落選したライバル、野田聖子氏も含まれています。野田氏は、社会問題に対して安倍・麻生一族よりもオープンな姿勢を示しています。このような選択をすれば、安倍晋三は再び総理大臣になるべきだった」。野党・立憲民主党の安住淳氏は、「新政権は、岸田氏をフロントとする安倍新内閣になりつつある。

自民党の新組織図にも安倍氏の手腕が感じられる。甘利明氏や小渕優子氏など、機密費問題で辞任した元大臣の中には、現在、党の要職に就いている者もいる。二人の人事は、ツイッター上で強い反響を呼び、特にSNSでは「甘利、金を返せ」という声が上がっています。日本人や自民党員の間で菅氏の後継者として期待され、最終的に岸田氏に敗れた河野太郎氏については、党内のコミュニケーションを指揮するだけの存在になってしまった。

これらの選択は、安倍政権や菅政権の政策に批判的な日本人の期待に応えられるものではないようです。後者は支持率が30%を切ったため、自民党総裁選への出馬を断念しました。しかし、逆説的に言えば、同党はむしろ有利な立場で立法委員会選挙に臨むことになる。保守系日刊紙「読売新聞」が8月と9月に行った世論調査では、「安定」と「現政権の継続」が64%、「多数派の交代」が30%となっている。

統一見解を示そうとしても、野党の発言力は弱く、特にカレンダーを管理できていません。自民党は10月31日を選挙日とすることで、健康状態が改善されたことを利用したいと考えています。日本は10月1日、第5次中東戦争の勃発に伴い、2カ月以上に及ぶ非常事態宣言を解除しました。第6波の可能性は11月までには期待できない。また、国民が新首相にチャンスを与えてくれるかもしれないと期待している。

YouTube Preview Image

Be the first to comment

Leave a Reply